searchカテゴリー選択
chevron_left

「哲学・思想」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

オカルト トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • イスラム原理主義

    イスラム原理主義

    イスラム原理主義(イスラムげんりしゅぎ)は、イスラム的な政治・国家・社会のあり方の実現を目指す政治的活動を指す「イスラム主義 Islamism」の諸運動、あるいはムスリム(イスラム教徒)の宗教的・政治的な急進主義派、過激派を指す、批判的ニュアンスのこもった呼称である。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 3人

  • デマ

    デマ

    デマとはデマゴギー(demagoguery)の略で、政治的な目的を持って意図的に流す嘘のことであり、転じて単なる嘘や噂、流言などを指すこともある。前者の意味のデマを用いる人物のことをデマゴーグという。 噂や流言はしばしば(前者の意味での)デマゴギーだったのではないかと捉えられることがある。

    テーマ投稿数 96件

    参加メンバー 8人

  • 人権派

    人権派

    人権派(じんけんは)とは日本特有の概念で、人権の尊重や保護を重視する言動が見られる人々に対する呼称である。ただし人権派かどうかを区別する客観的な指標はなく、また「人権派」と言われる人物がそのように自称することはあまりない。尊称であると解釈する者もあるが、政治的意図を持った左派に対する揶揄のために使われることもまま見られる。 さらにこれを「在日外国人や各種事件の被疑者だけを守り、一般市民を害する存在」として蔑称に用いる例もある。このような使用例は日本の右派などがスラングとして常用している。こちらの用法を極端化した造語として「人権屋」が使用される事もある。エセ同和、宗教団体関係者等が人権団体を隠れ蓑にして活動するケースでは人権ゴロと呼ばれることもある。 どちらの意味においても、多くの弁護士・学者・文化人・政治家・ジャーナリストなどが「人権派」と呼ばれている。

    テーマ投稿数 66件

    参加メンバー 6人

  • 赤旗

    赤旗

    赤旗(あかはた、せっき)とは、革命あるいは革命思想である社会主義、共産主義を象徴する旗。 本来はフランスにおいて戒厳を示す旗だったが、18世紀、フランス革命において革命派の内部で急進派をラファイエットが軍隊を率いて弾圧した事件を契機に、これに対する抗議として戒厳令旗である赤旗を革命旗に採用したとされる。この後も赤旗は革命を象徴する旗とされ、フランス革命の階級闘争の側面を引き継ぐことを自称する社会主義や共産主義団体、特に社会主義国家が団体旗や国旗に採用している。 国旗・党旗に取り入れられる、意匠化された鍬とハンマーの交差は、農民と労働者の団結を表している。 また中国語では「紅旗」とよばれ、中国共産党理論誌の誌名や国産自動車の名にも用いられた。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 4人

  • しんぶん赤旗

    しんぶん赤旗

    しんぶん赤旗(しんぶんあかはた)とは、日本共産党中央委員会の発行する日本語の日刊機関紙である。旧称・通称「赤旗」。英文名称はThe AKAHATA("Red Flag"ではない)。キャッチコピーは「『本当』がみえる くらしに役立つ」。 日刊紙の他にも別建ての「しんぶん赤旗日曜版」や、「点字しんぶん赤旗」(東京ヘレン・ケラー協会協力)、視覚障害者向けの「声のしんぶん赤旗日曜版」(視覚障害者友情の会発行)などもあり、また英語翻訳版「Japan Press Weekly」(ジャパン・プレス・サービス発行)も存在する。それらについても併せて記載する。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

  • 確認・糾弾

    確認・糾弾

    差別事件における確認及び糾弾(かくにん・きゅうだん)とは部落解放同盟など被差別者が差別事象の実行者や関連する責任者など差別者とみなした人間を呼び出し、差別行為の事実関係を確認し、その責任を問う中で部落問題等の差別そのものに対する認識姿勢を糾すことである。 なお、差別者の特定と部落差別の解消は基本的に行政の責任であるとの認識から法務局と協力して行うのが解放同盟の方針であるが、法務省は「確認・糾弾がそもそも違法である」との立場から、確認・糾弾会への立会いを拒否するとともに、「確認・糾弾会には出席すべきでない」としているとされる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 靖国神社

    靖国神社

    靖国神社(靖國神社、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区にある神社である。旧称は東京招魂社。東京の九段に鎮座する事から、単に九段あるいは九段下などと通称される事も多い。 2008年現在の宮司は、南部利昭。戦前は内務省が人事を、陸軍・海軍が祭事を統括した。 祭神は近代以降の日本が関係した国内外の事変・戦争において、戦役に就き戦没した日本の軍人・軍属であり、慰霊・顕彰・崇敬などを目的として祀っている。 単一宗教法人であり、神社本庁には加盟していない東京都知事認証の単立神社(単立宗教法人)である。 桜の名所としても知られる。 最重要の祭儀は合祀を行う例祭(旧称:招魂祭)

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 11人

  • 反米(反アメリカ的な思想)

    反米(反アメリカ的な思想)

    反米(はんべい、英: Anti-Americanism)とは、アメリカ合衆国に対して文化的あるいは政治的な反感を持つこと。 反米を考えると強大な国であるアメリカ?とは何か?が見えてくる。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 対等な日米安全保障条約の議論を

    対等な日米安全保障条約の議論を

    日本は日米安保を締結し〜隷属した戦後体制ではなく50年目に入った安保を51番目の州?としてでなく独立独歩でオバマ大統領と平和について沖縄基地問題や核兵器廃絶について堂々とイマジンできるようになって欲しい!

    テーマ投稿数 153件

    参加メンバー 31人

  • お盆 日本の夏

    お盆 日本の夏

    お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる祖先の霊を祀る一連の行事。一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多く、日本在来の神道的行事に仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たと考えられている。

    テーマ投稿数 94件

    参加メンバー 47人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)