TOPICS
  • 1位

    二尊院の「もみじ」と法然上人廟

    一昨年に郷里秋田へ戻って新生活の大変化に挑んでいる先輩から便りが届きました。 その時(先月末~月初)は「3回雪が降った」がその後消えた・・・とありましたが、昨日のお天気ニュースでは猛吹雪の図と「積雪は既に76㎝」の報。 昨日の遠州ときたら駿府の外歩きに今年初めて革ジャンを着用して闊歩しましたが、穏やかなお日和で心地良さ満点。 同じ日本なのになんでこんなに違うの ?・・・とつくづく。 こっちに「越してきちゃえばイイ」などと乱暴な返信をしたくなりますが・・・。それは一所懸命に土地を繋いできた先方ご先祖様に申し訳ないことです。 考えてみれば毎年毎年このような豪雪にお付き合いすることが「当たり前」という人たちが培ってきた厳しい自然に対する耐力と精神力と知恵とその伝承は私たちが育った如くの環境とは大違いでしょう。 先日はその件私なら「即死」に値すると記しましたがやはりその76㎝を即座に叩き出す降雪量は殺人的というしかありませんね。 ちなみに冬季は墓参りはナシとのこと。というか墓石は雪の下に埋まりますからね。 初耳だったはお寺の水屋の水道も止められるとのこと。 元で止水できるようになっているのでしょうね。 さもないと管が破裂するということでしょう。 ということは法事の開催は冬季は無いということなのでしょうね。以前からインフルエンザ怖さで冬季の法事はやめたい・・・と思う私ですが、少々甘っちょろいか・・・ ただし今、相良小学校5年生のクラスで早々に閉鎖に追い込まれていると聞きました。 子供の近くが特に怖い。その子供の居る家庭も。 逆に雪に囲まれると乾燥せずインフルエンザの蔓延は案外少ないのかも。 さて昨日の二尊院に因んだ歌の続き。 百人一首からですがこちらは二尊院本堂前に掲げられていました。 小倉山 峯のもみじ葉 心あらば いまひとたびの みゆきまたなむ 貞信公は藤原忠平で709年の秋とのこと。1300年間変わらず秋の小倉山といえばまさに「もみじ」なのでしょう。 ただし今の世はその候といえば激変の様。 二尊院は略号。正式には「二尊教院華台寺」です。 「華台寺」とは「二尊院」があまりにも耳に馴染んでピンときませんが、似たような語に蓮台がありますね。ということで「浄土」の雰囲気はします。 こちらには法然さんの廟がありますのでそちらにも息子とお参りに上がったことがありました。 以前の秋にも、ごった返す京都の名所と念仏三昧院光明寺を記し

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 2位

    臆病になる私 慣れを以って自滅す  模擬天守清州

    曇天の一日でしたが、有難いことこのうえなし。 天気予報では降雨とのことでしたが、助かりました。 前日、木に取り付いている私に地上から「明日雨だけどお墓まいりをどうしよう・・・」と法事の件、問い合わせを受けました。「何とかなるでしょう、ご心配無用です」のいつもの大風呂敷を敷いていましたが、その言の通りに後押ししていただいたような気分。皆さんも「OK OK」の様子でした。 そういえば昨日は法事のあとにレンタカーにて浜岡の叔母のところに行きましたが、軽自動車ではあるものの、今時のあらゆるハイテクが装備されているようでまったくまごまごさせられました。怖くなって帰りは奥方にハンドルを譲りました。 怖くなったというのは事故の件もあります。 その木の上で電話がたて続けに鳴り響いているのを聞いて尚放置していましたが、奥方は「大物」の材を落としたあとだけに「ちょっと用事を済ませに」と出かけて不在。 たまたま来られたお参りの方のご挨拶を受けるために地上に舞い戻ってその対応後にまた電話。 すると奥方からで「事故にあった」と。 聞けば拙寺裏の波津の交差点で信号待ちの際に店からバックで出て来た車に当てられたとのこと。 「来ない?」と問われて「行かない!」と即座に応えたのは奥方は暇を持て余して(現場検証待ち)電話を数度に渡って掛けるほど無事の様であり、その責はといえば皆無であるということもありますが、何しろあんな交差点でちょろちょろ顔を出すことは実に嫌なことです。 知っている人が見たら「おお事故ってる」とどう後ろ指を指されるかわかりません。 人の目を気にすることなどは平気な性分ですが野次馬的状況に自身投じたくありませんからね。 後からちょっとヤバイかな・・・と思ったのは奥方に対して第一声「具合はどうだ」と声掛けせずに「車はどうだ」と心配の方向を違えて聞いたこと。 まぁ本人もその程度の事・・・と気にしていないくらいピンピンしていますので。 それからその店の前で停まって奥方に心配の声掛けをしてくれた方々等いましたが、ある方に聞けば「コツンとやっただけで80万」だったという話を聞きました。要は「むち打ち後遺症」の主張による色々の様。 他の人との雑談でも周囲には「やられたら首が痛いは当然」の連中ばかり・・・とも。 嫌な「慣例」ですね。 貰い事故は面倒な事山積で一瞬はカッと来るでしょうが、自分が加害者になったことを考えれば真っ当に対応しなくてはね。

