searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

地理

THEME help
地理
テーマ名
地理
テーマの詳細
地図を観る事から,観て思う事,考える事.そして使う事. 自分の住んでいる街や故郷の風景や文化から国々の文化文明まで.街や集落のつくりから,歴史や経済に政治,そして環境と幅広く,身近な処から地球規模な処迄,幅広く扱う事が出来る科学「地理」. 学校で一般的に知られる西洋地理学だけでなく風水の様な東洋地理学も. 色んな視点で見て考える事の出来る「地理」を楽しんでみませんか. 更に,空間とは何ぞや?場所とは何ぞや?と言った哲学的な事も.
テーマ投稿数
723件
参加メンバー
70人
管理人
明治工学管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「地理」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「地理 哲学・思想ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

地理の記事

1件〜50件

  • 無視される『京都駅』どうして私鉄はJR京都駅無視するの?
    2021/04/07 09:32
    無視される『京都駅』どうして私鉄はJR京都駅無視するの?

    こんにちは。旅人サイファです。 今回は古都・京都の鉄道のお話。 現在、京都市内には全部で7本の私鉄鉄道が走っています。 近鉄線、阪急線、京阪線、市営地下鉄、叡山電鉄、京福電鉄(嵐電)、嵯峨野鉄道 遠方から京都へ観光に行かれる方は、皆さんJR京都駅からスタートする方がほとんどかと思いますが… JR京都駅から電車で移動しようとする時…違和感を覚えることはありませんか? 我々関東に居住している人間の感覚からすると、非常に強く感じる違和感。 あれ…。京都駅から阪急線に乗れないの?京阪線に乗れないの? そうなんです。 先に挙げた7本の私鉄のうち、JR京都駅と接続しているのは、近鉄線と市営地下鉄のたった2…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【江島道】馬喰橋の景観に変化がありました
    2021/04/06 23:11
    【江島道】馬喰橋の景観に変化がありました

    このブログで「江島道見取絵図」に沿って現状との照合を試みたのは2013〜2014年のことでした。その後も「江の島道印石」の移設等の変化が認められた際に改めて記事を追加してきました。これらの記事についてはまとめの記事からアクセスできる様にリンクを集めてあります。馬喰橋の上流側(再掲)(ストリートビュー)2014年撮影のもの今回ふとした切っ掛けで江島道途上の「馬喰橋(うまくらばし)」付近のストリートビューを参照した...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 千里浜なぎさドライブウェイ…消滅!?
    2021/03/10 13:55
    千里浜なぎさドライブウェイ…消滅!?

    こんにちは!旅人サイファです。 ちょっとびっくりのニュースでした…!石川県の観光名所『千里浜なぎさドライブウェイ』が消滅!? 国内で唯一、車で走行できる砂浜である羽咋市と宝達志水町の「千里浜なぎさドライブウェイ」の一部が数百㍍にわたり、波による浸食で21日までに消えた。全線約8キロのドライブウェイは昨年12月13日から不通となっており、復旧のめどは立っていない。#北國新聞 pic.twitter.com/rXFce3JpDx— manabu (@manabu16) 2021年2月21日 manabu on Twitter: "国内で唯一、車で走行できる砂浜である羽咋市と宝達志水町の「千里浜なぎ…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • スチルフリート「日本の風景と装束」中の小田原付近の写真:メトロポリタン美術館コレクションから
    2021/02/23 12:42
    スチルフリート「日本の風景と装束」中の小田原付近の写真:メトロポリタン美術館コレクションから

    「写真集」扉ページ(再掲)前々回に紹介した、アメリカのメトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)のデジタルコレクションに収録されているスチルフリートの「日本の風景と装束(Views and Costumes of Japan)」という写真集(以下「写真集」、以下の「写真集」の写真は何れもメトロポリタン美術館のコレクションサイトのもの。)から、今回は次の3枚の写真について色々と考えを巡らせてみたいと思います。※メト...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 3つの海峡を越える新幹線計画、鳴門海峡大橋の下に残る鉄道空間!
    2021/02/21 18:56
    3つの海峡を越える新幹線計画、鳴門海峡大橋の下に残る鉄道空間!

