TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

キリスト教 福音派 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    神様塾原理勉強会始まる

        神様塾  原理勉強会スタート‼️2月から、コロナ関係で神様塾はずーとお休みでした。その間、各家庭で親が責任を持って、我が子の教育をする期間が与えられ、…

    御船ファーム

    御船ファームのブログ

    読者になる
  • 2位

    支援物資必要な方の元へ

    今日時間ある方々が天の宮に集まり会議をしました。何を必要とされるのか役場や市役所に電話をかけてみましたがまだ受け入れ体制ができてない様子。確かにそうでしょう。…

    御船ファーム

    御船ファームのブログ

    読者になる
  • 3位

    45回獅子クィーン〜ブッシュクラフト編

    今日も雨が降っています。九州豪雨は身近に感じます。 今回は、今迄備えて準備していた物を、再度見直して、実際になった時に対応出来るように授受しました。雨で濡れて…

    御船ファーム

    御船ファームのブログ

    読者になる
  • 4位

    私たちが向かう先にある

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    毎日の黙想と聖句

    読者になる
  • 5位

    熱心に読むように

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    毎日の黙想と聖句

    読者になる
  • 6位

    礼拝再開の喜びと、今までのライブ礼拝の裏事情

    こんにちは。いかがお過ごしですか?アデレード日本人教会(JCFA)です。* * * * *やっと・・・礼拝を再開することができました~今まで教会のFace...

    JCFA

    アデレード日本人教会(JCFA)にようこそ♪

    読者になる

続きを見る

  • 芸術テロ

    芸術テロ

    芸術テロ(げいじゅつ - )とは社会一般的に受け入れられない方法で、芸術家が自らの作品を発表する事。時に非合法手段に頼る事もある。多くの物は稚拙なレベルだが、中にははっと目を見張るような、正に「芸術的」と言って良い物も存在する。ユーモアとウィットに富んでおり、けしからんと思いつつも作者の遊び心にくすりと笑ってしまうものもある。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 3人

  • 教会

    教会

    我々の国籍は天国にあり〜聖書の言葉である。日本人でもなく〜クリスチャンであることは異邦人ではあるが〜国籍は〜イエスキリストと共にあり〜神の子〜親子関係にあるという意味である! 教会とは非常に意味が広く〜「クリスチャンの集まり」そのものを意味し〜建物ではない〜王国会館などという団体もある。 大聖堂(だいせいどう)とは宗教建築の種別のひとつで、通常はカテドラルの訳語として用いられている。 ノートルダムの鐘のワンシーン〜教会の中では「サンクチュアリ」を宣言し政治力の介入を許さない

    テーマ投稿数 96件

    参加メンバー 27人

  • クリスマス関連なら何でもOK!

    クリスマス関連なら何でもOK!

    クリスマス関連なら何でもOK! イルミネーションで個人的に好きなのはサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(サンタ・マリア・デル・フィオーレだいせいどう、伊:Cattedrale di Santa Maria del Fiore)は、イタリアのフィレンツェにあるキリスト教・カトリックの教会。フィレンツェの大司教座聖堂であり、ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成される。教会の名は「花の(聖母)マリア」の意。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 5人

  • 道徳や倫理

    道徳や倫理

    道徳(どうとく)や倫理(りんり) 、あるいはモラルとは、社会や共同体において習慣の中から生まれ、通用するようになった規範のことである。法律などの規則とは意味合いが異なる。社会的習慣や礼儀・作法もその範疇にあるとされ、自然発生的な教えが多く、明確な定義はない。道徳や倫理について分析し、考察をおこなう学問分野を倫理学という。 地域・時代に応じて異なり、社会的影響を受け変化する場合がある。また、多くの宗教の教えと重なる部分が多い。異なる社会や共同体では異なる倫理・道徳があると考えられているが、それらはほとんどの場合生活習慣の多様な表れであって純然と道徳の差異であるとはいえない。差別や蔑視、権力者の圧力、宗教などの洗脳による状況を引いて考える必要があり、その場合の道徳の差異は思われているほど離れているわけではないこと、ならびに人類は単種の生物であることを考えると、知られていない共通する絶対的道徳が存在するはずであり、この意味での道徳は人間の規範そのものといえる。 「道徳を守ることは、正しいのである」と広く考えられているため、政治的に利用されやすい。為政者に都合の良い教えを道徳とし、社会的な規範とすることで人民を容易に拘束できるため、封建社会などでは領民を精神面で押さえつけることに利用された。また、近代以前の社会(特に東洋)においては法律と道徳の未分化状態が長く続いていた。