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 3位

    「成道の日」参拝記念印(8日の【常敬寺感】で直書き)

    明日、12月8日はお釈迦さまがさとりを開かれた「成道(じょうどう)」の日です。それにちなみまして明日の「常敬寺感」で直書きする参拝記念印は、”さとり”という文字で坐るお釈迦さまを表現したデザインのものとなります。ぜひ御参加くださいませ。合掌

    syaku yuishin

    常敬寺副住職のブログ

    読者になる
  • 4位

    12月6日は常例法座の日

      12が6日は昼1時より、本堂において常例法座を開きます。   正信偈を一緒にお勤めした後、御講師の先生の法話があります。終了は3時の予定です。  御講師は、滋賀県、浄願寺、夏木一丸師です。 

    シュージョー

    旭川東法寺だより

    読者になる
  • 5位

    Say It (Over And Over Again)

    SayIt(OverAndOverAgain)

    HO

    一体全体

    読者になる
  • 6位

    鳥窠道林気取りでやっつける 「危ない」のは同じ

    最近の「NHKキャンペーン災害列島」を視聴するにあたって(昨晩は~生きるスキル▽巨大地震 あなたの町の“地域リスク”~)当家奥方は「怖いから見たくない」と。 まぁあの想定死亡者数とシミュレーションCG画像を見たら「気持ちが悪くなる」のは違いないところ。 結局はみなさん内心は「私は大丈夫」があるのでしょうが、年配者はこぞって「その時はここで死ぬ」ですからね。 その達観はそれはそれでいいかも知れませんが、助けに行ったり探したり嫌な言い方ですが遺体を片付けまた処理する人、要は人の手を煩わすことに繋がりますからね。 何とか生き抜いて、自分だけでも他人様の御厄介にならないよう自身管理なくてはなりませんね。 また最近の関東地方に集中して発生している震度1~4の地震を首都直下型地震を誘発する、または関連している地震だと「言い切れなくはない」との専門家の指摘もあって「そろそろ年貢の納め時か」と思うところもあります。 昨日は秋田のドカ雪と寒さを避けて「こっちに越してきちゃえばイイ」など記しましたが、今言われている東南海地震に首都直下型地震の予測からいえば「まっぴら御免」のお話でしょうね。 何せデータからいえば静岡県といえば南海トラフ地震の予想死亡者がトップという凄さですから。余程のマヌケは私の事か。 予想される津波の高さとしては驚愕の「30m以上」を叩き出している他の県と比べて静岡はこれまで言われているような数字(5m~)にもかかわらずその指摘があるのは沿海低地に住む人が多いという事でしょうか。 出来ればどれもこれも逃げてしまいたい想定の色々。 麻雀でいえば親に役満をテンパラれているような。 振り込み(直下型)だけは避けたいところですが。 私の自慢の避難タワーはそのトップに上がって6m。 地盤は6mですから合計12m。 それ以上の津波が来たらお終いですね。 その前に「津波の恐怖を味わえる」ことを幸運に思わなくてはならないでしょう。まずは庫裏に押しつぶされずに生き残る必要がありますね。 画像は鳥窠道林気取りで庫裏の杉の木を「棒っ切れ」にした図です。全行程、それぞれ丸一日かかったワケではありませんが3日。奥方と2名ですから一日2人工(にんく)で計6名の仕事。 高所作業車が境内に入れないのと手伐りを勘案すれば、シルバーさんへの依頼は無理でしょう(受けないはず)。 プロに任せることになれば3人工で一人2万円というところでしょうか。ただし3

