浄土真宗ブログ村 トップ

help

続きを見る

  • 1位

    上ノ郷城といえば曳馬(浜松)飯尾連龍奥方お田鶴さん

    昨日午後お寺に来られたご夫婦は二人とも歴史好きでいつもご一緒で歴史散策を楽しんでいるとのこと。 本堂にご案内して田沼時代の遺物について少々語らせていただきました。 別件、ブログでは以前、菅山の川田砦について記したことがありましたが、その方はそのあたり(老児保険施設の南の台地)の地名について、地元の古い伝承で「コジロ」と言れていることを教えてくださいました。 お名前が川田さんと仰るそうで、尚更その情報の真正度はup。 高天神籠城組の末裔を推測します。 私は予定がありましたので途中で失礼させていただきましたが、何より二人一緒の趣味、同行は頼もしいこと。 それを奥方に言うと「何を・・・」とばかりに叱られました。 「散々連れ回されて甚だ迷惑」とのことでした。 まぁ10回に一回程度のお付き合い、言い返したら怒るでしょうが 「山城」と言えば最近はまったく不同意。 「下で待ってる」の常套句はまだマシの程度。 「時に足手まとい」ではありますがね。 昨日は服部半蔵が夜陰に乗じて上ノ郷城に侵入して火をかけ家康方の勝利を導き、さらに鵜殿家の継承者2人を生け捕りにして駿河人質(瀬名と信康)奪還の駒を得るなどwの立役者になるなどお話の世界・・・などとは記したものの、実際にその件についてその名、渡辺半蔵(正成)を推測できるものも「あるにはある」のでした。 昨日記した忍者の件は「鵜殿由緒書」に加え「三河物語」にも記されているといいますが、史料といわれるものは、各々時間のタイムラグがあって、まずはその書を記すにあたって以前の書物をあたるワケで、表現が違えども、あたかもその場に居合わせた如くに記すものですから記述の頻度が多いとしても他の確度からの検証も必要ですが・・・ この上ノ郷城落城が忍者(忍び・忍びの兵・甲賀衆)の仕事であるという件はかなりに有名なところで、伴与七郎なる甲賀者が 江州より呼び出され鵜殿長照(鵜殿長持の息生け捕りにされたのは彼の二人の息子)を滅ぼした功労者として家康から感状を与えられています。 そして伴氏は甲賀出自。彼が従者として連れてきたという者に「服部藤助と中山久蔵」の名があります。 服部半蔵が岡崎に住まったこともあってその地が伊賀町・伊賀八幡などの名称が残る通りですが、甲賀者が伊賀者を連れてきても不思議はないところではあります。 ただし寛政譜から見るに半蔵正成の没年が慶長元(1596)五十五歳とありますが、そうであれば生誕

  • 2位

    「忍ヒノ上手ヲ呼下シ」中から火つけ 上ノ郷城攻略

    マスク外そうキャンペーンの如くの政府関係お偉いさんたちからの物言い。 政界からそういった声があがっていることからそもそものマスク嫌いの方たちは早々に外している感はあります。 要はマスク装着について強要ができなくなったということ。 かといって私からそれを外して皆さんの前に出るなどまだまだ絶対にできるはずもなく。 ホールの参列者も本堂も装着率は100%です。 政治家ではなくウィルス感染症の専門家の意見を尊重したいものです。 政府の意見に沿ったことを言う専門家というのもありますからつまるところ、私の勝手。とやかく誘導しないでいただきたい。 信じられないことばかりやらかす政治屋さんのお話だけは「聞く耳」はもたないというのが信条。 踊らされたくありませんね。踊るのは政治屋だけでよろしい。 ただし犯罪者にとってはマスク装着社会はその変装グッズとして違和感はないでしょう。 今ほど「仕事」がやりやすい時はないでしょうね。 疫癘もそうですが同時に悪辣な輩も蔓延りますが・・・ まぁバシバシとあの強盗事件に関与した連中がお縄になっていますからその辺りは安心社会に向かって欲しい。 あぶく銭ゲットの短慮のゲスな仕事は割が合わないこと、知らしめなくてはね。 扨、先日記した廣忠寺前の道(桑谷城)。 岡崎衆の桑谷山超えの目的地は「西ノ郡」。 鵜殿一統の本拠地上ノ郷城です。 城郭大系「上ノ郷城」の冒頭を記すと・・・ 「(応仁の乱以降)守護勢力に代わって国人・土豪が勢力を伸長させた。三河に於いてその主たる者が田原の戸田氏であり西三河の松平氏である。そのほか北設楽の菅沼、作手の奥平、岡崎の西郷、宝飯の牧野に加えて、西ノ郡の鵜殿などが・・・」とあります。 「西ノ郡」=現在の蒲郡ですが当時はその周辺は鵜殿氏の繁栄の場でした。 ある方と話しましたが、現在でも蒲郡は東西に分けて線を引くとすれば東側は鵜殿系ファン、西に松平系となるそう。 特に上ノ郷城周辺(神ノ郷町)では「殿様」と言えば鵜殿さん。 家康は敵というのが当然に漂う雰囲気のよう。 こちらの鵜殿長持は今川義元の妹を妻としたといい、そうなれば長持の子長照は今川氏真とはいとこということになります。 家康も駿河在住時の顔見知りであったかも知れませんね。 そういった強い今川との姻戚関係があったとすると、義元が桶狭間で死したあとも駿河は遠方にも関わらず、また周囲が松平に帰順していく流れにあっても頑なに今川方として

