searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 

THEME help
仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 
テーマ名
仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 
テーマの詳細
仏教「佛教」(ぶっきょう)とは、仏陀(ブッダ)の説いた教え、仏(仏陀、覚者、真理に目覚めた人)の宗教、また、仏に成るための教え。 近世では広く釈尊(しゃくそん)を開祖とする宗教のことをさす。 仏教では、個人が自ら真理(法=ダルマ、ダンマ)に目覚めて「悟り」を得てゆく過程が重視され、最終的には「自分として執着している自我(アートマン)は実体ではない(無我)」と覚り、苦の束縛から解放されること(=解脱)を求める。
テーマ投稿数
2,525件
参加メンバー
132人
管理人
ろくろく管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「仏教 無我 禅 公案 臨済 道元  哲学・思想ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 の記事

1件〜50件

  • 昨日は峨山韶碩禅師忌だった(令和2年度版)
    2020/10/21 10:57
    昨日は峨山韶碩禅師忌だった(令和2年度版)

    実は、昨日、途中まで準備していたのだが、朝から色々とあったので、結局以前に書いておいた記事を挙げただけであった。そこで、1日遅れではあるが、以下のような記事を書いておきたい。洞谷第四祖大雄菴開基總持二世峩山和尚伝峩山和尚、諱は紹碩。能州瓜生田邑の人、岡部氏六弥太の後胤なり。母、藤原氏、一日文殊大士に聖児を生むことを祈る。夜に、利剣を呑むを夢みる、便ち懐妊す。出誕後、其の英敏たること群童に類せず、其の貌、雄偉なり。十六歳の時、台山に薙染し、深く教乗を究む。後に瑩山和尚を加州大乗に謁し、便ち衣を更えて参侍し、歳を歴る。師、一日、打坐す。瑾公、師の耳畔に於いて弾指すること一下す。師、忽然として大悟す。一日、瑾公問うて曰く、石の蛇を胎する時、如何。師云く、将謂すらくは石の蛇を胎す。今日、見来す蛇の石を胎するを〈洞谷の旧...昨日は峨山韶碩禅師忌だった(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 縁起って?
    2020/10/20 23:09
    縁起って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 単草履と拙僧
    2020/10/20 09:40
    単草履と拙僧

    単草履という履き物がある。我々曹洞宗では一部の僧堂(修行道場)で採用している履き物だ。で、ネット上で画像を検索したのだが中々見付からない。よって、画像は拙僧のをアップする(もう10年以上履いているので、古く、見た目がアレなのはご勘弁願いたい)として、この草履に関する拙僧の感想を申し上げたい。まぁ、もう履き始めて25年以上にはなってしまうのだが、とても有り難く思っているのである。理由として、拙僧は、いわゆるスリッパが苦手だ。何故ならば、拙僧の足は、「甲高」だからである。足の甲が高いため、スリッパを履いていても、非常に脱げやすい。拙僧は、スリッパが苦手なことを、結構子供の頃から自覚していたのだが、こんな変なことを誰にも話すことが出来ずに、ただ自分でおかしいな?もしかして、どこかおかしいのかな?とか思っていたのだが、...単草履と拙僧

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 俗人が出家の格好をすることは罪か?
    2020/10/19 06:26
    俗人が出家の格好をすることは罪か?

    ちょっと気になる一節を見付けたので、採り上げておきたい。当時、俗人の法衣を着し、出家の俗形を現ずること有る、其の義如何。更に得心せず、其の意尤も然るべからざる事歟。但、先づ俗人の法衣を着する、在家の婆羅門、酒に酔て僧の真似をしたりし功徳に依て、仏を見奉事を得て蓮華色女が戯れに、尼の袈裟を掛たりし縁に依て仏法を聞事得と云へば、若逆縁とや成侍らんなれ共、猶仏法を軽くし法衣を垢す罪深かるべし。何に況や出家の俗形をや。孝経に賤きが貴服を服する、之を僭上と謂、不忠と為す。貴が賤き服を服する、之を偪下と謂、失位と為すと云へり。俗の上に猶、其の位に非ざる服を誡む、況や一度仏弟子に成は、仮にも俗衣を着事内外の道理に背く上は冥の照覧尤も畏るべし謹むべし。其上近比清水寺等、所々の制札に俗人之僧形・出家之俗形と侍れば、世以て誡る事如...俗人が出家の格好をすることは罪か?