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 7位

    創価学会と公明党

    『月間住職』(2019.12月号)から興味あるところを2題。一つは、長く「この教団の偽らざる真の目的は何かー本当の創価学会問題」が連載されています。この号は96回「母体の教団お教えにも公明党の党是にも反してさえ自民党にすり寄った真の狙いは何か」です。興味あるところだけ転載します。公明党・創価学会はなぜ政権側に舵を切ったのか。米国になびく右寄りの自民党が提示する各種の政策に共鳴、賛同したとは思えない。この連立の動機に正鵠を得た書籍を残した人物は矢野絢也氏だ。一九三二年、大阪生まれの矢野氏は、京大卒後、大林組に入社した。創価学会学生部、青年部の幹部を経験し、大阪府議会議員をスタートに、公明党が衆議院に進出した六七年に当選。竹人義勝委員長の下でコンビを組み、八六年までの二十年間、書記長を務めた。その後、党委員長、常任...創価学会と公明党

    仏教を楽しむ

    仏教を楽しむ

    読者になる
  • 8位

    「笑い」の解剖

    定期的に柏市の図書館に入庫された本を検索します。その中に、『「笑い」の解剖:経済学者が解く50の疑問』(2019/9/6・中島隆信著)があり借りてきました。著者は経済学者で、これまでも『大相撲の経済学』『障害者の経済学』『オバサンの経済学』『お寺の経済学』『刑務所の経済学』『高校野球の経済学』などの著書があり、『お寺の経済学』は読みました。「笑い」の構造の解明にアプローチした内容で、読んでいて納得できるし、漫才やコントを聴くときに、新しい視点をもって聴けるようになります。内容紹介に次の様にあります。笑うって実は大変なことなのです「4つのステップ」という独自の発想で、“知ってるようで本当はあまりよくわかっていない謎"を氷解させるユニークな“知的探検"!●人はなぜ笑うのか――。考えてみると、実はよくわからない「笑い...「笑い」の解剖

    仏教を楽しむ

    仏教を楽しむ

    読者になる

続きを見る

  • 開運写真

    開運写真

    自然のパワー〔気〕に満ち溢れた場所で撮影した写真を募集しています。 開運写真は見る人の運気を上げます。 お待ちしています。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • チャクラ

    チャクラ

    チャクラに関することなら何でも。 チャクラとはサンスクリット語で「車輪」「蓮の花」を意味します。霊能者や心霊家たちはチャクラがかみ合う歯車やギアのように回転していると考えるのだそうです。 それぞれのチャクラは、それぞれの主なる内分泌腺、神経中枢、身体の器官に対応しています。チャクラは肉体が誕生するときに宇宙から与えられる偉大なる生命力を変換するものだと考えられています。 7つの主なチャクラがそれぞれバランスよく作用していると、すべての身体の箇所が完璧に働きます。バランスが崩れてしまったり、ブロックされたりしていると、精神的、感情的、または生理学的な不調が現れることがあります。

    テーマ投稿数 55件

    参加メンバー 13人

  • 毎日に充実感!いいことば!

    毎日に充実感!いいことば!

    毎日に充実感! いい言葉を集めてます。 心の健康が体の健康でしょう。 みなさんの言葉を教えてくださいね。

    テーマ投稿数 173件

    参加メンバー 37人

  • 死の準備教育 デス・エデュケーション

    死の準備教育 デス・エデュケーション

    日本では「死の準備教育」と訳されている。 この概念は1990年代頃から注目され始めており、 日本ではアルフォンス・デーケンによって提唱された。 A・デーケンは「人間はこの世に生を受けた瞬間から 絶え間なく死に向かって歩み続けている。 人間らしい尊厳に満ちた生を全うするためには、 誰もが必ず直面しなければならない死に対する ふさわしい準備が不可欠であろう。 そこに死への準備教育の存在意義がある。」と述べており、 「死の準備教育」は健全な死生観を与え、 死を知ることで命の重みを理解し、 生きる喜びと感謝の心を育むことを目的としている。

    テーマ投稿数 109件

    参加メンバー 10人

  • ローマカトリック(バチカン市国)

    ローマカトリック(バチカン市国)

    ローマカトリックの国、バチカン市国に関する事なら何でもOK!バチカントラコミュです。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 9人