    テーマ投稿数 240件

    参加メンバー 52人

  • マナー/エチケット

    マナー/エチケット

    マナーの多くの様式は、四角四面に解釈して適用するマニュアルではなく、人間が気持ちよく生活していくための知恵である。マナーは国や民族、文化、時代、宗教のさまざまな習慣によって、形式が異なる。ある国では美徳とされている事が、他の国では不快に思われることもある。例えば日本ではげっぷをすれば不快に思われるが、アラブ諸国では食後にげっぷをするのが礼儀とされている、など。他には日本では食事の際に飯椀を食卓に置いたままで食べるのは「犬食い」と呼ばれ批判されるが、韓国では逆に手で保持すると「乞食みたいで卑しい」と批判される(つまり現地では「犬食い」こそ正しい作法)、など。 「他者を気遣う」という気持ちを所作として形式化し、わかりやすくしたものが形式としてのマナーである。

    テーマ投稿数 222件

    参加メンバー 33人

  • しつけ

    しつけ

    しつけ(躾・仕付けまたは仕付)とは、人間または家畜の子供または大人が、人間社会・集団の規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるように、訓練すること。概念的には伝統的な子供への誉め方や罰し方も含む。ドイツ語では、しつけのことを、der Zuchtというが、これは人に限らず動物(家畜)の調教、訓練の意味もあり日本語のしつけと同じである。 なお裁縫(特に和裁)では、ちゃんと真っ直ぐに縫えるように、「予め目安になるような縫い取り」をしておくこと、それに沿って縫っていくことを仕付けと言う。

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 14人

  • 絵文字が嫌い

    絵文字が嫌い

    絵文字を使っている文章がとにかく嫌い、嫌悪感すら覚えるという方が対象です。 絵文字使うとなんだか文章の文学性というか、日本語そのものの持つ美しさが損なわれると思う・・・・・・そうは思いませんか? なんだか、堅苦しい雰囲気を醸し出してしまいましたが気軽に参加して下さい。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 思想

    思想

    思想(しそう 英:ideas)とは、人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えのことである。哲学や、単なる直観とは区別される。感じた事(テーマ)を基に思索し、直観で得たものを反省的に洗練して言語・言葉としてまとめること。また、まとめたもの。

    テーマ投稿数 1,633件

    参加メンバー 118人

  • 悪戯(いたずら・あくぎ)

    悪戯(いたずら・あくぎ)

    悪戯(いたずら、あくぎ、hoax, trick, funny business)とは、悪ふざけ、人を担ぐこと。人に迷惑をかけるほど度を超してふざけるたちの悪い悪戯を、特に、「悪ふざけ」という。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 17人

