TOPICS
  • 1位

    安倍川川会所 弥勒交差点交番 河原の弥勒院

    このいよいよ佳境に入ったRWC。 ベスト8の4試合私は「全部見る」勢いでスタンバイOK。 何といっても20日夜の南ア戦はこれまでの私のスポーツテレビ観戦の中で一生のうち二つ三つとないくらいわくわく度upのお楽しみ。 ところが何の気なしに見たスケジュール表を見て硬直してしまいました。 その日の19時からお取越しを数週間前に承ったことを思い出しました。 「その日でなければ家族が揃わない」ということでしたね。 私はこのどうにもならないタイミングについて一瞬棒立ちにはなりましたが奥方の「私が代わりに観戦」の言葉に納得しました。そのお宅には若い方たちがいらっしゃいますのでみんなで集中力が欠けてしまいやしないか少し心配です。 私は年がら年中うわっついていますが。 IOCのThomas Bach氏によるマラソンと競歩の開催場所の札幌変更案について私は何らの利害関係人ではありませんので好きな事を言わせていただきますが、先般ブログで記した通り、札幌大賛成派。 これからどうこうと未練がましく東京でやりたいとか予算は国に出して欲しいなどあの知事殿はのたまわっているようですが、この段階で「勝負あり」の気がしますね。 「選手と観客の命を守る」という大義にかなうものはありません。当初青天の霹靂だった様子(つまはじきにされていた?)満載で「そんなら北方領土でやってもらえ」風の捨て台詞にはあの人のまともじゃないお頭とあの人を選んだ東京の地に呆れましたね。 無理なものはムリ、諦めってものが肝心でしょ。 さっと引いて善処する、それがまともな政。 そもそもへりくだって「我こそは」といいながらオリンピックを招致したはず。天候の件も高温リスクのネガティブ披露は無かったはず(隠していたといわれてもしょうがないかも)。 そこのところ少々遅かったのですが「今、気が付いた」ということ。 花道を歩くことばかり考えるお寒い政治屋ばかりでヒステリックに口を尖らすあの人を見てついついいつもの「ざまぁ見やがれ」「みっともねぇなぁ」の台詞が出てきそう。 「札幌の皆さんおめでとうございます。よろしくお願いしますね。ではお金のことはこれから調整することにしましょう」のニッコリ笑っての弁がオトナ。折角のイベントを貴女がぶち壊しにしかねませんね。 自分があとから浴びるであろう地元批判を「被るのだ」という意気も必要。 まぁテレビ画面の前に鎮座している私は所詮傍観者です。 どっちでもイ

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 2位

    大切なものは「坊主に髭」(コラム)

    こちらは以前寄稿したコラム(音楽から仏教を楽しもうという)になります。 SHO - 「ボウズにヒゲ」この曲は、歌詞が「ボウズにヒゲ」しかありません。3分35秒の間、ずっと「ボ」・「ウ」・「ズ」・「に」・「ヒ」・「ゲ」しか言っていません。ちょっと何言ってるか分からな

    syaku yuishin

    常敬寺副住職のブログ

    読者になる
  • 3位

    私の趣味

    勉強会で「西原さんは、何を基準に本を選んでいるのですか」と訊ねられました。私のブログを見ていての興味です。これといった基準にはないんですが、毎月柏市の図書館が購入した本を大方検索して、面白そうな本があればリクエストして落掌する。それと仏教関係の本は、図書館の検索に「仏教」「法蔵館」「親鸞」などの文字を打ち込んで、出てきた一覧の中から興味深い本をリクエストします。また、『自尊心という病』『「健康」という病』『一億総ガキ社会「成熟拒否」という病』『許せないという病』『「健康」という病』といった社会が持っている闇を啓発した本や、新聞に掲載されたコラムや評論で興味深い人がいれば、その人の名を図書館の検索にかけてリクエストします。ちなみに一昨日借りてきた本は、『暴走する能力主義―教育と現代社会の病理』(ちくま新書・201...私の趣味

