TOPICS

続きを見る

  • 凌遅刑

    凌遅刑

    凌遅刑(りょうちけい)とは、清の時代まで中国で行われた処刑の方法のひとつ。生身の人間の肉を少しずつ切り落とし、長時間苦痛を与えたうえで死に至らす刑。歴代中国王朝が科した刑罰の中でも最も重い刑とされ、反乱の首謀者などに科された。また「水滸伝」にも凌遅刑の記述が記載されている。また、この刑に処された人間の人肉が漢方薬として売られることになっていたとされている。なお、この刑罰は中国の影響を色濃く受けた李氏朝鮮(朝鮮王朝)でも実施されていた。また、これに酷似したものとして隗肉刑がある。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 電磁波過敏症

    電磁波過敏症

    電磁波過敏症(でんじはかびんしょう)とは、「ある程度の電磁波を浴びると、身体が鋭敏に反応する症状」を指すが、明確な定義はない。アメリカ合衆国の医学者であるウィリアム・レイ (William J Rea) によって「Electrical Hypersensitivity(電気過敏症)」と命名された。電磁波および電磁場の健康への悪影響については否定的な見方があるが、現在でも様々な疫学的研究が行われている。 電磁波は、波長の短い順にガンマ線、エックス線、紫外線、可視光線、赤外線、電波となっている。電波は波長の短いマイクロ波から、長い極超長波まであり、さらに細かくわけらける(詳細は電波の周波数による分類を参照)。電磁波過敏症で話題になるのはこの電波の領域である。 「電磁波過敏症」を主張する人々は主として、送電線や家電製品から発せられる電源周波数(50/60Hz)と携帯電話や携帯電話基地タワーからのマイクロ波を症状の原因とみなしている。 同じ電波においても、携帯電話(マイクロ波)と送電線(極超長波)との電磁波の間の波長や周波数の比は、7桁ものオーダーに達する。このため、性質も異なり、両者を同列に議論することはできない。両者の中間の周波数のものには、電磁調理器やRFIDがある。 マイクロ波には加熱作用があるが、電磁波過敏症問題で議論になるのは、加熱によって生じる副次的な熱的効果ではなく、それ以外の非熱効果、すなわち電磁波そのものが健康に影響を与えるか否かという点である。 電磁場を発生させる高圧線世界保健機関(WHO)は「電磁波過敏症」とされるものについてとりまとめた研究報告(ファクトシートNo.296)において、様々な症状の存在は真実とした上で、「医学的診断基準はなく、その症状が電磁界曝露と関連するような科学的根拠はない」としている。また、このファクトシートによれば、二重盲検に基づいた研究報告の大半は、電磁波の暴露と電磁波過敏症の間に関連性がないという結論を出しているとし、電磁波以外の環境要因、あるいは電磁波を心配することによる精神的なストレスとの関係を示唆している。

    テーマ投稿数 75件

    参加メンバー 13人

  • 天国からのメッセージ

    天国からのメッセージ

    霊界通信を研究する。

    テーマ投稿数 40件

    参加メンバー 3人

  • 小沢一郎あれこれ

    小沢一郎あれこれ

    小沢一郎に総理大臣をやらせてみたいと考えている人。豪腕小沢一郎が好きな人。うさんくささを感じている人。あの顔が嫌いな人。政治信条のうそを感じている人。 ともあれ賛否両論。小沢一郎氏というのは魅力的な、気になる人物であることは間違いありません。支持・不支持を超えて、あれこれ多面的に小沢一郎氏を語ってみませんか。 【小沢一郎ウエブサイト】 http://ozawa-ichiro.jp/

    テーマ投稿数 5,983件

    参加メンバー 80人

  • 不倫は「文化」?

    不倫は「文化」?

