searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

本・感想・評論・レビュー

THEME help
本・感想・評論・レビュー
テーマ名
本・感想・評論・レビュー
テーマの詳細
日頃、読んでいる思想・哲学系(硬軟ごたまぜ…マンガ、映画、音楽、ダンス、絵画、宇宙、歴史、文学、小説、ポエム、宗教、科学、学術、芸術、ビジネス、占い、なんでもOK!)の本について語って下さい。 読書感想文・書評も歓迎です!
テーマ投稿数
18,867件
参加メンバー
1,120人
管理人
Meg管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「本・感想・評論・レビュー」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「本・感想・評論・レビュー 哲学・思想ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

本・感想・評論・レビューの記事

1件〜50件

  • クレイジー・キッチン 1巻(ヤミザワ/原作・荻原数馬)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File060
    2021/01/23 16:07
    クレイジー・キッチン 1巻(ヤミザワ/原作・荻原数馬)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File060

    漫画の新刊を探している方にご案内するコーナー。今回は12/25発売「クレイジー・キッチン」1巻(ヤミザワ/原作・荻原数馬)です。※ネタバレあり

    Luck’o

    ラックブックス

  • 週刊 読書案内 芥川仁・阿部直美「里の時間」(岩波新書)
    2021/01/23 00:51
    週刊 読書案内 芥川仁・阿部直美「里の時間」(岩波新書)

    ​​​​芥川仁(写真)・阿部直美(文)「里の時間」(岩波新書) ​​  宅配便で届いた新書版のページを開くとこんな写真がありました。 ​​ 着物を着こんだ夫人が、町内会で準備した夏祭りの舞台に見入っている

  • 【ヲタクに恋は難しい】圧倒的な面白さ!似た者同士の不器用な恋愛を描く社会人ラブコメ漫画
    2021/01/22 23:16
    【ヲタクに恋は難しい】圧倒的な面白さ!似た者同士の不器用な恋愛を描く社会人ラブコメ漫画

    この記事では累計1000万部超&2018年にアニメ化された社会人ラブコメ漫画『ヲタクの恋は難しい(ふじた/一迅社)』を実際に読んだ感想は?面白いのか?評価が気になるという人に向けて、多少のネタバレを含みながら内容を紹介しています。

    くろごま

    ゴマシェルフ

  • 【空虚成分】媛ひめる
    2021/01/22 18:42
    【空虚成分】媛ひめる

    ​​ 著者は私と同じ今年50歳になる女性。 「精神年齢は、おそらくまだ中学生だと思う」 などと後書きで書いているが、 この本を読む限り素晴らしい才能の持ち主だと思う。 ・くしゃみとルービックキューブ

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 2020年に読んだ本をまとめてみる
    2021/01/22 09:43
    2020年に読んだ本をまとめてみる

    こんにちは、たわです。 今回は振り返りということで、2020年に読んだ本を整理してみます。 だいたいブクログに登録しているはずなのですが、年の後半くらいからそれを怠っていて自分も一覧を持っていなかったのでこれを機にまとめられればと思います。 2019年はnoteに書いていたらしい。 note.com みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 日商簿記2級 光速マスターNEO 商業簿記 社会基盤マネジメント 情報化時代の都市交通計画 位置情報の基本と技術 (仕組みが見えるゼロからわかる) 地域を支える空間情報基盤 生活における地理空間情報の活用 まちを再…

    たわ

    飽き性の頭の中

  • 005.三体 [ 劉慈欣 ]
    2021/01/22 05:57
    005.三体 [ 劉慈欣 ]

    本のタイトル・作者 ​ 三体 [ 劉 慈欣 ]​ 本の目次・あらすじ 科学者たちが相次いで自殺した。 ナノマテリアル開発者の汪淼は、ある日柄の悪い警察官に連れ去られ、物々しい会議に同席させられる。 科学者た

    ノマ

    320life

  • 徳って?
    2021/01/21 23:39
    徳って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 【文学賞】2021年本屋大賞(第18回)ノミネート作品10冊はこれ!大賞発表は4月上旬です
    2021/01/21 18:27
    【文学賞】2021年本屋大賞(第18回)ノミネート作品10冊はこれ!大賞発表は4月上旬です

