TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

サンクチュアリ教会 トップ

TOP
help

続きを見る

続きを見る

  • ミッドウェー海戦

    ミッドウェー海戦

    ミッドウェー海戦(ミッドウェーかいせん, Battle of Midway, 日本側作戦名「MI作戦」)は、太平洋戦争中の昭和17年(1942年)6月5日(アメリカ標準時では6月4日)から7日にかけて行われたミッドウェー沖で行われた海戦。アメリカ海軍は航空母艦1隻に対して、日本海軍は主力航空母艦4隻とその全艦載機を喪失するという状況に至った。この結果、日本が優勢であった空母戦力は均衡し、以後は米側が圧倒していく事となる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 日独伊三国軍事同盟

    日独伊三国軍事同盟

    日独伊三国軍事同盟(にちどくいさんごくぐんじどうめい、独:Dreimächtepakt、伊:Patto tripartito、英:Three-Power Pact)とは、1940年(昭和15年)9月27日に日本(大日本帝国)、ドイツ(ナチス・ドイツ)、イタリア(イタリア王国)の間で締結された同盟条約を指す。 1936年(昭和11年)の日独防共協定、1937年の日独伊三国防共協定に引き続き、アジアにおける日本の指導的地位及びヨーロッパにおける独伊の指導的地位の相互確認、調印国いずれか一ヵ国が米国から攻撃を受ける場合に相互に援助すると取り決めがなされた。実質上、対米軍事同盟と見なされ、日本の対英、対米関係は極端に悪化した。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 5人

  • 東京大空襲

    東京大空襲

    東京大空襲(とうきょうだいくうしゅう、英語:Bombing of Tokyo in World War II)は、第二次世界大戦中アメリカ軍により行われた東京に対する一連の大規模な空襲。 東京は1944年11月14日以降に106回の空襲を受けたが「東京大空襲」と言った場合、特に規模が大きい1945年(昭和20年)3月10日に行われた空襲を指すことが多い。太平洋戦争に行われた空襲の中でも、とりわけ民間人に大きな被害を与えた空襲である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 沖縄の戦争と平和・・・基地問題

    沖縄の戦争と平和・・・基地問題

    沖縄戦(おきなわせん)は、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)、沖縄諸島に上陸した米軍と日本軍との間で行われた地上戦。これは民間人を巻き込んだ日本国内での最大規模の地上戦であり、また日米最後の大規模戦闘となった。沖縄戦は1945年3月26日から始まり、組織的な戦闘は6月23日で終了した。 アメリカ軍の作戦名はアイスバーグ作戦(英:Operation Iceberg、氷山作戦)。大規模な戦闘は沖縄島で行われた。米軍の作戦目的は本土攻略のための航空基地・補給基地の確保であり、日本軍のそれは当時想定されていた本土決戦への流れの中に位置づけられる。

    テーマ投稿数 70件

    参加メンバー 19人

  • シベリア抑留

    シベリア抑留

    シベリア抑留(シベリアよくりゅう)とは、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期にソビエト連邦軍の満州(現在の中華人民共和国東北地区および内モンゴル自治区北東部)侵攻によって生じた日本人捕虜(民間人、当時日本国籍者であった朝鮮人などを含む)を、主にシベリアやモンゴルなどに抑留し、強制労働に使役したことを指す。

    テーマ投稿数 80件

    参加メンバー 5人

  • 権利と義務

    権利と義務

    権利(けんり)とは、一般に、ある行為をなし、あるいはしないことのできる資格。法律上は、一定の利益を主張または享受することを法により認められた地位、あるいは、他人に対し一定の行為・不作為を求めることができる地位をいう。対語は義務。 各個人が有する権利とは、通常は社会などの制度との関係において、それが保障されるか否かが問われるものであることから、法治主義のもとにおいては、権利は法に基づき各個人に付与される特権として理解される。権利の一つの区分けとして人権と呼ばれるものがあり、基本的人権などの用法においては、社会や国家などの制度に先行して存在するものとして理解されることがある。 なお、より一般的な用語法として、各人が何らかの個人の見解・要求を主張できる根拠があることをして、「権利がある」という用いられ方をすることがある。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 属国

