TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

サンクチュアリ教会 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    王妃様の夢と離婚の条件◆キングスリポート4月2,3(2日分)

    王妃様の夢と離婚の条件 キングスリポート4月2,3(2日分)                                           2020年4月3日(水)キングスリポート  王妃の、真の御父様の夢 The Queen's Dream of T...

    ファンクラブ

    三代王権・サンクチュアリ教会、真の御父様に帰ろう!

    読者になる
  • 2位

    20年4月1日韓国語説教<全文>神様を背信したイスラエルの長老達◆文亨進二代王

    神様を背信したイスラエルの長老達 2020年4月1日 韓国語説教 <全文> 文亨進二代王 하나님을 배신한 이스라엘 장로들(성전교회 수요예배) 04/01/20 5:06 ~ 44:53 翻訳minion こんにちは。食口の皆さん。 全世界の韓国圏、...

    ファンクラブ

    三代王権・サンクチュアリ教会、真の御父様に帰ろう!

    読者になる
  • 3位

    武漢ウイルス世界審判を呼んだエバの約束違反◆ 2020年4月1日(水)韓国語キングスリポート 

    武漢ウイルス世界審判を呼んだエバの約束違反                                  2020年4月1日(水)韓国語キングスリポート  3時25分の約束と初不得三 *初不得三=最初失敗し三回目で成功する。転じて努力し続ければ成功する。...

    ファンクラブ

    三代王権・サンクチュアリ教会、真の御父様に帰ろう!

    読者になる
  • 4位

    韓鶴子氏が家庭連合を神様から略奪して築いている父母観と男性像女性像を崩壊させます!

    神様にとっての「真の愛の起源」そして「男性女性の性別の起源」について、すでに公開した数回前の記事を再度掲載し、復習します。及び、次回の記事においては「三次元の被造世界創造の起源」へと記事は進んでいきます。 そのような過程で、数回前からのテーマとなっている「相対的条件」につい...

    シムソン

    愛と心情-真のお父様が今伝えたいこと

    読者になる
  • 5位

    連載「韓鶴子女史自叙伝」10・検証「天宙的カナン40日路程」と「7カ国復帰」の顛末。

    天宙的カナン復帰40日路程と武漢コロナの蔓延は期を一にしている。 ●はじめに 「自叙伝」の中で韓鶴子女史は「VISION2020目標を最低7カ国復帰」と宣言している。2020年を迎えた今、7カ国復帰の目標は達成されたのだろうか。 「天宙的カナン復帰路程」にて「7カ国復帰は勝利した!」という勝利宣言は、何を基準に行われたのであろうか。 「韓鶴子女史自叙伝」を引用しながら、その謎を解明したい。 ●検証01韓鶴子女史は「7カ国復帰勝利」を宣言した。 ●自叙伝引用 ●「天宙的カナン40日路程」『2019年11月18日に始まった「天一国安着のための天宙的カナン四十日路程」は、12月28日、アメリカで「世…

    とうごまとヨナ

    「家庭連合」の研究

    読者になる
  • 6位

    こんな力は 金ヒョウナムにも洪ハルモ二にもありません。

    05 天運相續所願祈願書 元々アボジの復帰は 蕩減復帰の原理であり この金ヒョウナム的役事は免罪符と同じ お金で天国にいけると言う原理です。 1994年に桜井 石井 梶栗 の失敗により 阪神大震災で在日と日本人を殺し犠牲にして始まった 宣教と清平という 1月18日から始まっ...

    いちろうさん

    いちろうさんブログ

    読者になる
  • 7位

    WHOだけじゃない、「国連の上級幹部職」を続々と手中に収めて…「新型コロナ」から見えた中国の“野望”

    4/3(金) 17:00配信クーリエ・ジャポン WHOだけじゃない、「国連の上級幹部職」を続々と手中に収めて…「新型コロナ」から見えた中国の“野望”新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、WHOの“中国寄りの対応”を...

    愚直

    現在 過去 未来

    読者になる
  • 8位

    米の「虚偽数字公表」指摘に中国が反発

    米の「虚偽数字公表」指摘に中国が反発https://www.sankei.com/smp/world/news/200402/wor2004020018-s1.html【北京=三塚聖平】米情報機関が中国での新型コロナウイルス感染の死者数と感染者数について、中国政府が実数よりも少ない虚偽の数字を公表しているとする機密報告書を米ホワイトハウスに提出したと米ブルームバーグ通信が報じたことに対して、中国外務省の華春瑩報道官は2日の記者会見で、「自らの対応力が足りないために言い訳やスケープゴートを探すな」と米側を非難した。 華氏は、中国政府がとった一連の対応について「果断で時宜にかなった力強い措置で、中…

    ロード

    サンクチュアリアンのエッセイブログ

    読者になる
  • 9位

    段々あらわになる家庭連合主要食口のサタン性質!どんどん曝け出して解放されよう!

