TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

原始仏教 トップ

TOP help

続きを見る

  • アナキズム 無政府主義

    アナキズム 無政府主義

    「アナキズム」は「政府を持たない、政府の権力を最小にする、全ての権力を最小にする」という思想や主義の総称である。日本語では通常「無政府主義」と訳されるが、必ずしも政府を全廃するという思想ではなく、また無秩序を意味する「無政府状態」(アナーキー)を求める思想ではない。 「アナキズム」と自由主義やリバタリアニズムなどの用語の使い分けは、時代によっても変化している。1890年代のフランス以降では、「アナキズム」と「リバタリアニズム」はほぼ同義語としても使用され、1950年代のアメリカ以外でも同義語として使われ続けている アナキズム(アナーキズム)のシンボルカラーは黒。アナキズム思想の持ち主をアナキスト(アナーキスト)という。なお、日本では「Anarchist」自身は比較的厳密に「アナキスト」と、それ以外の第三者(研究者、反対者、他)は、適宜「アナキスト」「アナーキスト」と形容した。 日本では、先駆的に江戸後期の安藤昌益がアナキズム的な発想で思想を展開したが、近代思想としてのアナキズムの影響ということでいえば、幸徳秋水がいる。 学園闘争の中心となった全学共闘会議(全共闘)はノンセクトであり、その組織形態もアナキズムに多い自由な評議会的なものであったことからアナキズムへの関心が芽生えることになった。関西の主要大学にはアナキスト連合の組織や支部が形成され、キャンパスにはアナキストの黒旗が翻り、一部では完全にマルクス主義者を凌駕していた。

    テーマ投稿数 82件

    参加メンバー 12人

  • 国粋主義

    国粋主義

    国粋主義(こくすいしゅぎ)とは、歴史や文化・伝統に裏付けられたその国の美点を他国よりも優れたものであるとし、それらに重きを置く国家体制を求める価値観・思想。国家主義の極端化したものとも言われる。 国粋主義は国民が社会不安や経済不安を感じている時に支持されることが多い。市民が自分たちの権利を守るために政府を作るとする近代主義とは対立し、国民よりも国家の方に価値を置くため、全体主義・ファシズムに繋がりやすい。また、伝統文化の純化を行う傾向がある。したがって人種差別や排外主義と一体となることが多い。 国粋主義が国家的に実施された代表例としては、一般に、第二次世界大戦中の大日本帝国、ナチス・ドイツ、ファシスト党指導下のイタリアがあげられる。 近代日本の民間運動としては明治時代の中ばに鹿鳴館外交の欧化主義に対峙するものとして登場した三宅雪嶺・志賀重昂らによる日本民族の世界一の優秀性を論じたものがある。明治30年代には高山樗牛の日本主義が国粋主義を帝国主義化し、第一次世界大戦後の国家主義・皇国主義の台頭は国粋主義を天皇制下での超国家主義(天皇制ファシズム)へと変容させた。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 13人

  • 天皇制

    天皇制

    天皇制について 戦前は現人神 戦後は人間宣言 今後は・・???

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 3人

  • 攘夷論

    攘夷論

    攘夷論(じょういろん)は、日本においては、江戸末期に広まった考えで、夷人(外国人)をしりぞける。つまり外国人を実力行使で排斥しようという過激思想。元は中国の春秋時代の言葉。 帝国主義の発想を持つ欧米のアジアへの接近(侵略・進出)により、それまでの江戸の天下泰平の世の中(鎖国体制下の社会)を維持したいという発想として盛り上がった。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 皇民化教育

    皇民化教育

    皇民化教育(こうみんかきょういく)は大日本帝国の支配地域において、その主権者とされた天皇を中心として大日本帝国への忠誠を要求した教化政策とされる。日本民族への教化政策であると同時に、版図内の諸民族(朝鮮人、台湾人、アイヌ人、南洋群島や東南アジアの先住諸民族、また琉球をこの範疇にいれる場合がある)に対して行われた強制的な同化・教化政策とも言われている。皇民化政策とも言う。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 世界の自由主義陣営〜リベラリズム

