TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

セドナメソッド トップ TOP

help
  • 1位

    神々は、あなたに新しい時代に沿って目覚めてほしいのです。

    大天国を目指していく神々のメッセージです。神々は、あなたの生き方に強く賛成しているのです。神々は、あなたの家族や先祖、そして会社や生活が、まだまだ、まだまだ、まだまだ、古くて、絡まれやすく、ダメになりやすい(その地上に引き込まれ、地獄に巻き込まれやすい)世界であると悟ってほしいのです。もっともっと新しい時代とは何か?新しい魂とは何か?新しい生まれ変わり、新しい人生スタイル、新しい生活、新しいビジネスに目覚めていってほしいのです。人間界が想うほど、キリストが想うほど、この銀河に分散されたヤハウェが想うほど、天界は甘くないし、そんなに想像では狭いのです。神々は新しい時代に乗って、「どうしてもの」大天国を目指していて、あなたに、最高のライフスタイルをギフトし続けているのです。このチャンスを無駄にしないください。この愛...神々は、あなたに新しい時代に沿って目覚めてほしいのです。

    愛と光のきらきらエレメント☆

    愛と光のきらきらエレメント☆

    読者になる

続きを見る

  • モラル・パニック

    モラル・パニック

    モラル・パニック(Moral panic 、道徳パニック、道徳恐慌)とは、ある種の文化的行動(多くの場合サブカルチャーに属する)や、ある種の人々(多くの場合、社会的・民族的マイノリティに属する)に対して、世間一般の間に「彼らは道徳や常識から逸脱し、社会全般の脅威となっている」という誤解や偏見、誇張された認識が広がることによって社会不安が起こり、これら「危険な」文化や人々を排除し社会や道徳を守ろうとして発生する集団パニックや集団行動である。

    テーマ投稿数 637件

    参加メンバー 18人

  • 宗教(右派&左派)

    宗教(右派&左派)

    宗教右派(しゅうきょううは)は英語 religious rightの訳語である。現代の欧米ではたびたび宗教的問題が政治における大きな争点となるが、その際に右派政党を通じて宗教的道徳・価値観を法制度に反映することを主張する勢力が宗教右派である。同じく右派政党支持層ながら個人の自由を重視するリバタリアンと区別される。また伝統宗教勢力のうち進歩主義を奉じて宗教右派的なありかたを批判するグループを宗教左派と称するが、欧米では政治的には宗教右派ほどの影響力は持たない。 宗教右派という用語は、キリスト教右派という用語と同じ意味で使われることもあるが、この両者の区別については議論がある。例えば、アメリカ、カナダ、イギリスのキリスト教右派は、特に妊娠中絶や同性愛の問題について共闘する目的で、保守派のユダヤ教徒やイスラム教徒の社会的保守主義者に接触を試みてきた。ニュージーランドでは、プロテスタント原理主義者の多くがクリスチャン・シオニストであり、イスラム教徒の信教の自由に反対しているのだが、2003年の売春改正法に関しては、保守とイスラムの小規模な共闘が成立した(もっとも、それ以来連携の動きは一歩も進んでいないが)。このように、一部の問題に関しては、より幅広い宗教の間の宗教右派同士の戦術的な連携が存在する。アメリカの場合、統計的にはプロテスタントが多く、カトリックが少ない。何故なら、カトリックはWASPと対立する民主党の支持層の一つであり、いわゆるマイノリティに属する(例:ブッシュ対ケリー)。著名な右派が「カトリック教会は邪教である」と言って憚らない程である。カトリックの宗教右派の殆んどは「教皇空位主義者」(Sedevacantist) である。アメリカを含む西洋社会において政治的に活発なキリスト教保守派についての主な解説は、キリスト教右派のページを参照。 国連レベルでは、さまざまな宗教の保守派NGOが、リプロダクティブヘルス、同性愛者の権利、家庭、生命倫理などの政策問題について協力している。世界家族会議は、そのような目的で結成された異宗教間の国際会議のうち、もっとも重要なものの一つである。

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 7人

  • 政教分離原則

    政教分離原則

    政教分離原則(せいきょうぶんりげんそく)とは、国家権力と宗教‐厳格に言えば「教会(宗派)」との分離を指す‐とは相互に分離されるべきであり、国家権力が宗教団体を援助・助長、又は圧迫してはならないとする原則をいう。政教分離原則をして、世俗主義ということもある。政教分離とは逆に、国家が特定の宗教を援助・助長するなどの密接な関係にある場合は政教一致(せいきょういっち)と言う。各国において、国教制度、宗教と政治勢力との歴史的経緯(一例に欧州フランス王朝の教会との癒着と極東アジアでの法であった儒教の存在など温度差がある)から政教分離の程度には濃淡が見られる。 日本国憲法においては、第20条(信教の自由)においてこの原則が規定されている。自由権としての信教の自由を間接的に保障するための制度的保障として理解される。すなわち、国が、特定の宗教を優遇したり弾圧したりすることによって、「信教の自由」を侵す事を禁止しているものと理解される。よって、万人の信教の自由を保証しうるためにこの原則が行使されず優遇されているように見えることもある。