  • 日本の思想

    日本の思想

    日本思想を標榜するトラコミュがなかったので、若輩ながら立てさせていただきます。 日本思想に関することならなんでも大丈夫です。気軽にトラックバックお願いします。

    テーマ投稿数 115件

    参加メンバー 17人

  • 人間は考える葦である

    人間は考える葦である

    普段考えていることや、思っていること、感じたことのトラコミュです。エッセー風なのをトラバしてみませんか。どんな話題でも結構です。お気軽に・・・。ただし記事中に顔文字、絵文字を使っている方はご遠慮願います。

    テーマ投稿数 191件

    参加メンバー 40人

  • 感謝と感動の連鎖

    感謝と感動の連鎖

    毎日ささいなことにでも感謝と感動を持てる心を持ちたい人へ。 内容は少しのありがとうでも構いません。 どなたでもトラックバックしてくださいね。

    テーマ投稿数 1,533件

    参加メンバー 235人

  • 少年、少女、乙女なのです。

    少年、少女、乙女なのです。

    腐ってみえても乙女なのです。 社会のルールは守れそうにもないけれど、寧ろ破ってばかりだけれど、清く正しく美しく。 大人になれないわけじゃなくて、ならないだけ。 馬鹿にしたけりゃすれば良い、こっそり涙を拭うのも必要事項なんですから。 精神論、乙女論、少年論、少女論、ポエム、エッセー、小説、詩、音楽、ファッション、ロリータ、読書感想文、スイーツ、旅行記、逃避行記、陰口・・etc 何となくそれっぽい内容なら、お気軽にトラックバックしてください。 以下検索用 長野まゆみ,ミヒャエルエンデ,中原中也,太宰治,坂口安吾,夢野久作,宮沢賢治,嶽本野ばら,白樺派,オリーブ,Olive,装苑,それいゆ,ジュニアそれいゆ,中原淳一,媒図かずお,大森仔佑子,戸川純,松井冬子,Vivienn Westwood,zucca,ツモリチサト,MILK,Jane Marple,Emily Temple cute,Shirley Temple,Baby,The Stars Shine Bright,Angelic pretty,metamorphose temps de fille,victorian maiden,juliette et Justine,Mary Magdalene,innocent world,ロッキンホースバレリーナ,ロココ,フランス,ベルギー,オーストリア,ウィーン,ハプスブルグ,ドイツ,デカダンス,頽廃主義,懐古主義,レトロ,螺旋階段,渦巻き,電球,純喫茶,名曲喫茶,アリス,鍵,ロマン,浪漫,卵,夜,思想,哲学,懐中時計,金平糖,月,星,こけもも,甘味,

    テーマ投稿数 258件

    参加メンバー 73人

  • 大阪の都市伝説

    大阪の都市伝説

    数々ある都市伝説の中で、大阪、またはその周辺に語り継がれている話だけを厳選しています。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

続きを見る

  • ”障害者の父は、人生の教財” 橘 世理さんのリブログ記事です。

     『相手の立場になって、許す。これができると苦しみは、半減してゆくのかもしれません』  考えさせられた記事。 ぜひ、読んでみてください。

    hanamizuki-521 愚濁庵のつれづれプログ
    読者になる
  • ブログをはじめるにあたって。

    今日は。ブログは2009年より綴って最近に至っていますが、初めの投稿から少し自分を見つめ直したいという思いから、Twitterと連携して週一のペースで更新できればと思います。先ず初めに、「生きること」のプロローグを書いてみます。「私が本当に大切にしているもの。人それぞれ違うでしょうが、月並みに「幸せ」でありたいと思っているのではないでしょうか。私も「幸せ」でありたいと思っています。しかし現実は自分の思いとは裏腹に一向に幸せ感が達成できません。せれどころか、いちばん嫌だと思っているいざこざが絶えないのが日常の在り方です。何故なんでしょう?ではなぜ思いと違った方向に行くのでしようか。心の闇と一言で片づけるには、大きな問題が横たわっています。闇の問題は、自分を大切にという思いから、他を大切にしていない事実が浮かび上が...ブログをはじめるにあたって。

    唯識に学ぶ・誓喚の折々の記 唯識に学ぶ・誓喚の折々の記
    読者になる
  • 住職の退職金

    『月間住職』(2019.12月号)もう一題は、住職の退職金についてです。以下転載です。住職や副住職が退任して退職金を支給する際の①副住職が退任し住職になった場合、副住職の退職金は認められるのか。また②住職を退職し名誉住職ないし東堂(前住職)として同じ仕事をしている場合の退職金は認められるのか。退職金には老後の生活保障といった性格があり、税負担が重いとその後の生活に影響が出てしまいます。そこで税金計算においてかなり優遇されているのです。退職金にかかる税金(所得税)は、次の算式により計算されます(所得税法第三十条)。退職金にかかる所得税=(退職金-退職所得控除)×二分の一退職所得控除とは「40万円×勤続年数(20年を超える場合、超える期間について70万円×勤続年数)」で計算されます。仮に40年在籍していれば、2.2...住職の退職金

