TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

浄土真宗 トップ

TOP help
  • 1位
    仏教を楽しむ

    仏教を楽しむ

    仏教ライフを考えるコラムです。浄土真宗本願寺派僧侶

    読者になる
  • 2位
    旭川東法寺だより

    旭川東法寺だより

    旭川市内の寺の住職が記すブログ

    読者になる
  • 3位
    墓場放浪記

    墓場放浪記

    相州小田原生、遠州高天神近住(相良)、戦国時代を中心に雑感を記すブログと寺のサイト

    読者になる
  • 4位
    浄土真宗|LOG

    浄土真宗|LOG

    役に立たない話を聞いて、新しい頭を恵まれる。

    読者になる
  • 5位
    お坊さんの剛腕ラリアット

    お坊さんの剛腕ラリアット

    浄土真宗のお坊さん時々ローカルヒーロー。様々なカテゴリーを作りラジオのコーナーのようなイメージでブログを書いています。江津市、他のおすすめランチなども紹介。納骨壇をお探しの方どうぞ。

    読者になる
  • 6位
    一体全体

    一体全体

    日々の備忘録

    読者になる
  • 7位
    輝来心の言葉

    輝来心の言葉

    救いを求める人や悩みを解決したい人に読んでもらいたいブログ 「輝来心」という出雲市にある場所の紹介をしています。 記事は相談者の体験談や心の成長についての内容が多いです。

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    訃報

    夏カーペットを撤去し、ホットカーペットを設置し、ぼちぼち冬支度です。といっても...

    Kei

    訃報

    読者になる
  • 2位

    摂津国島上郡 嶋上郡衙ぐんが 芥川郡家

    齢を重ねると何事もまったくもってヤル気が起こらなくなります。 昨年あたりまではチェーンソーを樹上でぶん回して境内樹木の伐採をしてきましたが遂に手首と関節の老朽化が出現したのか「捻じれ」に対しての許容が難しくなりました。 要は痛みが走るような「変化」が始まっているということです。 その樹木ですが1本寺テラスに陽光が入るために思いっきり伐採したのはいいのですが、それが枯れかかっているような姿にこれも「変化」しています。 相当怪しい部類ですが、復活に何とか望みをかけているところ。 伐りたくない木ですし・・・ さて、昨日の「芥川」。 何故にこちらに・・・の続き。 明治以降芥川町は村制を経て町となりますが島上郡の芥川村・郡家村が元。 「郡家」とは古い名称で律令時代の「郡衙」(ぐんが)を意味す る語でもあります。 郡衙は国衙に準ずる国の出先機関で施設としては郡司が政務にあたる正殿や役人たちの庶務にあたる場、租税出挙など徴収物を管理する正倉などで構成されますが、その「郡家」の地名の通り、芥川、西国街道の交わるこちらにはかつての郡衙があったと言われています。 のちに「国衙」国司から成長した有力荘園管理者、開発領主により吸収されて衰微しつつ姿を消していくことになりますが、この地が往古から地域の中心地であったことが推測できます。 ちなみに鎌倉期の地頭や守護の台頭を迎えさらに室町期に国司たる守護大名が生まれるという大雑把な歴史の流れでしょう。 その当初の郡レベルの権威者が政務を行う役所、それが「嶋上郡 衙跡」ですが高槻市内から芥川山城へ向かう途中にあります(場所はこちら)。 この広大な敷地を高槻市は保存していることを考えると先日記した焼津の小川城の上に建つ住宅街を思い出してしまいます。 今となってはすでに遅し焼津市の後悔の気持ちはわかりますがやはり人々の考え方の深さが一言、未熟だったということでしょう。 それから大河ドラマでは足利義昭(覚慶)が将軍宣下を受けて第15代将軍を名乗るところが放映されていましたが、歴史タイミングとしては三好三人衆に担ぎ上げられて14代将軍となった義栄が入京できずにいましたね。 将軍在位期間は半年程度と短かったのは京都の争乱もありますしもともと病弱であったということもありますが、ではどちらに居たの?といえば高槻は富田の御所、普門寺でした。 まぁこちらは三好家の足元だったということもありますが、この高槻なる地は