    敬愛する私の協力者tomy4509さんが、またまた、私への批判・批評を書いてくれました。それを読めば、家庭連合の幹部たちや主要な食口が、どのような姿勢で真理に立ち向かおうとしているかを、あぶり出してしてくれるものとなっています。ブログ奇知外記「シムソン氏の『夜昼の神様論』は...

    シムソン

    愛と心情-真のお父様が今伝えたいこと

    読者になる
  • 10位

    御父様と二代王様の「違い」と「統一」

    1.違い 一例は、昨日の記事でした。 「メシヤ」と「二代王」の違いです。 真のお父様に帰ろう!『三代王権サンクチュアリー教会』: Make China pay! 武漢コロナ被害、中国に払わせよ ◆キングスリポート3月30,31(2日分) から引用します。(翻訳・掲載に感謝申...

    堀 勇一 氏族王・久子 氏族王妃

    埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会)

    読者になる

続きを見る

  • 絵文字が嫌い

    絵文字が嫌い

    絵文字を使っている文章がとにかく嫌い、嫌悪感すら覚えるという方が対象です。 絵文字使うとなんだか文章の文学性というか、日本語そのものの持つ美しさが損なわれると思う・・・・・・そうは思いませんか? なんだか、堅苦しい雰囲気を醸し出してしまいましたが気軽に参加して下さい。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 思想

    思想

    思想(しそう 英:ideas)とは、人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えのことである。哲学や、単なる直観とは区別される。感じた事(テーマ)を基に思索し、直観で得たものを反省的に洗練して言語・言葉としてまとめること。また、まとめたもの。

    テーマ投稿数 1,623件

    参加メンバー 120人

  • 悪戯(いたずら・あくぎ)

    悪戯(いたずら・あくぎ)

    悪戯(いたずら、あくぎ、hoax, trick, funny business)とは、悪ふざけ、人を担ぐこと。人に迷惑をかけるほど度を超してふざけるたちの悪い悪戯を、特に、「悪ふざけ」という。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 18人

  • 非国民

    非国民

    非国民(ひこくみん)とは、国家体制側から見て、体制に服従しない者、体制に協力しない者を指す。 第二次世界大戦中の日本で、戦争に協力しない者、協力が不充分な者、政治を批判する者、果ては生活に不満を漏らす者にも使用され、不満を抑圧する為の各種標語が唱えられた(「贅沢は敵だ」「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」「欲しがりません勝つまでは」)。 しかし、非国民の烙印は、日本に固有のものではなく、第一次世界大戦に反対したアメリカ社会党にも貼られた。目的を目前にして、集団の団結を乱すとされる者を排除する機能と考えればいいかもしれない。 第二次世界大戦後の日本では、「非国民」の用語は半ばタブー視されていた。しかし、現在は右翼・保守派を中心に再び使われ始めている。(売国奴や反日等)逆に、体制に協力しないことを強調するため、敢えて非国民を自称する者もいる。 戦前・戦中の日本では体制に反対する者、具体的に戦争に反対する者、国家総力戦の総動員に賛同しない者を「非国民」呼ばわりし、警察や行政機関が公認する中で社会的迫害がされていた。 また、近年米国においてアメリカのアフガニスタン侵攻やイラク戦争に反対する者に対しても用いられた。しかし、イラク戦争についてはブッシュ大統領の云う“大規模戦闘の終結”後、戦争の大義を問い直したりさまざまな異論反論が噴出し、「非国民」のような声は聞かれなくなっている。 転じて、スポーツなどの国際試合で日本代表を応援しなかったり、試合自体を見なかったりなどする人を揶揄して「非国民」と呼ぶこともある。

    テーマ投稿数 77件

    参加メンバー 12人

  • 大逆罪

    大逆罪

    大逆罪(たいぎゃくざい)とは、日本において1882年に施行された旧刑法116条、および大日本帝国憲法制定後の1908年に施行された刑法73条(1947年に削除)が規定していた、天皇、皇后、皇太子等を狙って危害を加える事を指した罪名。日本以外の君主制国家では皇帝や王に叛逆し、また謀叛をくわだてた犯罪を、大逆罪と呼ぶことがある。 近代国家としての日本の統治機構の根幹として皇室制度(天皇制)を重視した大日本帝国憲法体制下の刑法典においては大逆罪を最も重大な罪の一つとした。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • 不敬罪

