TOPICS
  • 1位

    滝行修行は貴重な体験と一生の思い出になりました

    僕が去年の6月から8月まで約2ヶ月間、仏教のお寺で修行した体験を紹介したいと思います。思い出はたくさんあるのですが、その中でも思い出になった滝行を紹介します。…

    nao

    断酒道~仏教に学ぶ生き方~

    読者になる
  • 2位

    どうでもいいんだけど

    フトアゴLoveのみなさんの多くが頼りにしているであろう、「フトアゴヒゲトカゲマニュアル」フトアゴヒゲトカゲマニュアル大型版西村勉,福島雅典,松井佐絵,山田奈々恵,吉野雄亮もちろん儂もずいぶんと参考にさせてもらってる。この本を買って、訳者の中にある"福島雅典"っていう名前を見た時、「へ~、やっぱり同姓同名の人っているんだね~」と思った。でも、その時は特にそれ以上のことはなくそのまま終わった。そして、買ってから3ヵ月位経った頃だろうか、この本の最後にある翻訳者略歴を何気に見て、めちゃ驚いた。「"福島雅典"って、あの福島先生なのー!?あの先生こんなこともやってんのー!?」実は儂の(元)本業はこの先生と同じ分野(細かいカテゴリは違うけど)で、福島先生はこの業界では有名な方。もっとも、儂は福島先生とは違う系統(?)wな...どうでもいいんだけど

    perfectwin

    わがままZyZyの終活戯言日記

    読者になる
  • 3位

    今日もだいたい予想通り

    今日は昨日とうってかわっていいお天気だった。そして、今日もだいたい予想通りの展開。朝起きてから1時間ほどで寝床を離れ、シェルターの前へ移動。でも、昨日と違って今日の興味はどちらかというと中より外。「なあに?なにかご用?」なご様子。この後また、"出るのか出ないのかハッキリせず"を2時間半ほど繰り返し、結局お日様に惹かれて"部屋"に降臨し、"居間"でバスキングを始めた。「お日様はあるけど、お外には出られそうもないわね~・・・」なご様子。本当は昨日がコオロギの日だったんだけど、ああいう状態だったので野菜だけにして、そのかわりに今日狩らせてみたら、あっという間に4匹ペロリ。やっぱりコオロギは特別なんだね。「もうないの~?」なご様子を何度も見せたけど、あきらめがついたらしく、しばらくバスキング。そして、今日はまた3時過ぎ...今日もだいたい予想通り

    perfectwin

    わがままZyZyの終活戯言日記

    読者になる
  • 4位

    屈辱デビュー

    今年の肉用牛初セリが行われました。約400頭、ずらりと並んだ子牛たち。1番牛は、なんと139万2千円のお祝儀価格肝心の僕が育てた牛ですが、屈辱デビューとなりま…

    nao

    断酒道~仏教に学ぶ生き方~

    読者になる
  • 5位

    収入が半分になっても生きられる方法

    ☆当ブログは5周年・2013年11月30日にて完結いたしました。現在、別ブログ「創価の森通信」で記事を続けています。以下、2020年(令和2年)1月15日...

    菊川広幸

    創価の森の小さな家

    読者になる
  • 6位

    今日のぼあちゃん@20.01.20

    今日は大寒。でも、今年はヘンな天候で、今日は3月中旬の陽気だったとか。でも、いわゆる冬型の気圧配置が長続きしないから気温も高めだけど晴れも続かない。ぼあちゃん的には、気温が低くても晴れが続いた方がいいだろうな~。今日は2日続けて晴れだったせいもあったのか、昨日よりも活動量アップな感じだった。朝も比較的すぐにケージから出てきたと思ったら、すぐにグラスサーフィンを始めてベランダに出せアピール。「ハイハイ、💩ね」と思って、いつものようにネットケージをセットしてガラス戸を開けたらすぐに出て行き、予想通り💩。ここのところ、💩の頻度も物自体も結構いい状態になってきてる。ただ、前回の💩から尿酸にピンク色のものが混じっているのが少々気がかり。ちょっと前からビタミン剤を変えているので、そのせいか?とも思ったりしてるけど、真偽不明...今日のぼあちゃん@20.01.20

    perfectwin

    わがままZyZyの終活戯言日記

    読者になる
  • 7位

    霊感について

    突然ですが、みなさんは霊感ってあるでしょうか?例えば、霊が見えたり、感じたりするものですがおそらく、多くの方が全然ない、もしくは、あまりないのではないかと勝手…

    nao

    断酒道~仏教に学ぶ生き方~

    読者になる
  • 8位

    お釈迦さまが悟った内容

    昨日1月19日、山科の護国寺で 信行会を開催しました  今月のテーマは・・・ 「お釈迦さまが悟った内容」 なんとも畏れ多いテーマです でもそれが何か知りたくな…

    護国寺

    青年僧侶のシャカリキ奮闘記

    読者になる
  • 9位

    霊的向上に生き甲斐を見い出す

    自己の能力の限り、正直に、そして真摯に、ひたすら義務を果たさんとして努力する時、その当然の報いとして生き甲斐と向上が得られる。我らが敢えて向上を強調するのは、人間は「向上の中にこそ霊は真の生き甲斐を見出す」という不変の真理を見失いがちだからである。 これ

