TOPICS
  • 1位

    【モチクルン-おもちでくるん苺レアチーズ-】話題の”モチクルン”シリーズ!?早速食べてみた!!

    ※現在表示速度改善の為、はてなスターを非表示にしております。ご理解のほど宜しくお願い致します。 どうも、ドクター・ソクラテスです! 今回は今話題のウチカフェシリーズの新作スイーツをご紹介致します!! それがこちら!! モチクルン -おもちでくるん苺レアチーズ- もちもちの求肥でふわふわのチーズクリーム・スポンジ・甘酸っぱい苺ソースを組み合わせた和洋折衷が楽しめる新作スイーツ! 苺をイメージしたピンクのパッケージが何とも可愛らしい♫ 前回このブログでは、同時発売された「モチクルン-おもちでくるんプリンケーキ-」を紹介しましたが、今までに無かった美味しく味わえる和洋折衷スイーツの仕上がりに衝撃を受…

    ドクター・ソクラテス

    甘党犬のお菓子小屋-たま〜にホラー・雑記-

    読者になる
  • 2位

    【メロンパンアイス】ファミマの3週間で完売したアイスが再登場!果たしてそのお味は!?

    ※現在表示速度改善の為、はてなスターを非表示にしております。ご理解のほど宜しくお願い致します。 どうも、ドクター・ソクラテスです! 今日はあまりの人気に3週間で完売したファミリーマート限定のアイスが再発売されたということでご紹介します! それがこちら!! オハヨー メロンパンアイス こちら牛乳・乳製品メーカーでお馴染みのオハヨーが開発したアイス。 2018年1月に発売された時は、あまりの人気にわずか3週間で販売終了となったメロンパンをイメージしたアイス。バター香るクッキーシューの中に、カスタードアイスが入っているのが特徴。 今回再発売される際、バター感をさらにアップさせてリニューアル!! 自分…

    ドクター・ソクラテス

    甘党犬のお菓子小屋-たま〜にホラー・雑記-

    読者になる
  • 3位

    その絵画はすぐにお買い上げされる。だが・・・

    私は数年前まで、全国の百貨店を催事で渡り歩く画商をしていました。これは、そこで扱っていた『ある一枚の作品』にまつわる話です。はじめに、絵画は値の張る非日用品などで、そう簡単には売れません。通常は何十分、何時間、時には数日がかりでお客様を口説きます。しかし、件の絵は珍しく入荷した途端...

    kowabananoyakata

    怖話ノ館(こわばなのやかた)

    読者になる
  • 4位

    【怖い話 第2146話】親戚のお札の部屋【怖い話】

    【怖い話 第2146話】親戚のお札の部屋引用元http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1491436704/

    kowaikowaihanashi

    怖い話〜怪談百貨店〜

    読者になる
  • 5位

    今流行りの固めプリン!!絶品固めプリン3品をご紹介!!!

    ※今回から表示速度改善の為はてなスターを非表示しましたので、ご理解のほど宜しくお願い致します。 どうも、ドクター・ソクラテスです! 今日は、現在ブームになっている絶品固めプリン3品をご紹介致します!! 目次 POPOCATE(ポポカテ)「POPOかた」464円 ディゾン神保町「焼き上げプリン」700円 4/4SEASONS COFFEE(オールシーズンズ コーヒー)「クラシックプリン」600円 最後に POPOCATE(ポポカテ)「POPOかた」464円 出典:POPOCATE 東京都渋谷区に所在するプリン専門店「POPOCATE(ポポカテ)」。とろりと柔らかいのが特徴の「POPOやわ」や「P…

    ドクター・ソクラテス

    甘党犬のお菓子小屋-たま〜にホラー・雑記-

    読者になる
  • 6位
    読者になる
  • 7位

    【怖い話 第2145話】夜中に寝室のブラウン管テレビに映る変なもの【不思議体験】

    【怖い話 第2145話】夜中に寝室のブラウン管テレビに映る変なもの引用元http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1458137279/

    kowaikowaihanashi

    怖い話〜怪談百貨店〜

    読者になる
  • 8位

    村はずれの小屋

    kwaidan

    怖い話ネット【厳選まとめ】

    読者になる
  • 9位

    鳥屋さんから聞いた話

    このブログではすべて自分が書いた怖い話を載せています。その他ホラー小説や映画の話題もとり上げています。

    読者になる
  • 10位

    大きなお狐様との不思議な出会い

    これは、忘れもしない小学3年生の頃にあった話。田舎住みの私と、幼馴染で家族ぐるみの付き合いの大地君は、いつも二人で廃墟や森の探検に出かけていた。その日も山に出かけた。自転車を山の入り口に停めてハイキングコースを歩いていると、コース脇に獣道を発見した...

