searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

世界観、価値観

THEME help
世界観、価値観
テーマ名
世界観、価値観
テーマの詳細
あなたの世界観や価値観を教えてください。 世界観や価値観についての意見記事なども募集します。
テーマ投稿数
1,771件
参加メンバー
163人
管理人
まこっちゃ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「世界観、価値観」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「世界観、価値観 哲学・思想ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

世界観、価値観の記事

1件〜50件

  • 母の好物だった柿
    2020/10/14 18:15
    母の好物だった柿

     今年も柿が店頭に並ぶ季節になりました。柿は母の好物でした。毎年1つだけは買うことにしています。 私は無宗教です。仏壇などはありません。ただ母の遺影と位牌だけはあり、2階の部屋の隅にある大きなテーブルにシーツを敷き、その上に置いています。いかにも殺風景

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 「政治の季節」は、なぜ、終わったのか?
    2020/10/13 01:31
    「政治の季節」は、なぜ、終わったのか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 進研セミ
    2020/10/10 23:34
    進研セミ

    わざわざ書いた記憶はないが、僕には二つ年下の弟がいる。そして弟には二才になるのをもったいぶったチビっ子がいて、そのチビっ子が僕には甥っ子となる。丸々と白い、白玉くん。白玉くんの登場は、スター不在だった我が一族に旋風を巻き起こした。その愛くるしさのあまり、

    カカシ

    カカシの名乗るほどではありません。

  • ネタバレOK
    2020/10/10 10:56
    ネタバレOK

     どんな性格もあり得ると思っている私ですが、それでも思いがけない性格が現れたときは驚きますし、面白くも感じます。 先日のNHKの「所さん!大変ですよ」でそういう出会いがありました。 それは「ネタバレ」OK、「サプライズ」NGという最近の若者の性格です

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 人であることをやめる
    2020/10/04 14:10
    人であることをやめる

     トランプ大統領がコロナに感染したというニュースを受けて、ツイッターに大統領の死を望む投稿が大量に現れたそうです。  投稿したのはアメリカの反大統領派が中心でしょうが、どんなに意見が違い、嫌いな相手でも、たとえ悪人だと思われても、その人の苦痛や死を願って

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 人間性は進歩しない
    2020/09/26 14:28
    人間性は進歩しない

     人類はどんどん進歩して、やがて地上に天国のような世の中が出来ると信じる人たちがいます。宗教系の人が多いようですが。なおその天国には善人しか住んでいないようです。  一方私は、少なくとも人間性に限れば、人類は永久に変わらないと思っています。人間性はお釈迦

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 「反戦フォーク」から「四畳半フォーク」へ
    2020/09/20 10:55
    「反戦フォーク」から「四畳半フォーク」へ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • ときには比べてもいい
    2020/09/14 16:14
    ときには比べてもいい

     「人と比べてはいけません」 これは人生相談の回答としてよく出てきます。それどころか、今や常識となりつつあるような気さえします。私もそう言ったり書いたりしたことがあると思います。 全然別の人間なのに、人のことをうらやましがったり、劣等感を抱いたりして

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 無理に褒めない
    2020/09/06 23:08
    無理に褒めない

     「褒めるのは意外と難しい」「責任をもって褒める」の続きです。  褒めることの大切さが認められるにつれて、学校でも職場でも褒める「練習」をするところまで出てきているようです。 例えば、学校で二人一組になり、お互いに観察して、最後にその日のいいところを

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 安倍首相の病気に対して
    2020/08/31 10:15
    安倍首相の病気に対して

     病気は、誰にとっても等しくつらいものです。善人でも悪人でも、自分が好きな人でも嫌いな人でも。 もし病人が悪人や自分の嫌いな人だったら、病気になったのを批判したり、あざ笑ったりしますか。そうしてもかまわないと思いますか。 安倍首相の激烈な批判者でも、

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 苦労は大事だけれど
    2020/08/30 15:34
    苦労は大事だけれど

     苦労は大事だというのは常識になっています。「若い頃の苦労は買ってでもせよ」という格言もあります。苦労してきた人に対しては、世間も温かいです。苦労してきたから、信頼するという傾向もあるようです。 逆に「あの人は苦労してないからダメだ」という批判はよく聞