    テーマ投稿数 61件

    参加メンバー 9人

  • ツキを呼ぶラッキーアイテム

    ツキを呼ぶラッキーアイテム

    自分で「これは運がよくなるかも!」というどんなアイテムでも結構です!映画・アクセサリー・本いろいろ!ラッキーシェアをしましょう♪

    テーマ投稿数 43件

    参加メンバー 17人

  •  音楽の世界

     音楽の世界

    音楽は宇宙の真理であり、生命の本質が現れたものだと思います。 音楽について感じたこと、考えたことを自由に投稿してください。

    テーマ投稿数 136件

    参加メンバー 17人

  • (無)意識

    (無)意識

    無意識(むいしき、独:Unterbewusstsein, das Unbewusste、英:subconscious または英:unconscious ※現在は「意識を失う(to be unconscious)」との誤解を避ける為に「subconscious」が使われるようになった)には、大きく以下の二つの意味または使用法がある。 ・「意識がない」状態。(通常の心理学や精神医学での用法) ・心のなかの「意識でない」領域。(ジークムント・フロイトが提唱した精神分析学や、カール・グスタフ・ユングが提唱した分析心理学での用法)

    テーマ投稿数 79件

    参加メンバー 15人

  • 猫にまつわる文化と民俗

    猫にまつわる文化と民俗

    歴史や文化、民俗で、ちょっとでも猫に関連や関係がありそうでしたら、気楽によせてくださいね。 猫たちの存在を、文化と民俗の中で振り返ってみませんか。 猫にまつわるこんな面白い話や、言葉があるよ、なんて話で構いません。

    テーマ投稿数 37件

    参加メンバー 4人

  • 日本の民族問題

    日本の民族問題

    日本の民族問題(にほんのみんぞくもんだい)では日本における民族政策や民族差別などに関する問題を扱う。この記事では現代の日本におけるそれらの問題の実情を歴史的背景等に言及しながら概説する。個々の問題に関してはより詳しい解説が他の項目に存在する場合がある。 モンゴロイドが大半を占める日本では、とくに近隣諸国にエスニシティの起源を持つ人々や日系人帰国者などでは容姿では見分けが付き難く顕在化しにくい傾向が強い。しかしそれらの人々に固有の文化も存在し、この文化に対する周囲の理解といった問題や、公人の人種差別・マイノリティ差別的な発言によって問題化する場合がある。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • アストロバイオロジー

    アストロバイオロジー

    #宇宙生物学では、毎日ブロッグを更新するほどネタはありません。 1. Astrobiology dot com http://www.astrobiology.com/ http://www.astrobio.net/news/ http://nai.nasa.gov/ 2. Astrobiology Universty http://astrobiology.ucla.edu/ http://depts.washington.edu/astrobio/ http://www.ifa.hawaii.edu/UHNAI/ http://astrobiology.asu.edu/ * Exobiologie en France http://www.exobio.cnrs.fr/ 3. SETI http://www.seti.org/

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 4人

  • ノスタルジア

    ノスタルジア

    原点回帰、 命のルーツ、根源 元の世界へ、帰りたい感傷

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

続きを見る

  • 【女性限定】コンタクト・悟りエンジェル

    スピリチュアルワーカーのアーラです。これまでの、私の交流会やワーク10代から70代まで『感動』を与え、涙してきた裏のスピリチュアルワークを、秘密で公開します。コンタクト・悟りエンジェル私のいろんなワークショップでは『コンタクト・悟りエンジェル・ワーク』を密かに取り入れてきました。今回、天使たちを仕切るある菩薩さまからの緊急依頼により、メルマガ配信ワークとして公開しようと思います。このセルフワークは、週に一度、しかも一ヶ月以上行っていると、アチューメントやヒーリングを超えてくるスピリチュアルセルフワークとなるでしょう。これまでのアチューメントやヒーリングでは、創始者や誰かが開発した存在たちによるものが多かったのですが、これは、自分に合ったエンジェルを呼び、自分に合ったスピリチュアルサポートに気が付かないところから...【女性限定】コンタクト・悟りエンジェル

    愛と光のきらきらエレメント☆ 愛と光のきらきらエレメント☆
    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