    さて昨日、芥川賞・直木賞の受賞作が発表されたばかりですが、2021年本屋大賞ノミネート作品10作も今日発表になりました。「推し、燃ゆ」入ってますね。うむ。昨年の第17回は凪良ゆうさんの「流浪の月」が受賞しましたが、彼女の作品もまたノミネートされています。まず10作の紹介を。表紙をクリックするとアマゾンにとべます。 伊吹有喜「犬がいた季節」 青山美智子「お探し物は図書室まで」 宇佐美りん「推し、燃ゆ」 加藤シゲアキ「オルタネート」 伊坂幸太郎「逆ソクラテス」 深緑野分「この本を盗む者は」 町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」 山本文緒「自転しながら公転する」 伊与原新「八月の銀の雪」 凪良ゆう「…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 週刊 読書案内 いしいしんじ「みさきっちょ」(アタシ社)
    2021/01/21 00:19
    週刊 読書案内 いしいしんじ「みさきっちょ」(アタシ社)

    ​​​​いしいしんじ「みさきっちょ」(アタシ社)​ ​​​ いしいしんじという、さて、何といえばいいか、小説家(?)、童話作家(?)食うことばっかいってるエッセイスト(?)、しかしまあ、「麦ふみクーツェ」

  • 創造性を発揮するには?
    2021/01/20 23:25
    創造性を発揮するには?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 【文学賞】第164回芥川賞・直木賞(令和2年下半期)受賞作決定!芥川賞は宇佐美りんさん「推し、燃ゆ」、直木賞は西條奈加さん「心淋し川」!
    2021/01/20 17:50
    【文学賞】第164回芥川賞・直木賞(令和2年下半期)受賞作決定!芥川賞は宇佐美りんさん「推し、燃ゆ」、直木賞は西條奈加さん「心淋し川」!

    推し、燃ゆ posted with ヨメレバ 宇佐見 りん 河出書房新社 2020年09月11日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す 楽天koboで探す Amazonで探す Kindleで探す 決まりましたぁ!芥川賞は宇佐美りんさん「推し、燃ゆ」!よかった、よかった。パチパチパチ!これは既読で本当にもうスゴイですよ。21歳でこんなの書くとは!もう1冊、木崎みつ子さんの「コンジュジ」、川上未映子さんが激賞していたのでW受賞を期待してたのですがこちらは残念でした。 【他の芥川賞候補】 ◯尾崎世界観「母影」(新潮12月号)1/29日発売予定 ◯木崎みつ子「コンジュジ」(発売中) ◯砂川文次…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 知覚の地図XVII あの懐かしいジェノバのゴムホースのぶつ切り
    2021/01/20 12:05
  • 004.ひと [ 小野寺史宜 ]
    2021/01/20 06:14
    004.ひと [ 小野寺史宜 ]

    本のタイトル・作者 ​ ひと [ 小野寺史宜 ]​ 本の目次・あらすじ 17才の時、料理人だった父が死んだ。飛び出してきた猫を避けて。 20才の時、母が死んだ。家の布団のなかで、突然死だった。 鳥取から東京の大

    ノマ

    320life

  • 食と時の共有の大切さを思う、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』を読んで
    2021/01/20 00:37
    食と時の共有の大切さを思う、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』を読んで

     1月9日、山際寿一著、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』を読み終えました。京都大学の学風に、アフリカでのゴリラ研究、アフリカの人々との交流やゴリラの生...

