TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

神道 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    財運アップ編!古神道の叡智ZOOM講座

    皆さん、こんばんは【古神道の叡智ZOOMセミナー     物部神道ベーシック〜財運アップ編〜】  先月開催の《神通力編》、話を聞きながら、なるほど〜と。  特に神様との向き合い方を知ってる、知らないでは捉え方や選択が変わるので、色々な事に対しての結果が違ってく

    道幸龍現(道幸武久)と秘書ちみちゃん

    財運アップ編!古神道の叡智ZOOM講座

    読者になる
  • 2位

    初めての植樹!《 宮脇方式》

    皆様、こんにちは初めての植樹《 宮脇方式》先日貴重な機会をいただき、大自然の中、縄文文化に触れ、洞爺湖にある【いのちの森】にて植樹を行ってきました貝塚って初めて見たー!!下の写真↓↓↓のバンカーみたいな所です笑人間をはじめ全ての生き物は森の恵みを得て生かさ

    道幸龍現(道幸武久)と秘書ちみちゃん

    初めての植樹!《 宮脇方式》

    読者になる
  • 3位

    死者たちの門が、開かれてしまいます

    死者たちの門がこの夏に開きます!!死者の国を黄泉の国(よみのくに)といいますが、その黄泉の国の門を鬼門(きもん)といいます。なんと、・・・。その鬼門が、この夏に開くのです。実は、これは毎年、8月13日~16日の期間にその門が解放され、死者たちの霊魂が現世(うつしよ)と黄泉の国と自由に往来できてしまうのです。つまり、死者だけが、あの世からこの世がフリーパス状態です。という、怖いホラー的な長めの前振りでしたが、ごめんなさい。この考え方、風習、概念、信仰を日本では、・・・「お盆」といいます。お盆は、仏教行事でもなく、神道や神社の行事でもなく、日本のご先祖をおまつりする、独自の民族信仰です。民族信仰とは、古くからの「神まつり」の風習です。お盆は、仏教の影響もあるし、神社の先祖崇拝の影響をうけながら、現代まで、各家庭や、...死者たちの門が、開かれてしまいます

    誠徳

    死者たちの門が、開かれてしまいます

    読者になる
  • 4位

    聖書に書かれていたお釈迦様のこと

    このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)とってもためになるページhttp://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.htm

    おかげ参り

    聖書に書かれていたお釈迦様のこと

    読者になる
  • 5位

    性善説と性悪説

    宗教家や哲学者の世界では定番とも言える命題です! 長年考えても答えが出ないんですよ! 彼らでは? だって所謂『二元論』的思考から離れられないから! それは即ち、な~ンも変化ないと言うことなのです。 そこで誰でも分かる解答をいたします。 我々受肉した肉体を持った存在は、他の生...

    顕幽表裏

    性善説と性悪説

    読者になる
  • 6位

    自分で作る薬を信じる

    ある医師から伺いました。 病気と治癒の真実は、病気と治癒に用いる方法とは一対一の関係ではないそうです。 経験則から、ある病気の症状からその原因を見つけますが、それは必ず確かということはないそうです。 さすれば薬もある人には効いても、違う方には効かないのも当然であるそうです。 その中で最も効果的で、副作用の極めて少ない薬があるそうで、それは自分自身の血液だそうです。 しかし、この血液を効…

    京都大神宮

    自分で作る薬を信じる

    読者になる
  • 7位

    さて、、、

    京都の「大文字」、勝手に点灯 いたずら?憤る関係者https://www.asahi.com/articles/ASN89759CN89PLZB009.htm…

    読者になる
  • 8位

    自殺こそが最良の死ではなかろうか。

    問題発言ですよね、今回のお題は。三浦春馬の自殺やALSを患った女性の嘱託殺人、そしてコロナ禍等々、最近、死に付いて考える事が多いです。東日本大震災の時も色々と考えましたが、持病がありコロナで死ぬ可能性が平均よりも高い私は、どうしても死から頭が離れない。色々悩みが多いのですが、死ならば全てが解決する。死こそが最良の浄化。そんな事考えているから、こんな状態なのでしょうね。そこで、ふっと思ったのです。本当に自殺って悪い事なのかを。自殺を悪としているのはキリスト教です。キリスト教に置いて人間は「主の下僕」。「下僕のくせに勝手に死ぬんじゃねぇー」。だから自殺は禁じられている。自殺した者は地獄へ落ちる事になってます。私はキリスト教に不審を感じているのは、結果的にキリスト教で多くの命が失われたから。戦争兵器としての役割がキリ...自殺こそが最良の死ではなかろうか。