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • がん検診後の心境
    2020/08/28 11:30
    がん検診後の心境

     「精密検査を受けてもらいます」の続きです。 検診の結果を知らされても、普段とほぼ同じように過ごしました。気持ちは比較的安定していました。食事も睡眠も特に問題ありません。これは小心な自分としては上出来でした。 ただ陽性だったのですから、7月20日の精

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 広く認めたい
    2020/08/26 17:40
    広く認めたい

     時々人生指南の本が出版されますが、「~するな」「~してはいけない」という内容のものをけっこう見かけます。本だけでなく、ネット上でも同様です。例えば、「愚痴を言うな」という主張です。愚痴はもう何度も取り上げましたが。 このようなある行為を完全に否定する

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 「フォークソング」が歌われた時代
    2020/08/24 15:17
    「フォークソング」が歌われた時代

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 私は甘ちゃん
    2020/08/19 19:15
    私は甘ちゃん

     安倍首相の体調不良説がささやかれています。新型コロナのせいもあって、長期間休みをとれず、疲れがたまっているとのこと。 私、安倍さんは、政治家としてはまあまあ評価しています。しかし、失礼ながら個人的にはどうも好きになれないんですね。(ちなみに、小泉さん

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 波瑠さんと京香さん ∞ 文字の神様とたいわする
    2020/08/16 16:48
    波瑠さんと京香さん ∞ 文字の神様とたいわする

    続編開始万歳!!の『未解決の女』☆彡スペシャルが放送されたときにもしかしたらシリーズ化!?と内心そわそわしながらしばし待つ・・・波瑠さんと京香さんのおふたりを…

    ゆずりは

    楪蒼朋 流浪の民

  • 打ち込めるものがなくても
    2020/08/15 15:17
    打ち込めるものがなくても

     10代の頃、友人が勉強・スポーツ・芸術などに生き生きと打ち込んでいるのに対して、自分には打ち込めるものがないと焦りや劣等感を感じることがあるかもしれません。私もかつてそういう声を直接聞いたことがあります。しかし、結論から言いますと、焦ったりする必要はあ

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 自伝的創愛記〈15〉 教育は政治的、と気づいた日々
    2020/08/11 12:40
    自伝的創愛記〈15〉 教育は政治的、と気づいた日々

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 親は選べない
    2020/08/08 14:38
    親は選べない

     三浦春馬さん・・・。自殺の原因について新聞に週刊文春の広告が出ていました。それ以前にネット上で関連記事をちょこちょこ読んでいましたが、親とうまくいっていなかったようですね。芸能人の子供が売れると、親がおかしくなる現象は昔からあります。 それはともかく

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • ネットの友人
    2020/08/05 14:05
    ネットの友人

     ネット上の人間関係より現実の人間関係の方を大切にしなさいとはよく言われることで、私もそれに異論はありません。 しかし、現実の私は・・・宗教時代の濃厚な人間関係の友人は何人かいるものの、年に1回会うのがせいぜいで、ネット上の交流はありません。 職場で

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 「反戦の時代」がボクたちに残したもの
    2020/08/03 15:58
    「反戦の時代」がボクたちに残したもの

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 利己から利他へ
    2020/07/29 23:20
    利己から利他へ

     性格の変化の実例です。 以前のNHKのある番組ですが、テレビをつけたら、たまたまやっていました。もう番組はかなり進んでいたようですが、ある男性アイドルが、北海道を拠点に活動している40代男性のバスケットボール選手と話していました。 その選手は東京に

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 外部刺激や感情に振り回されぬよう自分の中真に戻る
    2020/07/24 20:08
    外部刺激や感情に振り回されぬよう自分の中真に戻る

    なるだけ物事や人間との距離をほどほどに、と調整するものの時に均衡が保てなくなって。  しばらくはあんまりぐらついてなかったと思うけど。 ・・・境界線ひかないと…

    ゆずりは

    楪蒼朋 流浪の民

  • 安請け合いの三輪車
    2020/07/24 11:06
    安請け合いの三輪車

     私が小1のとき、学芸会で劇をやることになりました。先生が「劇で使うので、新品の三輪車を持っている人がいたら、貸してください」と私たち児童に言いました。私はとっさに手を挙げて、「三輪車あります!」と堂々と言ってしまいました。  確かにうちに三輪車はあり