    なおこ

    イタリア写真草子 - Fotoblog da Perugia

  • 大局観って?
    2021/01/19 23:19
    大局観って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 橙色 (48)
    2021/01/19 21:54
    橙色 (48)

    キノコ採集は、軽く雨が降った日の翌日、晴れの日に行くことが多い。森や林に入るとまだ地面が湿っており、植物や腐葉土の香りを乗せた湿度のある空気が流れ、見上げれば、木々の合間から青空が見える、そのような日は気分も乗るものである。しかし、そのような日に限ってよく出くわすものがある。濡れた水苔や下草の上を移動する橙色の伸び縮みする枝のような物、初めて見た時は、一瞬、地球外生物かと思ったほどであった。 それは、ヤツワクガビル(八輪陸蛭:Orobdella octonaria Oka)である。ヤツワクガビルは、主にミミズ等を捕食する陸生のヒルの1つであるが、両側及び腹面が鮮やかな橙色、背面中央が濃緑色とい…

    遠固人

    遠固人

  • 【クプルムの花嫁】寡黙な鎚起銅器職人と天真爛漫な金髪ギャルの婚約を描く漫画
    2021/01/19 18:17
    【クプルムの花嫁】寡黙な鎚起銅器職人と天真爛漫な金髪ギャルの婚約を描く漫画

    この記事では狼少年は今日も嘘を重ねるの作者が描く職人×ギャルの恋愛漫画『クプルムの花嫁(namo/エンターブレイン)』を実際に読んだ感想は?面白いのか?評価が気になるという人に向けて、多少のネタバレを含みながら内容を紹介しています。

    くろごま

    ゴマシェルフ

  • トーマス・マンは芸術を擁護したわけではない
    2021/01/19 08:09
    トーマス・マンは芸術を擁護したわけではない

    遅ればせながらトーマス・マンの『トニオ・クレーゲル』を読んだ。解説であった、理性・感性などの二項対立を矛盾のまま生きるというマンに関する解説は間違っていないが、ちょっとズレる気がする。マンは、感性に対して理性を称揚したのではない。さらには、現実に対して芸術を擁護したわけでもない。今の言葉で言い換えると、トニオ・クレーゲルは、非リア充(芸術家)であるが、彼は別にリア充に憧れているわけではないし、リア...

    三浦純平

    評論家・雑誌「暫-ZAN-」編集長、三浦純平ブログ

  • 週刊 読書案内 「橋本治最後の挨拶」(文藝別冊・KAWADEムック)
    2021/01/19 01:09
    週刊 読書案内 「橋本治最後の挨拶」(文藝別冊・KAWADEムック)

    ​​​​​「橋本治最後の挨拶」追悼総特集「橋本治」(文藝別冊・KAWADEムック) ​​​  作家の橋本治が亡くなって2回目の1月29日がやって来ます。2020年の3月25日に書き始めました。新コロちゃん騒ぎに火が付き、「愚

  • 週刊 マンガ便 灰田高鴻「SWINGIN’DORAGON&TIGERBOOGIE スインギン・ドラゴン・タイガー・ブギ」(MORNING・KC)
    2021/01/19 01:09
    週刊 マンガ便 灰田高鴻「SWINGIN’DORAGON&TIGERBOOGIE スインギン・ドラゴン・タイガー・ブギ」(MORNING・KC)

    ​​灰田高鴻「スインギン・ドラゴン・タイガー・ブギ(1)」(MORNING・KC)​ ​ ゆかいな仲間のヤサイクンがいつも届けてくれるマンガ便ですが、2021年の初荷に入っていたのがこのマンガです。  灰田高鴻「S

  • No.976【日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化】
    2021/01/19 00:04
    No.976【日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化】

    評価:55点/作者:神田由築/ジャンル:歴史/出版:2009年   『日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化』は、山川出版社の日本史シリーズである、「日本史…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 悪って?
    2021/01/18 22:25
    悪って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • ブッ飛んでるネタが満載 『衛府の七忍』(1~9)
    2021/01/18 15:34
    ブッ飛んでるネタが満載 『衛府の七忍』(1~9)

     いろんな娯楽要素が強引に(良い意味で)混ぜ合わさってる、伝奇的にして時代劇的なバトルマンガ。 9巻まで読みました。 舞台は江戸時代初期。 国家権力に虐げられてきた“まつろわぬ民”の怨念が生んだ「怨身忍者=鬼」と呼ばれる忍者たちと、権力に逆

    天竺堂

    天竺堂の本棚

  • 003.恐ろしくきれいな爆弾 [ 越智月子 ]
    2021/01/18 06:13
    003.恐ろしくきれいな爆弾 [ 越智月子 ]

