TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

社会思想 新着記事

NEW POST help
  • 余計なことをしたものだな…

    動画配信の会社の顧客が減ったらしい。 多くのサイトがあるが一番肝心なことを忘れてる。 それは、コンテンツなりに興味がある人間が少ないことだろう。 〇〇のファン…

    backpony

    警察さん捜査してください。

    読者になる
  • 熊野純彦「西洋哲学史 近代から現代へ」まとめ6

    第11章はヘーゲルに続く、ヘーゲル左派、マルクス、ニーチェの章なんですが、マルクスについてしかメモをとってませんでした。メモはマルクスの価値形態論についてです。価値形態論では、交換の基準となり得る商品の方が等価形態、それと比較されることでみずからの価値を表現する商品が相対的価値形態で、貨幣は等価形態の純化された姿とみなせます。これに続いて、特別な商品としての労働力の話などがつづくのですが、どれも断片...

    むつきさっち

    ノラ学者のメモ帳

    読者になる
  • 人の感じかたを、直接聞くことないし、言葉にしにくいから、<br />本質を解って行動しているひとは、どう思って他人を見ている?

    https://inudosikun50.com/2020/10/22/%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%a0%e3%81%91%e3%80%81%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e6%99%82%e3%81%8b%e3%82%89%e5%8d%94%e8%aa%bf%e6%80%a7%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%81%e5%8f%96%e3%82%8a/ どうぞこちに。

    hajimechan48

    あなたを、洗脳から真実に近かづけられるかも?

    読者になる
  • 読者になる
  • 日本の憂鬱

    グローバル・リズムに付いて考えて観ました。あくまでも主観で御座いますが宜しかったら目を通して観て下さい。

    Ryu

    想いのままに

    読者になる
  • 『私はあなたの二グロではない』ラウル・ペック

    (I Am Not Your Negro)は、ジェイムズ・ボールドウィンの未完成原稿『Remember This House』を基にしたラウル・ペック監督による2016年のドキュメンタリー映画である。サミュエル・L・ジャクソンがナレーションを務めるこの映画は、ボールドウィンによる公民権運動指導者のメドガー・エバース、マルコム・X、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの回想を通してアメリカ合衆国の人種差別の歴史、そして米国史についての彼の個人的な考察が描かれる[4]。第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた。(wikiよりコピペ) 集英社文庫の野崎孝訳『もう一つの国』を…

    ガエル

    ガエル記

    読者になる
  • 近代の終焉

    私は、2014年に「次世代文明の誕生(銀河版」を出版したが、拙速だったようだ。 まず先に、「近代の黄昏」と「近代の終焉」を書くべきだった。 人類が新たな千年紀を迎えて、20年がたった。世界は、どう変わったのか、そしてどう変わるのか。歴史観の問われるところだ。なお、ここで言う歴史とは、石器時代からの歴史を言う。一番の参考文献は、「ヒトはなぜヒトを食べたか」だろう。 ヒトはなぜヒトを食べたか―生態人類学から見た文化の起源 (ハヤカワ文庫―ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者:マーヴィン ハリス 発売日: 1997/05/01 メディア: 文庫 近代は終ろうとしている。社会も、経済も、技術も、国家…

    白井京月

    ある愚者の生涯

    読者になる
  • 体調悪し…

    久々にこのタイトルで書く… 1日中、今まで良かった内容で私の利益を妨げられる発言を1日中喰らい最悪の1日でもあった…。 以前住んでいた福岡市へ行くことに 私が…

    backpony

    警察さん捜査してください。

    読者になる
  • 福山哲郎×斎藤環「フェイクの時代に隠されていること」メモ4

    はじめに ソフトな全体主義から対話的民主主義へ3「はじめに」のメモ最後です。前のところで、若い世代にみられる高い充実感と高い不安の両立について言及されて終わっていました。斎藤はその理由を「承認」と「コミュニケーション」にある、と考えています。「とりわけ若い世代にとっては、「コミュニケーション」と「(仲間からの)承認」こそが、幸福感の条件として最重要となる。」そして幸福感がこれらに依存しているのなら...