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 「神無月」一考
    2020/10/18 10:03
    「神無月」一考

    旧暦10月の別名を「神無月」という。その由来について、以下のような説明が知られている。◎十月和名を神無月と云は、もともとの神、出雲の国に行て、こと国神なきゆへにかみな月といふと、奥義抄に見へたり。「江府年行事」、三田村鳶魚編『江戸年中行事』中公文庫・昭和56年、53頁以上である。これは、現在でも同様の理由で説明されることが多いのではないだろうか。要するに、和名である「神無月」の由来を、各地の神が皆、出雲国(現在の島根県東部)に行ってしまい、各地の神がいなくなるから「かみな月」というのだと、説明されている。「江府年行事」の作者は、その見解を『奥義抄』という文献から得たとしている。この『奥義抄(または、奥儀抄)』とは、平安時代後期の歌学書で、藤原清輔の著である。全3巻で、天治元年(1124)~天養元年(1144)の...「神無月」一考

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 万仭道坦禅師『禅戒本義』「序」に見る苦言
    2020/10/17 14:44
    万仭道坦禅師『禅戒本義』「序」に見る苦言

    実世界の研究で、今年百回忌を迎える丘宗潭老師による『教授戒文』提唱を学んでいる。そこで、丘老師は意外と言って良いのかどうか分からないが、禅戒論を論じるに当たり、自身が改正された万仭道坦禅師『仏祖正伝禅戒鈔』よりも、同じ万仭禅師による『禅戒本義』を尊重していることが分かった。詳細は今後、論文で明らかにしていこうと思うのだが、その前に『禅戒本義』自体を学んでみたいと思い、今日はこんな記事を書いてみようと思う。禅戒本義序戒学に幼くして戒師と作り、禅学に少くして禅師と称するは、古今の仏祖の呵する所、其の罪免るべからず。如来の在世、二歳の沙弥有り、一歳の弟子を将ち仏処に往く。仏、呵責して言わく、汝の身未だ乳を離れず。応に人の教授を受るべし、云何が人に教えんや、云云。吁、夫れ、戒学多般なり、今人何ぞ罄くさん、況んや亦禅戒は...万仭道坦禅師『禅戒本義』「序」に見る苦言

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 「暫到」に関する一考察
    2020/10/16 10:23
    「暫到」に関する一考察

    先日、【暫到―つらつら日暮らしWiki】という記事を書いた時に、改めて「暫到」という言葉について考えてみようと思った。そこで、まず、「暫到」の本来の意味であるが、江戸時代の臨済宗妙心寺派の学僧・無著道忠禅師が、以下のように指摘されている。忠曰く、暫時、某寺に到る。当に久しからざるして去るべし。故に暫到僧と曰う。『禅林象器箋』巻6「第六類称呼門」「暫到」項これが、一番明確な定義である。要するに、行脚をしている旅僧が、一時的に某寺に立ち寄り、宿泊などをすることを暫到(或いは暫到僧)というのである。そこで、今であれば、修行道場(僧堂)に安居するために掛搭を志願する僧侶のことを、暫到と呼称し、旦過寮などに置いている。臨済宗では旦過寮にすら上がれずに「庭詰」というが、おそらく曹洞宗では一般的にその呼称は用いない。そこで、...「暫到」に関する一考察

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 10月15日 道元禅師が宇治興聖寺で集衆説法される
    2020/10/15 09:05
    10月15日 道元禅師が宇治興聖寺で集衆説法される

