TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

西洋思想 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    はじめに

    寒さがましてきたな、と思ってたら、ベートーヴェンに夢中になってました。はじめての方へ「君たちはどう生きるか」の実在した「水谷くんのうちの大きな洋館」のモデル書き直されていた「君たち」とそれを示唆している「作品について」「君たちはどう生きるか」のかつ子さんとマルセーユの歌「君たちはどう生きるか」の「一、へんな経験」と「方丈記」この4つがわかりやすく、楽しめると思います。ただし、当サイトの『君たち』関...

    Arkios

    はじめに

    読者になる
  • 2位

    本:日本少国民文庫 世界名作選(一) 復刊にあたっての解説 河合隼雄 2/3

     山本有三や吉野源三郎らが発したメッセージをしっかりと受け取って、励まされたかつての少年がここにも確かにいたようです。「君たち」の「英雄的精神」がいわんとするところがここからもよくわかります。「英雄的精神」とは孟子の「千万人と雖も吾往かん」ということだと、吉野源三郎は息子の吉野源太郎さんに言っていました(父・吉野源三郎の教え)。このあたりどうしても誤解されてしまうのは、吉野にあっては自己の内部の自...

    Arkios

    本:日本少国民文庫 世界名作選(一) 復刊にあたっての解説 河合隼雄 2/3

    読者になる
  • 3位

    本:「ある巡礼者の物語」 イグナチオ デ・ロヨラ

    スペイン・バスコ地方の名門貴族の子として生まれたイグナチオは騎士として数々の武勲を立てるが,30歳のとき戦闘の中で重傷を負う.彼はその療養中に読んだ『キリスト伝』に目を開かれ,宗教者の道を選び,巡礼者としての旅に出る.イエズス会の創始者イグナチオ・デ・ロヨラ(1491-1556)がその晩年,弟子に口述した自伝.  イエスズ会創立メンバーの一人にして、初代総長。フランシスコ・ザビエルと同室だったこともあ...

    Arkios

    本:「ある巡礼者の物語」 イグナチオ デ・ロヨラ

    読者になる

続きを見る

  • アセンンション

    アセンンション

    地球の進化に向かう

    テーマ投稿数 234件

    参加メンバー 10人

  • ハートに美ン悟(ビンゴ)♪ 言葉で悟る♪

    ハートに美ン悟(ビンゴ)♪ 言葉で悟る♪

    悟るとは幸せでいられること♪ 悟るとは笑っていられること♪ 悟るとは育ち育てられること♪ 悟るとは自然体でいられること♪ 幸運の青い鳥 美ックトリイロードを呼び込もう♪ ハートポッポ♪ 幸の鳥♪ 喜ツツ喜♪ 王夢♪ 勝つ幸♪ 桃栗産念花喜∞念♪ 人生ゆっ栗じっ栗、マロ〜ンと活きま笑〜♪

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 人権

    人権

    人権(じんけん)とは、人の権利。通常は基本権や基本的人権 (fundamental human rights) と同義のものとしてとらえられる。ただし、基本権という場合とは違い、他人から与えられたのではなく生来的に有するものであるというニュアンスで語られることが日本では多い。

    テーマ投稿数 140件

    参加メンバー 18人

  • 自虐史観

    自虐史観

    自虐史観(じぎゃくしかん)とは、日本において第二次世界大戦後の歴史学会で主流であった歴史観を「自国の歴史の負の部分をことさら強調し、正の部分を過小評価する歴史観」であるとの評価を持たせて表現する場合に用いられる呼称である。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 7人

  • フェミニズム

    フェミニズム

    フェミニズム(英: Feminism)は、男女同権主義に基づき、女性差別をなくし、女性の権利や自由の獲得を主張する思想・運動のこと。男性性を分析する中で、女性のみならず男性をも苦しめている「近代産業主義の持つ攻撃性そのもの」を問題にするようになった。現在ではヒューマニズムに近くなっている。

    テーマ投稿数 62件

    参加メンバー 34人

  • チベット仏教

    チベット仏教

    チベット仏教(チベットぶっきょう)は、チベットの国王が、仏教に基づく国作りを目指してインドから直接に後期仏教を取り入れたため、インド仏教直系の仏教といえる。仏教を取り入れるにあたって、サンスクリット語の経典を正しく翻訳できる言語としてチベット語が確立されていった経緯もあり、仏教研究においては、チベット語の経典は、非常に重要な位置を占める。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 14人

  • タイムマシン

    タイムマシン

    タイムマシン (Time Machine) とは、時間を空間と同じように航行し、未来や過去へ移動するための架空の乗り物や装置のことである。「時間機械」「航時機」などとも呼ばれる。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 未確認飛行物体