    へちま

    写真帖

    読者になる
  • 10位

    秋山範二氏の「諸悪莫作」

    秋山範二氏とは、東京帝国大学哲学科卒業後、滋賀県内の高等教育に関わりながら、道元禅師の研究をした人として知られている。主著としては、道元禅師の本格的思想研究の嚆矢とも言える『道元の研究』(岩波書店・昭和10年)が知られているが、その後も本人のラジオ講演などを活字化した『道元禅師と行』(山喜房仏書林・昭和15年)などもある。それで、最近の拙ブログはひたすら仏教に於ける戒や律のことを扱ってきているのだけれども、秋山氏が道元禅師の戒をどのように考えていたのか気になっていた。それで見たところ、たまたま先に挙げた両著に「諸悪莫作」という項目があると分かった。なお、たまたま項目名が一緒だというだけで、中身は違っている。よって、この記事は当該項目を読みながら、秋山氏が道元禅師の戒観をどのようにまとめたのかを見ておきたいと思う...秋山範二氏の「諸悪莫作」

    tenjin95

    つらつら日暮らし

    読者になる

続きを見る

  • コズミックダイアリー (13の月の暦)

    コズミックダイアリー (13の月の暦)

    自然のリズムを取り戻すための、 28日×13か月のカレンダー 「コズミック・ダイアリー」を使ってる人や、 13の月の暦に関連する記事を書いてる人は トラックバックして下さい♪

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 芥川賞受賞歴代作品レビュー

    芥川賞受賞歴代作品レビュー

    芥川龍之介賞の読書感想、書評、レビューを語ろう! 受賞作家、候補作家の一般文芸小説・ライトノベル作品 ドラマ化映画化マンガ化アニメ化舞台化などの映像化 その他、関することならなんでも。 <直近12年間の歴代リスト> 花村萬月、藤沢周、平野啓一郎、玄月、藤野千夜 町田康、松浦寿輝、青来有一、堀江敏幸、玄侑宗久 長嶋有、吉田修一、大道珠貴、吉村萬壱、金原ひとみ 綿矢りさ、モブ・ノリオ、阿部和重、中村文則、絲山秋子 伊藤たかみ、青山七恵、諏訪哲史、川上未映子、楊逸 津村記久子、磯崎憲一郎、赤染晶子

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 5人

  • 文学・哲学

    文学・哲学

    主に海外文学や哲学・思想などの書評、読書記録。

    テーマ投稿数 627件

    参加メンバー 81人

  • 聖霊(the holy spirit)の働き

    聖霊(the holy spirit)の働き

    キリスト教で言うところの聖霊の働き

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • - 毒舌・悪口・中傷 -

    - 毒舌・悪口・中傷 -

    集え、性悪トラックバック。 ブログ書くと、 決まって批判めいた文章になっちゃうなぁ〜なんて人募集。 主観な毒舌、待ってます!

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 5人

  • 英国国教会(アングリカン〜聖公会)

    英国国教会(アングリカン〜聖公会)

    イギリス政府の2001年の国勢調査によれば、キリスト教徒が71.6%、イスラム教徒が2.7%、ヒンドゥー教徒が1.0%であった。またキリスト教系の慈善団体による2007年の統計では、質問の形式は若干異なるが、キリスト教徒が53%で、1ヶ月に少なくとも1回は教会に通う人は、成人全体の15%であった。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 宗教的な対話

    宗教的な対話

    宗教者同士が語り合う未来の世界

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 3人

  • 日本の心

    日本の心

    日本の心を伝えたい。 日本の心にふれたい。 日本の文化、伝統・・・ 日本が好き♪ そんな日本をなんでもトラックバックしてください♪

    テーマ投稿数 99件

    参加メンバー 17人

  • 中国に自由を!劉暁波(りゅう・ぎょうは)

    中国に自由を!劉暁波(りゅう・ぎょうは)