    この日は毎年この類いの記事を書いているのだが、10月15日という日付について、曹洞宗内では以下の一事が知られている。師、嘉禎二年丙申十月十五日に於いて、始めて当山に就いて、集衆説法す。『永平広録』巻1冒頭これは、嘉禎2年(1236)10月15日に、道元禅師が当山(=宇治興聖寺)に於いて、大衆を集めて説法されたことを示す。要するに、この時に開単されたということなのだろう。この様子について、道元禅師に因む最古級の古伝を見ていくと、幾つかのことが理解出来る。是の如く、諸師の聴許を蒙り、天童の印証を得て、一生の大事を弁じ、累祖の法訓を受て、大宋宝慶三年、日本安貞元年丁亥歳、帰朝し、初めに本師の遺跡建仁寺に落ち着き、且らく修練す。時に二十八歳なり。其後勝景の地を求め、隠栖を卜するに、遠国畿内有縁檀那の施す地を歴観すること...10月15日道元禅師が宇治興聖寺で集衆説法される

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 或る文献に見える「剃髪日」について
    2020/10/14 09:09
    或る文献に見える「剃髪日」について

    手元におそらくは中華民国時代の頃の印刷にも思える『毘尼日用切要』があるのだが、それを読んでいて、或る一節が気になった。剃髪〈文殊菩薩所集の剃髪日、初四、初六、初七、初八、初九、初十、十一、十四、十五、十六、十九、二十二、二十三、二十四、二十五、二十六、二十九なり。此の偈呪を黙念す〉。剃除鬚髪当願衆生遠離煩悩究竟寂滅唵、悉殿都、漫多囉、䟦陀耶、娑婆訶〈三遍〉。『毘尼日用切要』13丁表、訓読は拙僧で、この『毘尼日用切要』については、「宝華山弘戒比丘読体彙集」とあるが、清代の編集であるという。それで、拙僧が気になったのはもちろん、この「剃髪日」について、素直な感想からいうと、「多すぎないか?」ということである。例えば、曹洞宗であれば以下のような伝統がある。四日〈中略〉剃髪沐浴九日剃髪沐浴十四日〈中略〉剃髪沐浴如常廿四...或る文献に見える「剃髪日」について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 「師僧替え」の一考察
    2020/10/13 09:50
    「師僧替え」の一考察

    どうも、色々な人とお話ししていると、曹洞宗内に於ける「師僧替え」について、一部の方には正しく理解されていない場合もあるのかな?と思うようになった。それは、「師僧替え」はしてはいけない、という単純な理解なのだが、それは少し間違っているように思う。実は、拙僧などは、受業師・法幢師・本師と三師全て違う方にお世話になっており、特に、受業師から本師へは、実質的に「師僧替え」をしているからである。現在の『曹洞宗宗制』「曹洞宗僧侶教師分限規定」には、「師僧替え」という制度が明記されている。・第36条⇒師僧替えの申請・第37条⇒師僧替えを拒否された場合の措置・第38条⇒師僧替えをすることができない者これらの条文を見ていくと、以下のように総括することが出来る。・第36条⇒旧師僧と新師僧との間で円滑に、師僧替え該当者を移籍させる場...「師僧替え」の一考察

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 天国に還るには?
    2020/10/12 19:34
    天国に還るには?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • そもそも「戒名」という用語はいつから使われたのか?(12)
    2020/10/12 10:21
    そもそも「戒名」という用語はいつから使われたのか?(12)

    ・・・なんか、これまでの論考が吹っ飛びそうな一節を見つけてしまった。この不定期連載もそろそろ終わりだろうか。拙僧の問題意識は、「戒名」という言葉が、一体いつ頃から使われ出したのか?という話をしていて、色々と調べた結果、日本の江戸時代くらいから浄土宗などで使われ始め、それが曹洞宗などにも広がったという見解であった。しかし、この度、色々と調べていたところ、以下の一節を見つけてしまった・・・右牒、開皇十一年十一月二十三日〈王、戒名の總持菩薩を稟く。疏を書するに、即ち法諱の弟子・總持和南と用ゆ〉。『国清百録』巻2「王受菩薩戒疏第二十六」、訓読は拙僧これは、日本で聖徳太子が、最初に遣隋使を派遣した際の隋の皇帝だった、煬帝についての記述である。煬帝がまだ、「晋王」という立場だった頃、彼は天台智顗を戒師として招き、菩薩戒を受...そもそも「戒名」という用語はいつから使われたのか?(12)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 通俗的「持戒威儀」の話
    2020/10/11 13:12
    通俗的「持戒威儀」の話