    kowabananoyakata

    怖話ノ館(こわばなのやかた)

    読者になる

続きを見る

  • 創価学会(池田大作)

    創価学会(池田大作)

    創価学会(そうかがっかい)とは、日蓮仏法を信仰し、広宣流布を推進する宗教法人。通称「学会」。 東京都所轄の単立宗教法人。本部は東京都新宿区信濃町。2008年3月現在の会長は原田稔。名誉会長は第3代会長の池田大作。支持政党は「公明党」。機関紙として、『聖教新聞』(日刊)、『創価新報』(月2回)などを、機関誌として、『大白蓮華』(月刊)、『グラフSGI』(月刊)などを発行。 3代目会長の池田大作は聖教新聞の一面をほぼ毎日飾る200以上の勲章を世界中の大学等から貰った勲章マニア?素晴らしく問題発言の多い・・・偉い宗教家?らしいですが世間からもネット上では賛否両論な人です。

    テーマ投稿数 237件

    参加メンバー 25人

  • 日蓮

    日蓮

    日蓮(にちれん)(1222年3月30日(貞応元年2月16日)) - (1282年11月21日(弘安5年10月13日))は、鎌倉時代の仏教の僧。法華経の題目を重んじる諸宗派が宗祖とする。死後に皇室から日蓮大菩薩(後光厳天皇、1358年)と立正大師(大正天皇、1922年)の諡号を追贈された。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 8人

  • 南無妙法蓮華経

    南無妙法蓮華経

    南無妙法蓮華経は「なむみょうほうれんげきょう」と読む。仏教で用いられる言葉である。「南無」はnamo (サンスクリット語) の漢語への音写語で「わたくしは帰依します」と意味し、「妙法蓮華経」の五字はサンスクリット語の「サッダルマ・プンダリーカ・スートラ(saddharmapuNDariika-suutra)」を鳩摩羅什(くまらじゅう、クマーラジーヴァ、略称: 羅什(らじゅう)または什(じゅう))が翻訳した版の法華経の正式な題名(題目)である。「南無妙法蓮華経」の七字で「法華経の教えに帰依をする」という意味である。妙法蓮華経を久遠実成の本仏釈迦如来の名号ととらえる見解も有る。これらの文字を五字七字の題目とも呼ぶ。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 5人

  • 忘れがたい人・できごと

    忘れがたい人・できごと

    精神とかスピリチュアルに関することなど(その分野以外にも幅広く、どんなことでもOK!)影響を受けた人とか、できごとなどがありましたら、お気軽にトラックバックして、お話を読ませてください。

    テーマ投稿数 146件

    参加メンバー 42人

  • 関東軍(悪魔の飽食)

    関東軍(悪魔の飽食)

    関東軍(かんとうぐん)は、大日本帝国陸軍の総軍の一つ。 南満州鉄道附属地警備を目的とした守備隊が前身で、1919年(大正8年)に関東軍と改称する。司令部は当初旅順に置かれたが、満州事変後は満州国の首都新京(現・吉林省長春)に移転。名称は警備地の関東州に由来する。張作霖爆殺事件や満州事変の画策・実行は、20年代からの既存の国家外交安全保障戦略を、現地の佐官級の参謀陣が自らの判断で武力転換させたことを意味し、その後の太平洋戦争に至る日本の政治外交過程を大きく左右する端緒となった。また、これら一連の行動は参謀本部・陸軍省等当時の軍中央での国防政策の指針からも逸脱しており、その後の陸軍内の「下克上」的な組織体質、「手続軽視・結果重視」といった軍の運用体質を作りあげていった、という批判もある。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

  • アドルフ・ヒトラー

    アドルフ・ヒトラー

    アドルフ・ヒトラー(独: Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日)はドイツの政治家。 国家社会主義ドイツ労働者党党首として民族主義と反ユダヤ主義を掲げる。1933年首相となり、1934年にヒンデンブルク大統領死去に伴い、国家元首に就任した。正式の称号は「指導者兼国首相」であり、これは通例、総統と邦訳されている。軍事力による領土拡張を進め、第二次世界大戦を引き起こしたが、ドイツ降伏前日にベルリンの総統地下壕自室で自殺した。「指導者原理」を唱えて民主主義を無責任な衆愚政治の元凶として退けたため、独裁者の典型とされる。 日本語表記は、現在では「ヒトラー」が通例だが、「ヒットラー」と表記されることも多い。また、戦前には「ヒットレル」とされたこともある。