    大澤寺

    摂津国島上郡 嶋上郡衙ぐんが 芥川郡家

    読者になる
  • 3位

    飯盛山城は四条畷市 生駒山系南北半島状尾根

    昨晩の「歴史秘話ヒストリア」は「足利ブラザーズ」と題して13代義輝と15代義昭にスポットが当てられていました。 将軍義輝の追い落としに攻め込んだのが三好長慶でした。 義輝は朽木の聖興寺に退去するなどして何とか御内書を連発してバックアップ網を構築し将軍として京都に戻ることができますが長慶亡きあとの永禄八年、三好三人衆によって殺されてしまいました。そして義昭は頼りにしていた武田に上杉に先立たれての足利家滅亡という流れ。 「生者必滅会者定離」が歴史であり、人というものの無常を感じます。 「諸行無常」であるからこそある意味人生は面白くなるのですがね。 永禄十一年に織田信長が義昭を担いで難なく入京できたのは14代将軍となった足利義栄が三好長慶亡きあと戦闘が治まらない 荒廃のしている京都ということもあいまって尚当人の健康不安から入京できずに高槻で過ごすうちに衰弱して死したこと、そしてやはりその前の永禄六年(1563)に三好義興が芥川城で急死し翌年(1564)に失意のうちに三好長慶が飯盛山城で亡くなってしまうというタナぼた的幸運」とブログにて記しました。 畿内覇権を手中に収めたかと誰もが思っていた三好長慶が後継者である息子の突然死によって失意に陥って体調に変異をきたしたというのは、信長の本能寺と言う激変とその派手さは異なるもののそれぞれの人生というものが如何に危うくて殆ど偶然がもたらすタイミングで容易に動くものであると知らされるのですが、その三好長慶の失意というものに一つ加えておかなくてはならない悲劇がありましたね。 長慶の弟の安宅冬康の件ですね。 三好長慶が畿内の覇権を制するまでに至ったのはその兄弟たちの力なくしてはあり得なかったわけですが、細川晴元の臣、三好 元長を父に長男の三好長慶以下三好実休、安宅冬康、十河一存、野口冬長など巧みに有力他家を取り込んだ一族一統各補完しあうシステムが機能していました。 やはりその「万全」に大きな綻びが出たきっかけは長慶の子の三好義興が永禄六年に亡くなってしまったことはいうまでもないことですが、その長慶最大失意の直後永禄七年に弟の安宅冬康を飯盛山城に呼び出して自害させたこと。謎の中の謎です。 何故ならその兄の三好実休は永禄五年、十河一存はその前年に戦 死していたのですから。 状況から考えられるのは精神的に追い詰められたうえの狂気だったといえるのかも知れません。 飯盛山城は南北朝動乱期に適宜陣

    大澤寺

    飯盛山城は四条畷市 生駒山系南北半島状尾根

    読者になる
  • 4位

    おかめや

    買うにはまいかい混雑しているおかめやさんの食パンやすくておいしくいただいています。もっとおいしくもっとおやすくなどともっともっとという欲しがることはとどまることをしりません。そんな心少し欲をおさえることで様々な環境を改善していい方向へ向かわせていくのではないでしょうか。人間の胃袋をふくらますためあらゆるいのちをうばうだけでなくすべての生き物にとってすこやかに生きられるようにととのえる役割が人間にあるのでしょう。すべてのいのちにやどされている仏さまの願い尊いほとけさまが願ういのちてあるからどのようないのちも区別差別なく重いも軽いもない等しく尊いいのちといえるのです。毎日のようにいのちを殺すニュースが多いきがします。殺すことなかれなんまんだぶつおかめや

    読者になる
  • 5位

    高槻の芥川山城は自然溢れる学園都市の一画 摂津峡

    先週末からの冷え込みによって寝床に毛布を登場させています。 同時にネコどもが布団の上に集結し油断がなりませんね。 上掛けが引っ張り剥がされて風邪をひく恐れがあるからです。 これまで床の上で寝ていたくせに・・・彼らも季節の変化をしっかり感じ取っています。 昨日ブログでは一昨晩の大河ドラマの二条城普請の一コマについてについて触れました。 二条城といえば現在の観光客が怒涛の如く訪れるあそこではなく、武衛陣町のそれを記す石柱と看板のみの場所(現「平安女学院」の一画、路地の入口)で、より御所の近くです。 そしてその回のドラマでのもう一つの舞台が芥川城でした。 その名を記すしますと一部紛らわしいと言われそうですが、厳密に言えば芥川山城のことですね。地元では三好山。 私がその城址を求めて無意味に走り回った時の印象といえば、ここにもあった平安女学院・・・でしたが、その回のドラマで出た2つの城ともその学校の名が近くにあったということ。 もっともこちらは高槻という京阪のベッドタウンてはあるものの少々奥まっていて摂津峡という景勝地も近くまさに自然に近しい場所。以前行った高槻城あたりとは雰囲気がまったく違います。 そしてそういった環境からして他にも関西大学などの教育機関が集まっているエリアです。 山の名を三好山と呼ぶのは勿論長慶を主に三好の一統が入った山城だからですが信長がこの城に入った理由こそが三好に代わって「畿内を獲った」のアピールですね。 永禄初頭の1560年に三好長慶は河内飯盛山城へ移って息子の三好義興を芥川城の城主として置きますがこれは長慶による次期家督相続者のアピールです。 当時は何を隠そうこの芥川城こそが畿内中心地のイメージがあったのかと。 永禄十一年に織田信長が難なく入京できたのは永禄六年(1563)に義興が芥川城で急死し翌年(1564)に失意のうちに長慶が飯盛山城で亡くなってしまうというタナぼた的幸運があったことが大きいのでは・・・ ただ現地に行ってこの芥川城が何故にして畿内の要衝になりえたのかという気持ちが沸き起こりますがただ一つその理由は西国街道が近くに走っていることでしょうか。 西国から入京直前の位置にあって人とモノを抑えるにはうってつけの場所かつ、芥川が削る谷と崖が城の要害性をアップさせて城郭として機能させたのでしょう。 あの時、畑仕事をしている方にたまたま声を掛けたのですがその方が三好山の歴史に詳しい方で登城

