TOPICS
  • 1位

    曲がるのは当たり前

    皆さん、台風への備えは済みましたか?過去最強クラスだそうです”備えあれば憂いなし”ですよねあの野郎さ、台風は直角に曲げられるなンて言ってクズたちを煽っているけどみンなやってることだけど、何か?それもタダでなwオレさまも念力で・・・ほ~らほら、曲がって来たぞぉwww念力を送るのに金などいらない、神様に祈るのに金など要らない、あ~ぁ、オレさまが教団につぎ込んだ300万円もったいなかったな~はいよ↓...

    ラ・パス

    世界中に教祖を!

  • 2位

    協力してますよ~

    ふ~ん、あいつニューヨークのタイムズスクエアに時計の広告を出したのかぃやっぱ、金もってるね~そりゃそうだよな、この平和な日本で教祖やってるンだからねwNo Watch, No Life!!  時計のない人生なンて、ってとこかなそうだったな、神様から「時計を愛し、時計とともに生き、時計とともに死んでゆけ」って言われたンだったよなそれで、ブランド時計の日本での商標権を買った、ミミズ(w)時計部が40周年ってことで、ニュー...

    ラ・パス

    世界中に教祖を!

続きを見る

  • 忘れがたい人・できごと

    忘れがたい人・できごと

    精神とかスピリチュアルに関することなど(その分野以外にも幅広く、どんなことでもOK!)影響を受けた人とか、できごとなどがありましたら、お気軽にトラックバックして、お話を読ませてください。

    テーマ投稿数 146件

    参加メンバー 42人

  • 関東軍(悪魔の飽食)

    関東軍(悪魔の飽食)

    関東軍(かんとうぐん)は、大日本帝国陸軍の総軍の一つ。 南満州鉄道附属地警備を目的とした守備隊が前身で、1919年(大正8年)に関東軍と改称する。司令部は当初旅順に置かれたが、満州事変後は満州国の首都新京(現・吉林省長春)に移転。名称は警備地の関東州に由来する。張作霖爆殺事件や満州事変の画策・実行は、20年代からの既存の国家外交安全保障戦略を、現地の佐官級の参謀陣が自らの判断で武力転換させたことを意味し、その後の太平洋戦争に至る日本の政治外交過程を大きく左右する端緒となった。また、これら一連の行動は参謀本部・陸軍省等当時の軍中央での国防政策の指針からも逸脱しており、その後の陸軍内の「下克上」的な組織体質、「手続軽視・結果重視」といった軍の運用体質を作りあげていった、という批判もある。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

  • アドルフ・ヒトラー

    アドルフ・ヒトラー

    アドルフ・ヒトラー(独: Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日)はドイツの政治家。 国家社会主義ドイツ労働者党党首として民族主義と反ユダヤ主義を掲げる。1933年首相となり、1934年にヒンデンブルク大統領死去に伴い、国家元首に就任した。正式の称号は「指導者兼国首相」であり、これは通例、総統と邦訳されている。軍事力による領土拡張を進め、第二次世界大戦を引き起こしたが、ドイツ降伏前日にベルリンの総統地下壕自室で自殺した。「指導者原理」を唱えて民主主義を無責任な衆愚政治の元凶として退けたため、独裁者の典型とされる。 日本語表記は、現在では「ヒトラー」が通例だが、「ヒットラー」と表記されることも多い。また、戦前には「ヒットレル」とされたこともある。

    テーマ投稿数 137件

    参加メンバー 23人

  • アナキズム 無政府主義

    アナキズム 無政府主義

    「アナキズム」は「政府を持たない、政府の権力を最小にする、全ての権力を最小にする」という思想や主義の総称である。日本語では通常「無政府主義」と訳されるが、必ずしも政府を全廃するという思想ではなく、また無秩序を意味する「無政府状態」(アナーキー)を求める思想ではない。 「アナキズム」と自由主義やリバタリアニズムなどの用語の使い分けは、時代によっても変化している。1890年代のフランス以降では、「アナキズム」と「リバタリアニズム」はほぼ同義語としても使用され、1950年代のアメリカ以外でも同義語として使われ続けている アナキズム(アナーキズム)のシンボルカラーは黒。アナキズム思想の持ち主をアナキスト(アナーキスト)という。なお、日本では「Anarchist」自身は比較的厳密に「アナキスト」と、それ以外の第三者(研究者、反対者、他)は、適宜「アナキスト」「アナーキスト」と形容した。 日本では、先駆的に江戸後期の安藤昌益がアナキズム的な発想で思想を展開したが、近代思想としてのアナキズムの影響ということでいえば、幸徳秋水がいる。 学園闘争の中心となった全学共闘会議(全共闘)はノンセクトであり、その組織形態もアナキズムに多い自由な評議会的なものであったことからアナキズムへの関心が芽生えることになった。関西の主要大学にはアナキスト連合の組織や支部が形成され、キャンパスにはアナキストの黒旗が翻り、一部では完全にマルクス主義者を凌駕していた。