    テーマ投稿数 137件

    参加メンバー 23人

  • アナキズム 無政府主義

    アナキズム 無政府主義

    「アナキズム」は「政府を持たない、政府の権力を最小にする、全ての権力を最小にする」という思想や主義の総称である。日本語では通常「無政府主義」と訳されるが、必ずしも政府を全廃するという思想ではなく、また無秩序を意味する「無政府状態」(アナーキー)を求める思想ではない。 「アナキズム」と自由主義やリバタリアニズムなどの用語の使い分けは、時代によっても変化している。1890年代のフランス以降では、「アナキズム」と「リバタリアニズム」はほぼ同義語としても使用され、1950年代のアメリカ以外でも同義語として使われ続けている アナキズム(アナーキズム)のシンボルカラーは黒。アナキズム思想の持ち主をアナキスト(アナーキスト)という。なお、日本では「Anarchist」自身は比較的厳密に「アナキスト」と、それ以外の第三者(研究者、反対者、他)は、適宜「アナキスト」「アナーキスト」と形容した。 日本では、先駆的に江戸後期の安藤昌益がアナキズム的な発想で思想を展開したが、近代思想としてのアナキズムの影響ということでいえば、幸徳秋水がいる。 学園闘争の中心となった全学共闘会議(全共闘)はノンセクトであり、その組織形態もアナキズムに多い自由な評議会的なものであったことからアナキズムへの関心が芽生えることになった。関西の主要大学にはアナキスト連合の組織や支部が形成され、キャンパスにはアナキストの黒旗が翻り、一部では完全にマルクス主義者を凌駕していた。

    テーマ投稿数 77件

    参加メンバー 11人

  • 国粋主義

    国粋主義

    国粋主義(こくすいしゅぎ)とは、歴史や文化・伝統に裏付けられたその国の美点を他国よりも優れたものであるとし、それらに重きを置く国家体制を求める価値観・思想。国家主義の極端化したものとも言われる。 国粋主義は国民が社会不安や経済不安を感じている時に支持されることが多い。市民が自分たちの権利を守るために政府を作るとする近代主義とは対立し、国民よりも国家の方に価値を置くため、全体主義・ファシズムに繋がりやすい。また、伝統文化の純化を行う傾向がある。したがって人種差別や排外主義と一体となることが多い。 国粋主義が国家的に実施された代表例としては、一般に、第二次世界大戦中の大日本帝国、ナチス・ドイツ、ファシスト党指導下のイタリアがあげられる。 近代日本の民間運動としては明治時代の中ばに鹿鳴館外交の欧化主義に対峙するものとして登場した三宅雪嶺・志賀重昂らによる日本民族の世界一の優秀性を論じたものがある。明治30年代には高山樗牛の日本主義が国粋主義を帝国主義化し、第一次世界大戦後の国家主義・皇国主義の台頭は国粋主義を天皇制下での超国家主義(天皇制ファシズム)へと変容させた。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 14人

  • 天皇制

    天皇制

    天皇制について 戦前は現人神 戦後は人間宣言 今後は・・???

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 3人

  • 攘夷論

    攘夷論

    攘夷論(じょういろん)は、日本においては、江戸末期に広まった考えで、夷人(外国人)をしりぞける。つまり外国人を実力行使で排斥しようという過激思想。元は中国の春秋時代の言葉。 帝国主義の発想を持つ欧米のアジアへの接近(侵略・進出)により、それまでの江戸の天下泰平の世の中(鎖国体制下の社会)を維持したいという発想として盛り上がった。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る

  • ゆふれいなりや

    幽霊、妖怪、不思議な生き物、幽体離脱、正夢、UFOなど幼い頃から色々体験しています。現在は座禅や瞑想に取り組んでいるからでしょうか。以前にも増して姿や気配がはっきり見聞きできるようになりました。

    読者になる
  • オカルトラボ

    怖い話・不思議な話・都市伝説などオカルト文化が大好きで、全国各地に散らばる話を集めています。あなたの知らない怖い話・不思議な話がオカルトラボにきっとある!

    読者になる
  • 怖いと感じた先に見えるもの(心霊・オカルト・恐怖体験談)

    心霊体験・訳アリ物件入居体験談・怖い人間関係・・・管理人の体験談を中心にお届けします

    読者になる
  • オノゴロ雑記

    オカルト、都市伝説、スピリチュアルなどのブログです。 youtubeチャンネル「稲荷之氏子ちゃんねる」の動画紹介もあります。

    読者になる
  • 妖し怪しネット

    怖い怪談師ランキング一覧など、怖い話好きな方へ様々なものを紹介します!

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