    仏教を楽しむ

    仏教を楽しむ

    読者になる
  • 4位

    家康のオランダ優遇 「蘭学」の興隆 解体新書へ

    勝負は時の運。 ただし本気の南アは強かったです。 破れはしましたが初のRWCベスト8入りの果実は大いに楽しめました。 あとは世界屈指の強豪国同士の試合を楽しませていただきます。 勝手なことを記しますが「だったら予選2位通過でニュージーランドと」当たってもより面白かったかもなどタラレバ。 さて、駿府城二ノ丸坤櫓(直近ではこちら)は平成26年に160年振りの完成お目見えとなって地元では鳴り物入り、その完成式典が開催されていました。 その際出席したオランダ王国の特命全権大使のお土産がありました。家康が駿府城から発行したという朱印状のコピー。 以下静岡市サイトから。 「慶長三年(1598)にオランダ船の「リーフデ号」が豊後臼杵に漂着し、ウィリアム・アダムス(三浦按針)が慶長5年(1600)に大阪で家康と面会。以後家康に優遇されることに。 「リーフデ号」乗組員は帰国後、家康が交易を望んでいることを報告した為、これを受けた国王が親書を持たせ駿府城に特使を派遣した。オランダからの特使の船は慶長14年に平戸に入港、同年7月駿府城の家康を訪れ、家康は慶長14年(1609)7月、朱印状を贈って、船の着岸の許可と長崎出島に商館を設けることとを許可。以降、幕末まで出島で交易を行った。」 ということでオランダのみ外交が許されていた江戸時代、海外の発展的発想、理科学、思想等の流入はオランダ経由で当然にオランダ色の強いものがありました。 またそれらが入る場所といえば長崎のみ。 それらの学びを「蘭学」といいました。蘭学といえば思い出すのが前野良沢。 特に日蘭の辞書の無い時代に1から時間をかけて『ターヘル・アナトミア』を解読し『解体新書』を編纂したという話は有名ですね。その翻訳・解読に主となって動き、それでいてその書に名を記すことをしなかった前野良沢の気概。 そのみち(蘭学)への傾注具合を見た中津奥平、藩主奥平昌鹿は彼を「蘭学の化け物」と呼び、それをまた彼は喜んで号を「蘭化」としたといいます。 彼らのへこたれない探求心が今の日本のノーベル賞選出御常連の根っことなって繋がっているのでしょうね。 「化け物」になれるってことはやはり勲章ですね。 スクラムの化け物、肉体の化け物たち・・・十二分に楽しむことができました。 私は何の「化け物」になれるか。野垂れ死んで化けるだけ・・・それもまた楽しみかも知れません。

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 5位

    落語「夢の酒」と心の内側 Rakugo "Yume no Sake" and the inside of our mind

    11月20日、落語を通して仏教に親しむイベント「おてらくごのススメ」が、築地本願寺銀座サロンで開かれます。19時開演です。今回は古今亭志ん吉さんに落語「夢の酒」を演じて頂きます。落語の後、私が「人の心の中にあるもの」についてお話し致します。皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。On November 20, "OTERAKUGO NO SUSUME" will be held at the Tsukiji …

    多田修

    お坊さんと落語のブログ

    読者になる
  • 6位

    どんな人も救われる阿弥陀如来様の御心

    おはようございます。タカです。 僕らは『輝来心』という名でお勤めをさせていただいています。 名前の最後に「心」がつくので、もしかしたら 多くの人が「親切心」とか「向上心」とかいうような 気持ちの種類の1つだと思っているのかもしれないと 少し心配になります(;´∀`) 今回の記事では『輝来心』という僕らのお勤めの内容を 紹介していきます。 ご興味をお持ちの方はぜひご一読を!

    axe52タカ

    輝来心の言葉

    読者になる
  • 7位

    備えは必要です。Necessity to prepare

    learningenglish.voanews.com この記事に、こんな一節があります。「専門家の話では、日本人は、災害の危険にもっと気がつく必要があり、政府が世話してくれるのをあてにするのではなく、もっと自分で準備するべきであるという。」たしかに、治水は政府の仕事ですが、避難するのは私たち一人一人です。政府の対策を検証するだけでなく、私たちが備えをすることも必要です。This article reports the typhoon Hagibis disaster of Japan. This article says following; Japanese need to be more…