    不倫(ふりん)は本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味するが、近年では特に、結婚制度から逸脱した男女関係の意味で使用される。 不倫は配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことをいう(配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も含む)。古くは姦通、不義密通といった。(くだけた表現では浮気と呼ばれる。この言葉は未婚の恋人同士でも使われる。) TBSのテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」(1983年)が、「不倫」という言葉を「男女間の不義密通」という意味に変化(固定)させたきっかけと言われている。それ以前のテレビドラマでは「よろめき」(主として、夫のある女性が、他人の男性に心を寄せる)という言葉が一般的に使われていたが、「金妻」以降はほぼ死語になっている(なお“よろめき”は三島由紀夫が1957年に発表したベストセラー小説『美徳のよろめき』に由来する)。

    テーマ投稿数 323件

    参加メンバー 56人

  • 二・二六事件

    二・二六事件

    二・二六事件(ににろくじけん、一般にはにてんにろくじけんとも)は、1936年(昭和11年)2月26日-29日に、日本において、陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こした未曾有のクーデター未遂事件である。事件後しばらくは「不祥事件」「帝都不祥事件」とも呼ばれていた。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 1人

  • 五・一五事件

    五・一五事件

    五・一五事件(ごいちごじけん、一般にはごてんいちごじけんとも)は1932年(昭和7年)5月15日に起きた大日本帝国海軍急進派の青年将校を中心とする反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが首相官邸に乱入し、当時の護憲運動の旗頭ともいえる犬養毅総理を暗殺した。この事件により日本の政党政治は衰退したといわれる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 満州事変

    満州事変

    満州事変(満洲事変、まんしゅうじへん、Manchurian Incident)は、1931年(昭和6年)9月18日に奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍(大日本帝国陸軍)が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件)に端を発し、関東軍による満州(現中国東北部)全土の占領を経て、1933年(昭和8年)5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の戦争(紛争、事変)。関東軍はわずか5ヶ月の間に満州全土を占領し、軍事的にはまれに見る成功を収めた。中国側の呼称は九一八事変。 この軍事衝突を境に、中華民国東北部を占領する関東軍と現地の抗日運動との衝突が徐々に激化した。日本では軍部が発言力を強めて日中戦争(支那事変)への軌道が確定し、中華民国市場に関心を持つアメリカら列強との対立も深刻化した。 1931年(昭和6年)の満州事変の勃発から1945年(昭和20年)の日中戦争の終戦までを一体の戦争と捉え、いわゆる十五年戦争とする見方もある。しかし、満州事変自体は停戦協定(塘沽協定)の成立によって一応収束しており、以後の日中戦争とは連続しないとする意見もある。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 6人

  • 太平洋戦争〜大東亜戦争〜第二次大戦!

    太平洋戦争〜大東亜戦争〜第二次大戦!

    太平洋戦争(たいへいようせんそう、英:Pacific War)は、第二次世界大戦の局面の一つで、1941年12月8日(大本営発表日)から1945年8月15日の玉音放送(ポツダム宣言受諾)を経て、9月2日に降伏調印の期間における、日本と、連合国(主にアメリカ・イギリス・オランダなど)との戦争である。この12月8日という日付は日本標準時に拠るものであり、アメリカなどでは開戦時12月7日であった。、 なお、「太平洋戦争」という呼称は、戦後にGHQによる占領政策によって定着した名称であり、当時の日本側の公式な呼称は「大東亜戦争」である。ただし、「大東亜戦争」の語は1941年から1945年の日中戦争を含むが、「太平洋戦争」は一般的にそれを含まない。

    テーマ投稿数 369件

    参加メンバー 69人

  • 大東亜戦争(大東亜共栄圏)

    大東亜戦争(大東亜共栄圏)

    大東亜戦争(だいとうあせんそう、Greater East Asia War)は、太平洋戦争の呼称の一つ。大日本帝国時代の日本政府によって定められた。 本項では「大東亜戦争」という呼称に関する議論について述べる。戦争の背景、経過、兵器、人物、影響などについては、日中戦争および太平洋戦争を参照の事。

    テーマ投稿数 45件

    参加メンバー 13人

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