  • 3位

    上ノ郷-神の郷は旧赤孫郷 鵜殿氏の崇敬赤日子神社

    昨日の法事でも年配の方から「かなり昔のこと 貴方の先代の先代、もしかしてその先(それはまずない・・・)から聞いていたが、本堂は相良城の部材で作られたんだってねぇ・・・」 「今更ですか?」とは言わず堂内櫓太鼓の紹介に続いて墓参に向かう際、例の本堂下、床下の部材をご覧いただきました。 ということで自作の「床下照明」がまたも機能した次第。 扨、蒲郡の方との会話の中で私は「大河ドラマの中で少しでも地元が触れられるといいね」というヨイショの発言をしていました。そういう時、その方々は「どうでしょう・・・」と内心「まずムリだろう」の雰囲気を醸し出していましたが、昨晩のドラマの回では冒頭イキナリ「上ノ郷城を~」というフレーズが出て、また鵜殿長照とその息子たちまで登場していました。 蒲郡のみなさん、今頃さぞかし盛り上がっていることでしょう。 大河登場お初では? 蒲郡の戦国の城といえばまずは上之郷城と鵜殿氏ですしドラマでは鵜殿氏・上ノ郷城の戦いについては来週が本番のよう、服部半蔵が活躍するというのも筋書き通りでした。 2週連続で楽しめて、あとあとのお田鶴さん(やはり昨日)の伏線にもなっていたよう。 どちらにしろ、半蔵の弔い合戦の意を無理やり突っ込むという内容でしょうがその鵜殿と上之郷城が全国区に躍り出たということは大いに結構。 小和田先生の講演会(2月19日 日曜日)もしっかり予定が入っていました。 先生はどういった手段でそちらに向かうのでしょうかね。 私は車のみ、それ以外の交通手段を知りませんが、あの地は前乗り行脚でないと厳しいかも。 扨、上ノ郷城に向かうに目標地点といえば赤日子神社を目指すのが一番。何といってもそちらの神社には駐車場とトイレまで備わっていますので便利このうえなし。 先日記した市場橋(そちらの画像②③④)辺りが神社西側になります。 赤日子神社の「赤日子あかひこ」は宝飯郡の古い地名「赤孫郷」からといいます。 養蚕殖産の神といい「赤い糸」を連想します。 ⑥⑦はその市場橋を渡った「下市場」と城跡側の「殿市場」の小字の中間あたりの「熊が池」ですが、城の外堀跡のようです。 殿市場の北側の地が「麻畑」、赤曳絲なる糸を作っていたといいます。 ⑤は神社で見かけた大きな石。 まずはみかん畑開削で壊した古墳の石室の一部であろうと推測します。 以前と言えば日本全国「そんなもの」でした。

  • 4位

    フレーミング効果

    『バイアスとは何か』(藤田政博著)、本からの転載です。フレーミング効果「朝三暮四」という故事成語があります。猿が好きな狙公(そこう)が、猿を飼っていました。エサの栃の実の与え方について、猿に対して「朝は3つ、暮れには4つ与える」と言ったら猿はそれでは少ないと言って怒りました。そこで狙公か「じゃあ、朝に4つ、暮れに3つにする」と言ったら喜んだ、という話です。この話の解釈として、「一日に7つなのは同じなのに、目先の違いに囚われることは愚かなことだ」というものがあります。朝三暮四はわかりやすい話なので猿のおかしさもすぐにわかるのです、か、もう少し複雑になると、同じような過ちをとかしてしまう現象があります。それがフレーミングの問題です。それがフレーミングは枠をつける、というような意味で、同じ問題や情報でも、提示の...フレーミング効果

  • 5位

    ラブレター

    ご主人さまを亡くされた90歳代のおくさま節目のお参りでさみしいかなしいと涙をながしています。と。病院へ入院し会うことができなかったのでラブレターをおおく書いて看護師さんに渡し読んでいただいた。私なりに精一杯に尽くした。とおっしゃられていました。連れ添われて70年。お子様を亡くされた経験から仏さまのお仏壇を大切にお経を読み御文章をよみお念仏を称える生活をとくに御文章の末代無智章はもう暗記しています。大好きな御文章です。とリクエストにお応えし末代無智章を読経のご法話の肝心かなめをご確認していただくために拝読いたしました。あらためて「かならず弥陀如来はすくいましますべし」をありがたくいただきました。なんまんだぶつ(*^-^*)ラブレター

  • 6位

    2023年1月31日 ho散歩 中区

    2023年1月31日ho散歩中区2023年1月31日ho散歩中区

  • 7位

    今月の掲示板の言葉

      「他人事ではない」  若いときの話です。法事が終わってお斎(食事)となりました。アルコールも入って賑やかになってきたとき、ご門徒の親戚の方が私に話しかけてきました。  「お宅の所は浄土真宗でしょ」 「は

  • 8位

    君のひたいに光る汗/橋幸夫

    君のひたいに光る汗/橋幸夫君のひたいに光る汗/橋幸夫

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)