    こんにちは!旅人サイファです! 今回は全国各地を結ぶ夢の超特急・新幹線のお話です。 現在、日本国内には7本の新幹線が走っています。 JR北海道 北海道新幹線 JR東日本 東北新幹線 上越新幹線 ※秋田新幹線、山形新幹線はミニ新幹線←厳密に言えば在来線特急 JR東海 東海道新幹線 JR西日本 北陸新幹線 ※東京-上越妙高間はJR東日本管轄 山陽新幹線 JR九州 九州新幹線 現在はさらに、北海道新幹線の札幌延伸、北陸新幹線の新大阪延伸、九州新幹線西ルートの建設と、より一層充実するであろう日本の新幹線網。 旅行好きからするとワクワクする状況ですよね! しかし…上記リストからも分かるように、1ヶ所だけ…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】第10話 国道46号線〜50号線
    2021/02/13 09:37
    【旧一級国道をめぐる】第10話 国道46号線〜50号線

    こんにちは!旅人サイファです! 本日はシリーズ【旧一級国道をめぐる】の第10回! 今回は国道46号線〜50号線をお送りします! この46~50号線は東北~関東を東西につなぐ路線が並びます。国道46号線盛岡市国道4号線交点(盛岡南IC入口)~秋田市国道7号線交点(臨海十字路) 総延長101.8km 経由する県は2県(岩手、秋田) 起源は秋田街道。北東北の二大都市盛岡と秋田を繋ぐ重要路線。 奥羽山脈を越えるため急こう配、急カーブが連続する。 かつては国道105号線。 ほかの路線と同じく1963年に一級国道に昇格した際に国道46号線の指定を受ける。 大仙市で国道13号線に合流した後は重複区間として秋…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】第9話 国道41号線〜45号線
    2021/02/11 14:17
    【旧一級国道をめぐる】第9話 国道41号線〜45号線

    こんにちは!旅人サイファです! 本日はシリーズ【旧一級国道をめぐる】の第9回! 今回は国道41号線〜45号線をお送りします! 前回の記事でもお伝えした通り…そもそも最初に一級国道として指定された道路は国道1~40号線までの40本だけです。 これ以降の41~58号線は、2次指定3次指定を受けて、これまで二級国道であった道路のうち、国内交通で重要なものをピックアップして昇格させたもの! 国道41号線 名古屋市中心部~富山市中心部 総延長250.4km 経由する県は3県(愛知、岐阜、富山) 起源は飛騨街道。太平洋側から岐阜県飛騨地方を貫いて日本海へ抜ける、日本の南北を結ぶ重要路線のひとつ。 特に飛騨…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 地図のはなし
    2021/01/29 10:04
    地図のはなし

    今日は地図について書こうと思います。 地図の昭文社 昭文社発行の日本地図帳 日本地図帳のいいところ グーグルマップの不満点 美しい日本地図帳 地図に残る蛍光ペン 昔の地図は貴重 地図の昭文社 ja.wikipedia.org 昭文社と言えば地図や旅行ガイドブックで有名な出版社です。自転車乗りやバイク乗りはツーリングマップでお世話になった人も多いかと思います。 私も1980年代後半から90年代にかけて、チャリダーだった時にコンパクトなA6判のツーリングマップを愛用していました。スマホは無い時代ですので紙の地図は必須でした。 ツーリングマップは路面の状況や風景の情報などもあって、イメージが膨らむん…

    まーきち

    まーきちのお気楽生活

  • 日下部金兵衛の写真:NY公共図書館デジタルコレクションから
    2021/01/25 18:24
    日下部金兵衛の写真:NY公共図書館デジタルコレクションから

    前回はメトロポリタン美術館のコレクションの所蔵するスチルフリートの「日本の風景と装束」に収録されている写真を何点か取り上げて検討を施しました。今回も海外のデジタルコレクションから明治期の写真を何点か取り上げてみたいと思います。今回は「ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)」のデジタルコレクションから、日下部金兵衛の写真を何点か取り上げます。※「New York Public Library」は日本語版Wikipedia...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • なんでいきなり環状7号線?環状1号線~6号線ってあるの?都内の環状線の不思議【旧一級国道をめぐる番外編】
    2021/01/19 01:27
    なんでいきなり環状7号線?環状1号線~6号線ってあるの?都内の環状線の不思議【旧一級国道をめぐる番外編】

    こんにちは!旅人サイファです! 今回は国道シリーズの番外編第3弾! 都内の環状○号線の不思議についての記事です。国道ではありませんけどね(笑) 都内近郊にお住まいの方には『かんなな』『かんぱち』の略称でお馴染みの『環状7号線』『環状8号線』。 『環7(かんなな)』『環8(かんぱち)』は良く耳にしますが…『環6(かんろく)』や『環3(かんさん)』果ては『環1(かんいち)』なんて言葉はほとんど耳にしません。 ですが!あまり知られていませんが、都内には『環状1~6号線』も、きちんと存在しているのです! 通称「環七」・「環八」通りはよく耳にしますが、「環一」から「環六」も存在することをご存知ですか?一…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】第8話 国道36号線〜40号線
    2021/01/16 21:45
    【旧一級国道をめぐる】第8話 国道36号線〜40号線

