TOPICS

続きを見る

  • 仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 

    仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 

    仏教「佛教」(ぶっきょう)とは、仏陀(ブッダ)の説いた教え、仏(仏陀、覚者、真理に目覚めた人)の宗教、また、仏に成るための教え。 近世では広く釈尊(しゃくそん)を開祖とする宗教のことをさす。 仏教では、個人が自ら真理(法=ダルマ、ダンマ)に目覚めて「悟り」を得てゆく過程が重視され、最終的には「自分として執着している自我(アートマン)は実体ではない(無我)」と覚り、苦の束縛から解放されること(=解脱)を求める。

    テーマ投稿数 2,297件

    参加メンバー 135人

  • 精神世界

    精神世界

    精神世界を探求する

    テーマ投稿数 1,853件

    参加メンバー 88人

  • 徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳

    徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳

    徒然草(つれづれぐさ)は、吉田兼好が書いた随筆。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』とあわせて日本三大随筆の一つと評価されている。 つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。  〔暇をもて余しているままに、一日中(筆を執って)硯に向かって、心に浮かんでくるつまらないことを、何となく書き綴ると、怪しく物狂おしい。〕 の序段はあまりに有名。

    テーマ投稿数 291件

    参加メンバー 8人

  • ユング心理学 河合隼雄 カウンセリング

    ユング心理学 河合隼雄 カウンセリング

    ユング派は心理疾患の臨床に於いて夢分析を主幹とする。ユング心理学によれば、夢は元型イメージが日常的に表出している唯一の現象であり、これを解釈することでクライアントの心の中で巻き起こっている力動を類推できるとする。 ユング心理学は芸術的・宗教的色彩の濃い題材に切り込んで行った為、分析的・科学的でないとする人もいる。 ユング心理学は日本では河合隼雄らによって紹介されたが、河合はむしろジェイムス・ヒルマンらによる「元型心理学」の立場に近いとされている。

    テーマ投稿数 83件

    参加メンバー 23人

  • ユングと成功法則

    ユングと成功法則

    私は人生の転機においてシンクロニシティ(共時性)や布置といったものを体験し到底、不可能と思われる私の願いであった2002年6月の‘ある奇蹟’は 私に成功や願望といったものを成し遂げることの真意や、 その法則、コツといったものを学ばせてくれました。 ナポレオン・ヒルやJ・マーフィー、様々な分野の成功者たちの哲学と 未知の現象、伝承などとユング哲学の共通性に驚かされます。 皆さんの人生の転機や幸運を促したような不思議な偶然、出来事など関連すると思われることをご自由に判断されてTBして下さい。

    テーマ投稿数 227件

    参加メンバー 24人

  • ノンバーバル・コミュニケーション

    ノンバーバル・コミュニケーション

    心理学では、人間が伝達する情報の中で話す言葉の内容そのものが占める比率は、七%に過ぎない、という研究結果が出ている。我々は言葉では、七%の情報しか、受け取っていないのである。 社会を支配しているのは「ノンバーバル・コミュニケーション(言葉以外の伝達)」である。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 11人

  • 60歳 充実人生

    60歳 充実人生

    60歳オーバーの世代の人口構成はますます増える。 そんな対象年齢の世代がどんな考え方をしているかで 社会の活力は変わってくる。 「充分役割を果たしたから、これからは好きなことをし て余生を過ごす」なんて考えていないでしょうね? 『80歳から90歳は肉体が衰退する年齢で、本質の命は永 遠です。』本質の命を永遠にプランニングし続けて生き  ましょう。

    テーマ投稿数 307件

    参加メンバー 12人

  • 武士道 新渡戸稲造 藤原正彦 国家の品格

    武士道 新渡戸稲造 藤原正彦 国家の品格

    武士道(ぶしどう)とは、近世日本の武士が従うべきとされた規範をさす。 通常の概念では、“君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、 下位の者に仁慈を以てし、敵には憐みをかけ、 私欲を忌み、公正を尊び、富貴よりも名誉を以て貴しとなす” という態度であるとされることが多い。 さらにこれに、常在戦場を以て心構えとした武士の意識を重視して、 日本特有の「死の美学」を付けくわえることもある。 1900年に新渡戸稲造により流麗な英文で書かれた 『武士道』(BUSHIDO: THE SOUL of JAPAN)は、 はじめて諸外国に向けて日本人の「倫理観」を示した名著とされ、 セオドア・ルーズベルト、ジョン・F・ケネディ大統領など政治家のほか、 ボーイスカウト創立者のロバート・ベーデン・パウエルなど、 多くの人たちに影響を与えたといわれている。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    テーマ投稿数 118件

    参加メンバー 28人

  • 現実について

    現実について

    「現実とは何か」「現実において大切なことは何か」「わたしの現実」など、現実に関することなら何でもトラックバックしてください!

    テーマ投稿数 53件

    参加メンバー 11人

  • 無宗教 無思想 無哲学 養老孟司

    無宗教 無思想 無哲学 養老孟司

    日本人は無宗教・無思想・無哲学だという。 さて無思想とは、どのような事態か。 もしかするとそれは、「ゼロ」のようなものではないのか。 つまりゼロとは、「なにもない」状態をあらわしつつ、 同時に数字の起点でもある。 ならば、「思想がない」というのも、ひとつの「思想」のあり方ではないか。 日本の風土が生んだ「無思想という思想」を手がかりに、現代を取り巻く諸問題、さらには、意識/無意識とはなにかを、大胆に、されど精緻に考え尽し、閉塞した現代に風穴を開ける。 養老孟司著「無思想の発見」ちくま新書(折り返しの言葉より)

    テーマ投稿数 89件

    参加メンバー 15人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