    テーマ投稿数 77件

    参加メンバー 11人

  • 国粋主義

    国粋主義

    国粋主義(こくすいしゅぎ)とは、歴史や文化・伝統に裏付けられたその国の美点を他国よりも優れたものであるとし、それらに重きを置く国家体制を求める価値観・思想。国家主義の極端化したものとも言われる。 国粋主義は国民が社会不安や経済不安を感じている時に支持されることが多い。市民が自分たちの権利を守るために政府を作るとする近代主義とは対立し、国民よりも国家の方に価値を置くため、全体主義・ファシズムに繋がりやすい。また、伝統文化の純化を行う傾向がある。したがって人種差別や排外主義と一体となることが多い。 国粋主義が国家的に実施された代表例としては、一般に、第二次世界大戦中の大日本帝国、ナチス・ドイツ、ファシスト党指導下のイタリアがあげられる。 近代日本の民間運動としては明治時代の中ばに鹿鳴館外交の欧化主義に対峙するものとして登場した三宅雪嶺・志賀重昂らによる日本民族の世界一の優秀性を論じたものがある。明治30年代には高山樗牛の日本主義が国粋主義を帝国主義化し、第一次世界大戦後の国家主義・皇国主義の台頭は国粋主義を天皇制下での超国家主義(天皇制ファシズム)へと変容させた。

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 14人

  • 天皇制

    天皇制

    天皇制について 戦前は現人神 戦後は人間宣言 今後は・・???

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

  • 攘夷論

    攘夷論

    攘夷論(じょういろん)は、日本においては、江戸末期に広まった考えで、夷人(外国人)をしりぞける。つまり外国人を実力行使で排斥しようという過激思想。元は中国の春秋時代の言葉。 帝国主義の発想を持つ欧米のアジアへの接近(侵略・進出)により、それまでの江戸の天下泰平の世の中(鎖国体制下の社会)を維持したいという発想として盛り上がった。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • 皇民化教育

    皇民化教育

    皇民化教育(こうみんかきょういく)は大日本帝国の支配地域において、その主権者とされた天皇を中心として大日本帝国への忠誠を要求した教化政策とされる。日本民族への教化政策であると同時に、版図内の諸民族(朝鮮人、台湾人、アイヌ人、南洋群島や東南アジアの先住諸民族、また琉球をこの範疇にいれる場合がある)に対して行われた強制的な同化・教化政策とも言われている。皇民化政策とも言う。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 世界の自由主義陣営〜リベラリズム

    世界の自由主義陣営〜リベラリズム

    自由主義(じゆうしゅぎ)とは政治思想の一つ。リベラリズムとも言う。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 4人

  • 自由主義

    自由主義

    自由主義(じゆうしゅぎ)とは政治思想の一つ。リベラリズムとも言う。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 3人

続きを見る

  • 曲がるのは当たり前

    皆さん、台風への備えは済みましたか?過去最強クラスだそうです”備えあれば憂いなし”ですよねあの野郎さ、台風は直角に曲げられるなンて言ってクズたちを煽っているけどみンなやってることだけど、何か?それもタダでなwオレさまも念力で・・・ほ~らほら、曲がって来たぞぉwww念力を送るのに金などいらない、神様に祈るのに金など要らない、あ~ぁ、オレさまが教団につぎ込んだ300万円もったいなかったな~はいよ↓...

    ラ・パス 世界中に教祖を!
  • 協力してますよ~

    ふ~ん、あいつニューヨークのタイムズスクエアに時計の広告を出したのかぃやっぱ、金もってるね~そりゃそうだよな、この平和な日本で教祖やってるンだからねwNo Watch, No Life!!  時計のない人生なンて、ってとこかなそうだったな、神様から「時計を愛し、時計とともに生き、時計とともに死んでゆけ」って言われたンだったよなそれで、ブランド時計の日本での商標権を買った、ミミズ(w)時計部が40周年ってことで、ニュー...

    ラ・パス 世界中に教祖を!
  • 台風19号は関東へ向かう。

    ワールドメイト。日々感じたこと。思ったこと。誓ったこと。

    skyhorse わが青春のワールドメイト-fc2ブログ

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