TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

守護霊・ハイヤーセルフ トップ

TOP
help

続きを見る

続きを見る

  • 非国民

    非国民

    非国民(ひこくみん)とは、国家体制側から見て、体制に服従しない者、体制に協力しない者を指す。 第二次世界大戦中の日本で、戦争に協力しない者、協力が不充分な者、政治を批判する者、果ては生活に不満を漏らす者にも使用され、不満を抑圧する為の各種標語が唱えられた(「贅沢は敵だ」「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」「欲しがりません勝つまでは」)。 しかし、非国民の烙印は、日本に固有のものではなく、第一次世界大戦に反対したアメリカ社会党にも貼られた。目的を目前にして、集団の団結を乱すとされる者を排除する機能と考えればいいかもしれない。 第二次世界大戦後の日本では、「非国民」の用語は半ばタブー視されていた。しかし、現在は右翼・保守派を中心に再び使われ始めている。(売国奴や反日等)逆に、体制に協力しないことを強調するため、敢えて非国民を自称する者もいる。 戦前・戦中の日本では体制に反対する者、具体的に戦争に反対する者、国家総力戦の総動員に賛同しない者を「非国民」呼ばわりし、警察や行政機関が公認する中で社会的迫害がされていた。 また、近年米国においてアメリカのアフガニスタン侵攻やイラク戦争に反対する者に対しても用いられた。しかし、イラク戦争についてはブッシュ大統領の云う“大規模戦闘の終結”後、戦争の大義を問い直したりさまざまな異論反論が噴出し、「非国民」のような声は聞かれなくなっている。 転じて、スポーツなどの国際試合で日本代表を応援しなかったり、試合自体を見なかったりなどする人を揶揄して「非国民」と呼ぶこともある。

    テーマ投稿数 77件

    参加メンバー 11人

  • 大逆罪

    大逆罪

    大逆罪(たいぎゃくざい)とは、日本において1882年に施行された旧刑法116条、および大日本帝国憲法制定後の1908年に施行された刑法73条(1947年に削除)が規定していた、天皇、皇后、皇太子等を狙って危害を加える事を指した罪名。日本以外の君主制国家では皇帝や王に叛逆し、また謀叛をくわだてた犯罪を、大逆罪と呼ぶことがある。 近代国家としての日本の統治機構の根幹として皇室制度(天皇制)を重視した大日本帝国憲法体制下の刑法典においては大逆罪を最も重大な罪の一つとした。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • 不敬罪

    不敬罪

    不敬罪(ふけいざい)とは、国王や皇帝など君主や、王族や皇族など君主の一族に対し、その名誉や尊厳を害するなど、不敬とされた行為の実行により成立する犯罪。 不敬罪は、絶対君主制など、主権者たる君主と国家の存立を同一視する体制において定められることが多い。現在では、不敬罪は、国民の自由(特に思想・良心の自由、表現の自由)を過度に制約する恐れがあるため、君主制を採用している国でも廃止・失効しているケースが大半である。イスラム圏の諸国やタイ王国は、現在も不敬罪が存在する数少ない例である。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • イスラム教

    イスラム教

    イスラム教(いすらむきょう)またはイスラーム(稀にイスラーム教)とは、唯一絶対の神(アラビア語でアッラーフ)を信仰し、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やキリスト教と同様にアブラハムの宗教の系譜に連なるとされる唯一神教で、偶像崇拝を徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。

    テーマ投稿数 94件

    参加メンバー 20人

  • 偶像崇拝

    偶像崇拝

    偶像崇拝(ぐうぞうすうはい)とは、神像、カリスマ的な人間の像、超常的な自然構造物などの偶像を崇拝する行為のこと。その行為に対する否定の気持ちが込められた表現である。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • ユダヤ教

    ユダヤ教

    ユダヤ教(ゆだやきょう)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、今日ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。唯一神教であり、キリスト教やイスラム教の起源にもなった。

