• 1位

    ミロクの辻 線刻摩崖仏はコピー 弥勒菩薩は阿逸多

    昨日は「智慧」の「慧」について記すにあたり文殊菩薩(文殊師利法王子)を引き合いに登場させました。 しかし阿弥陀さんにも「智慧光仏」と私たち衆生に及ぼす阿弥陀仏の力(光線)の如くの別名(十二光)がありました。 正信偈では「清浄歓喜智慧光」と登場。 また「智慧の光明はかりなし~」もあまりにも私どもが日々馴染んでいる和讃でした。 ちなみに「十二光」を羅列すれば 無量光 無辺光 無碍光 無対光 炎王光 清浄光 歓喜光 智慧光 不断光 難思光 無称光 超日月光 正信偈中お馴染みの文言ですがもともとは大無量寿経からです。 そして阿弥陀経冒頭の「文殊師利法王子」の次に登場するのが「阿逸多菩薩」(あいったぼさつ)です。 この阿逸多菩薩が弥勒菩薩(慈氏菩薩とも)の別名ですね。 真宗系、私どもの墓地を見回しても目につきますが墓石に「不退」とか「不退転」の語があります。 これは「阿惟越致」(あゆいおっち)の訳語で~阿弥陀経では阿毘跋致(あびばっち)~その音が似ている通り「阿逸多」(弥勒)のことを言っているのです。 最近は墓碑にその語を記すことはなくなりましたが以前は何故にそれが記されているかというと、やはり当流和讃に頻出する弥勒の件「弥勒におなじ」のフレーズが「不退転」。 よく政治屋さん他権威者の会見などの言葉にその語がよく聞こえてきますが私にはそのままの通り「弥勒におなじ」としか聞こえてきませんね。 「弥勒におなじ(決意)」(便同弥勒)ということですが、当流にそれに「決意」などいう仰々しい語は似合いません。 そしてそもそも「弥勒の化身的」発信は「胡散臭い」というのが歴史の中の定番なのでした。 またそれは決意という類のものではなく「他力の信心」というもので敢えてそれを記せば「動かぬ信心」ということでしょうか。 また「弥勒に同じ」ということはそもそも「往生極楽が約束された身」ということを言っているのです。 それは墓石に刻まれた「不退転」の通りでしょう。 よってかつては墓石といえばその「不退転」(=弥勒におなじ)の語を刻んだのでした。ただしその決定事項とは釈迦入滅の「56億7千万年後」にそれが実現するといいますので果てしない未来の事を言っているのです。 よって「不退転」なる語を墓石に記さなくなったその理由は「弥勒とおなじでは遅すぎ、成仏するのは今・・・」。 念仏して「即得往生住不退転」よって「南無阿弥陀仏」や「倶会一処」が主流になったので

    大澤寺

    墓場放浪記

  • 2位

    大石学氏来る 相良史料館 「諸家系譜」

    外はほんのりと暖かな空気が漂っていました。 しかし冷たい風が一日中吹いていて日陰や庫裏の中はまるで冬に逆戻りしたかのよう。 午前は法事で多くの方の来訪がありましたが一同「寒い」と。 大型ストーブ2台で対応しましたが、先日も記しました通り灯油注文をしていて良かったと安堵したところです。 息子の居た数日前の京都・奈良の山間部では氷点下はまたぞろだったようですからこの時期に「さぁ春だ」とお調子にのったとしてもやっぱりピシッとやられるものです。 本堂でもストーブがない御内陣では気合を入れるため発声も大きく早めになりますが、昨日は手がずっと冷たいままでしたね。 これほど短期に末端への血の循環が悪くなるものか首を傾げました。 法然さんの如く「病をもって浄土に行く楽しみがわいた」などとは言いませんがここまで色々な不調が少しずつ出てくると「勝手にしやがれ」です。 さて、午後からは先日お伝えしていたよう大石学氏の講演会がありました。 午前の法要のお斎を早めに退場させていただき、史料館まで。 何故にそう慌てなければならないかというと、毎度恒例、史跡研究会に市役所構内の駐車場案内の役があったためです。 講演内容はあとでゆっくりDVDを視聴すればいいのですが、遅刻しつつもその駐車場整理に飛んでいかなければならないのは私が最年少だからですね。 その整理は何となく動いてあっちこっちと来訪者に指図しますので寒さを感じませんでしたが、2階の会場に上がらず1階のモニター前での視聴は寒さを感じました。 終了後もう一件写真クラブの展示会場に行く予定がありましたので退場させていただきましたが、冷たい風が吹きまくっていて強烈に冷えました。 ジャケットなしのダテ薄着はとんだ酷い目にあいました。 「写真」の方は予定をしっかり把握していなかったため、16時すぎには撤去回収済みでした。折角案内をいただいていたのですが残念なことす。先般も華道の発表会の招待状を無駄にしたばかりでまったく不義理な坊主だと反省しています。 おかげさまで会場には300弱のお客様が。 駐車場は満車になって小学校(二の丸)前の駐車場に振り分けましたがそちらも満杯。 最後は「日曜日だからJAは怒らないだろ」ということでそちらに案内してしまいました⑥画像。 責任のナイ私だからそういう際は「えいやぁ」で平気でやっちまいます。舌出しておしまい。 ①②③は昨日紹介いただいた国立公文書館のデジタルアーカ

