TOPICS
  • 1位

    2019年の旅と出逢いをまとめてみました!(上)

    今年も、多くの場所に伺いました。還暦を過ぎてかなりになりますが、お蔭さまで病気一つしたことがありません。「何処でも寝ることが出来る」「なんでも食べる」が、健康の秘訣でしょうか?1月カンボジアコンポントム州「サーイアー小学校」贈呈式に村人の方々、子どもたちの笑顔に包まれて、幸せな一週間でした。同行した頂いた皆さんも、口々に旅の余韻に浸っていたようです。信仰心篤いカンボジアの人々。今度はいつ訪れることができるでしょうか?3月「法光寺女性会30周年記念コンサート」で、山田なつきさん一行を迎えるゴスペルの歌とハーモニーが、お寺の中に響きました!仏教徒とキリスト教徒が、一緒になって~魂がふるえる刻でした!!次回はどんな企画にしましょうか?落語❓それともジャズバンド⁇4月東京への出張~また布教のシーズンが到来。高い所に登る...2019年の旅と出逢いをまとめてみました!(上)

    風極の岬 えりも 法光寺住職

    風極の岬 えりも 法光寺住職の「善き人々に出逢う旅

    読者になる

続きを見る

  • 生存権

    生存権

    生存権(せいぞんけん)は、人間が人たるに値する生活に必要な一定の待遇を要求する権利。1919年の現在のドイツのヴァイマル憲法が生存権の具現化の先駆けとされる。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 紫金草

    紫金草

    平和の花、紫金草(PEACE FLOWER)について、見たこと、聞いたこと、感じたことなど。 紫金草合唱団の活動もOKです。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 1人

  • 叶えたい夢は?

    叶えたい夢は?

    。こんなふうになりたい、こんな風になったらいいなあと思っていること何でも。 大きな夢から、小さな夢まで、どんな夢についてもOkです

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 鷲宮神社

    鷲宮神社

    鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)とは埼玉県北葛飾郡鷲宮町にある神社である。関東最古の大社、お酉様の本社とされる。天穂日命とその子の武夷鳥命、および大己貴命を祭神とする。

    テーマ投稿数 285件

    参加メンバー 4人

  • チェ・ゲバラ

    チェ・ゲバラ

    チェ・ゲバラに関すること

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 13人

  • 記憶

    記憶

    記憶にかかわること

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 17人

  • フェミニズム(女性を守る)

    フェミニズム(女性を守る)

    フェミニズムについて

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 4人

  • 言霊・言挙げ

    言霊・言挙げ

    言霊(ことだま) 古来より日本では言葉に力が宿るとされました。 それは勿論ブログにも当てはまるわけです(笑) というわけで、じゃんじゃんトラックバックして どんどん言挙げ(ことあげ)していきましょう。

    テーマ投稿数 55件

    参加メンバー 7人

  • 幽霊〜スリラー

    幽霊〜スリラー

    幽霊(ゆうれい)は、日本の民間信仰の中で、ヒトが死亡して肉体が消滅した後も、この世(娑婆)に未練や恨みがあるために成仏できず、浄土にゆけない魂がそれらしき姿と声を持って、因縁ある人物の前に出現するものと言われている。 存在が科学的に確認された例は一つもないが、江戸時代以前から怪談という形で流布し、今も小説・落語・笑話・劇などフィクションの世界にはよく登場する。亡霊も参照。 7月26日は「幽霊の日」となっている。1825年7月26日に江戸の中村座という芝居小屋で「東海道四谷怪談」が初公演された事に因んでいる。 サブカルチャーにおいても、幽霊は生きている人間とは決定的に違う部分が萌え要素となる。

    テーマ投稿数 43件

    参加メンバー 15人

  • 心霊スポット

    心霊スポット

    心霊スポット(しんれいスポット)とは、幽霊や妖怪の出現地または超常現象が起こるなどの風評が存在する場所を指す俗称である。恐怖スポットや怪奇スポットとも言う。

    テーマ投稿数 72件

    参加メンバー 25人

続きを見る

  • 松の内=寒苦に震え坐る

    元旦を迎えたと思ったら、もう七日。松を下ろす夕刻です。1週間は早いですね。=大人にとって~子どもたちには、長い時間?でも楽しい時間は、子どもでも早く過ぎましょうか?!道元様は、仰っています。『末には松の時があり、竹には竹の時がある』(『正法眼蔵』有時)と。この宇宙の個々の存在には、それぞれ固有の時間が流れています。同じ時を過ごしていても、その時間の密度は、人によって違って感じられます。刻々と過ぎる時間の流れの中で、皆さんは何を思っていらっしゃいますか?「昔は良かった」というノスタルジー。それとも「将来どうなるだろう」という、漠然とした不安~過去を振り返っても、時間をとり戻すことは出来ません。未来を願っても、時間を先取りすることも出来はしないのです。私たちに出来ることは、畢竟今を見つめて生きることです。『過去を追...松の内=寒苦に震え坐る

    風極の岬 えりも 法光寺住職 風極の岬 えりも 法光寺住職の「善き人々に出逢う旅
    読者になる

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