    テーマ投稿数 51件

    参加メンバー 17人

  • 唯一神教

    唯一神教

    唯一神教(ゆいいつしんきょう、monotheism) は、神は唯一であるとし、その唯一なる神を崇める信仰、宗教の形態である。複数の神を認め、崇拝する多神教とは対極的な概念である。同じ一神教でも拝一神教や単一神教が他の神々の存在を認めた上で一つの神を崇めるのに対し、唯一神教においては他の宗教の神々の解釈が問題になる。一つの対応は、そのような神々は人間が想像したもので、実際には存在せず、何の意味も持たないというものである。もう一つは、神的な存在はあり、人間よりも力がある不死の存在だが、人間と同様に心や力に限界を持つというものである。そういう存在は、自らを神と称して人々に崇拝を強いることで、重大な罪を犯していると説明される。最後に神の絶対性と自宗教の絶対性を区別し、宗教多元主義への道を開く思想である。この場合他宗教と自宗教は共に1つの神を信奉しており、違いは単なる伝統に過ぎないとなる。これに付随して多神教と一神教の区分も、神という存在に対する観点の違いであり、必ずしも相互に理解不可能ではないという思想が生まれる。(神は1つでもあり、多数でもある。) アブラハムの宗教と呼ばれる一神教であるユダヤ教とそれを起源とするキリスト教、イスラム教や、ネオプラトニズムに支配的な概念とされている。 古代エジプトで紀元前14世紀に成立したアテン信仰が世界でもっとも古い唯一神教といわれ、ユダヤ教はこのアテン信仰と、一神崇拝のゾロアスター教からの影響を強く受けて成立した、という意見もある。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 5人

  • 見返りを求めるな!!

    見返りを求めるな!!

    「愛」とは、「与えること」です。 見返りを求めず、尽くすことです。 「与える愛」が、世界を変えます!!

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 2人

  • 凌遅刑

    凌遅刑

    凌遅刑(りょうちけい)とは、清の時代まで中国で行われた処刑の方法のひとつ。生身の人間の肉を少しずつ切り落とし、長時間苦痛を与えたうえで死に至らす刑。歴代中国王朝が科した刑罰の中でも最も重い刑とされ、反乱の首謀者などに科された。また「水滸伝」にも凌遅刑の記述が記載されている。また、この刑に処された人間の人肉が漢方薬として売られることになっていたとされている。なお、この刑罰は中国の影響を色濃く受けた李氏朝鮮(朝鮮王朝)でも実施されていた。また、これに酷似したものとして隗肉刑がある。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 電磁波過敏症

    電磁波過敏症

    電磁波過敏症(でんじはかびんしょう)とは、「ある程度の電磁波を浴びると、身体が鋭敏に反応する症状」を指すが、明確な定義はない。アメリカ合衆国の医学者であるウィリアム・レイ (William J Rea) によって「Electrical Hypersensitivity(電気過敏症)」と命名された。電磁波および電磁場の健康への悪影響については否定的な見方があるが、現在でも様々な疫学的研究が行われている。 電磁波は、波長の短い順にガンマ線、エックス線、紫外線、可視光線、赤外線、電波となっている。電波は波長の短いマイクロ波から、長い極超長波まであり、さらに細かくわけらける(詳細は電波の周波数による分類を参照)。電磁波過敏症で話題になるのはこの電波の領域である。 「電磁波過敏症」を主張する人々は主として、送電線や家電製品から発せられる電源周波数(50/60Hz)と携帯電話や携帯電話基地タワーからのマイクロ波を症状の原因とみなしている。 同じ電波においても、携帯電話(マイクロ波)と送電線(極超長波)との電磁波の間の波長や周波数の比は、7桁ものオーダーに達する。このため、性質も異なり、両者を同列に議論することはできない。両者の中間の周波数のものには、電磁調理器やRFIDがある。 マイクロ波には加熱作用があるが、電磁波過敏症問題で議論になるのは、加熱によって生じる副次的な熱的効果ではなく、それ以外の非熱効果、すなわち電磁波そのものが健康に影響を与えるか否かという点である。 電磁場を発生させる高圧線世界保健機関(WHO)は「電磁波過敏症」とされるものについてとりまとめた研究報告(ファクトシートNo.296)において、様々な症状の存在は真実とした上で、「医学的診断基準はなく、その症状が電磁界曝露と関連するような科学的根拠はない」としている。また、このファクトシートによれば、二重盲検に基づいた研究報告の大半は、電磁波の暴露と電磁波過敏症の間に関連性がないという結論を出しているとし、電磁波以外の環境要因、あるいは電磁波を心配することによる精神的なストレスとの関係を示唆している。

    テーマ投稿数 75件

    参加メンバー 13人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)