    本のタイトル・作者 ​ 恐ろしくきれいな爆弾 [ 越智 月子 ]​ 本の目次・あらすじ 46歳の若さで、「輝け!女性活躍担当大臣」に任命された福永乙子。 凛とした雰囲気で周囲を魅了していく彼女は、いったい何者

    ノマ

    320life

  • 週刊 マンガ便 勝田文「風太郎不戦日記(1)」(MORNING KC)
    2021/01/17 00:12
    週刊 マンガ便 勝田文「風太郎不戦日記(1)」(MORNING KC)

    ​​勝田文「風太郎不戦日記(1)」(MORNING KC) ​ ​ 2021年、1月3日。ヤサイ君のマンガ便、初荷ですね、届きました。入っていたのがこの作品、「風太郎不戦日記(1)」(講談社)でした。​ ​​​​ 驚きました

  • 上に立つ者の心がまえって?
    2021/01/15 22:20
    上に立つ者の心がまえって?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 【書評】山本文緒「自転しながら公転する」-仕事も親の看病も恋愛も。女32歳、このグチャグチャに未来はあるのか?
    2021/01/15 11:27
    【書評】山本文緒「自転しながら公転する」-仕事も親の看病も恋愛も。女32歳、このグチャグチャに未来はあるのか?

    自転しながら公転する posted with ヨメレバ 山本 文緒 新潮社 2020年09月28日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す 楽天koboで探す Amazonで探す Kindleで探す プロローグとエピローグは書き下ろし、という「初出」の記述に驚いた。この2つがなくても物語は成立する。しかし、これがあることで見える景色がまるで違うのだ。プロローグを終えて1章を読み始めると、この話はプロローグに向かっての物語であることが分かる。読者である僕たちはそれを意識しながら読み進めて行くのだ。そして、エピローグ。ううむ、なんとも巧みな構成!やはりこの2つは不可欠だ。 と書いたが、この小…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 週刊 読書案内 鶴見俊輔座談「学ぶとは何だろうか」(晶文社)
    2021/01/15 10:31
    週刊 読書案内 鶴見俊輔座談「学ぶとは何だろうか」(晶文社)

    ​​​水木しげる・鶴見俊輔対談「ユートピアはどこに」                 (「学ぶとは何だろうか」晶文社)​ ​ ​​「この世界の片隅で」​​というマンガを読んでいて、主人公の「すずさん」に​​​

  • おススメの本、ヤマザキマリ著『たちどまって考える』
    2021/01/15 10:24
  • 002.希望病棟 [ 垣谷美雨 ]
    2021/01/15 06:09
    002.希望病棟 [ 垣谷美雨 ]

    本のタイトル・作者 ​ 希望病棟 [ 垣谷 美雨 ]​ 本の目次・あらすじ 新しく病院にやって来た29歳の医師・黒田摩周湖。 「何を考えているのか分からない」と評され、医師や看護師、患者からの評判はすこぶる

    ノマ

    320life

  • 音路1.人生の旅路 ~ 音楽の旅路
    2021/01/14 23:36
    音路1.人生の旅路 ~ 音楽の旅路

    成人の日。アート・ガーファンクルの「Traveling boy(青春の旅路)」。サイモン&ガーファンクル。人生の旅路。定年退職は停車駅。終着駅とさよなら。元服…

  • 邪馬台国って?
    2021/01/14 22:46
    邪馬台国って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 【シャドーハウス】第87話 視察
    2021/01/14 10:18
    【シャドーハウス】第87話 視察

    セダンチェアに乗って、子ども達の棟にやってきたエドワード。 星付きが見守る中、視察スタートです。 事情を知らな … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 食生活と健康って?
    2021/01/13 23:21
    食生活と健康って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 【怪物メイドの華麗なるお仕事】魔界のメイドさんが悪者を成敗するアクション漫画
    2021/01/13 22:21
    【怪物メイドの華麗なるお仕事】魔界のメイドさんが悪者を成敗するアクション漫画

