chevron_left

「哲学・思想」カテゴリーを選択しなおす

cancel

浄土真宗 トップ

help
inkrich

続きを見る

  • 1位

    妙好人三河の七三郎 山中八幡宮百度石

    仲間が集まってワイワイがやがやと好き勝手な雑談は楽しいものです。 しかし、その場所もそうですが、その「仲間たち」と思う者たちの中に誰が異種の者が混ざっているかも知れない・・・ということを忘れてお調子に乗るのは怖いものがあります。 以前も記したことがありましたが、私が十数年前に榛南仏教会主催の戦没者供養祭に相良地区の代表で赴いた時、何の話題からその語が出たのかは知りませんが、年配の禅宗の僧侶の口から「みんな親鸞がワルイのだ!!」と。 まぁ真宗の若造坊主が同席していることなど知る由もなく「つい出ちゃった」暴言とは思いますが、その際、他の御一同が固まっていたことが思い出されます。 私は、それだけ親鸞さんのインパクトが強いのだな・・・とその件誇らしく、また聞き流すだけでしたが。 敢えてその「悪い」について記せば親鸞さんの思考は阿弥陀さんの思考、そして阿弥陀の第一の考えは「みんなおんなじに」です。 親鸞さんの言葉を借りれば阿弥陀さんの下では「御同朋御同行」となります。 そして「親鸞は弟子一人ももたずそうろう」(歎異抄第六章)の通りですからそれが「悪い」と思われることかと思うワケです。 まぁ考えは色々あっていいとは思いますが我ら「持前の通り」(阿弥陀にまかせる)身にとっては「ちょっとね・・・」と同じ仏教でも案外と平行線となる思想の違いを思わさたものです。 さて、昨日はその「持前の通り」を発した因幡の源左の件を記しましたが彼ら如く市井にいる念仏者のことを「妙好人」と言います。 各地にその妙好人の筋金入り念仏者の阿弥陀さんの理解を示す言葉の数々が紹介されていますが、その中で「三河の七三郎」の話がありました。 声をあげて念仏しつつ畑仕事をしている七三郎と臨済の僧白隠さんとの問答の件です。話はかわりますが、白隠というと駿遠では高名な禅僧で、明治期の拙寺の宝物録の中に彼の掛け軸が記されており、それが祖父の代に処分され今は寺に無いことを残念がっていた私がありました。 その三河の七三郎と白隠の問答は白隠さん側からはどうかわかりませんが、妙好人、真宗門徒側からすれば「してやったり」の感あって結構に知れたところ。 詳細こちらでは記しませんがご興味のある方は「三河の七三郎 白隠」で検索ください。 画像は昨日の山中八幡宮の山の上。社殿とその奥宮。 ヒメハルゼミが生息する杜。 ④百度石がありますが、今は神への願にそれをチャレンジする人はいないようで