    大澤寺

    墓場放浪記

  • 3位

    3月21日は彼岸会

      3月21日午後1時より、本堂に於いて春季彼岸会をお勤めします。  法話は、当寺住職です。  冬から春へ、季節の移ろいを感じる時期ですね。  彼岸は仏の世界であるお浄土。この世は迷いの世界。迷いの世

    シュージョー

    旭川東法寺だより

  • 4位

    慈心の欠落 文殊師利般涅槃経 雨中野良犬と五輪塔

    先日逝去された御年九十三歳の善智識の方へその法名に「慧」の文字を入れさせていただきました。 この文字は「智慧」の「慧」からということは言うまでありませんが「智慧」とは「物知り、知識とか利口、民度の高さ」のことをいう「知恵」とは違ってより高度でベストな仏的道理判断力のことをイメージします。 その智慧といえばやはり文殊菩薩がその代表ですね。 阿弥陀仏一向専念の坊主が「文殊菩薩?」とのご指摘を受けるかも知れませんので一応一言。 当方頻繁に読誦する極楽浄土の荘厳について語る阿弥陀経の冒頭に「文殊師利王子」が同座、登場していますね。 昨日は「他者への寛容さ」について日本の世界順位が九十位台という数値に落ち込んでいる事を記しましたがこれは今の日本におけるすべてのネガティブ状況・・・人としての在り方・・・その歴史的変異・・・に日々触れている身としては大いに納得できると了解したところです。 ホントは私ども文化を育んできた仏教的思想の原点にたちかえるべきと声を挙げなくてはならないのですが一方この国は落ちるところまで落ちた方がイイ(というかどうなもならないところまで来ているという諦観)と思う面もあって何ともこの現状には歯がゆい思いがするばかりです。 自ら各ハードルを上げて何事にも勝手にもがき苦しんでいる日本人がいるわけですが・・・ 以前寺に食べ物の提供を依頼する人が時々来られることを記しましたが、突然来訪するその人にあたふたしながら品を搔き集めるやれやれ顔の奥方に対して「如来さんかも知れないよ」と言ったことがありますが、実はその手の「化身」の件、仏典にあります。 真宗の経典ではありませんが、それが「仏説文殊師利般涅槃経」です。 「文殊師利王子(文殊菩薩)は自ら貧・窮、孤独・苦悩の民となり現世に現れる」ですね。 阿弥陀如来の化身でも別にかまわないのですが、経典に直接あるのが文殊菩薩の智慧というところでした。 これは仏典では他者を「救済する」それこそがすべてを「幸福にする」と言っているの間違いないところでそれが他者への思いやりであり配慮であり献身でありそれが文殊経のすすめである「慈心」の養成です。 国連のその幸福度算出数値の多寡に影響を及ぼすその「他者への寛容さ」の低下こそ「慈心」の欠落なのでしょう。 慈心の発生によりまた自らが「文殊」となるのです。 ということは明らかにこの日本に於ける仏教思想と仏教文化継承の衰退が顕著であると大騒ぎを