    未確認飛行物体

    未確認飛行物体(みかくにんひこうぶったい)とは、その名の通り何であるか確認されていない飛行体のこと。「Unidentified Flying Object」(アナイデンティファイド・フライング・オブジェクト)の頭文字をとってUFO(ユーフォー、ユー・エフ・オー)と呼ばれる。本来アメリカ空軍で用いられている用語で、主として国籍不明の航空機などに用いられている。進路を見失った飛行機や他国のスパイ機、さらにはミサイルの可能性があるので、スクランブル(緊急発進)の対象となる。必ずしも物体ではなく、自然現象を誤認する場合もあるため、未確認空中現象(Unidentified Aerial Phenomena、UAP)が用いられることもある。 本来的は上記のような用語であるが、ある種のテレビ番組や雑誌では空飛ぶ円盤、宇宙人(エイリアン)の乗り物(エイリアン・クラフト)の意味で「UFO」が用いられている。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 14人

  • スピリチュアルについて書いてある本

    スピリチュアルについて書いてある本

    スピリチュアル関連書籍についての情報をトラックバックしてください。レビューや新刊情報、自分が気に入っている著者について、他、その道の本に関係していることであればなんでも気軽に。

    テーマ投稿数 262件

    参加メンバー 41人

  • ナショナリズム(民族・人種・国家主義)

    ナショナリズム(民族・人種・国家主義)

    主にナショナリズム(民族・人種主義や国家主義)、帝国主義、全体主義、ナチズム、排外主義、ネオファシズム的で国家への過度の忠誠心を持ち、また社会主義・共産主義への敵対心を持ち、その主張を訴える組織が右翼団体と規定される。日本では天皇への信仰(天皇中心主義)もその思想の要素に加えられる。概して“国民はいかなる場合も国家に奉仕すべき存在であり国家(国家主権)こそ最優先で保護されるべき”と考え主張する。ただし、実際にはそうした右翼思想に基づく団体でなくても、国防(備えあれば憂いなし)、国益重視、尊皇、靖国神社参拝支持などの愛国心を主張する団体がそう呼ばれることもあり、左翼思想を持つ側からのある種のレッテルとして機能しているケースが見られる。写真は楯の会三島由紀夫氏である。

    テーマ投稿数 156件

    参加メンバー 30人

続きを見る

  • 物質世界は魂のイルミネーションを得ていない人々にとっては、幻性を持って現れる。

    「物質界は、幻であるというのは厳密な論理で言って正しくない。物質世界は魂のイルミネーションを得ていない人々にとっては、幻性を持って現れる。物質世界は存在するの…

    すばる すばるのブログ
    読者になる
  • 本:日本少国民文庫 世界名作選(一) 復刊にあたっての解説 河合隼雄 2/3

     山本有三や吉野源三郎らが発したメッセージをしっかりと受け取って、励まされたかつての少年がここにも確かにいたようです。「君たち」の「英雄的精神」がいわんとするところがここからもよくわかります。「英雄的精神」とは孟子の「千万人と雖も吾往かん」ということだと、吉野源三郎は息子の吉野源太郎さんに言っていました(父・吉野源三郎の教え)。このあたりどうしても誤解されてしまうのは、吉野にあっては自己の内部の自...

    Arkios Arkios Diary 吉野源三郎と『君たちはどう生きるか』
    読者になる
  • ベートーヴェン「情熱」

    ピアノソナタ第23番 曲は燃えるような激しい感情を寸分の隙もない音楽的構成の中に見事に表出しており、ベートーヴェンの最高傑作のひとつに数えられる。カール・ツェルニーはこの作品について「強大かつ巨大な計画をこの上なく完璧に遂行したもの」と表現した。ピアニストらは劇的な情熱が現れる中にも正確なリズムを維持するよう説いており、演奏には非常に高度な技術が要求される。作曲者自身もこの曲の出来に満足するとと...

    Arkios Arkios Diary 吉野源三郎と『君たちはどう生きるか』
    読者になる
  • ”民族ごとの支配惑星”

    みんなの回答を見る

    すばる すばるのブログ
    読者になる
  • 本:「反復」キルケゴール

     愛しながらも結婚に踏み切れぬ憂鬱質の青年詩人。彼を見守る冷静な一人の心理観察者。「反復」は、さながら一篇の恋愛心理小説のごとく書かれている。だがここには、前に向かって人生を生きよ、と説くキルケゴール(1813-55)の厳粛なキリスト教的人生観が織り込まれていて、それが彼自身の不幸な恋愛体験に即して展開されているのである。(岩波文庫表表紙より)  まったく厄介な本だと思いました。「死に至る病」には...

    Arkios Arkios Diary 吉野源三郎と『君たちはどう生きるか』
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)