    綱永井寵生

    自殺こそが最良の死ではなかろうか。

    読者になる
  • 9位

    神社をお参りする意味

    https://amzn.to/31yYA5s神社をお参りする意味

    誠徳

    神社をお参りする意味

    読者になる
  • 10位

    まことのいのちのお祭り

    このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)とってもためになるページhttp://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.htm

    おかげ参り

    まことのいのちのお祭り

    読者になる

続きを見る

  • 靖国神社

    靖国神社

    靖国神社(靖國神社、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区にある神社である。旧称は東京招魂社。東京の九段に鎮座する事から、単に九段あるいは九段下などと通称される事も多い。 2008年現在の宮司は、南部利昭。戦前は内務省が人事を、陸軍・海軍が祭事を統括した。 祭神は近代以降の日本が関係した国内外の事変・戦争において、戦役に就き戦没した日本の軍人・軍属であり、慰霊・顕彰・崇敬などを目的として祀っている。 単一宗教法人であり、神社本庁には加盟していない東京都知事認証の単立神社(単立宗教法人)である。 桜の名所としても知られる。 最重要の祭儀は合祀を行う例祭(旧称:招魂祭)

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 11人

  • 反米(反アメリカ的な思想)

    反米(反アメリカ的な思想)

    反米(はんべい、英: Anti-Americanism)とは、アメリカ合衆国に対して文化的あるいは政治的な反感を持つこと。 反米を考えると強大な国であるアメリカ?とは何か?が見えてくる。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 対等な日米安全保障条約の議論を

    対等な日米安全保障条約の議論を

    日本は日米安保を締結し〜隷属した戦後体制ではなく50年目に入った安保を51番目の州?としてでなく独立独歩でオバマ大統領と平和について沖縄基地問題や核兵器廃絶について堂々とイマジンできるようになって欲しい!

    テーマ投稿数 153件

    参加メンバー 31人

  • お盆 日本の夏

    お盆 日本の夏

    お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる祖先の霊を祀る一連の行事。一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多く、日本在来の神道的行事に仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たと考えられている。

    テーマ投稿数 86件

    参加メンバー 42人

  • バンザイ突撃〜特攻隊

    バンザイ突撃〜特攻隊

    バンザイ突撃(ばんざいとつげき)は、太平洋戦争中の日本軍兵士による米軍に対して敢行された突入攻撃。自滅的攻撃と解釈されるのが一般的である。 主に戦闘の最終段階(日本軍敗色濃厚時)に行われ、米軍からは『バンザイ・アタック』(banzai attack)、もしくは『バンザイ・チャージ』(Banzai charge)と呼ばれ、狂信的な兵士達の理解不能な自殺行為として恐れられた。銃剣や軍刀を振りかざし、鬨の声を上げて突進してくる日本兵の姿に恐怖し、精神に深いダメージを負う米兵もいた。 実際の突撃時に全ての日本兵が『バンザイ!』と叫びながら突進したとは限らず、日本兵の言葉にならない雄叫びを耳にした米兵が、日本人が叫ぶ詞で一番米国で知られていた『万歳!』を当て嵌め、名付けたものと推測される。他に、突撃決行の前に全員で「天皇陛下万歳」を唱和した事からこう呼ばれるようになったとする説もある。 バンザイ突撃に加わった日本軍兵士の生存者は非常に少ないため、米軍側の視点が主になりやすい。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 7人

  • 神風

    神風

    神風(かむかぜ、しんぷう、かみかぜ)は神道用語。神が吹かせる風などを意味する。 古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰する国なり。この国に居らむと思ふ」という倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が天照大神から受けた神託などに登場する。ここでの「神風の」は伊勢にかかる枕詞である。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

  • 神国

    神国

    神国(しんこく・神州(しんしゅう))とは、「神の国」。即ち天照大神の末裔である天皇が現人神として君臨し、万世一系と天照大神の神勅のもとに永久に統治を行い、これを支え続けてきた皇室、更にこれに臣属した諸神の末裔である国民との緊密な結合と全ての政治は神事をもって第一とする理念によって神々の加護が永遠に約束された国家の事。