    大澤寺

    高槻の芥川山城は自然溢れる学園都市の一画 摂津峡

    読者になる
  • 6位

    ネイチャーニンニク植え付け完了!来年の販売を目指します。

    ネイチャーニンニク植え付け完了!来年の販売を目指します。

    MAKO

    ネイチャーニンニク植え付け完了!来年の販売を目指します。

    読者になる
  • 7位

    こうやって死んでいくのかなあ

    お参り先の奥様いわく聞いてくださいこのまえ夜中にめまいがおきて吐き気はするし息子を呼んでも反応なしあーこうやって死んでいくのかーと思ったそうです。救急車を呼ぼうと思うけど、周り近所には親戚が多くて寄ってたかってくるからそんなことを思ってえーそんないのちの問題ですからそんなことを考えないで救急車よんでくださいそうですねはははは。と病院で検査してもらったのですが内科のほうな何も問題なくて耳鼻科と脳神経を受診しようと思うのです、どっこも悪くなかったのにこんなことになるんだなあと思っています。と、聞かせていただきました。なんまんだぶつこうやって死んでいくのかなあ

    ぶっちのこころ

    こうやって死んでいくのかなあ

    読者になる
  • 8位

    沖縄から貧困がなくならない本当の理由

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』(2020/6/16・樋口耕太郎著)を興味深く読みました。著者は、アメリカの野村証券で活躍し、沖縄のサンマリーナホテルを復興させ、沖縄大学の先生になった方です。著者の意見には賛否両論があるようですが、結論の部分だけ転載しておきます。沖縄社会は、現状維持が鉄則で、同談圧力が強く、出る杭の存在を許さない。この社会習慣は、人が個性を発揮しづらく、お互いが切磋琢磨できず、成長しようとする若者ら挑戦と失敗の機会を奪うという、重大な弊害を生んでいる。善意を持って注意すること、学生に厳しく叱ること、部下に仕事を徹底して教えること、友人に欠点を指摘すること、将来のために現実的な議論を戦わせることなどの多くが、沖縄では最も困難なことだ。沖縄から貧困がなくならない本当の理由沖縄の従業員の所得...沖縄から貧困がなくならない本当の理由

    仏教を楽しむ

    沖縄から貧困がなくならない本当の理由

    読者になる
  • 9位

    島根最強の海鮮丼⁉大田市仁摩町で営業中の【お食事処たお】に行ってきた ヒーローお勧めランチ&ディナー

    島根最強の海鮮丼⁉大田市仁摩町で営業中の【お食事処たお】に行ってきた ヒーローお勧めランチ&ディナー

    MAKO

    島根最強の海鮮丼⁉大田市仁摩町で営業中の【お食事処たお】に行ってきた ヒーローお勧めランチ&ディナー

    読者になる
  • 10位

    ハロハロウィン🎃いたずらされたら嫌なのでちびっ子達にネイチャーレッドがお菓子をあげました(*´▽`*)

    ハロハロウィン🎃いたずらされたら嫌なのでちびっ子達にネイチャーレッドがお菓子をあげました(*´▽`*)

    MAKO

    ハロハロウィン🎃いたずらされたら嫌なのでちびっ子達にネイチャーレッドがお菓子をあげました(*´▽`*)

