TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

自然哲学 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    水星と天王星(落ち着いて)

    水星と天王星のスクエア今週は全国的に猛暑が続くそうですが、獅子座の太陽、牡羊座の火星という「暑い」配置もありまして暑さに拍車がかかっているようです。そこにきて、獅子座水星と牡牛座の天王星も「暑い」スクエアをつくります。コンスタンティノブル・ミディ 「

    Rurua

    水星と天王星(落ち着いて)

    読者になる
  • 2位

    日本語と英語について/Truman = True + man (発音はまったく同じ)〔一部再掲〕宇宙創成で最初に出来る図形は'円'です!/実践 私の実存主義講座 第314回

    太陽系最初の原爆の投下を命令した大統領の名前がトルーマン(Truman = True + man ?)だったと言うのはまったく偶然の出来事でしょうか? 米国の国民は数多ある名字の中からトルーマンを意識下で true man (高校出の実直な銀行家) と結びつけて副大統領に選...

    田舎のプレスリー随筆集

    日本語と英語について/Truman = True + man (発音はまったく同じ)〔一部再掲〕宇宙創成で最初に出来る図形は'円'です!/実践 私の実存主義講座 第314回

    読者になる
  • 3位

    ひたすら仕事★MPHお知らせあり★

     ひたすら仕事をしていたら気付くと月一ブログになってました~😅 お天道様にお会いする日が少ない短い夏になりそうですね~  猫様は、またたびの葉っぱを護ってい…

    anko

    ひたすら仕事★MPHお知らせあり★

    読者になる
  • 4位

    統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.1(統合失調症理解#14)(4/5)

    *短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.21 ◆野坂、衆院選で新潟3区から出馬する(出来事2) さて、今度は、もういっぽうの出来事を見ていきますね。野坂昭如が衆院選で新潟3区から田中角栄の対立候補として出馬したということでしたよね。 小林さんはその件についてこう書いていました。野坂は「本当は田中角栄が好きで、角栄とその陣営を鼓舞するために、自分を捨て駒にしたのではないか」って。 野坂が田中角栄の対立候補として出馬した。だけど、野坂と田中角栄、その両方のファンである小林さんには、野坂が田中角栄に不利益を与えようとするなんて、まったく「思いも寄らないこと」だったのではないでしょうか。小…

    Bacchus

    統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.1(統合失調症理解#14)(4/5)

    読者になる
  • 5位

    蟹座の金星(感情を超えて)

    8月8日 金星が蟹座に入りました。金星はギリシャ神話のアフロディーテですね。クロノスが父ウラノスの男根をアダマスという金属の鎌で刈り取り、大海原に投げ入れました。落ちたところから白い泡がわき立ち、その中から女神アフロディーテ(ヴィーナス)が誕生しました。

    Rurua

    蟹座の金星(感情を超えて)

    読者になる
  • 6位

    ついでに精神世界と現実についての私見を書いておきます。

    ストーリーテラー 北川らん

    北川らん

    ついでに精神世界と現実についての私見を書いておきます。

    読者になる
  • 7位

    日本語と英語について/Truman = True + man (発音はまったく同じ)〔一部再掲〕宇宙創成で最初に出来る図形は'円'です!/実践 私の実存主義講座 第314回

    太陽系最初の原爆の投下を命令した大統領の名前がトルーマン(Truman = True + man ?)だったと言うのはまったく偶然の出来事でしょうか? 米国の国民は数多ある名字の中からトルーマンを意識下で true man (高校出の実直な銀行家) と結びつけて副大統領に選...