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 12人

  • 主体思想

    主体思想

    主体思想(しゅたいしそう)、チュチェ思想(-しそう)は、朝鮮民主主義人民共和国及び朝鮮労働党の公式政治思想である。 日本語では、出版物などで「主体思想(しゅたいしそう)」と表記されることが多い。ただし、「チュチェ」という概念は独自のものであり、各言語の既成の用語で表せないため、漢字の「主体」ではなく、朝鮮語の音をカナに転写して「チュチェ」と表記するのが正しく、「主体思想」という表記はふさわしくないという主張もある。この主張は朝鮮民主主義人民共和国の準公式機関が打ち出している立場に基づいており、主体思想の研究者の間でも唱えられている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 戦略論・兵法

    戦略論・兵法

    戦略論と兵法{中国兵法}です。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 読者になる
  • 普通の豆八足台でもう一段下げた短足型の豆八足台

    豆八足台は通常版と短足版で幅6寸~1尺5寸まで作っています 神棚に豆八足台を置いたとき、もう少し低いものはないだろうか? と思ったことがあるなら、短足型豆八足台のほうが適していると思う。 一段、たった一段のことなんだけど、こっちのほうがいいときがある。 特にこだわりがなければ通常版でいいかと思うし、初めて豆八足台を使うようなときには通常版から始めてみることかもしれない。 もっとも、通常版、短足版を組み合わせて使うこともあって、二段式にしたとき役に立つから、もう少し神前に神具を置いてみたいとか、アレンジしたものを並べてみたいとかいうときには二段式として使ってみてください。 豆八足台は幅6寸~1尺…

    おまかせ工房 おまかせ工房店長ブログ
    読者になる
  • 小笠原流とは 弓馬術礼法 その2

    (出典:nippon.com) みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。 「小笠原流」とは、の続きです。 現在の小笠原流31世宗家小笠原清忠(きよただ)氏の嫡男 である、小笠原清基氏のプロフィールをご紹介致します。 プロフィール Author:小笠原清基(おがさわらきよもと) 1980年生まれ。弓馬術礼法小笠原流31世小笠原清忠宗家の長男。3歳で稽古を始め、小学5年で鎌倉の鶴岡八幡宮で流鏑馬神事の射手を務める。大阪大を卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長一般社団法人日本文化継承者協会 代表理…

    中今〇ノ丞 まあるく生きる
    読者になる
  • 08/11のツイートまとめ

    mika_kinose RT @sakura791kurumi: 『本朝神仙記伝』の研究(67) -霧島山六女仙- (日本古学アカデミー)https://t.co/dtQUO3Fia5 霧島山女仙は何人たることを詳らかにせず、またその来歴を知る由(よし)無し。善五郎、一名・政右衛門と云へる者を幽界… 08-11 08:33 海水浴客とサーファーが混在・・・湘南海岸が「無法地帯化」している https://t.co/FA8NUtUa6m 08-11 08:31 「俺たちはしない!」欧米でNOマスク運動が過熱 h...

    紀瀬美香 きのせみかの大和撫子な生活
    読者になる
  • 必ず治ります

    ある霊能者の方から伺いました。 病気になった時、あるいは、なかなか体調の不調が良くならないとき、看病なさっている方の一言が重要だそうです。 それは「必ず治ります」という一言だそうです。 病気を分析しての診断の言葉にしましても、あるいは「時間がかかる」などの正確な言葉にしましても、否定的な言葉は、何も有益なものではないそうです。 誰が何と言おうとも、一般的な常識など関係なく「必ず治ります」…

    京都大神宮 京都大神宮のブログ
    読者になる

続きを見る

  • 神主が語る神道と心霊の話

    神道、神霊、霊学、霊術の話

    読者になる
  • 神主が語る神道と神霊の話

    小さな神社の宮司です。神社界ではタブーとされている心霊や霊術の話などを語ります。不思議な世界の話を、固定観念や善悪を越えた観点から伝えられたらと思っています。目に見えない力の存在を取り上げて、真実の世界に眼差しを向けられる話を語ります。

    読者になる
  • まあるく生きる

    神社や歴史上の人物・名言、音楽などの記事を書いています。 たまに龍神像も記事にします。 仕事は金属加工業ですので、その経験談も書いていきます。

    読者になる
  • 日本の心。

    現役神主の言葉。心の栄養補給に。古来からの価値観を現代に甦らせ、明日への活力にする。<br>神道の力によって折れない心を作る。  <br>

    読者になる
  • 『神主の遺言』

    『統合神道』唯一の神主のブログ。それぞれが「本当の私」と出会い、精神的な苦しみから脱して、自分らしい人生を送れるヒントを語ります。

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)