    こんにちは!旅人サイファです! 本日はシリーズ【旧一級国道をめぐる】の第8回! 今回は国道36号線〜40号線をお送りします! なお、この国道36号線〜40号線は全て北海道内の国道です!ここで紹介する5本は全て、国道5号線→国道12号線の二本の国道から発生しています。国道36号線 札幌市中心部~室蘭市中心部 総延長133.7km 経由する県は1道(北海道のみで完結) 起源は北海道開拓時代の『鹿道』と呼ばれた狩猟の道。 その後、北海道開拓史に招かれたアメリカの農務局長官「ホーレス・ケプロン」の献策により日本初の西洋式馬車道として整備され『札幌本道』と定められた。 札幌↔️千歳間は、最高速度75km…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • スチルフリート「日本の風景と装束」から:メトロポリタン美術館コレクションから
    2020/12/29 13:52
    スチルフリート「日本の風景と装束」から:メトロポリタン美術館コレクションから

    最近は主に海外の美術館や博物館で、パブリック・ドメインになっている絵画や写真について、逐一許可を求めなくても自分のブログなどで利用出来る運用としている所が増えてきました。アメリカのメトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)もその様な美術館の1つで、ここにも日本の美術や写真などが多数コレクションされています。その様な絵画や写真の中に、私の関心領域に重なるものがないかを捜していて、スチルフ...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 群馬県民の魂!上毛かるたとは何か!?
    2020/12/10 23:02
    群馬県民の魂!上毛かるたとは何か!?

    こんにちは!旅人サイファです! 今回は旧国名シリーズから、旧上野国・現群馬県のお話をお送りします。 皆さん、ご友人に群馬県民の方がいらっしゃいませんか? もしもいらっしゃったら… 「鶴舞う形の?」 と聞いてみてください。 恐らくそのご友人が真性の群馬県民でしたら…瞬間にこう回答が帰って来るはずです。 「群馬県っ!!!」…と。 これ、実は群馬県の郷土を唄った『上毛かるた』のひとつ。 この『上毛かるた』は、以前、旧信濃国(現長野県)の記事でも書いた、『県歌・信濃の国』と同じような存在です。 長野県民がほぼ全員『県歌・信濃の国』を歌えるのと同じように、群馬で生まれ育った県民はほぼ全員が『上毛かるた(…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】第7話 国道31号線〜35号線
    2020/12/03 16:16
    【旧一級国道をめぐる】第7話 国道31号線〜35号線

    こんにちは!旅人サイファです! 本日はシリーズ【旧一級国道をめぐる】の第7回! 今回は国道31号線〜35号線をお送りします! 国道31号線 広島県海田〜呉 総延長35.5km 経由する県は1県(広島県内のみで完結) 起源は戦前海軍の根拠地のひとつであった軍港・呉へ繋がる軍用道路。 旧一級国道の中でもスタートもゴールも県庁所在地でないという珍しい国道。 なおかつ、終点も他の旧一級国道に接続しないという二重に特殊な国道でもある。 まさに海軍基地・呉へ行くためだけの国道。 軍用道路がルーツのため道幅は広く取られ、非常に走りやすい道路になっている。 総延長35.5kmと旧一級国道の中では4番目の短さ。…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 「たかね日記」(稲葉正通)における「矢倉沢の蛤石」
    2020/11/30 18:07
    「たかね日記」(稲葉正通)における「矢倉沢の蛤石」

    以前、春日局から稲葉正則に送られた書状に記された「雲雀」について分析を披露しました。その際に「御殿場市史 第4巻 近世史料編」に掲載された史料を引用しました。神奈川県在住の私にとって神奈川県外の市町村史を読む機会はあまりなく、この機にと他の史料も探していたところ、稲葉正通(まさみち)の著した「たかね日記」(以下「日記」)という紀行文が掲載されているのを見つけました。今回は、この「日記」に記録された「...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 【旧一級国道をめぐる】第6話 国道26号線〜30号線
    2020/11/30 13:46
    【旧一級国道をめぐる】第6話 国道26号線〜30号線

    こんにちは!旅人サイファです! 本日はシリーズ【旧一級国道をめぐる】の第6回! 今回は国道26号線〜30号線をお送りします! 国道26号線 大阪梅田新道〜和歌山市県庁前 総延長70.5km 経由する県は2府県(大阪、和歌山) 起源は紀州街道。 大阪から和歌山へ行くことに特化した国道。 起点の大阪梅田新道は国道1号、2号、25号、26号の決接点。 旧一級国道が4本集まる交差点はここを含めてごくわずか。 梅田からなんば、堺、岸和田と大阪府南部の主要都市を繋ぎながら大阪湾沿いに和歌山県内へ入る。 終点の和歌山市県庁前交差点も国道24号、26号、42号と3本の旧一級国道の終点でもある。 大阪南部、特に…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】番外編その2 捨てられた中山道
    2020/11/17 19:08
    【旧一級国道をめぐる】番外編その2 捨てられた中山道

