• 1位

    もうすぐ サクラの季節~ な プリン♪

    そして コーギー犬プリンとの日々♪♪

    マナりん

    I Love Jesus!そして愛犬プリンとの日々♪

  • 2位

    3月25日   御言葉をあなたへ

    「なぜなら、肉に従う者は肉のことを思い、霊に従う者は霊のことを思うからである。肉の思いは死であるが、霊の思いは、いのちと平安とである。」ローマ8:5-6「肉」とは人の生まれながらの性質、神様を認めず、我利我欲に支配され、自分こそ正しいとする性質です。一方、「霊」とは神様から与えられる力で、神様を畏れ、敬い、御心に従うことを喜び、神様とつながる力です。私たちはこの二つのものに常に引き回されています。物事の選択と決断を迫られるとき、霊に従う者となってください。(KE)宇治田原以前の私は肉に従い、自分は正しい者と思っていました。そして空しく過ごしていつも怖れがありました。主に従うのはすなわち聖霊に従う事ですが、そこには全く違って、安心があります。また喜びがあります。人は何処までいっても戦いがあり醜いものです。多くの方...3月25日御言葉をあなたへ

    日々の思い

    日々の思い

  • 3位

    辛い時も悲しい時も、みことばがあれば立ち直れる!!!!

     聖書のみことばは、約束であり預言であり、それが必ず成し遂げられると絶対的に信じることができるのは 聖書のことばが、神様のことばであるからです。 神様のことば…

    小さなイギンジャ

    小さなイギンジャのブログ

  • 4位

    復活のいのち(永遠のいのち)。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(ポエム)

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★主イエス・キリストの御力に支えられ創造されてゆく人類の歴史それはまっすぐな方向性をもつすべての人類と生き物たちのいのちはまっすぐに主イエス・キリストへと向かっていくそれはゆっくりと時をきざむ全宇宙のすべての天体の回転に似ているゆっくりと螺旋を描きながら宇宙の中を進むわたしたちの住む銀河系もゆっくりと回転しながら時をきざんでいるどこへ進むのかどこまで進むのかこの小さなわたしのいのちでも全宇宙が永遠だと感じるすべてのものが主イエス・キリストの復活のいのちを与えられたのだから歴史は繰り返すしかし主イエス・キリストは永遠に変わらないいのちは生死を繰り返すしかし主イエス・キリストは永遠のいのち主イエス・キリストは復活のいのち☆★☆★☆★☆★☆★☆★↓:いのち。にほんブログ村復活のいのち(永遠のいのち)。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(ポエム)

    少女ジーザス

    ポエムな言の葉パラダイス

  • 5位

    心のきよい者は幸いです

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    毎日の黙想と聖句

続きを見る

  • 言の葉(少女ジーザス):王は全知全能の主ご自身。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★王はすべての生命体にとって、三位一体なる全知全能の主以外ありえない。サムエル記Ⅰ第8章でイスラエルの民はサムエルに対して、自分たちにも他の国のような王を立ててくださいと願い出る、しかしこれは悪である。サムエルもそう考えていた。主はこの全宇宙を創造し、治めておられるのだから、主は最初から王である。なぜイスラエルの民たちはこのことがわからなかったのかと、わたしは残念に思うし、また不思議でさえある。主イエス・キリストは王であり、預言者であり、祭司である御方なのである。主イエス・キリストの御名はほむべきかな。アーメン。☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★↓:王。にほんブログ村言の葉(少女ジーザス):王は全知全能の主ご自身。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。

    少女ジーザス ポエムな言の葉パラダイス
  • 「キリストとの合一」第三章 キリストとの永遠の合一(4)

    (a)この事実はキリストの意義によって支配されている では、なぜこれがそんなにも重要なのでしょう?これは一体なぜでしょう?なぜこの時代はこれほど大いなる時代であり、なぜこの時代に天の豊かさが注ぎ出されたのでしょう?ペンテコステの日とそれ以降のこの興奮――もしそう呼んでもいいのなら――はいったいどうしてでしょう?これはまさに私たちの黙想全体の要点です。それはすべてキリストの意義によって支配されています。...

    オリバー オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 新着ブログ
  • 今日のデボーション

    聖書通読箇所【新共同訳】・旧約……士師記20-21章・新約……ルカによる福音書14章15-35節【聖書協会共同訳】・旧約……ヨシュア記3-5章・新約……ルカに…

    まな かみさまとおはなし
  • 3月25日   御言葉をあなたへ

    「なぜなら、肉に従う者は肉のことを思い、霊に従う者は霊のことを思うからである。肉の思いは死であるが、霊の思いは、いのちと平安とである。」ローマ8:5-6「肉」とは人の生まれながらの性質、神様を認めず、我利我欲に支配され、自分こそ正しいとする性質です。一方、「霊」とは神様から与えられる力で、神様を畏れ、敬い、御心に従うことを喜び、神様とつながる力です。私たちはこの二つのものに常に引き回されています。物事の選択と決断を迫られるとき、霊に従う者となってください。(KE)宇治田原以前の私は肉に従い、自分は正しい者と思っていました。そして空しく過ごしていつも怖れがありました。主に従うのはすなわち聖霊に従う事ですが、そこには全く違って、安心があります。また喜びがあります。人は何処までいっても戦いがあり醜いものです。多くの方...3月25日御言葉をあなたへ

    日々の思い 日々の思い
  • 真の愛は、相手の思いが成ることを願うもの

     あなたの同胞は言っている。 「主の道は正しくない」と。 エゼキエル書 33 : 17  イエスの言葉: あなたがたは、 わたしを愛しているならば、 わたしの掟を守る。 ヨハネ 14 : 15  ルカ 14 :( 25 〜 26 ) 27...

    ソヨギ 祝福のそよぎ

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