    この記事では魔界のメイドさんが大活躍するアクション漫画『怪物メイドの華麗なるお仕事(田辺ゆがた/角川書店)』を実際に読んだ感想は?面白いのか?評価が気になるという人に向けて、多少のネタバレを含みながら内容を紹介しています。

    くろごま

    ゴマシェルフ

  • 【呪術廻戦】第134話 渋谷事変51
    2021/01/13 09:58
    【呪術廻戦】第134話 渋谷事変51

    呪霊操術・極ノ番「うずまき」について語るニセ夏油。 「今は待つ」と自分に言い聞かせて聞いている体を装う虎杖です … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 週刊 マンガ便 こうの史代「この世界の片隅に(上・中・下)」(双葉社)
    2021/01/13 02:05
    週刊 マンガ便 こうの史代「この世界の片隅に(上・中・下)」(双葉社)

    ​​​こうの史代「この世界の片隅に(上・中・下)」(双葉社)  2020年も終わろうとしていますが、今思えば、コロナ騒ぎが最初の頂点を迎え、政治家のインチキが、あっちでもこっちでも露呈しはじめた2020年の4

  • 【ここちいい毎日】石田ゆり子
    2021/01/12 15:02
    【ここちいい毎日】石田ゆり子

    ​​ 2003年に発行された古い本です。 今から17年前の本ですね。 石田ゆり子という女優が30代を迎え 美容、健康、ファッション、暮らしなど その当時感じていたことを本に残しています。 若かりし頃のショ

    SUMIKO

    ハーブと一緒に私のスマートライフ

  • 【往生際の意味を知れ!】第25話 京都行き新幹線
    2021/01/12 10:35
    【往生際の意味を知れ!】第25話 京都行き新幹線

    それぞれの思惑を秘めながら、京都の伊根に向かう市松・八幡・榊田・日下部美智の四人。 新幹線の中で仲良くトランプ … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 週刊 読書案内 辻征夫「突然の別れの日に」(「辻征夫詩集」岩波文庫)
    2021/01/12 00:53
    週刊 読書案内 辻征夫「突然の別れの日に」(「辻征夫詩集」岩波文庫)

    ​​​​​​​​​辻征夫「突然の別れの日に」(「辻征夫詩集」岩波文庫)​​​ ​ 突然の別れの日に 知らない子が うちにきて 玄関にたっている ははが出てきて いいまごろまでどこで遊んでいたのかと 叱っている

  • No.975【日本史リブレット 79~史料としての猫絵】
    2021/01/12 00:47
    No.975【日本史リブレット 79~史料としての猫絵】

    評価:55点/作者:藤原重雄/ジャンル:歴史/出版:2014年  『日本史リブレット 79~史料としての猫絵』は、山川出版社の日本史シリーズである、「日本史リ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 大いなる発想って?
    2021/01/11 22:12
    大いなる発想って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 日本喜劇の可能性を見せる 映画『やじきた道中 てれすこ』レビュー
    2021/01/11 18:47
    日本喜劇の可能性を見せる 映画『やじきた道中 てれすこ』レビュー

    2007年公開、『学校の怪談』シリーズを担当した平山秀幸監督作品である。------------「弥次喜多」ものの古典的な笑いに、純粋な演技力を組み合わせたらこのような傑作が生み出される。本作は、演者の力が映画の可否を左右するのにこれほどまで重要なのだということを再確認させてくれる。中村勘三郎・柄本明・小泉今日子の三人は言うまでもないことだが、特筆すべきは、藤山直美。時間で言えば、5分程度にも満たない登場で、物語...

    三浦純平

    評論家・雑誌「暫-ZAN-」編集長、三浦純平ブログ

  • 2020年3月16~27日◆力み(前編)
    2021/01/11 15:10
    2020年3月16~27日◆力み(前編)

    水谷譲を前に大風呂敷を広げながらいろんなことを語っている。 人生について語ったり、奇怪な事件について語ったり、漢字の大元について語ったりと毎日忙しくお話をしているが。 年齢と共に武田も傾向と対策が変わって。 最近、傾向と対策を変えたのは「自分にちょっとでもひっかったらそのことについて考えよう」と。 「ひっかかりがない」というのは絵空事になってしまうから。 自分が問題意識を持った、今の(番組冒頭の「街の声」の)青年の言った通り。 自分が「これは」と思う「ひっかかりを感じたら」という。 正直に我が身から問題を『(今朝の)三枚おろし』のネタを紡ぎ出したということで。 忘れもしない..