    属国

    属国(ぞっこく)とは、近代国家における主権の一部を外国により制限されている国や地域を指す。または保護国という。 封建国家の崩壊とともに誕生した領土・国民・主権を基本的概念とした国家、いわゆる近代国家間の国際関係の一形態。 日本の中世末期(戦国時代)においても、同盟関係にある勢力間で力関係に大きな差があった場合などに類似の関係が認められたが、中世は近代国家成立以前であり、各地の大名権力に基づく地域的な独立領主の勢力圏は、近代国家とは見なされないため、通常、このような関係を属国という近代的概念では言わない(織田氏と徳川氏などが好例)。また中国王朝を中心とした冊封体制も緩やかな紐帯で結ばれており、これも宗主国−属国の関係とはいえない。 現代では宗主国が形式的に占領地を独立させるが、条約で縛り政治的あるいは軍事的に支配するいわゆる傀儡国の形をとったり、国連の了解の下で信託統治の形をとる場合もある。現在の日本は軍事、経済の両面でアメリカ合衆国の強力な影響下にある為、「日本は米国の属国である」と言う認識を示す識者がいる。

    テーマ投稿数 25件

    参加メンバー 4人

  • 大和魂

    大和魂

    大和魂(やまと-だましい)は、外来の学問・知識を日本に採り入れる際に必要な判断力・能力、または情緒(もののあはれ)を理解する心などを指す用語・概念。右記に示すとおり、性格・能力・品性もしくはそうした性質そのものを指す極めて広い概念・用語である。 平安時代中期ごろから「才」「漢才」と対比的に使われはじめ、上記のような諸内容を包含するきわめてひろい概念であったが、江戸時代中期以降の国学の流れのなかで、「漢意」と対比されることが多くなり、「日本古来から伝統的に伝わる固有の精神」「万邦無比の優れた日本の精神性」「日本国家のために尽くす清い心」といった誤用がむしろ主流となっていった。この傾向は明治時代以降、ナショナリズムや民族主義の興隆とともに過剰な意味が付与されるようになり、第二次世界大戦期には軍国主義的な色彩を強く帯び、そちらの意味で使われることが主となった。そのため日本の敗戦後は、日本の文化・思想界の主潮流から追いやられている。

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 9人

  • 創価学会(池田大作)

    創価学会(池田大作)

    創価学会(そうかがっかい)とは、日蓮仏法を信仰し、広宣流布を推進する宗教法人。通称「学会」。 東京都所轄の単立宗教法人。本部は東京都新宿区信濃町。2008年3月現在の会長は原田稔。名誉会長は第3代会長の池田大作。支持政党は「公明党」。機関紙として、『聖教新聞』(日刊)、『創価新報』(月2回)などを、機関誌として、『大白蓮華』(月刊)、『グラフSGI』(月刊)などを発行。 3代目会長の池田大作は聖教新聞の一面をほぼ毎日飾る200以上の勲章を世界中の大学等から貰った勲章マニア?素晴らしく問題発言の多い・・・偉い宗教家?らしいですが世間からもネット上では賛否両論な人です。

    テーマ投稿数 243件

    参加メンバー 25人

  • 日蓮

    日蓮

    日蓮(にちれん)(1222年3月30日(貞応元年2月16日)) - (1282年11月21日(弘安5年10月13日))は、鎌倉時代の仏教の僧。法華経の題目を重んじる諸宗派が宗祖とする。死後に皇室から日蓮大菩薩(後光厳天皇、1358年)と立正大師(大正天皇、1922年)の諡号を追贈された。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 8人

続きを見る

続きを見る

  • 「成約摂理」の研究

    「家庭連合の研究」から「成約摂理の研究」に。成約摂理の真実をお伝えします。

    読者になる
  • 分水嶺に立つ私たち

    聖書で読み解く歴史と世界情勢

    読者になる
  • バレーヒルリポート

    私たちは理想的なクリスチャン家庭を目指し、ホームチャーチ運動を積極的に推進していきます。

    読者になる
  • 龍明小説 紡ぎます

    統一教会(現・家庭連合)の教祖文鮮明をモデルにした小説を書いています。ご関心のある方は どうぞごゆるり 読んでやってください。 小説のモットー 人間・文鮮明さんを消化して、卒業しよう!

    読者になる
  • 現在 過去 未来

    現在日本が抱える問題、世界が抱える問題を明らかにし、その原因を過去にまで遡り、そして未来を見据えて今何をすべきかを考えるための情報を発信します。

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)