TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

オカルト トップ

TOP
help

続きを見る

続きを見る

  • 明治維新〜明治時代

    明治維新〜明治時代

    明治維新(めいじいしん)とは、江戸幕府による幕藩体制から、明治政府による天皇親政体制の転換と、それに伴う一連の改革をいう。英文では"Meiji Restoration"または"Meiji Revolution"。 その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・教育・外交・宗教政策など多岐に及ぶ。 また明治時代は、その後45年に及ぶ明治天皇の治世(明治元年1月1日〜明治45年7月30日) 【出来事】廃藩置県、戊辰戦争、鉄道開通、太陽暦、地租改正、西南戦争、自由民権運動、大日本帝国憲法、帝国議会、大津事件、日清戦争、日英同盟、日露戦争、大逆事件、日韓併合

    テーマ投稿数 969件

    参加メンバー 46人

  • 外道

    外道

    外道(げどう)とは、仏教用語で、悟りを得る内道(ないどう)、つまり仏の教えに対する言葉である。転じて道に外れた人をさして言うようになった。外道という訳語は、他の教えを語る者(para-pravaadin)と、他の宗派の僧・教祖(anya-tiirthya)があるが、本来の意味は渡し場・沐浴場・霊場を作る人(tiiha-kara)のことで、一派の教祖を意味する。 元来外道とは、仏教以外の教え、またそれを信奉する人びとを総称した呼称である。もともとインドに仏教が興った紀元前5〜6世紀ごろ、マガダ国に存在した六師外道という自由思想家たちや異教の思想一般を指して言った。これから転じて、正論者から異論邪説を唱える人たちを貶めていうようになった。これがまた転じて日常用語となり、人を罵って使われる言葉となった。 また、釣りで、本来の釣る目的魚とは違うのに釣れてしまった魚のことを外道と呼ぶ。

    テーマ投稿数 104件

    参加メンバー 10人

  • 人道

    人道

    人道(じんどう)とは、人として従うべき道(倫理)を指す。人道主義(ヒューマニズム)にも含まれる同語であるが、近年では価値観の多様化に伴い、価値観の異なる他人と協調する上で重要視される概念である。儒教思想では天道に対比させられる概念であり、同義語には人倫(じんりん)がある。

    テーマ投稿数 42件

    参加メンバー 3人

  • 武士道(サムライスピリット)

    武士道(サムライスピリット)

    武士道(ぶしどう)とは、封建社会の日本における武士階級の倫理及び価値基準の根本をなす体系化された思想一般をさす。形而下も含めた宇宙において己の存在を確立するための「家」を媒介とした社会との契約の一種であるが、封建社会で隷属する立場の女性は、この主体となることはできない。

    テーマ投稿数 57件

    参加メンバー 18人

  • 渋澤栄一翁〜論語と算盤の教え〜

    渋澤栄一翁〜論語と算盤の教え〜

    渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日(1840年3月16日) - 昭和6年(1931年)11月11日)は、幕末の幕臣、明治時代初期の大蔵省官僚を経て、実業家として活動した。第一国立銀行や王子製紙・日本郵船・東京証券取引所などといった多種多様の企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父と呼ばれる。 正二位勲一等子爵。雅号は青淵。戒名は泰徳院殿仁智義譲青淵大居士。 〜Wikipediaより〜 偉大なる日本を代表する起業家の一人。 現代日本の礎を築いた超大物。

    テーマ投稿数 44件

    参加メンバー 6人

  • 神

    神(かみ)とは、人間の及ばぬ知恵・知識・力を持つとされる存在の一種で、人間を含む生命やこの世界そのものなどを創り出した存在であるとされることもある。人知を超えた力や運命と関連づけられ、信仰や畏怖の対象となる。 神の性質に関して、その唯一性を強調する場合唯一神教、多元性を強調する場合多神教、遍在性を強調する場合汎神論が生まれるとされる。ただし汎神論はしばしば一神教、多神教の双方に内包されることもある。また、古代から現在まで神話的世界観の中で、神は超越的であると同時に人間のような意思を持つものとして捉えられてきたが、近代科学の発展と無神論者からの批判を受け、このような神理解を改めるべきという意見も現れている。 世界的に見ると、神を信じている人は多く(アブラハムの宗教だけでも30億人を超える)、神に基づいて自身の生活様式を整えている人、"神とともに生きている"と形容できるような人は多い。 人知を超えた存在であると考えられることや、人間や動物のように社会や自然の内に一個体として存在していることは観察できないことから、神の存在を疑う者も多い。神の存在を信じない者は無神論者と呼ばれ、神が存在するかどうかを知りえないと考える者は不可知論者と呼ばれることがある。