    多田修

    お坊さんと落語のブログ

    読者になる
  • 8位

    仏力―生活仏教のダイナミズム

    古い本(2004/10)ですが『仏力―生活仏教のダイナミズム』(佐々木宏幹著)を図書館から借りてきました。著者は、駒沢大学名誉教授で曹洞宗の方で、宗教人類学・宗教文化論の研究者です。目次は下記の如くですが、多岐に亘っています。第1章日本人と仏教―「教理」と「民俗」のはざまで第2章本山・本尊・先祖信仰第3章「仏」と「ほとけ」と「ホトケ」第4章盂蘭盆会と彼岸会第5章日本人の宗教意識第6章仏教僧侶とその役割第7章生活仏教とは第8章宗教的ダイナミズム考おわりに日本人が「無宗教」というのは本当か「第7章生活仏教とは」に「2葬祭と生活仏教」とあり、平成11年(1999)4月から、曹洞宗総合研究センターで「葬祭問題」について4年をかけて研究・調査を行い、平成15年3月末に『葬祭-現代的意義と課題-』としてまとめた記事が掲載さ...仏力―生活仏教のダイナミズム

    仏教を楽しむ

    仏教を楽しむ

    読者になる
  • 9位

    「熊」脅しに苦笑 下城戸登山道 一乗谷城一条城山

    平等院鳳凰堂の屋根に用いられた木材の年代を調査したそうです。私はその手の歴史遺物の年代測定についてかなり大まかな数字だろうとしか思っていませんでしたが発表された数字はハッキリとした数字。 1053年に建てられたという平等院ですがその7年前の1046年に伐採したヒノキで尚産地は滋賀県高島市と。 「樹皮直下の年輪」で伐採年代を計るようですがその算定メカニズム、サッパリわかりませんね。 凄い技術だと思いますが・・・ 年代測定して期待する推定時期よりずっあと、たとえば江戸時代だったりすれば、やるせなくなりそうなところですがしかしピンポイントで「7年前」などと出てしまうのは圧巻。 すると考えたくなるのは材の乾燥時間。 どのくらいの工期が掛かっているのかと考えるに「7年」となると伐採間もなくという感じがします。 屋根ならそんなものでしょうか。 さて、日本海側の中部各県で9月末より熊の出没情報がありました。福井から始まって昨日は新潟の魚沼の市街地に出て3人ほどケガをさせて山に帰ったとのこと。 ニュース画像では生々しくも流血の状況が映し出されていました。まさに民家の車庫前でした。 山城廻りは楽しいことこのうえありません。 夏季の城廻りは避けるところですが、そろそろ京都滋賀福井あたりの城にでもと思いが沸きつつあるこの時期、その熊出現と人さまへの傷害のニュースを見たりすると一気に意気消沈。 基本独り歩きですのでああいう看板はヒジョーに不安にかられますね。 拙ブログでも何度かその手の看板を記して恐怖を伝えていますが、たとえ冬場であっても彼らがおとなしく冬眠しているものかビクビクものです。 熊とは別にこの時期遭遇したくないのはスズメバチの襲来。 これはうっかり地中の巣を踏み抜くことによってその禍を招くのですが、先日も亡くなった方の報道がありましたが体中100箇所以上刺されていたといいます。 スズメバチと熊どっちがマシかまじまじ考えますが、スズメバチの巣を踏み抜けばまずアウトでしょう。 私はアシナガバチたった1匹に顔面を刺されただけで腫れあがって会社を休みました。 それがキイロスズメバチの大群で×100だったとしたら生きていられないことくらいはわかります。 熊とはご対面の経験がありませんが命を落とすにまではいたらないかと。 ただ、立ち直れないような傷を負いそうです。 そもそも痛い思いはしたくないですね。 画像は独りで歩いた一乗谷城の一条城

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 10位

    秋、いろいろ

    当寺境内の金木犀、今年も2度咲きです。 秋風だったり、蒸し暑かったり、不安...

