TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

プロテスタント 新着記事 NEW POST

help
  • 信仰義認を書いてみる 

    とあるキリスト者のブログ

    withyou531

    Jesus is Love

    読者になる
  • 疫病を送りこむ

    レビ記26:25『わたしはあなたがたの上に剣を臨ませ、契約の復讐を果たさせよう。またあなたがたが自分たちの町々に集まるとき、わたしは、あなたがたの間に疫病を送り込む。あなたがたは敵の手に落ちる。』神は、神のことばに聞き従う者に対しては恵みと祝福、助けて下さる方ですが、神に聞き従わず神に逆らって生きる者に対しては憤る方です。それは当然だと思います。法律を守らない者には法律によって刑罰が与えられます。人を殺したのに、何の罰則も懲役もつかないならば人々はそれを納得するでしょうか。国民が怒ると思います。当然の報いを与えなさいと騒ぐと思います。神は正しい裁判官です。しかし神は愛の神でもあるので、厳しい刑罰を与える前に愛のむちで懲らしめます。少し痛い目にあって悔い改めることを願います。疫病や飢饉、戦争などは神の愛のむちです...疫病を送りこむ

    八戸ノ里キリスト教会

    今日の「いのちのパン」

    読者になる
  • 読者になる
  • 讃美歌449番「あめつちの主なる」

    ​  減塩醤油をブラックのコーヒーと 間違えて飲んだのは、どこのどいつだ~い? ​  私です。 (大きさが似てるでしょ。)  You tubeを見ながら、 「そ

    十弦

    アコースティックギターで讃美歌を・・・

    読者になる
  • 惜しむことなく

    「私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。」ローマ8章32節ここで注目したいことは、「惜しみなく」ということばです。私たちは、人に対しても、神に対しても、惜しむという気持ちがつきものです。しかし神が私たちを助ける時には、惜しむということがないのです。神には出し惜しみするということがありません。「惜しみなく」です。つまり、この「惜しみなく」とは「無制限の恵み」なのです。神とともに歩む者には、いつも神が第二、第三の道を備えてくださることを知らなければならない。一つの道がふさがれ、失敗に見えても、神は次の道を備えてくださいます。どの道が一番良いのか、あるいはよかったのかは、時間と共に、神が示してください...惜しむことなく

    読者になる
  • さふらん、「鎖の強さ」no787

     経済学者で慶応大学教授の竹森俊平氏が、国会の新型コロナウイルスに関する委員会に参考人として招致された席で、こんなことを語られた。「コロナウイルスを収束さ...

    olive

    オリブの家

    読者になる
  • もみじ

    うちの前庭に、もみじの木が2本あるんです。でも、秋には紅葉しないようなぁ。。。はっきりとは覚えていません。そのもみじの木に花が咲いているんです。小さくって...

    千絵子

    カントリーなアメリカから

    読者になる
  • 朝の言葉「賛美」

    朝の言葉~聖句短想「賛美」わたしは兄弟たちに御名を語り伝え集会の中であなたを賛...

    これん

    湖蓮日日(これんにちにち)〜黙想編

    読者になる
  • あわれまずにいられない神

     エレミヤ書31章の主題は、イスラエルとユダの回復です。神の民が罪を犯し続けたことを主はどれだけ悲しまれた(悲しまれている)でしょうか。神は預言者を通して何度…

    アッキー

    明日のことは明日が心配するのさ

    読者になる
  • 命の御霊の原理が天国に入る

        日本人が救いの衣を着ることができますように!   世界が救い主なるイエス・キリストの愛に目覚めますように!   イエス・キリストの真実なる愛に打ち負か…

    タケシオン

    人生の羅針盤

    読者になる
  • 今こそ見出されるべき

    間もなくすべての「宣言」が解除され、政府が奨励する、いわゆる「新しい生活様式」がスタートする。 日本ではもう感染の大きな拡大は起きないと私は確信する。 外国に…

    松岡広和

    霊的法則

    読者になる
  • 毎日

    30分ウォーキング、休みの日にしていましたが、今日から毎日することにしました。仕事の日は仕事から帰ってから午後、やります。昨日、はみだし刑事part6のDVD…

    ゆい

    クリスチャンのきまぐれ日記ー統合失調症ー

    読者になる
  • 2テサロニケ 解説  重要

    2テサロニケ使徒パウロがシルワノとテモテと共に2テサロニケを書いています。(2テサロニケ1:1)テサロニケが書かれたのは西暦51-52年頃に書かれたと言われています。 テサロニケの教会はキリストの再臨について誤まった考えがありました。テサロニケ教会の人々はキリストはもう再臨していると思い、仕事をやめてしまっていた人もいたようです。また迫害を受けていた人々に宛てて、励ましを送るためにこの手紙を書きました。○キリスト再臨の希望(2テサロニケ1:7)「苦しめられているあなたがたには,私たちとともに,報いとして安息を与えてくださることは,神にとって正しいことなのです。そのことは,主イエスが,炎の中に,力ある御使いたちを従えて天から現われるときに起こります。」キリストの再臨のとき,慰めが与えられます。そして,「主の御顔の...2テサロニケ解説重要

    sanbi

    朝の光(聖書の言葉)

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