    テーマ投稿数 573件

    参加メンバー 51人

  • 釈尊(シャカムニ〜ブッダ、buddha)仏陀

    釈尊(シャカムニ〜ブッダ、buddha)仏陀

    仏陀(ブッダ、buddha)は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。buddha はサンスクリット語で「目覚めた人」「体解した人」「悟った者」などの意味である。

    テーマ投稿数 115件

    参加メンバー 9人

  • 市中引き回し

    市中引き回し

    市中引き回し(しちゅうひきまわし)は、江戸時代における日本の刑罰で、罪人を馬に乗せ、罪状を書いた捨札等と共に刑場まで公開で連行していくものである。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 獄門

    獄門

    獄門(ごくもん)とは、江戸時代に庶民に科されていた6種類の死刑の一つで、打ち首の後、死体を試し斬りにし、刎ねた首を台に載せて3日間(2晩)見せしめとして晒しものにする公開処刑の刑罰。梟首(きょうしゅ)、晒し首ともいう。元は獄舎の門前に首を晒したことからこの名前が付いた。付加刑として財産は没収され、死体の埋葬や弔いも許されなかった。 こうした刑罰は平安時代後期から存在し、平安京の左右にあった獄の門前に斬首された罪人の首を晒した事が「獄門」の語源であると言われている。また当時は斬首した首をただ晒すだけでなく、矛で貫いて京中の大路を練り歩くことも行われたという。以後も同様の刑罰は存在したが、本格的に刑法体系に取り入れたのは江戸幕府であったと言われている。 首を晒す台を獄門台といい、高さ6尺(下部を土に埋めるので実際には4尺(1.2m))の台に五寸釘を二本下から打ち、ここに首を差し込んで周りを粘土で固める。夜は首が盗まれたり野犬の類が持っていかないよう桶を被せ、非人数名が火を焚いて寝ずの番をした。獄門台の横には罪状を書いた捨札(すてふだ)が立てられた。 獄門の刑罰を科される犯罪は、強盗殺人、主人の親類の殺害、地主や家主の殺害、偽の秤や枡の製造などであった。 明治時代に至っても初期には梟示と名を改めて引き続き行われていたが、1879年の明治12年太政官布告第1号により廃止された。なお、斬首刑は1882年1月1日に施行された旧刑法により廃止されるまで残る(最後に行われたのは1881年)。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 自分らしさ・オリジナリティー

    自分らしさ・オリジナリティー

    自分らしい表現を大切にしている方、自分らしさにこだわっている方、個性的なブログを心がけてる方など、ポエム、小説、日記、哲学・思想 その他 幅広く、「自分らしい」記事のトラックバックお願いします♪

    テーマ投稿数 4,608件

    参加メンバー 271人

続きを見る

続きを見る

  • 星のキャンバス

    写真に映るものをスケッチし、解析しています。

    読者になる
  • 不思議な話-100選

    古今東西世の中には、とても信じられないような不思議な話が数多くあります。ここでは選りすぐった不思議な話100選を紹介しています。どれも摩訶不思議な内容ばかり、じっくりとお楽しみください。

    読者になる
  • 怪文書-100選

    時として世の中に出回るのがいわゆる怪文書です。ここではこれまでに流布された有名な怪文書100選を紹介しています。どれも一度は聞いたことがあるものですが、その内容をじっくりお確かめください。

    読者になる
  • WORLD MYSTERY

    世の中で起きている、科学では証明できないような様々な不可思議な現象の話をまとめています。ぜひ一度ご覧下さい。

    読者になる
  • 怪奇現象-100選

    この世の中にはさまざまな怪奇現象が存在します。どれも信じられない不思議なことばかりですが、ここではそんな中から選りすぐった怪奇現象100選を紹介しています。ぜひじっくりとお楽しみください。

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)