    不敬罪

    不敬罪(ふけいざい)とは、国王や皇帝など君主や、王族や皇族など君主の一族に対し、その名誉や尊厳を害するなど、不敬とされた行為の実行により成立する犯罪。 不敬罪は、絶対君主制など、主権者たる君主と国家の存立を同一視する体制において定められることが多い。現在では、不敬罪は、国民の自由(特に思想・良心の自由、表現の自由)を過度に制約する恐れがあるため、君主制を採用している国でも廃止・失効しているケースが大半である。イスラム圏の諸国やタイ王国は、現在も不敬罪が存在する数少ない例である。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • イスラム教

    イスラム教

    イスラム教(いすらむきょう)またはイスラーム(稀にイスラーム教)とは、唯一絶対の神(アラビア語でアッラーフ)を信仰し、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やキリスト教と同様にアブラハムの宗教の系譜に連なるとされる唯一神教で、偶像崇拝を徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。

    テーマ投稿数 93件

    参加メンバー 19人

  • 偶像崇拝

    偶像崇拝

    偶像崇拝(ぐうぞうすうはい)とは、神像、カリスマ的な人間の像、超常的な自然構造物などの偶像を崇拝する行為のこと。その行為に対する否定の気持ちが込められた表現である。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • ユダヤ教

    ユダヤ教

    ユダヤ教(ゆだやきょう)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、今日ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。唯一神教であり、キリスト教やイスラム教の起源にもなった。

    テーマ投稿数 51件

    参加メンバー 17人

  • 唯一神教

    唯一神教

    唯一神教(ゆいいつしんきょう、monotheism) は、神は唯一であるとし、その唯一なる神を崇める信仰、宗教の形態である。複数の神を認め、崇拝する多神教とは対極的な概念である。同じ一神教でも拝一神教や単一神教が他の神々の存在を認めた上で一つの神を崇めるのに対し、唯一神教においては他の宗教の神々の解釈が問題になる。一つの対応は、そのような神々は人間が想像したもので、実際には存在せず、何の意味も持たないというものである。もう一つは、神的な存在はあり、人間よりも力がある不死の存在だが、人間と同様に心や力に限界を持つというものである。そういう存在は、自らを神と称して人々に崇拝を強いることで、重大な罪を犯していると説明される。最後に神の絶対性と自宗教の絶対性を区別し、宗教多元主義への道を開く思想である。この場合他宗教と自宗教は共に1つの神を信奉しており、違いは単なる伝統に過ぎないとなる。これに付随して多神教と一神教の区分も、神という存在に対する観点の違いであり、必ずしも相互に理解不可能ではないという思想が生まれる。(神は1つでもあり、多数でもある。) アブラハムの宗教と呼ばれる一神教であるユダヤ教とそれを起源とするキリスト教、イスラム教や、ネオプラトニズムに支配的な概念とされている。 古代エジプトで紀元前14世紀に成立したアテン信仰が世界でもっとも古い唯一神教といわれ、ユダヤ教はこのアテン信仰と、一神崇拝のゾロアスター教からの影響を強く受けて成立した、という意見もある。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 5人

続きを見る

続きを見る

  • 龍明小説 紡ぎます

    統一教会(現・家庭連合)の教祖文鮮明をモデルにした小説を書いています。ご関心のある方は どうぞごゆるり 読んでやってください。 小説のモットー 人間・文鮮明さんを消化して、卒業しよう!

    読者になる
  • 現在 過去 未来

    現在日本が抱える問題、世界が抱える問題を明らかにし、その原因を過去にまで遡り、そして未来を見据えて今何をすべきかを考えるための情報を発信します。

    読者になる
  • 驕りし選民 繰り返される摂理の失敗

    サタン国家として罪深い民族と教育されてきた日本人。日本人は本当に罪深い民族なのか?イエス様を十字架に

    読者になる
  • 驕りし選民 繰り返される摂理の失敗

    サタン国家として罪深い民族と教育されてきた日本人。日本人は本当に罪深い民族なのか、それとも他に罪深い民族はいるのか?2000年前のイエス様を十字架に付けたユダヤ民族のように、最も罪深い民族とその罪を、み言と歴史的事実を元に解明していきます。

    読者になる
  • Be Natural

    真のお父様を求めて 三代王権と天一国、 牧者としの鉄のつえの王国を目指して

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