    大澤寺

    墓場放浪記

  • 5位

    裏を知れば表がわかる

    詩人の故吉野弘氏がある本に、次のように書いています。「裏」という漢字の中に「表」という漢字が含まれていることに或るとき気付いて、なるほどと思ったことがあります。人間や物事の表面だけを見ても、その裏側(実質)はわからないが、裏を知れば表もわかるのが世間だと思い当たったからです。この経験はこんな短詩になりました。表裏「裏」の中に「表」があります裏を見れば表もわかるのが世の常「表」だけに目を凝らしても、その中に「裏」を読み取ることは出来ません(以上)わたしも、なるほどと思ったことです。裏を知れば表がわかる

    仏教を楽しむ

    仏教を楽しむ

続きを見る

  • 2018年度高田教区秋安居まとめ①

    副住職の唯真です。先日のブログでも触れましたように、高田教区の2018年度秋安居に参加する機会を得ました。今年は道綽禅師の『安楽集』について学ばせて頂きましたので、忘れないようここに要点をまとめておこうと思います。(ノートから起こしていますが、もし、間違った

    syaku yuishin 常敬寺副住職のブログ
  • お経を唱える

     章子の31回目の命日の昨日、仏壇に線香を焚き、正信偈を唱えた。  線香が香る。  煙がゆらゆらと上に立ち上る。  正信偈の詩の一句一句が心に沁みる。  正信…

    hanamizuki-521 愚濁庵のつれづれプログ
  • 大石学氏来る 相良史料館 「諸家系譜」

    外はほんのりと暖かな空気が漂っていました。 しかし冷たい風が一日中吹いていて日陰や庫裏の中はまるで冬に逆戻りしたかのよう。 午前は法事で多くの方の来訪がありましたが一同「寒い」と。 大型ストーブ2台で対応しましたが、先日も記しました通り灯油注文をしていて良かったと安堵したところです。 息子の居た数日前の京都・奈良の山間部では氷点下はまたぞろだったようですからこの時期に「さぁ春だ」とお調子にのったとしてもやっぱりピシッとやられるものです。 本堂でもストーブがない御内陣では気合を入れるため発声も大きく早めになりますが、昨日は手がずっと冷たいままでしたね。 これほど短期に末端への血の循環が悪くなるものか首を傾げました。 法然さんの如く「病をもって浄土に行く楽しみがわいた」などとは言いませんがここまで色々な不調が少しずつ出てくると「勝手にしやがれ」です。 さて、午後からは先日お伝えしていたよう大石学氏の講演会がありました。 午前の法要のお斎を早めに退場させていただき、史料館まで。 何故にそう慌てなければならないかというと、毎度恒例、史跡研究会に市役所構内の駐車場案内の役があったためです。 講演内容はあとでゆっくりDVDを視聴すればいいのですが、遅刻しつつもその駐車場整理に飛んでいかなければならないのは私が最年少だからですね。 その整理は何となく動いてあっちこっちと来訪者に指図しますので寒さを感じませんでしたが、2階の会場に上がらず1階のモニター前での視聴は寒さを感じました。 終了後もう一件写真クラブの展示会場に行く予定がありましたので退場させていただきましたが、冷たい風が吹きまくっていて強烈に冷えました。 ジャケットなしのダテ薄着はとんだ酷い目にあいました。 「写真」の方は予定をしっかり把握していなかったため、16時すぎには撤去回収済みでした。折角案内をいただいていたのですが残念なことす。先般も華道の発表会の招待状を無駄にしたばかりでまったく不義理な坊主だと反省しています。 おかげさまで会場には300弱のお客様が。 駐車場は満車になって小学校(二の丸)前の駐車場に振り分けましたがそちらも満杯。 最後は「日曜日だからJAは怒らないだろ」ということでそちらに案内してしまいました⑥画像。 責任のナイ私だからそういう際は「えいやぁ」で平気でやっちまいます。舌出しておしまい。 ①②③は昨日紹介いただいた国立公文書館のデジタルアーカ

    大澤寺 墓場放浪記
  • はなから助かる目のないサイコロ

    仏法ははなから助かる目のないサイコロ

    こうさん 法の語りべ
  • 詩杜香会報VOL46 沙耶花(妻・章子)の『子供』

    詩杜香会報46号に掲載されていた沙耶花(妻・章子)の詩です。       子供                    沙耶花 子供は大人よりかしこいのです ち…

    hanamizuki-521 愚濁庵のつれづれプログ

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