    ノルウェーのノーベル賞委員会は2010年10月8日、「長年にわたり、非暴力の手法を使い、中国で人権問題で闘い続けてきた」として、中国の民主活動家で作家の劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏(54)に10年ノーベル平和賞を授与すると発表した。同委は、世界第2の経済大国となった中国が、人権問題でも国際社会で責任ある役割を果たすよう強く求めた。中国政府は劉氏への授与決定を伝える衛星放送を遮断、外務省が「賞の趣旨に反し、平和賞を冒とくする」との談話を発表するなど強く反発した。 中国の民主活動家、劉暁波さん(54)のノーベル平和賞が決まった8日夜から、中国政府は厳しい報道統制を敷いたが、ネット上では国内外の民主活動家や支持者らが歓喜の声を上げた。一方、在外の留学生らからは「中国への外圧だ」と反発も広がった。  授賞決定の直後から、中国の大手検索サイト「百度」で「劉暁波」と入力すると、「法律と政策により、検索結果を表示できません」と当局による封鎖を示すメッセージが出るようになった。しかし、民主活動家らが当局の規制をかいくぐって情報交換しているツイッターには、喝采を叫ぶ書き込みがあふれた。  ノーベル平和賞候補にも名が上がり、現在も収監されている活動家、胡佳さんの妻の曽金燕さんは「彼のため、中国の公民社会のためにうれしく思う。暁波とその他の良心犯(良心に従い、政治犯となった人々)が早く釈放されることを望む」と書き込んだ。  別の人権活動家は「電話がやまない。ふだん(政治に)ものを言わない人の間にも知らせが駆けめぐっている」と興奮を隠さなかった。ノーベル賞委員会について「中国が圧力を加えれば加えるほど、劉暁波に賞を授けようとした」「中国人が未来に進むチャンスをくれた」と、たたえる声も相次いだ。  中国民主化運動への共感が市民に息づく香港。有力紙「明報」のサイトには「(劉氏は)闘士で巨人だ」「中国人の権利への貢献と犠牲に感謝」と、授賞を歓迎する書き込みが多く寄せられた。

    テーマ投稿数 65件

    参加メンバー 15人

  • バシャール

    バシャール

    エササニ星からダリル・アンカを通して我々にメッセージを送ってくれるバシャール。ワクワクすることをやりなさい、という輝く彼のメッセージに多くの人達が影響を受けてきました。 バシャールに関連する記事を書いたら、ここにトラックバック!

    テーマ投稿数 72件

    参加メンバー 8人

続きを見る

  • 自然に畏敬の念

    西之島は東京の南約千キロにあり、最も近い小笠原諸島父島から130キロ離れた無人の孤島、2013~15年の噴火でいったん生態系は絶滅した。噴火活動で面積が拡大し活動が小康状態になったので環境省が生態調査を実施したら「ワモンゴキブリ」が大量に確認され、環境破壊を問題視する報道をNHKで最近知った。今月17日に海上保安庁が調査飛行したら噴煙が1800mまで上がっているのが確認され、搭乗した専門家は「活動は一段と活発化している。大きな爆発的噴火が起きる可能性もある」と分析。問題視された「ワモンゴキブリ」は絶滅するだろう。人間が問題視し一喜一憂する事柄に頓着せず悠久の営みをするのが天然自然、敵対行動を反省し、融和の道を探るのが人類の知恵だろう。自然に畏敬の念

    風来坊参男坊 風来坊参男坊
    読者になる
  • 2 玄沙~2

     雪峰義存と、本(モ)と法門の昆仲(コンチュウ)なり。而(シカ)も親近(シンゴン)すること師資の若し。雪峰、其の苦行を以て、呼んで頭陀(ヅダ)と為す。 一日(イチジツ)、雪峰問て曰く、「阿那箇(アナコ)か是(コレ)備頭陀(ビヅダ)。」 師、対へて曰く、「

    いかるのうた 『正法眼蔵』を読んでみます ~『現代語訳の試み』と読書ノート
    読者になる
  • 読者になる
  • 読者になる
  • すかいらーくが全店で24時間営業を廃止

    すかいらーく、24時間廃止へ営業全店で、4月までに(共同通信)1972年から24時間営業の店舗を展開していた外食大手のすかいらーくホールディングスが、ファミリーレストランの「ガスト」や「ジョナサン」など約150店で実施している24時間営業を4月までに全店で廃止すると報じられています。すかいらーくは24時間営業を今月から4月にかけて段階的に廃止し、さらに、24時間営業を取りやめる店を含め、グループの約560店舗で深夜の営業時間を短縮するそうで、営業時間短縮でピーク時に人材を集中させるとのこと。これは、従業員の働き方改革の一環ということですが、当然に人手不足ということも影響していることでしょう。なお、24時間営業の見直しはコンビニで進んでおり、外食にも本格的に広がってきたということで、とても良いことです。拙僧自身の...すかいらーくが全店で24時間営業を廃止

    tenjin95 つらつら日暮らし
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