    こんにちは!旅人サイファです! ここまで【旧一級国道をめぐる】のシリーズご愛読ありがとうございます! 今回は国道1~25号線までの番外編として『中山道(なかせんどう)』の悲哀をお届けします。 さて!突然ですが問題です! 問1「東海道は現在の国道何号線ですか?」 これはここまでの連載を読んで下さった方には簡単ですね! 正解は「国道1号線」です! では続いて! 問2「甲州街道は現在の国道何号線ですか?」 これも簡単ですね!正解は「国道20号線」です。 それでは第三問! 問3「中山道は現在の国道何号線ですか?」 …皆さん回答できますか? …中山道。 古代五畿七道のひとつで、当時の正式名称は『東山道』…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 「地理院地図」で「水域図」を作ってみました
    2020/11/02 19:38
    「地理院地図」で「水域図」を作ってみました

    前回お伝えした通り、これまでの記事で使ってきた「Yahoo!地図」を「地理院地図」や「Googleマップ」などの別の地図サービスへと置き換える作業を続けています。半分ほど置き換えを終了しましたが、「水域図」については代わりのサービスでは思った様に図示したいものを表現できない点にもどかしさを感じていました。東海道戸塚宿と柏尾川の位置関係(「【旧東海道】その6 戸塚宿周辺の道と柏尾川水系【武相国境】(その2)」に...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 【旧一級国道をめぐる】第5話 国道21号線〜25号線
    2020/10/27 12:29
    【旧一級国道をめぐる】第5話 国道21号線〜25号線

    こんにちは!旅人サイファです! 本日はシリーズ【旧一級国道をめぐる】の第5回! 今回は国道21号線〜25号線をお送りします! まずは前回のラストに出した問題の答え合わせ! 国道1~20号線までで通過していない県は、5つ。 その5つ全て答えよ!という問題でした。 正解はこちらー! 奈良県 和歌山県 高知県 長崎県 沖縄県 これら残り5県にたどり着くのは、いったい国道何号線か? 続編お楽しみにー! 国道21号線 岐阜県瑞浪市(山野内交差点)〜滋賀県米原市(米原警察署前交差点) 総延長113.9km 経由する県は2県(岐阜、滋賀) 起源は旧東山道(中山道)を構成する一部分。古代から続くかなり古い道。…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】第4話 国道16号線~20号線
    2020/10/23 13:23
    【旧一級国道をめぐる】第4話 国道16号線~20号線

    こんにちは!旅人サイファです! 今回も、シリーズ【旧一級国道をめぐる】第4話! 国道16号線~20号線をお届けします! ここまで沿岸部の国道がメインでしたが、ここから内陸部、北関東・甲信越エリアの国道も出てきますよー。 国道16号線 横浜市中心部(高島町)を起点&終点とする環状国道 総延長348.4㎞ 経由する県は4都県(神奈川、東京、埼玉、千葉) 東京近郊をぐるっと結ぶ環状道路。 起点と終点が同一な完全な環状になっている国道はこの16号線と名古屋の302号線の2本のみ。 東京都心から、およそ半径30~40㎞の円を描く。 横浜、相模原、町田、八王子、川越、さいたま市、春日部、野田、柏、千葉、市…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】番外編 3つの京浜の謎
    2020/10/21 11:09
    【旧一級国道をめぐる】番外編 3つの京浜の謎

    こんにちは!旅人サイファです! 今回は国道シリーズの番外編! 【3つの京浜道路の謎を追う!】をお届けします。 皆さん、特に東京から川崎、横浜周辺にお住まいの方は、『第一国道』や『イチコク』、『第一京浜』『第二京浜』という言葉を聞いたことがあると思います。 ふんふん。 『第一国道』なんだから『国道1号線』のことでしょ? 当たり前じゃんか。 …そう思われる方も多いと思います。 ですが、実はそれは大間違い! 『第一国道』『第一京浜』とは『国道15号線』の別名なのです。 それでは『第二国道』『第二京浜』とは? 実はこれこそ『国道1号線』の別名! さらにさらに。 『第三京浜道路』なんていう道路も存在しま…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】第3話 国道11号線~15号線
    2020/10/16 16:08
    【旧一級国道をめぐる】第3話 国道11号線~15号線

    こんにちは!旅人サイファです! 今回も、シリーズ【旧一級国道をめぐる】第3話!国道11号線~15号線をお届けします! ついに国道の旅も2桁国道へ! 国道11号線 徳島市かちどき橋南~松山市市役所前 総延長260.3㎞ 経由する県は3県(徳島、香川、愛媛) 起源は讃岐街道、志度街道など、北四国を縦断する主要道。 徳島、鳴門、高松、丸亀、川之江(四国中央)、新居浜、松山と、北四国の主要な都市を通過する、四国の大動脈。 北四国3県の主要部を走り抜ける路線のため、四国の人口のおよそ半数がこの路線沿線に生活している。 徳島→香川にかけては高松自動車道と、香川→愛媛にかけては松山自動車道と並走する。 また…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】第2話 国道6~10号線
    2020/10/13 14:43
    【旧一級国道をめぐる】第2話 国道6~10号線