    ひと

    今日、喰ったもの。あったこと。

  • 2020年3月16~27日◆力み(後編)
    2021/01/11 15:09
    2020年3月16~27日◆力み(後編)

    これの続きです。 老いてからの「力み」というものをまな板の上に載せている。 これは先週お話したように武田先生は本当にゴルフが下手。 もう「何十年やってるんだ」「なんで下手なんだ」と。 それでいろいろ考えていくうちに「もうゴルフ辞めようか」「合気道に進もう」。 合気道を趣味にしたら、何とゴルフも合気道も同じ欠点を指摘されるという。 それは何かというと「力み」。 肩に力が入る、腕に力が入る。 その「力み」が武田先生を下手にくくりつけているんだ、と。 この「力み」がどこから来たんだ?ということを一生懸命探していて、見つけた本が からだの無意識の治癒力 ?身体は不調を治す力を知..

    ひと

    今日、喰ったもの。あったこと。

  • 【キングダム】第666話 闇の淵
    2021/01/11 13:23
    【キングダム】第666話 闇の淵

    飛信隊に来た理由を明かした礼。 でも、羌瘣は気が付いていた様子。 祭で何があったのか聞こうとした羌瘣でしたが、 … <p class=

    読書好き

    本に夢中

  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!保坂和志「猫がこなくなった」が気になる!「Number」最新号はまたまた将棋特集!!(2021.1/3週)
    2021/01/11 11:39
    【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!保坂和志「猫がこなくなった」が気になる!「Number」最新号はまたまた将棋特集!!(2021.1/3週)

    猫がこなくなった posted with ヨメレバ 保坂 和志 文藝春秋 2021年01月14日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す では出る本、保坂和志「猫がこなくなった」(1/14)出ます。猫好きの保坂さん、猫小説かと思ったらこれは9つの話を収録した短編集。もちろん表題作他、猫小説もいくつか収録されているようです。詳しくは、アマゾンの紹介を。 猫好きの友人の高平君がうちに来て、涙ながらにいなくなった猫の話をはじめた、聞けば聞くほど私が外で世話していたキャシーそっくりだった。ついに1ヵ月経ったところで高平君は、迷い猫のポスターを貼りだした。そ…

    オクー

    また、本の話をしてる

  • 【ゆるキャン11巻ネタバレ注意】笑いあり!飯テロあり!エモさ全開の大井川キャンプ後編が描かれる
    2021/01/11 10:20
    【ゆるキャン11巻ネタバレ注意】笑いあり!飯テロあり!エモさ全開の大井川キャンプ後編が描かれる

    この記事では2021年より2期アニメが放送されているアウトドア漫画『ゆるキャン△11巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。10巻ではなでしこの友達・綾乃とリンちゃんがツーリングする展開となりましたけれど、ゆるキャン11巻ではソロを満喫し

    くろごま

    ゴマシェルフ

  • 2020年に読んだ本255冊まとめ/ベスト10冊
    2021/01/11 05:13
    2020年に読んだ本255冊まとめ/ベスト10冊

    2020年の読書記録 インプットするばかりじゃなく、アウトプットするために読んだ本についてレビューを書こう、と決めたのが2019年の終わりごろ。 2020年は、255冊の本を読んで、そのすべてについて書くことが出来

    ノマ

    320life

  • 週刊 読書案内 大岡昇平「成城だより」(文藝春秋社)
    2021/01/11 01:52
    週刊 読書案内 大岡昇平「成城だより」(文藝春秋社)

    ​​100days100bookcovers no41 41日目 ​大岡昇平「成城だより」(文藝春秋社)​  ERIKOさんが紹介された本の著者、出久根達郎という名前を見て、ぼくの中では、次に来るのは、もう「月島」しかありませんでし

カテゴリー一覧
商用