    田舎のプレスリー随筆集

    日本語と英語について/Truman = True + man (発音はまったく同じ)〔一部再掲〕宇宙創成で最初に出来る図形は'円'です!/実践 私の実存主義講座 第314回

    読者になる

続きを見る

  • キリスト教〜宗教改革〜改革派

    キリスト教〜宗教改革〜改革派

    ルター&カルバンの宗教改革が産んだ ローマカトリックに無いものとは? キリスト者の自由〜聖書への序言 ウエストミンスター小教理問答集から

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 2人

  • 報徳思想

    報徳思想

    日本の代表的思想としての「報徳思想」の基本となった 人物が「二宮金次郎」です。 ややもすると欠落しがちな、日本人の本来あるべき姿としての道徳を解り易くひも解き、二宮金次郎とその後(やがて、農民から武士となり、名前を尊徳とした)の活躍を、知る事が日本人の魂だと思います。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • かわいい♪可愛い♪

    かわいい♪可愛い♪

    「かわいい」 物、人、動物、話・・・何でもOK♪ かわいいって、思い込みでも! みなさんの「かわいい」を教えて下さい♪

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 4人

  • 天の父と主イエスキリストへの祈り

    天の父と主イエスキリストへの祈り

    ここのトラコミュでは 祈り、また、証を中心にしたいと思っています。注ぎ出したくなる祈り、またキリストを証したいお話、そんな時どうぞここをご利用ください。あと時に主に愚痴を聞いて欲しい時、相談したくなる時もどうぞ。もう一つ詩篇や人を慰め勇気づけ信仰を奮い立たせるそのような思い御言葉もございましたら。 すべては主の益になるように。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 3人

  • みんな悩みながら生きていく

    みんな悩みながら生きていく

    悩める人はたくさんいて、頼りにしてくれる人がたくさんいます。 助けたい人もいます。 自分を助けられていないのに、皮肉なものです。 苦しい思いをしたものしか、わからないから苦しい人がやってくるのです。 ブログをやっていて、時々真面目にこんな話を書くと、コメントは絶対ありません。 でも、書かずにいられないときがあります。

    テーマ投稿数 1,073件

    参加メンバー 105人

  • 光と闇の世界

    光と闇の世界

    光と闇の世界についての考察。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 実存主義

    実存主義

    古代哲学では、ヘラクレイトスのロゴスの思想の影響下に、イデア論を構想したプラトンを批判的に継承したアリストテレスが、第二実体 (普遍者) と第一実体 (個物に対応) との区別を提唱し、これが継承される形で、中世哲学で、可能態と現実態との区別が説かれるようになった。普遍論争では、可能態の優位を主張する実念論と、現実態の優位を主張する唯名論が対立した。 近代哲学では、ヘーゲルが、理念と現実との不可分性を説いて「理性的なものは現実的であり、現実的なものは理性的であるとした。これに対抗して、神の前に立つ単独者としての、自己自身の「実存」(existenz )を問題としたキルケゴールは、実存哲学の嚆矢ともいわれる。 哲学者・思想家 パスカル シェリング キェルケゴール(表題:肖像画) シュティルナー ニーチェ シェストフ ヤスパース ハイデッガー ベルジャーエフ バタイユ サルトル ボーヴォワール メルロー=ポンティ マルセル リクール レヴィナス 小説家・劇作家 ドストエフスキー イヨネスコ カフカ カミュ ヘッセ ユンガー ベケット サガン 安部公房 大江健三郎 埴谷雄高 椎名麟三 精神科医・心理学者 ヴィクトール・フランクル

    テーマ投稿数 40件

    参加メンバー 7人

  • いつかは晴れる日が来るさ

    いつかは晴れる日が来るさ

    何でも歓迎、誰でも歓迎。 トラバもコメントもお待ちしてます。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • モチベーション、自己啓発、意識革新

    モチベーション、自己啓発、意識革新

    自己啓発、意識革新のための本、言葉、エピソードを紹介してください。 人の能力は3倍も違いませんが、意識は100倍ひらくと言われます。また、人の成長は放っておけばすぐに止まるとも言われています。自己啓発、意識革新していくために、何が必要か、何をしていけばいいのか。

    テーマ投稿数 3,432件

    参加メンバー 152人

  • 大塔宮尊雲

    大塔宮尊雲

    歴代皇室のなかでもこれだけなんども生死に直面し、庶民と苦をともにした宮は他にいないのでは。現代の歴史教育では省略されがちな大塔宮のためのサイトです。維新の志士もその意を敬った大塔宮(鎌倉宮)に由来するものは、何でもコメント、TBください。 周囲に纏わるものでも結構です。 

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)