    こんにちは!旅人サイファです! 今回の記事はこちら!【旧一級国道をめぐる】第二回です。 初回の第一回は、国道1号線~5号線を取り扱いました。 今回はその続編!国道6号線~10号線をお届けします! 国道6号線 東京日本橋~仙台市苦竹 総延長410.9㎞ 経由する県は5都県(東京、千葉、茨城、福島、宮城) 起源は江戸から水戸へ向かう水戸街道と、水戸から奥州へ抜ける磐城街道、磐城相馬街道。総称して『陸前浜街道』とも呼ばれる。 宮城県岩沼で国道4号線に合流。 江戸時代には、混み合う奥州街道(現在の国道4号線)を避け、参勤交代で使用する東北の大名も多かったと言われる。 常陸(茨城県)と陸奥(福島県)の境…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 【旧一級国道をめぐる】第1話 国道1号線~5号線
    2020/10/10 15:47
    【旧一級国道をめぐる】第1話 国道1号線~5号線

    こんにちは!旅人サイファです! 今回は、先日序章を書いた…こちらのシリーズ! 【国道中の国道!旧一級国道をめぐる】をお届けします! 普段、何気なく走っている国道。ただ単純に『大きな道路』という訳ではないのです! 序章で述べたように、国道にもランク付けがあり、日本の交通を司る重要な国道を一級国道と…かつて呼称していました。 (※現在は撤廃されています) 今回は、国道の中でも飛び抜けたエリート! 1桁国道についてまとめます! 国道1号線 東京日本橋~大阪梅田新道 総延長760.9㎞(第4位) 経由する県は8都府県(東京、神奈川、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪) 起源は、奈良時代に整備された七道…

    旅人サイファ

    旅人サイファのお出かけブログ

  • 「相州大山信仰の底流」(川島 敏郎)に掲載された道中記・紀行文
    2020/09/28 22:19
    「相州大山信仰の底流」(川島 敏郎)に掲載された道中記・紀行文

    江戸時代の相模国内の様子を書いた道中記や紀行文をまとめて掲載した書籍は、なかなか新しい物を見つけることが出来ませんが、そうした中で少し違う方向性の書物の中に6編の道中記や紀行文を掲載したものを見つけました。「相州大山信仰の底流」川島 敏郎著 2016年 山川出版社(以下「底流」、引用は同書より)著者は神奈川県の県立高校の教諭を勤める傍ら、大山信仰の歴史についての研究を重ね、その後伊勢原市文化財保護審議...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 2020夏至伊勢行(3)鏡宮神社の虎石と瀧原宮の木登り蛙
    2020/08/19 09:47
    2020夏至伊勢行(3)鏡宮神社の虎石と瀧原宮の木登り蛙

    2020夏至伊勢行(2)大潮に神前岬の潜島へ初参拝 ←(承前)  いつもの伊勢行では、おおよそ未明から夕方までビッシリ予定を入れているところ、今回はノンビリ巡…

    マルデン

    日々のさまよい

  • 2020夏至伊勢行(2)大潮に神前岬の潜島へ初参拝
    2020/08/11 05:47
    2020夏至伊勢行(2)大潮に神前岬の潜島へ初参拝

    2020夏至伊勢行(1)二見浦の朝陽と夕陽 ←(承前)  二見浦で素晴らしい夏至のご来光を遙拝させて頂いた後、二見→外宮→月夜見宮→倭姫宮→月讀宮→猿田彦神社…

    マルデン

    日々のさまよい

  • パワースポット サン · ユゼックのメンヒル
    2020/08/11 01:30
    パワースポット サン · ユゼックのメンヒル

    サン · ユゼックのキリスト教化されたメンヒル。ブルターニュ地方には、あらゆる場所に巨石が点在しています。直立型のものを『 Menhir (メニール) 』日本語で メンヒル、テーブル状のものを『 Dolmen (ドルメン) 』といいます。

    Kan

    フランスの癒し タラソテラピー&ライフ

  • 小学生~高校生対象の地理の図鑑!『日本の地理 近畿地方』ポプラディア プラス 日本の地理シリーズ
    2020/07/31 05:33
    小学生~高校生対象の地理の図鑑!『日本の地理 近畿地方』ポプラディア プラス 日本の地理シリーズ

    2020年に出版されたばかりの図鑑ようなシリーズ本 基本データも見やすく掲載、しっかり学習できる 新指導要領に対応~防災コーナーも 旅をしている気分で楽しめるお気に入りのページ 各市町村ガイドも充実! 【近畿地方】コーナーもグラフや図、写真でわかりやすく比較 詳しい地図もしっかり掲載 都道府県どうしを比較する資料も充実 ポプラ社のポプラディア プラスシリーズ 「日本の地理」は全部で7巻。お住いの地域のものをぜひ! 「世界の国々」・「人物」・「仕事」のシリーズ 世界の小学校や暮らしの本も「現地取材!世界のくらし」シリーズ 2020年に出版されたばかりの図鑑ようなシリーズ本 2020年4月第一刷の…