    Kei

    煩・悩・図・鑑

    読者になる

続きを見る

  • 妖怪・妖精・モンスター

    妖怪・妖精・モンスター

    伝説の異形の生き物について語ろう。イラスト、絵画、オリジナルデザイン、逸話や秘話も。

    テーマ投稿数 677件

    参加メンバー 82人

  • 愛について

    愛について

    愛とは何か。 愛はどこにあるのか。 何が愛で、何が愛ではないのか。 愛することの意味。 ・・・等々、愛についてのあなたの考えや思いをお聞かせください。

    テーマ投稿数 480件

    参加メンバー 62人

  • 鎌倉時代(中世)

    鎌倉時代(中世)

    中世の歴史関連♪

    テーマ投稿数 341件

    参加メンバー 42人

  • 真正保守主義とは何か

    真正保守主義とは何か

    時代は保守化の時代に入ったといわれているが、それは本当に保守主義なのか。もし、そうではないのならば、保守主義とはいったいどういったものなのか。そういったことを考える余裕のある人が時々保守論を吟味し、論争するトラコミュになればと思います。

    テーマ投稿数 136件

    参加メンバー 18人

  • マヤン・カレンダー ―13の月の暦

    マヤン・カレンダー ―13の月の暦

    マヤン・カレンダーは 「今日あなたが何をすべきか」を毎日教えてくれる 13の月の暦がアドバイスをくれる まさに「心の時代」のカレンダー。

    テーマ投稿数 51件

    参加メンバー 7人

  • 歴史学とその方法

    歴史学とその方法

    歴史学・歴史理論、歴史哲学、歴史の方法といったメタな話についてのトラックバックです。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 15人

  • 生年月日で相性占い

    生年月日で相性占い

    生年月日による相性占いに関すること、大集合。四柱推命、紫薇斗数など

    テーマ投稿数 161件

    参加メンバー 12人

  • 挨拶は、禅の世界の言葉です。

    挨拶は、禅の世界の言葉です。

     挨拶とは、禅問答のことです。今日そのことを意識して使う方は居ないでしょう。でも、挨拶に込められたもの、挨拶に込めるべきもの。それは、禅問答でかわすことと、変わらないかもしれません。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 8人

  • 幸せのちから

    幸せのちから

    全財産たった21ドルから立ち上がった父子の実話に基づいた感動作。 日本のサラリーマンはこの映画を見てどう思うんだろう。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 9人

  • ハードSFファンタジー

    ハードSFファンタジー

    J・G・バラード、W・バロウズ、G・イーガン、P・K・ディック、村上龍、K・W・ジータ等が描き出すハードで知的でエロティックな妄想をハードSFファンタジーと定義します。ぜひご参加下さい

    テーマ投稿数 665件

    参加メンバー 21人

続きを見る

  • John Coltrane - In A Sentimental Mood

    JohnColtrane-InASentimentalMoodJohnColtrane-InASentimentalMood

    HO 一体全体
    読者になる
  • 大切なものは「坊主に髭」(コラム)

    こちらは以前寄稿したコラム(音楽から仏教を楽しもうという)になります。 SHO - 「ボウズにヒゲ」この曲は、歌詞が「ボウズにヒゲ」しかありません。3分35秒の間、ずっと「ボ」・「ウ」・「ズ」・「に」・「ヒ」・「ゲ」しか言っていません。ちょっと何言ってるか分からな