    世界の自由主義陣営〜リベラリズム

    自由主義(じゆうしゅぎ)とは政治思想の一つ。リベラリズムとも言う。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 4人

  • 自由主義

    自由主義

    自由主義(じゆうしゅぎ)とは政治思想の一つ。リベラリズムとも言う。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 4人

  • マルクス主義

    マルクス主義

    マルクス主義(マルクスしゅぎ、独: Marxismus)とは、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって展開された思想をベースとして確立された思想体系の名称である。 エンゲルスは1883年に『空想から科学への社会主義の発展』を出版し、彼やマルクスの思想を社会主義思想、唯物論、資本主義分析の三つの分野に分けて解説した上で、唯物史観と剰余価値説によって社会主義は科学となった、と宣言した。これ以来、マルクス主義は科学的社会主義とも呼ばれるようになった。レーニンは1913年に「マルクス主義の三つの源泉と三つの構成部分」を書き、ドイツ哲学、イギリス経済学、フランス社会主義をマルクス主義の三つの源泉とした。

    テーマ投稿数 73件

    参加メンバー 18人

  • マルクス・レーニン主義

    マルクス・レーニン主義

    マルクス・レーニン主義(マルクス・レーニンしゅぎ)とは、マルクス主義の一つの潮流で、ボリシェビズム、ロシア・マルクス主義ともいう。レーニンの死後スターリンによって提唱された、〈ロシア革命の指導理念としてボリシェビキの指導者ウラジーミル・レーニンが案出したもの、またそれを一般化・普遍化した思想〉である。略してML主義とも表記する。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 8人

  • (無)宗教

    (無)宗教

    日本人は結局「無宗教」? キリスト教伝来数百年。 日本人は何を学んだろうか?

    テーマ投稿数 518件

    参加メンバー 8人

続きを見る

  • 縁起とは十二縁起のこと

    『十二因縁は因・縁・果の時間的連鎖であり、「因縁」と「縁起」は分けるべきである。混同するから、表面的な言語に振り廻されて、群盲のカラ騒ぎとなる。十二縁起ではなく、〈十二因縁〉である。』 などと書いている人がいたので、それについてコメントします。 縁起の原語(パーリ語)は、paticca-samppada です。 縁って生起すること、です。 因縁の原語(パーリ語)は、hetu-paccaya です。 この場合、因(hetu)も縁(paccaya)も、同じ『原因』という意味です。 仏陀の死後、後世において、因を直接的な原因、縁を間接的な原因とする見解が生じました。あるいは、因を原因、縁を条件、とい…

    ショーシャンク 仏教についてのひとりごと
    読者になる
  • 法華経(ほけきょう)「安楽行品第十四」(あんらくぎょうほん)ほぐし読み⑭

    この法華経(ほけきょう)「安楽行品第十四」(あんらくぎょうほん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし

    えん坊&ぼーさん マンガで楽しい「原始仏典」 えん坊&ぼーさん マンガで楽しい「原始仏典」
    読者になる

続きを見る

  • 火宅のごとし

    倫理・道徳・思想・哲学・宗教などについて研究しているブログです。

    読者になる
  • ザセツトカセツ

    30代男の遠回りしながらも挫折と仮説を繰り返す日々をお送りするブログ。 端的にいえば雑記ブログです。

    読者になる
  • 仏教についてのひとりごと

    歴史上の仏陀が本当は何を言いたかったのかを探求してきました。 今までの仏教の知識を白紙にして、最古層の仏典から歴史上埋もれてきた仏陀の真意を探ることにしました。 そして、仏陀が説いた法は人類の至宝だとわかりました。

    読者になる
  • Seneca 衰退国日本を生き抜く智慧を身につける

    普通のサラリーマンです。仏教や古代哲学を少しずつ勉強していこうと思っています。

    読者になる
  • 歎異抄カフェ

    ここ歎異抄カフェでは仏教について皆様と学んでいきたいと思います。また、YouTubeで動画も多数アップしているので遊びに来てください。

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)