  • 2位

    持前の通り 神は舞い降りた② 山中八幡宮大楠

    先日は榛原病院にて待ち合わせして、叔母を整形外科の定期健診に同行したわけですが、現状良い方向には動いています。 何せ先日は米寿のお祝いが届くほどで、年齢的にいって何時その「電池」が切れても不思議がありませんからね。 治療箇所の予後快癒傾向は勿論、テーマだった「お頭の具合」はハッキリスッキリ。聴力の衰えもありませんから受け答えもバッチリ。 一人暮らしの際はありとあらゆるボケをかまして、私どもを慌てさせましたから、今回の半年ぶりの面談で知った叔母の健常振りには余程施設とのマッチングが良いのか驚きしかありませんでした。 「家はどう?」と問われた時はさすがに焦りましたが・・・。 まさか解体更地にしたとはいえず、いつものウソを並べましたが。はい、私は地獄行き。 あの時は好天に恵まれたため、検診終了後に病院ロータリーの花壇近くで叔母に日光浴をしてもらいましたが、ちょうど咲いていた花たち三種について「コレ何?」とばかりに質問すると、これはケイトウ、これはヒガンバナ、これはコスモス・・・とばかりに全て正解。感心していると「100まで生きられるかな?」と上機嫌でした。 その様子何かが「降臨」したか(昨日)の如く。 100に到達してもまったく不思議はナイくらい。大腿骨にチタンが入っている以外はすべてが健康そのもの、以前から「病気なんかしたことがない」というのが口癖でしたが、それこそ真似のできないスゴイことです。 命の事はまったくわかりませんが、叔母がその100に到達するまであと12年。その間にあの人もこの人も、ひょっとして私も・・・という具合に叔母より先に逝くことになるかも知れません。 まぁ「『持ち前の通り』に死んでいけばいいだけ』ですがね(因幡の源佐→ ウイキペディア)。 さて、岡崎舞木のその字の如く降臨した神は大木に姿を変えたかと思わせるのが昨日の順念寺の西、山中八幡宮の大楠です(場所はこちら)。 古いもの、デカイものに「ヤマ-カミ」は宿るのでしょう。 時にはかり知れない怨念にもそれは・・・ ①を振り返ると⑤の長閑な景色。中央に順念寺が見えます。

  • 3位

    警笛はトグルスイッチがお勧め 家康潜伏伝承 鳩ケ窟

    川崎幼稚園の悲劇から1カ月、あれだけ大きな事件で社会を騒がせただけに巷の記憶は未消化の様。 国も放置はできないということでセンサー等の安全器具の車内設置を進めるとのことですがやはり「やった感」。やっつけ仕事の雰囲気が漂っています。 それで今回のことを手打ち、幕引きとするのでは亡くなった子供と遺族に申し訳ないことだと思うのですが。 だいたいあの件以来、各地で同じように児童の車内取り残し事案が発生しています。人為にはミスがつきものですからね。 そして車内にセンサーを置くから大丈夫・・・なる意見がありますが問題はそれを運営するのは人間だということです。 たとえばエンジンを切るとアラームが必ず鳴るというシステムがありますが、①やかましい②スイッチを後部座席まで行ってOFFにするのが面倒③電源が切れて(故障して)未修繕などなど漫然とした日々の行動の中、色々な人為とミスが考えられます。 センサーなどの補助機械に依存すれば、基本的安全管理(目視と出欠の照らし合わせ・・・)が蔑ろになりえます。 先般もプロ中のプロである救急車の救急搬送員が車内装備のAEDを使用しようと用意したところ「電池切れ」で使用できなかったという事案があったといいます。 日常のメンテナンスを欠いたための事案でした。機械はアテにならないのは人間と同じ。 そして昨晩は園児に「その時」バスの「クラクションを押そう」というイベント映像を視聴しましたが、子供たちはそのクラクションを鳴らすのに相当の苦労をしている様子が映されていました。やっとこさ力を出して鳴らせたる子もいればそれができなかった子もいたようです。 それを視聴した私は思わず苦笑しましたね。 あそこにいる大人たちはクラクションといえばハンドル中央の重たい部分にのみしか思い浮かばないのだな~の寒気も感じました。 車好きの人なら誰でも知ってるトグルスイッチ。それならば幼児の指一本でクラクションが鳴らせます。 何故にその発想に至らないのか不思議でなりません。 幼児に全体重を載せて鳴らすことを教えるなんて・・・ 新たにクラクションをエンジンルームに装着してもヨシ、既存のクラクションから配線を引っ張てもヨシ。 トグルスイッチは単体で1000円もしませんからね。 ヒューズとコード、取り付け器具を入れてもDIYならば予算2000円以下、プロに依頼しても工賃込みで10000円はかからないかと。 なにより自家用車に着ければその

  • 4位

    十月六日は常例法座の日

      十月六日は午後1時より、常例法座を開きます。  御講師は、十勝組、妙法寺、石田智秀師です。  どなたでもどうぞお参りください。  十月から衣替え。色が黒で型も同じなので気づかないかもしれませんが、

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)