    syaku yuishin 常敬寺副住職のブログ
    読者になる
  • 詩杜香会報VOL47 アミィの『花火のあと』

    詩杜香会報47号に掲載されていたアミィの詩です。      花火のあと                    アミィ 暗い夜空にひろがる 大きな大輪の花 いく…

    hanamizuki-521 愚濁庵のつれづれプログ
    読者になる
  • 五輪の塔

    法事の合間、車の中で『バッシング論』を開くと、以前読んだことのある内容。検索で「仏教を楽しむバッシング論」を入れると、案の定、以前、2回にわたって、この本を紹介していました。こうしたことは、半年に一度くらいあります。明日、車で上越市に行く予定でしたが、本日、長岡まで新幹線で行って、明日、レンタカーで上越に入ることになりました。員弁(いなべ)組で仏婦結成50周年記念で、明日、恵信尼の里で法話、明後日、お朝事と午前の記念法要(国府別院)での法話を依頼されているからです。上越まで新幹線で往けば簡単なのですが、長野ー上越間の新幹線が不通で、上信高速道も長野の手前あたりが不通。長野駅でレンタカーと思いましたが、だれも考えることは同じで満車。それで新潟県長岡周りとなったわけです。恵信尼の里の恵信尼公の五輪の塔の前での法話の...五輪の塔

    仏教を楽しむ 仏教を楽しむ
    読者になる
  • 家康のオランダ優遇 「蘭学」の興隆 解体新書へ

    勝負は時の運。 ただし本気の南アは強かったです。 破れはしましたが初のRWCベスト8入りの果実は大いに楽しめました。 あとは世界屈指の強豪国同士の試合を楽しませていただきます。 勝手なことを記しますが「だったら予選2位通過でニュージーランドと」当たってもより面白かったかもなどタラレバ。 さて、駿府城二ノ丸坤櫓(直近ではこちら)は平成26年に160年振りの完成お目見えとなって地元では鳴り物入り、その完成式典が開催されていました。 その際出席したオランダ王国の特命全権大使のお土産がありました。家康が駿府城から発行したという朱印状のコピー。 以下静岡市サイトから。 「慶長三年(1598)にオランダ船の「リーフデ号」が豊後臼杵に漂着し、ウィリアム・アダムス(三浦按針)が慶長5年(1600)に大阪で家康と面会。以後家康に優遇されることに。 「リーフデ号」乗組員は帰国後、家康が交易を望んでいることを報告した為、これを受けた国王が親書を持たせ駿府城に特使を派遣した。オランダからの特使の船は慶長14年に平戸に入港、同年7月駿府城の家康を訪れ、家康は慶長14年(1609)7月、朱印状を贈って、船の着岸の許可と長崎出島に商館を設けることとを許可。以降、幕末まで出島で交易を行った。」 ということでオランダのみ外交が許されていた江戸時代、海外の発展的発想、理科学、思想等の流入はオランダ経由で当然にオランダ色の強いものがありました。 またそれらが入る場所といえば長崎のみ。 それらの学びを「蘭学」といいました。蘭学といえば思い出すのが前野良沢。 特に日蘭の辞書の無い時代に1から時間をかけて『ターヘル・アナトミア』を解読し『解体新書』を編纂したという話は有名ですね。その翻訳・解読に主となって動き、それでいてその書に名を記すことをしなかった前野良沢の気概。 そのみち(蘭学)への傾注具合を見た中津奥平、藩主奥平昌鹿は彼を「蘭学の化け物」と呼び、それをまた彼は喜んで号を「蘭化」としたといいます。 彼らのへこたれない探求心が今の日本のノーベル賞選出御常連の根っことなって繋がっているのでしょうね。 「化け物」になれるってことはやはり勲章ですね。 スクラムの化け物、肉体の化け物たち・・・十二分に楽しむことができました。 私は何の「化け物」になれるか。野垂れ死んで化けるだけ・・・それもまた楽しみかも知れません。

    大澤寺 墓場放浪記
    読者になる

続きを見る

  • 輝来心の言葉

    救いを求める人や悩みを解決したい人に読んでもらいたいブログ 「輝来心」という出雲市にある場所の紹介をしています。 記事は相談者の体験談や心の成長についての内容が多いです。

    読者になる
  • saiwajiのブログ

    これから尼僧の思いを気ままに書いていきますよろしくお付きあいください

    読者になる
  • 一体全体

    日々の備忘録

    読者になる
  • 常敬寺副住職のブログ

    親鸞聖人の孫、唯善上人が開いたお寺”中戸山西光院常敬寺”です。副住職がお寺のことをつづります。

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