    むつきさっち

    ノラ学者のメモ帳

    読者になる
  • 2021年の目標

    目標というか2021年の活動のテーマがふっと思い浮かんできました。 「心」「経済」「暮らし」 です。 地域の「心」と「経

    布田拓也

    地域第一主義をはじめよう!布田拓也のブログ

    読者になる
  • 『リチャード・ジュエル』クリント・イーストウッド その2

    とはいえリチャードが痛々しいのは「さえない男」だからではなくて「立派なアメリカ市民の鑑」だからなんですよね。 彼はいわゆる保守の人ですね。アメリカ魂を持った男性なわけです。 正義を愛し、銃を信じ、アメリカ政府を尊敬している人物です。お母さんもそういう人物でそういう育て方をしたのでしょう。 彼はまっとうな考え方をしている人なのです。だからこそ母親を大切にし、弱き女性に親切です。コンサート会場でも妊婦さんや黒人の母娘に思いやりのある言葉をかけていました。 銃を所持し訓練していたのもアメリカ男性としては正統派と言っていいはずです。 法律の勉強をし国民を守る仕事につきたいと志願する男性で自分が逮捕され…

    ガエル

    ガエル記

    読者になる
  • お前達、これをそのまま解釈出来るか?

    心を何らかの装置で読まれ声を送信し悪さを企む訳だけど再三毎日のように苦しんでいる。 私は、例のあれと呼んでいる TVでよしまさがとか言っている根源 プーチン大…

    backpony

    警察さん捜査してください。

    読者になる
  • 読者と読後感

    昨日、ラグーナ出版から「シナプスの笑いVol.42」が届いた。 私のエッセイ、「人間とは何か」が掲載されている。 j-robert.hatenablog.com 今朝、早速、訪問看護師にこのエッセイを読んでもらった。 「難しいですね」 「学者ですね」 「こんなこと考えてたら、精神病になりますよ」 と言われた。 そこで、シャレの効いたショートショート(シナプスの笑いバックナンバー)を読んでもらった。タイトルは「つまらない脳」。カクヨムの「ナンセンス道場」の中に収録している作品だ。 kakuyomu.jp 「これは面白いですね」 笑っていた。 読者が変われば評価も読後感も変わる。たった一人の読者の…

    白井京月

    ある愚者の生涯

    読者になる
  • 一元一次方程式:中学数学を教える1

    中学数学を教えるシリーズ第一回目は一元一次方程式です。ところでこのシリーズ、私がどうやって糊口をしのいでいるか、もろばれですね。人間嫌いのオタクにはつらい仕事だと思い知りました。これぐらいにしてさっそく本題に入ります。一元一次方程式という名前がすごく難しそうに見えますが、やることは単純です。でも説明は難しい。一元と一次の意味とかは、最初は後回しです。等式の意味は、左の数と右の数は等しいですよ、とい...

    むつきさっち

    ノラ学者のメモ帳

    読者になる
  • 読者になる
  • 『リチャード・ジュエル』クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッド映画の見本のように面白く楽しめる一作でした。 正義とは何かを見つめ人生の価値を考えさせられるのがイーストウッド映画だと思います。その表現は芸術とかマニアックなものではなくて誰が見てもとてもわかりやすく退屈せずに楽しめる作品でもあります。 ネタバレですのでご注意を。 1996年に実際にあった爆破事件で警備員をしていた実在の人物を描いた作品です。 実在の彼は検索すれば簡単に見ることができます。主役を演じたポール・ウォルター・ハウザーはそっくりです。 つまりよくある映画での「美化」はこの場合、絶対に行えないわけです。なぜならその容貌こそがこの物語の肝だからなのですね。 映画に…

    ガエル

    ガエル記

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)