    モッピー

    知らなかった!日記

  • 2020年6月17日 ho散歩
    2020/07/05 15:06
    2020年6月17日 ho散歩

    2020年6月17日ho散歩2020年6月17日ho散歩

    HO

    一体全体

  • 帝国書院のDOOR「208の国と地域がわかる国際理解地図」【年中娘】
    2020/07/03 12:49
    帝国書院のDOOR「208の国と地域がわかる国際理解地図」【年中娘】

    寝る前に、漢字の音読1分、英語の自力読み1分、日本語の絵本1冊の読み聞かせをするようになりました。(最近です。続くといいのですが) それにプラスして絵本を1冊ゆっくり二人で見ています。 帝国書院といえば地図帳などの社会科用教材が有名ですが、とっても素敵な絵本があります。ただ1冊3,080円と高いので、誕生日プレゼントにもらいました。 全5冊の1冊目アジア編を読んでいます。 208の国と地域がわかる国際理解地図 ①アジア DOOR 208の国と地域がわかる国際理解地図 1 /地図情報センタ- posted with カエレバ 楽天市場 Amazon Yahooショッピング 1つの国を見開き1ペー…

    ずぼら母

    ずぼら母の育児メモ 〜2023年中学受験&幼児教育〜

  • 中央構造線北川露頭 (長野県大鹿村) 大断層の露出
    2020/06/24 22:44
    中央構造線北川露頭 (長野県大鹿村) 大断層の露出

    九州から関東を貫く大断層である中央構造線が地表に露出している箇所が大鹿村にあります。写真の画面に向かって左側が内帯(日本海側)、右側の黒っぽくなっている方が内帯(太平洋側)で構造線で地質が変わります。日本列島の誕生にもかかわる場所?にいると思うとロマンも感じるかな(^^;現地の露頭は風化などで状態がよくないのですが、きれいにして剥ぎ取った標本が大鹿村中央構造線博物館に展示してあるそうです。専用の駐車場から北川露頭へは徒歩3分ぐらい。現地への道路は冬季通行止めや工事などで通行止めも多いので事前に交通状況をしらべて行くことをお勧めします。中央構造線北川露頭(長野県大鹿村)大断層の露出

    てるみんこふ

    おでかけたいむす

  • 春日局から稲葉正則宛の書状に見られる「雲雀」を巡って:「綾瀬市史」より
    2020/04/11 09:02
    春日局から稲葉正則宛の書状に見られる「雲雀」を巡って:「綾瀬市史」より

    今回は、以前取り上げた「雲雀(ひばり)」に関連して、「綾瀬市史」に掲載されている1通の書状に登場する「雲雀」(及び「鮎」)を題材にします。春日局麟祥院所蔵の肖像画(パブリック・ドメイン,Wikimedia Commons)稲葉正則稲葉神社所蔵の肖像画(パブリック・ドメイン,Wikimedia Commons)書状の差出人は春日局(かすがのつぼね)(以下「局」)、受取人は稲葉正則(まさのり)(以下「正則」)で、この書状は正則の子孫の家に伝え...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 「高座郡沿岸の初茸と松露について:「新編相模国風土記稿」から」補足:2つの日記から
    2019/12/07 16:55
    「高座郡沿岸の初茸と松露について:「新編相模国風土記稿」から」補足:2つの日記から

    松露、上は2つに裂いた状態(CC 表示-継承 2.5, via Wikimedia Commons)先日来、小川泰堂の「四歳日録」を取り上げて来ましたが、今回はその中に現れる、地元の産物である「松露」について書かれた箇所を見ていきます。更に、藤沢宿近傍に在住していた別の人物による日記にも松露の名が見出されたため、今回はこれも併せて取り上げます。何れも以前の「新編相模国風土記稿」で紹介された松露についての記事の補足という位置付け...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 石切劔箭神社上之社から辻子谷水車郷〜生駒縦走2
    2019/11/03 08:48
    石切劔箭神社上之社から辻子谷水車郷〜生駒縦走2

     左に赤く見えているのが現在地。ここからようやく、今回の生駒縦走が始まります。    弘法大師空海と四国八十八ヵ寺ご本尊の石仏。正確に数えていませんから、これ…

    マルデン

    日々のさまよい

  • 山本橋の橋銭徴収に関する神奈川県権令の意見伺い:「神奈川県史料」より
    2019/10/24 11:15
    山本橋の橋銭徴収に関する神奈川県権令の意見伺い:「神奈川県史料」より