    読者になる

続きを見る

  • 子どもたちへの助け舟。シリーズ

    子どもたちへの助け舟。シリーズ

    理屈ではなく、不安なときも、愛で。聖なる家族たちと共に。子どもたちと、育む親御さんたちに。「過敏・繊細・敏感さ」に寄り添う、健やかさを。スピリチュアル愛、精神世界愛からのギフト=贈りものを。子どもたちの、正直謎な、神秘の力と、大人たちの理解の助けと、もし、聖なる世界と関わっている・・・または、知らなかったけれど、ここで出逢えて、ほっとできる。さらには、もっと、そういう感じがいいなってなるかも。とりあえず、穏やかな居場所に。そして、何より大いなる慈愛と慈悲、恩寵の、ここが、門となれば――。そして、ほんとうに大切な絆の、結ばれるところとなるように。どうか。女神たちのご加護を♡♥☆★ 愛と感謝を込めて――。大丈夫だよ、子どもたち。と伝えられれば。みんなで一緒に。さぁ。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 2人

  • スピリチュアル、精神世界 愛 お笑い

    スピリチュアル、精神世界 愛 お笑い

    みんなでスピなお笑い記事を、分け合いましょう。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

  • ライトボディとエンパワーメント

    ライトボディとエンパワーメント

    ライトボディの目覚めとエンパワーメントについてのこと、体験談、症状など。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 議会改革

    議会改革

    時代とともに物事は変化するものですが、議会だけは時が止まったように、昔の古い考え方やしきたりで縛られてはいませんでしょうか。 改革できる議会、改革できない議会、それぞれの現状など語り合いましょう。

    テーマ投稿数 182件

    参加メンバー 3人

  • 議会基本条例

    議会基本条例

    地方議会の憲法とも言うべき「議会基本条例」先進的な議会はこの制定を行うだけでなく、運用もしっかり機能しています。一方で制定しない議会や制定しても形骸化している議会なども、多々あるのは事実です。 議会基本条例は必要か、あるいは機能する為の方策など、是非話し合ってみたいものです。

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 2人

  • スピリチュアルライフ

    スピリチュアルライフ

    スピリチュアルライフトラコミュへのご参加ありがとうございます。スピリチュアルに関することを語れる素晴らしい集まりの場としてこちらを活用してもらえれば幸いです。

    テーマ投稿数 113件

    参加メンバー 9人

  • シミュレーテッド・リアリティ

    シミュレーテッド・リアリティ

    世界の真実について、あらゆる方面から考えるコミュニティ。 科学・宗教・哲学・単なる勘など、真理を探究する目的ならやり方は何でもアリ。 どなたでも参加できます。 何となく興味があるというだけでもOK。知りたいという欲求のある人であれば、すでに参加する十分な資格をもっている。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 2人

  • 日本は既に格差社会だ

    日本は既に格差社会だ

    日本は超格差社会 我慢強く奥深く、そして懐の深い国民性が、それを覆い隠しているだけだ。 一緒に立ち上がろうではないか!何も良いことが無かった団塊ジュニア世代!そして格差に陥った働き盛りの青少年達よ!

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 5人

  • クリスタル・インディゴチルドレン

    クリスタル・インディゴチルドレン

    クリスタルチルドレン(ピュア・クリスタル)やインディゴチルドレン(ピュア・インディゴ)に関する記事を集めましょう☆ドリーン・バーチュー

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 心の世界

    心の世界

    心や意識と物質世界の関係を探る

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 4人

続きを見る

  • 沖縄から貧困がなくならない本当の理由

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』(2020/6/16・樋口耕太郎著)を興味深く読みました。著者は、アメリカの野村証券で活躍し、沖縄のサンマリーナホテルを復興させ、沖縄大学の先生になった方です。著者の意見には賛否両論があるようですが、結論の部分だけ転載しておきます。沖縄社会は、現状維持が鉄則で、同談圧力が強く、出る杭の存在を許さない。この社会習慣は、人が個性を発揮しづらく、お互いが切磋琢磨できず、成長しようとする若者ら挑戦と失敗の機会を奪うという、重大な弊害を生んでいる。善意を持って注意すること、学生に厳しく叱ること、部下に仕事を徹底して教えること、友人に欠点を指摘すること、将来のために現実的な議論を戦わせることなどの多くが、沖縄では最も困難なことだ。沖縄から貧困がなくならない本当の理由沖縄の従業員の所得...沖縄から貧困がなくならない本当の理由