    仏教を楽しむ 仏教を楽しむ
    読者になる
  • 臆病になる私 慣れを以って自滅す  模擬天守清州

    曇天の一日でしたが、有難いことこのうえなし。 天気予報では降雨とのことでしたが、助かりました。 前日、木に取り付いている私に地上から「明日雨だけどお墓まいりをどうしよう・・・」と法事の件、問い合わせを受けました。「何とかなるでしょう、ご心配無用です」のいつもの大風呂敷を敷いていましたが、その言の通りに後押ししていただいたような気分。皆さんも「OK OK」の様子でした。 そういえば昨日は法事のあとにレンタカーにて浜岡の叔母のところに行きましたが、軽自動車ではあるものの、今時のあらゆるハイテクが装備されているようでまったくまごまごさせられました。怖くなって帰りは奥方にハンドルを譲りました。 怖くなったというのは事故の件もあります。 その木の上で電話がたて続けに鳴り響いているのを聞いて尚放置していましたが、奥方は「大物」の材を落としたあとだけに「ちょっと用事を済ませに」と出かけて不在。 たまたま来られたお参りの方のご挨拶を受けるために地上に舞い戻ってその対応後にまた電話。 すると奥方からで「事故にあった」と。 聞けば拙寺裏の波津の交差点で信号待ちの際に店からバックで出て来た車に当てられたとのこと。 「来ない?」と問われて「行かない!」と即座に応えたのは奥方は暇を持て余して(現場検証待ち)電話を数度に渡って掛けるほど無事の様であり、その責はといえば皆無であるということもありますが、何しろあんな交差点でちょろちょろ顔を出すことは実に嫌なことです。 知っている人が見たら「おお事故ってる」とどう後ろ指を指されるかわかりません。 人の目を気にすることなどは平気な性分ですが野次馬的状況に自身投じたくありませんからね。 後からちょっとヤバイかな・・・と思ったのは奥方に対して第一声「具合はどうだ」と声掛けせずに「車はどうだ」と心配の方向を違えて聞いたこと。 まぁ本人もその程度の事・・・と気にしていないくらいピンピンしていますので。 それからその店の前で停まって奥方に心配の声掛けをしてくれた方々等いましたが、ある方に聞けば「コツンとやっただけで80万」だったという話を聞きました。要は「むち打ち後遺症」の主張による色々の様。 他の人との雑談でも周囲には「やられたら首が痛いは当然」の連中ばかり・・・とも。 嫌な「慣例」ですね。 貰い事故は面倒な事山積で一瞬はカッと来るでしょうが、自分が加害者になったことを考えれば真っ当に対応しなくてはね。

    大澤寺 墓場放浪記
    読者になる
  • すきなお寺さん

    お参りさきのおたくにて久しぶりに子供達に会いわー大きくなりましたね。といっしょにお参りしましょうねなんまんだぶつ。できるかなあんぱんまんじゃないよーって。明日、幼稚園の発表会で心配なんです。とお母さんたのしんでねー。お寺さんもね、演奏会おわって緊張感いっぱいだったけどたのしんだよー。って。ちっちゃな赤ちゃんだったのに成長しましたね。好きなひとだーれ。というときにおかあさんおとうさんおじいちゃんおばあちゃんにそんな中にまじってお寺さん。もすきだというんです。わーちょーうれしいです。おてらさん。ははは。^_^すきなお寺さん

    ぶっちのこころ ぶっちのお念仏生活
    読者になる

続きを見る

  • 輝来心の言葉

    救いを求める人や悩みを解決したい人に読んでもらいたいブログ 「輝来心」という出雲市にある場所の紹介をしています。 記事は相談者の体験談や心の成長についての内容が多いです。

    読者になる
  • saiwajiのブログ

    これから尼僧の思いを気ままに書いていきますよろしくお付きあいください

    読者になる
  • 一体全体

    日々の備忘録

    読者になる
  • 常敬寺副住職のブログ

    親鸞聖人の孫、唯善上人が開いたお寺”中戸山西光院常敬寺”です。副住職がお寺のことをつづります。

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