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • マスクの出来ない人たち
    2020/07/17 10:43
    マスクの出来ない人たち

     元々マスク人口の多い日本人。今やうちの町内でもマスクをして歩いている人がほとんどです。 ところがニュースで、様々な体の事情で、マスクの出来ない人がいることを報じていました。皮膚炎を起こす人や感覚の過敏な人がそれに当たります。 そういえば、知り合いの

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • ベトナムの独立は、なぜ、泥沼化したのか?
    2020/07/16 22:07
    ベトナムの独立は、なぜ、泥沼化したのか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 悲しいマスク
    2020/06/30 21:48
    悲しいマスク

     路上に捨てられたマスクを見ることが増えてきました。 マスク不足の頃はなかったことです。たとえ使い捨てマスクでも、洗って何度も使う人さえもいたようです。 ところが最近は十分供給されるようになってきて、値打ちが落ちてきました。そうなると、取り扱いもぞん

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 褒めるのは意外に難しい
    2020/06/21 17:50
    褒めるのは意外に難しい

     今の教育は褒めることが大切と言われています。何と学校だけでなく、企業でもそういう傾向になっているとか。びっくりです。 それには異論はないのですが、褒め方は意外と難しくて、奥が深いのではないかと思っています。 印象に残っている例を一つ。かつて私の上司

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 南米の征服者たちは、なぜ、土着化したのか?
    2020/06/20 23:42
    南米の征服者たちは、なぜ、土着化したのか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • ボランティア応募続報
    2020/06/16 23:40
    ボランティア応募続報

     「文科省ボランティア募集」の続報です。先日文科省のホームページで学校再開後のボランティアに申し込みましたが、わが自治体から連絡が来ました。 そこで改めて申し込みをしたのですが、なんと自治体のホームページの書類に書き込んだ上に、エクセルの書類をダウンロ

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 暴風雨なら出社に及ばず
    2020/06/14 22:45
    暴風雨なら出社に及ばず

     昨日の読売に「大雨暴風なら在宅勤務」という小さな記事がありました。防災大臣が経済3団体にそう要請したそうです。 ごもっともです。 災害級の雨風の時までなんで出社しなければならないんでしょうか。ずぶ濡れになり、駅のホームで長時間待ち、くたくたになって

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • つる草と人間の価値観
    2020/06/11 13:01
    つる草と人間の価値観

     暖かくなってきて、植物が輝きを増しています。中でもつる草がうちの庭ではどんどん勢力範囲を広げています。 木々や門柱や壁が覆われ、ついには2階の物干し場の手すりにまではい上がって来ました。 どんな植物も、懸命に生きていて、その命は平等のはずなんです

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 自伝的創愛記〈13〉 家の常識と教室のルール
    2020/06/11 00:23
    自伝的創愛記〈13〉 家の常識と教室のルール

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 私の誹謗中傷対策
    2020/05/31 16:05
    私の誹謗中傷対策

     昔、まだ掲示板が盛んだった頃、私も含めてある共通の趣味の人たちが集まっている掲示板がありました。 ある時、そこに掲示板を荒らす人がやって来ました。動機は分りませんが、その人は参加者の誹謗中傷を始めて、私も対象になりました。私が注意したのがしゃくにさわ

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 植民地の反乱。北米と南米ではどこが違った?
    2020/05/27 22:40
    植民地の反乱。北米と南米ではどこが違った?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 目が合っただけなのに
    2020/05/26 18:46
    目が合っただけなのに

     「私は先生に憎まれ、嫌われた者です」 そう手紙の冒頭に書かれていました。私は何が何だか、わけが分らず、読み進めると、「先生が来場されたとき、目が合ってしまったのです」とありました。どうやらこれが「憎まれ、嫌われた」理由のようでした。 大昔、私はある

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 売れない芸能人
    2020/05/15 16:57
    売れない芸能人

     売れない芸能人が、コロナで仕事もアルバイトもなくなって非常に困っているという記事がネットに出ていました。 それに対する多くのコメントの中に、少数ではあるのですが、「それは自己責任だ」という突き放すようなものがありました。確かに、そういう不安定な職業を

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 楽しすぎて堕落?
    2020/05/13 13:32
    楽しすぎて堕落?