    仏教を楽しむ 仏教を楽しむ
    読者になる
  • 飯盛山城は四条畷市 生駒山系南北半島状尾根

    昨晩の「歴史秘話ヒストリア」は「足利ブラザーズ」と題して13代義輝と15代義昭にスポットが当てられていました。 将軍義輝の追い落としに攻め込んだのが三好長慶でした。 義輝は朽木の聖興寺に退去するなどして何とか御内書を連発してバックアップ網を構築し将軍として京都に戻ることができますが長慶亡きあとの永禄八年、三好三人衆によって殺されてしまいました。そして義昭は頼りにしていた武田に上杉に先立たれての足利家滅亡という流れ。 「生者必滅会者定離」が歴史であり、人というものの無常を感じます。 「諸行無常」であるからこそある意味人生は面白くなるのですがね。 永禄十一年に織田信長が義昭を担いで難なく入京できたのは14代将軍となった足利義栄が三好長慶亡きあと戦闘が治まらない 荒廃のしている京都ということもあいまって尚当人の健康不安から入京できずに高槻で過ごすうちに衰弱して死したこと、そしてやはりその前の永禄六年(1563)に三好義興が芥川城で急死し翌年(1564)に失意のうちに三好長慶が飯盛山城で亡くなってしまうというタナぼた的幸運」とブログにて記しました。 畿内覇権を手中に収めたかと誰もが思っていた三好長慶が後継者である息子の突然死によって失意に陥って体調に変異をきたしたというのは、信長の本能寺と言う激変とその派手さは異なるもののそれぞれの人生というものが如何に危うくて殆ど偶然がもたらすタイミングで容易に動くものであると知らされるのですが、その三好長慶の失意というものに一つ加えておかなくてはならない悲劇がありましたね。 長慶の弟の安宅冬康の件ですね。 三好長慶が畿内の覇権を制するまでに至ったのはその兄弟たちの力なくしてはあり得なかったわけですが、細川晴元の臣、三好 元長を父に長男の三好長慶以下三好実休、安宅冬康、十河一存、野口冬長など巧みに有力他家を取り込んだ一族一統各補完しあうシステムが機能していました。 やはりその「万全」に大きな綻びが出たきっかけは長慶の子の三好義興が永禄六年に亡くなってしまったことはいうまでもないことですが、その長慶最大失意の直後永禄七年に弟の安宅冬康を飯盛山城に呼び出して自害させたこと。謎の中の謎です。 何故ならその兄の三好実休は永禄五年、十河一存はその前年に戦 死していたのですから。 状況から考えられるのは精神的に追い詰められたうえの狂気だったといえるのかも知れません。 飯盛山城は南北朝動乱期に適宜陣

    大澤寺 墓場放浪記
    読者になる
  • こうやって死んでいくのかなあ

    お参り先の奥様いわく聞いてくださいこのまえ夜中にめまいがおきて吐き気はするし息子を呼んでも反応なしあーこうやって死んでいくのかーと思ったそうです。救急車を呼ぼうと思うけど、周り近所には親戚が多くて寄ってたかってくるからそんなことを思ってえーそんないのちの問題ですからそんなことを考えないで救急車よんでくださいそうですねはははは。と病院で検査してもらったのですが内科のほうな何も問題なくて耳鼻科と脳神経を受診しようと思うのです、どっこも悪くなかったのにこんなことになるんだなあと思っています。と、聞かせていただきました。なんまんだぶつこうやって死んでいくのかなあ

    ぶっちのこころ ぶっちのお念仏生活
    読者になる
  • 島根最強の海鮮丼⁉大田市仁摩町で営業中の【お食事処たお】に行ってきた ヒーローお勧めランチ&ディナー

    島根最強の海鮮丼⁉大田市仁摩町で営業中の【お食事処たお】に行ってきた ヒーローお勧めランチ&ディナー

    MAKO お坊さんの剛腕ラリアット
    読者になる
  • 訃報

    夏カーペットを撤去し、ホットカーペットを設置し、ぼちぼち冬支度です。といっても...

    Kei 煩・悩・図・鑑
    読者になる

続きを見る

  • 釈真祐の今日この頃

    富山在住の真宗大谷派僧侶・釈真祐(しゃく・しんゆう)が、生活しながら、仏教を学びながら考えたことを書いていきます。

    読者になる
  • さるぶつのブログ

    仏教や宗教のこと

    読者になる
  • さるぶつGOO

    川村伸寛です。 僧侶向け仏教学習メルマガ「サルブツ通信」を発行しています。 専門は「親鸞浄土教(浄土真宗)」ですが、人間の宗教行為すべてに関心があります。

    読者になる
  • まぁそがぁにはぶてんさんな

    浄土真宗本願寺派僧侶のブログ 仏法のことから好きな音楽などのことも 音声法話もアップしています。

    読者になる
  • 輝来心の言葉

    救いを求める人や悩みを解決したい人に読んでもらいたいブログ 「輝来心」という出雲市にある場所の紹介をしています。 記事は相談者の体験談や心の成長についての内容が多いです。

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)