  • 非国民

    非国民

    非国民(ひこくみん)とは、国家体制側から見て、体制に服従しない者、体制に協力しない者を指す。 第二次世界大戦中の日本で、戦争に協力しない者、協力が不充分な者、政治を批判する者、果ては生活に不満を漏らす者にも使用され、不満を抑圧する為の各種標語が唱えられた(「贅沢は敵だ」「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」「欲しがりません勝つまでは」)。 しかし、非国民の烙印は、日本に固有のものではなく、第一次世界大戦に反対したアメリカ社会党にも貼られた。目的を目前にして、集団の団結を乱すとされる者を排除する機能と考えればいいかもしれない。 第二次世界大戦後の日本では、「非国民」の用語は半ばタブー視されていた。しかし、現在は右翼・保守派を中心に再び使われ始めている。(売国奴や反日等)逆に、体制に協力しないことを強調するため、敢えて非国民を自称する者もいる。 戦前・戦中の日本では体制に反対する者、具体的に戦争に反対する者、国家総力戦の総動員に賛同しない者を「非国民」呼ばわりし、警察や行政機関が公認する中で社会的迫害がされていた。 また、近年米国においてアメリカのアフガニスタン侵攻やイラク戦争に反対する者に対しても用いられた。しかし、イラク戦争についてはブッシュ大統領の云う“大規模戦闘の終結”後、戦争の大義を問い直したりさまざまな異論反論が噴出し、「非国民」のような声は聞かれなくなっている。 転じて、スポーツなどの国際試合で日本代表を応援しなかったり、試合自体を見なかったりなどする人を揶揄して「非国民」と呼ぶこともある。

    テーマ投稿数 77件

    参加メンバー 11人

続きを見る

  • 二種類の涙

    「涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。」詩編126篇5節「涙とともに種を蒔く」とはどういうことでしょうか。この箇所をしばしば伝道の働きに解釈して、涙ながらに苦労して伝道するならば、必ず、束を抱えるような収穫を得ると理解してきましたが、この箇所はそのようなことを言うとしているのではありません。この箇所は働きを励ますことではなく、神とのかかわりのために必要な、神のお取り扱いとしての「種蒔き」のたとえです。マタイ13章5~8節いくら種を蒔いても、生えない事もあります。イエス・キリストのたとえ話にあるように、道端に落ちて鳥に食べられてしまう種もあれば、石ころだらけの石地に蒔かれて、すぐに芽を出しても、間もなく枯れてしまったり、雑草の生い茂るところに落ちて実を結ばない種もあるでしょう。これが人生の現実かもし...二種類の涙

    読者になる
  • こんにちは

    こんな状況に!!

    天野弘昌(草加神召キリスト教会)天野弘昌牧師 天野弘昌(草加神召キリスト教会)天野牧師のブログ
    読者になる
  • こんにちは?

    

    天野弘昌(天野弘昌牧師) 天野弘昌(天野弘昌牧師)のブログ
    読者になる
  • こんにちは😃

    日本では珍しい教会牧師の日常を、徒然なるままに... ぜひご覧ください!!

    天野弘昌(草加神召キリスト教会)天野弘昌牧師 天野弘昌(草加神召キリスト教会)天野牧師のブログ
    読者になる
  • おはようございます?

    

    天野弘昌(天野弘昌牧師) 天野弘昌(天野弘昌牧師)のブログ
    読者になる

続きを見る

  • クリスチャンブログー草もちー

    特に学がないクリスチャンのブログです。 信仰に至るまでの道のりや自身の特徴であったバイセクシャルとの向き合い方も書いてます。あと普通の日記にも使います。

    読者になる
  • Misao's bible diary

    艱難期前携挙説とディスペンセーション主義、イスラエルと教会の一貫した区別、ユダヤ的字義通りの解釈は、本当に正しいのか?これらの神学の真偽以上に、自らを正しいと主張することの問題点について触れています。

    読者になる
  • エレミヤの終末ブログ

    ■このホームページは聖書に書かれている終末の預言書、すなわち黙示録、ダニエル書等の研究をするページです。具体的には、各聖書のことば、特に終末の預言に関するメッセージを多く載せています。

    読者になる
  • 杏の里教会クリスチャンのブログ

    杏の里教会のクリスチャンのブログです。

    読者になる
  • 聖書の学び

    聖書の学びのブログはクリスチャンがよりよく聖書を勉強し、聖書の中の預言を理解し、聖書物語の背後に隠れた神様の心を探求し、よりよく聖書の中の真理を理解するように手助けします。

    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)