     ニュースを見ていると、休校中の小学生がパソコンで動画の授業を受けています。が、次の場面で画面がゲームに切り替わっていました。(^_^;) 10分しかもたないとか、親が言っていました。 いや~、これ、よく分りますね。私もここ1、2年くらい気が散ってしょうがな

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 校長先生の願い
    2020/05/10 15:55
    校長先生の願い

     中学高校の校長先生のことは、今でも敬愛しています。わずかですけど、個人的な接触もありました。もう亡くなりましたが。 私が入学したころは、50代後半だったと思います。校長は勉強のことは余りふれず、よい人間になるように、人の役に立つようにと朝礼や式典で繰

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 私とお金と偉人伝
    2020/05/05 19:17
    私とお金と偉人伝

     「こどもの日」にちなんで私の子供時代のことを少々。 私はお金というものにそれほど執着しないですね。もちろん世の中ではお金が極めて大事なものだということは分っています。何かいいことをするのにも、お金が必要な場合は多いです。そして私も出来ればお金は欲しい

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • JGC修行中のトラブル!×アメリカ航空会社の対応
    2020/04/30 06:55
    JGC修行中のトラブル!×アメリカ航空会社の対応

    コロナ関係の話題の投稿が続きましたので、少し気分を変えて、飛行機の話でも。 アメリカの国内便の乗り継ぎで酷い目にあった話は、アメリカの赴任初日のエピソードとして紹介投稿させて頂きました。 sousuke22101243.hatenablog.com これ以外にもアメリカ国内出張でとんでもない目に遭った事は数知れず。 今回はその内の一つのエピソードをご紹介します。 (↓↓この広告を押してもらうと本当に助かります(スマホ版のみ)↓↓) // 1.フライト詳細 (1)時期 (2)経路 (3)航空会社 (4)経由時間 2.経由便にした理由 3. ステータスは「On time」 4.離陸していない・・・…

    ソースケ

    ソースケのアメリカ駐在術・生活術

  • 収入を増やすために2(給与所得について)
    2020/04/30 06:55
    収入を増やすために2(給与所得について)

    別の投稿では、収入の種類、及び事業所得(起業や開業)について触れました。 sousuke22101243.hatenablog.com しかし、大多数の方にとっては、「起業」というのはやはりリスクもハードルも高く感じてしまうものだと思います(私自身も、仮に何かしらのビジネスのアイディアが思いついても、即座に会社を辞めて起業するという行動はできないと思います)。 また、利子収入は投資等の配当金の収入については、また別途取り上げるとして、今回は「給与所得」にフォーカスしたいと思います。 (↓↓この広告を押して頂けると本当に助かります(スマホ版のみ)↓↓) // 1.給与所得とは 2.給与所得の重要…

    ソースケ

    ソースケのアメリカ駐在術・生活術

  • 収入を増やすために3(資格取得について)
    2020/04/30 06:55
    収入を増やすために3(資格取得について)

    別の投稿で、給与所得と、給与所得の上げ方の一般論について記載しました。 sousuke22101243.hatenablog.com 今回は、給与所得の上げ方の内の、「労働単価の上げ方」として上記投稿で上げた、 (↓↓この広告を押して頂けると本当に助かります(スマホ版のみ)↓↓) // (1)昇格 (2)役職 (3)高評価 (4)資格 (5)転職 の内、「資格取得」について述べたいと思います。 「資格取得」が有効だという事は多くの方がご存じだとは思います。 しかしながら、「どんな資格を取ればよいのか?」「どのぐらい難しいのか?」「資格を取る本当のメリットは何か?」という点については中々難しいと…

