TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

社会思想 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    お金儲けやその忙しさを盾に 観察をあきらめるな

    bando

    お金儲けやその忙しさを盾に 観察をあきらめるな

    読者になる
  • 2位

    座標系:中学数学を教える3

    中学数学の難所の一つに関数があります。そのまえに座標系の考え方を理解しておくと、関数も理解しやすくなります。座標系はいろいろ考えることができるのですが、中学ではxy軸による平面直交座標を扱います。別にxとyを使わなくてもよいのですが、数学では普通この二つです。数学で関数が出てくる頃にはすでに、理科とかのグラフでこの座標系を使っているはずです。数学でも考え方は同じです。座標系なるものを考える理由は、ひと...

    むつきさっち

    座標系:中学数学を教える3

    読者になる
  • 3位

    馬鹿なことを教えられた犬

    菅、自民は、相変わらず馬鹿に陶酔しているようだ。予算にしても事の発端は、余計なことから 勝手に日本のあるべく姿を勘違いしているところは腹立たしいものがある。 …

    backpony

    馬鹿なことを教えられた犬

    読者になる
  • 4位

    国は、馬鹿にされておるのを隠すのに必死だ

    まだ、新型コロナウイルスの対応をしている。私であれば、日本は無傷だった。 馬鹿な名のキャンペーンで不正取得詐欺と結局は、政府が満足仕組みを作る能力がなかっただ…

    backpony

    国は、馬鹿にされておるのを隠すのに必死だ

    読者になる
  • 5位

    システムか個人か:思考形態を二分するもの

    稲葉振一郎の『経済学という教養』を読んでて、一番大きな思考区分って、システムとして見るか個としてみるかじゃないかと思いつきました。個体と細胞の関係とか、ライプニッツのモナドロジーとか、いろいろ関係してそうなのだけど、そっちはいったん置いといて社会のことについて考えてみます。上の本で稲葉振一郎が、金子勝をモラリストと批判していました。モラリストの何が問題化というと、問題の原因をとかく個人の能力や人格...

    むつきさっち

    システムか個人か:思考形態を二分するもの

    読者になる
  • 6位

    いい加減にしておけ菅

    相変わらず馬鹿な声の送信があるが事の次第を理解していない。 私が心の中で考えたことを馬鹿がやろうと考えておればやられるとか仕掛けた連中が口走っている。 それは…

    backpony

    いい加減にしておけ菅

    読者になる
  • 7位

    デポルティーボ・ラ・コルーニャニュース:20/11/30

    2部B GurupoA 6節 29/11/2020RC Deportivo 1 - 0 Racing Club de Ferrol6節はホームで1-0の勝利です。まだ英語ページが更新されてないので試合内容はわからないのですが、Rolanが開始6分でペナルティを決めて逃げ切ったみたいです。勝ち点14でGroupoAの首位に躍り出ました。Rolanはデポルで初ゴールですかね。全然この試合と関係ないのですが、アラベスのユニフォームがデポルそっくりで、レアルマドリード戦、昔のデポルの試合か...

    むつきさっち

    デポルティーボ・ラ・コルーニャニュース:20/11/30

    読者になる
  • 8位

    2020年11月29日(日)の麒麟がくる『焼討ちの代償』を視聴し終えての感想。

    皆様おはようございます😊2020年11月29日(日)のNHK大河ドラマの麒麟がくるの第34回『焼討ちの代償』を視聴し終えました。前回、比叡山焼討ちをして女子…

    青木孝文

    2020年11月29日(日)の麒麟がくる『焼討ちの代償』を視聴し終えての感想。

    読者になる
  • 9位

    幕末の日露交渉

    新装版 落日の宴 勘定奉行川路聖謨(上) (講談社文庫) 作者:吉村 昭 発売日: 2014/06/13 メディア: 文庫 19世紀半ば、極東は覚醒の時代を迎えていた。阿片戦争(1840年-1842年)で清が英国に屈し、開港と通商自由化を定めた南京条約が締結されたことをきっかけとして、欧米列強の極東進出に弾みがついた。 ロシアは、米国が日本との通商を求めて使節を送ることを計画しているとの情報を得ると、1852年5月、海軍中将プチャーチンを使節として日本に派遣することを決定した。 プチャーチンの派遣に当たりニコライ1世は、国境確定の協議を足掛かりとして日本から通商の譲歩を引き出すよう命じ、通商が…

    tamagawatushin

    幕末の日露交渉

    読者になる
  • 10位

    Hello, Again ~昔からある場所~

    雨雲の隙間から射した陽の方向には「昔からある場所」が見えているのかもしれません。

    言葉の風

    Hello, Again ~昔からある場所~

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)