    このところ、「石上の渡し(山本橋)」絡みの記事が多くなってしまっていますが、今回で取り敢えずひと区切りの予定です。もうひとつ、山本橋への架け替えについて考える上で重要と思われる史料を紹介します。この史料は「神奈川県史料」(1965年 神奈川県立図書館 刊)に掲載されているものです。これは「かながわの歴史文献55」(リンク先は「神奈川デジタルアーカイブ」上で公開されているPDFの目次ページ)によれば明治政府の...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 麒麟麦酒発祥の地を巡りながら横浜山手の湧水を探訪する(最終回):キリン公園/打越の霊泉
    2019/10/16 08:50
    麒麟麦酒発祥の地を巡りながら横浜山手の湧水を探訪する(最終回):キリン公園/打越の霊泉

    前回の「外国人居留地の面影を探しながら横浜山手の湧水を探訪する(2)」では、湧水を探しながら、「ジェラールの水屋敷」、山手の洋館、北方小学校にあるビール井戸まで行きました。今回は「横浜山手の湧水を探訪する」シリーズの最終回として、さらに探索を進めていきます。★★★ ★★★(キリン園公園)北方小学校から南に歩いていくと「キリン園公園」があります。ここには「麒麟麦酒開源記念碑」と書かれた驚くほど大きな石碑...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

  • 石切駅から石切劔箭神社上之社〜生駒縦走1
    2019/09/29 08:18
    石切駅から石切劔箭神社上之社〜生駒縦走1

    2017年の2月、一度は生駒山を縦走してみようとなり、行ってきました。 生駒山は南北に長い生駒山地の主峰で、大阪府と奈良県の境界に聳える標高642mの低山では…

    マルデン

    日々のさまよい

  • 「ルートラボ」終了対応:中原街道のルートに手を入れました
    2019/09/28 10:54
    「ルートラボ」終了対応:中原街道のルートに手を入れました

    先日の「LatLongLab」の終了発表以来、「ルートラボ」で作成したルート図を「地理院地図」で作成した地図に差し替える作業を少しずつ進めています。「ルートラボ」では表現出来なかった複数ルートの表示や、「明治期の低湿地」や「陰翳起伏図」等との合成など、差し替えに際して多少情報を追加した地図もありますが、「ルートラボ」終了までの時間が限られていることもあり、基本的には作成したルート自体には手を加えることなくそ...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 小川泰堂「四歳日録」の地名表記の問題:石神(石上)、鵠沼(くゝいぬま)
    2019/08/18 19:19
    小川泰堂「四歳日録」の地名表記の問題:石神(石上)、鵠沼(くゝいぬま)

    前回の記事で、小川泰堂の「四歳日録」(以下「日記」)中に記録された、「石上の渡し」の「山本橋」への切り替えの経緯について、課題と思われる点を幾つか挙げました。その際に泰堂の地名の表記についても挙げようと考えたのですが、文量が多くなりそうなのと、「石上の渡し」の話題からはやや逸れることから、前回の話題からは外しました。今回はこの地名表記の問題に関してまとめてみたいと思います。まず、「日記」の該当箇所...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 石上の渡し→山本橋の記録:小川泰堂「四歳日録」より
    2019/07/03 21:06
    石上の渡し→山本橋の記録:小川泰堂「四歳日録」より

    前々回の記事と前回の記事で、石上の渡しにまつわる私の過去の記事を再掲しました。その際、石上の渡しや山本橋についてはその後新たな情報を得ていないということを書いたのですが、その直後に別件で分析を始めた資料の中で、偶然石上の渡しから山本橋に切り替えられた頃の記録を見つけました。今回はその記録についてまとめることにしました。今回調査している資料はこちらです。藤沢市史料集(二十二) 小川泰堂「四歳日録」(...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 【過去記事再掲】石上の渡しについて(その2)
    2019/06/08 20:10
    【過去記事再掲】石上の渡しについて(その2)

    前回に引き続き、今回も閉鎖した以前のブログから、「石上の渡し」について私なりに調べてまとめた記事を再掲します。2011年に5回に分けて公開したもののうち、残りの2回です。当時はGoogleブックスで検索してヒットした文献へのリンクを含んでいましたが、今回確認したところ表示出来なくなっていたため、その箇所は書き改めています。石上の渡しについてはこの記事以降に得た情報が乏しく、現在も当時と私の見解が殆ど変わって...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 多様な宗教施設がある内神田の西側を散策(2):聖書考古学資料館/カトリック神田教会/救世軍/チベット仏教普及会
    2019/06/04 08:38
    多様な宗教施設がある内神田の西側を散策(2):聖書考古学資料館/カトリック神田教会/救世軍/チベット仏教普及会