    ソースケ

    ソースケのアメリカ駐在術・生活術

  • コロナ問題×労働問題
    2020/04/30 06:55
    コロナ問題×労働問題

    2020年4月12日現在、コロナウイルスの影響がまさにピーク、もしくはこれからがピークかもしれません。 日本政府も対象の都道府県に緊急事態宣言を出し、また、独自に緊急事態宣言を出した都道府県もあります。 事態が一刻も早く収束することを願っております。 さて、今回の緊急事態宣言もあり、当然ながら仕事に影響が出ている方々も出てきているようです。中には、労働問題に発展しているようなケースもあるようです。 「自宅待機」には気を付けて 新型コロナで噴出したさまざまな労働問題、弁護士に対処法を聞いた(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース (上記は、2020年4月9日の記事ですので、リンク切れの可能…

    ソースケ

    ソースケのアメリカ駐在術・生活術

  • 学歴社会は終わったのか?×日米学歴社会比較
    2020/04/30 06:55
    学歴社会は終わったのか?×日米学歴社会比較

    今回は、私の今までの経験を元に、日本の学歴社会の現在、過去、未来について記載したいと思います。 学生の読者の方や、子育て中の父母の方の参考になれば幸いです。 (↓↓この広告を押して頂けると本当に助かります(スマホ版のみ)↓↓) // 1.学歴社会崩壊論 (1)高学歴であれば雇用が約束されたのは過去の時代 (2)大企業に入っても生涯が保障されているわけではない (3)学歴がなくてもスキルがあれば評価される (4)高学歴のメリットはたかが知れている 2.学歴社会の現実(一般論) (1)就活において高学歴が圧倒的に有利 (2)学歴は一定は信用できる明確な指標である (3)企業側も変わってきてはいる …

    ソースケ

    ソースケのアメリカ駐在術・生活術

  • 学歴社会は終わったのか?(2)×高学歴取得の裏技
    2020/04/30 06:55
    学歴社会は終わったのか?(2)×高学歴取得の裏技

    下記投稿では、日本の学歴社会の実情と将来、日米の学歴社会について記載しました。 sousuke22101243.hatenablog.com 再度まとめると、 ・学歴社会は変わりつつあるが、未だ根強く残っている ・最大限の努力をして、少しでも上のランクの大学に入った方がよい ということに収束されるかと思います。 とは言え、勉強の得意不得意があるのはどうしようもないものです。 また、個人的には、努力だけではどうにもならない、生まれ持った才能による壁というものもあると感じています。 個人的な経験ですが、私自身、初等教育、中等教育(小学生~中学生頃)では、学校の授業では基本的に分からないところはあり…

    ソースケ

    ソースケのアメリカ駐在術・生活術

  • パチンコは賭博か×大阪府休業要請応じないパチンコ店3店公表
    2020/04/30 06:55
    パチンコは賭博か×大阪府休業要請応じないパチンコ店3店公表

    大阪府 休業要請応じないパチンコ店3店公表 新型コロナ | NHKニュース https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000182658.html 上記ニュースは2020年4月27日のものです。リンク切れの際はご容赦下さい。 今回は、このニュースを元にパチンコは賭博か否かについての是非を記載したいと思います。 (↓↓この広告を押して頂けると本当に助かります(スマホ版のみ)↓↓) // 1.ニュース概要 2.ニュース考察 3.パチンコ店が抱える問題 (1)刑法上の規定 (2)いわゆる三店方式 (3)ギャンブル依存症の問題 (4)生活保護受…

    ソースケ

    ソースケのアメリカ駐在術・生活術

  • 「帝王」が生まれるには「奴隷」が必要?
    2020/04/29 23:50
    「帝王」が生まれるには「奴隷」が必要?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • よくある説教
    2020/04/29 18:48
    よくある説教

     年上から年下への説教に一つのパターンがあります。それはこういうものです。  昔は今よりXXだった。だから君らは恵まれている。ぜいたくだ。甘えるな。文句を言うな。感謝しろ。  昔からこの手の説教には、反論しづらいものの、何か釈然としないものを感じていま

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 人の立場に立つ訓練
    2020/04/25 16:02
    人の立場に立つ訓練

     新型コロナの感染者やその家族、あるいは感染しているのではないかと疑われている人に対する差別や嫌がらせのニュース・・・。 こういうことが起きるのは、人の立場に立って、人がどう感じるかを想像しないことが原因の一つではないかと思うんですけどね。 感染した

    荻野誠人

    思索の木蔭

カテゴリー一覧
商用