    前回の「多様な宗教施設がある内神田の西側を散策(1)」では、儒教(湯島聖堂)、ロシア正教(ニコライ聖堂)、神道(太田姫稲荷神社)の各宗教施設を訪れました。今回もさらに異なる宗派の宗教施設を見ていきたいと思います。その前に、お腹が空いてきたので明治大学の学生食堂でお昼を食べてみましょう。★★★ ★★★(明治大学の学生食堂)明大通りに明治大学の「リバティー・タワー」がありますが(下の写真)、この「リバティー・タ...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

  • 【過去記事再掲】石上の渡しについて(その1)
    2019/05/17 20:44
    【過去記事再掲】石上の渡しについて(その1)

    前回の記事を受けて「神奈川県植物誌」の引用をまとめて掲載する予定でしたが、まだ全然作業が進まないまま1ヶ月が過ぎてしまいました。間を繋ぐため、今回は私が閉鎖したブログで公開していた過去の記事を再掲することにしました。江島道の途上にあった「石上の渡し」について、私なりに調べたものをまとめたものです。「地誌のはざまに」で江島道を一通り取り上げた際には、この時の記事の中から一部をダイジェストしました。そ...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 孫文・魯迅が暮らしたチャイナタウン神田神保町を散策(1):漢陽楼/揚子江菜館/維新號/咸亨酒店
    2019/04/21 17:39
    孫文・魯迅が暮らしたチャイナタウン神田神保町を散策(1):漢陽楼/揚子江菜館/維新號/咸亨酒店

    日本でチャイナタウンといえば、日本三大中華街と言われる、横浜の中華街・神戸の南京町・長崎の長崎新地中華街を思い浮かべると思いますが(下の写真は横浜中華街春節時の風景)、 かつて神田神保町は、ピーク時には約1万人の清国・中国留学生が暮らす大きなチャイナタウンでした。現在の横浜中華街の中国人人口は約6000人ですので(Wikipediaによる)、当時の神田神保町チャイナタウンがいかに大きかったかが分かりま...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

  • 戸越銀座散策(1):安倍総理の訪問/銀座の赤レンガ
    2019/04/02 20:34
    戸越銀座散策(1):安倍総理の訪問/銀座の赤レンガ

    本年(平成31年(2019年))2月2日(土曜)に安倍総理が、キャッシュレス決済をアピールするため品川区にある戸越銀座を訪れました。この視察については、新聞や週刊誌で報道されましたが、首相官邸のホームページでも掲載されました(下の写真)。 (出典:首相官邸ホームページ)戸越銀座は歴史的・地形的な視点から見ると興味深いだけでなく、その商店街はテレビでもよく紹介されているところでもあります。今回は...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

  • 松浦武四郎「東海道山すじ日記」から(その2補足)
    2019/03/30 11:09
    松浦武四郎「東海道山すじ日記」から(その2補足)

    昨年の5月の「その1」から11月の「まとめ」まで、松浦武四郎の「東海道山すじ日記」(以下「日記」)の神奈川県域内の区間について、私なりの分析を試みました。その際には冨山房から出版された武四郎の紀行集(吉田武三編、1975 & 77年)に依拠しており、他の翻刻や影印には当たることは出来ませんでした。特に「その2」では「窪田」と表記されている地名が「荏田」の誤記または翻刻ミスではないかと書きましたが、影印を見て...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 【図録紹介】「絵図でめぐる川崎—失われた景観をさぐる」(川崎市市民ミュージアム)
    2019/01/18 20:57
    【図録紹介】「絵図でめぐる川崎—失われた景観をさぐる」(川崎市市民ミュージアム)

    前回、平塚市博物館で2017年に催された特別展「ひらつかの村絵図を読む」(以下「ひらつか」)の図録を紹介しました。その中で、神奈川県内の村絵図類をまとめた出版物の一例として、川崎市の「絵図でめぐる川崎-失われた景観をさぐる-」(2010年、以下「川崎」)を挙げました。このブログでは主に江戸時代の相模国域のことを取り上げて来ているため、武蔵国(主に橘樹郡)に属していた川崎市域を取り上げる機会は多くありません...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • 【図録紹介】「ひらつかの村絵図を読む」(平塚市博物館)
    2018/12/20 01:31
    【図録紹介】「ひらつかの村絵図を読む」(平塚市博物館)

    今年も相変わらず思う様に活動出来ない中、最寄りの図書館で入手出来る資料の範囲で記事を書いてきました。県内各地の博物館などで興味深い催し物が色々と行われていることは折に触れて情報を得ていましたが、何れも出掛けることは叶わずにいます。そうした中で、昨年秋に平塚市博物館 で興味深い特別展が催されていたことを、つい最近になって知りました。2017年度秋期特別展 ひらつかの村絵図を読む(2017年10月21日〜12月17日...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • https://study-road.com/2018/12/06/geography2/
    2018/12/06 20:06
    https://study-road.com/2018/12/06/geography2/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    いと

    東大に0.1点差で落ちた理系早大生のブログ

カテゴリー一覧
商用