    とりあえず、以下の一節をご覧いただきたい。第十八持戒威儀=正義公徳を重んぜざるべからず戒は防非止悪の義と申して、約りこの身口意を清浄にする所のものです、その之を清浄にするとは身三(殺生偸盗邪婬)口四(妄語綺語悪口両舌)意三(貪欲瞋恚邪見)の十悪を離るゝことです、たゝ之を離るゝのみならす、進で十善を行ひ、又人をして之を行はしめ凡ての罪過を犯さぬ様に世話するのである、之を止悪行善度生の三聚戒とも申す、一切の悪を止むれば断徳の法身が顕はれ、一切の善を修習すれば智徳の報身が顕はれ、一切の人を済度すれば恩徳の応身が顕はれて来る、大にもせよ小にもせよ、この心地戒を保てば、分相応に心地の三徳が顕はれて来る、大学に明徳に明かにするにあり、民を新たにするにあり、至善に止まるにありとあるのも亦この意味です、戒は明かなる日月の如しと...通俗的「持戒威儀」の話

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 10月10日 釣りの日(令和2年度版)
    2020/10/10 18:28
    10月10日 釣りの日(令和2年度版)

    今日10月10日は「釣りの日」らしい。理由は、10・10を「ト・ト」と読むと、「魚(トト)」になるため、釣りの日にしたという。なお、同じ理由で「魚の日」にもなるらしい。それで、禅籍に於いて「釣り」は一定の意義があるため、今日はその記事を書いておきたい。船子和尚、夾山に問うて云く、糸千尺を垂れ、意、深潭に在り、鉤を離るること三寸、子、何ぞ言わざるや。繊月雲を離れて龍府曙かなり、古弓水に浮かべて養家幽かなり、諦観す金鱗を釣り尽くす意、浪静かに風恬かにして道休んと欲す。『永平広録』巻9「玄和尚頌古」第28則2首目まず、上記一則については、いわゆる中国禅宗青原下の、船子徳誠禅師による夾山善会禅師への接化の場面である。拙ブログでは、【今日は釣りの日(令和元年度版)】でこの一則を採り上げたこともあるし、或いは日本語訳を含め...10月10日釣りの日(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 臥雲童龍禅師の尸羅会法語(1)
    2020/10/09 10:52
    臥雲童龍禅師の尸羅会法語(1)

    以前にアップした【戒量慧全禅師書写『室中法宝』写本について】の関係で、大本山永平寺60世・臥雲童龍禅師(1790~1870)に関する事跡について、中村泰心師・山内堯海師編『永平六十世臥雲童龍禅師遺稿(全)』(大正8年)を見ていたところ、8本の授戒会法語を確認出来た。ちょうど、江戸時代から明治時代へと日本が変わっていく状況で、授戒会で必要とされた思想も、どのように示されたのか、見ていきたい。福井心月寺授戒会啓建初日午時〈嘉永四辛亥年四月〉人間五濁の郷を転却して、尸羅を打開して梵場を修む、群生斉しく無私感に沐し、直に塵労を脱して宝牀に昇る、咦山河大地戒雨霑す、覚華開発して日鮮新たり。『臥雲禅師遺稿』15丁表、訓読は拙僧これは、福井市足羽にある心月寺の戒会で唱えられた啓建の法語である。時期は嘉永4年(1851)4月で...臥雲童龍禅師の尸羅会法語(1)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 中国禅語録に於ける「大闡提」の話
    2020/10/07 11:00
    中国禅語録に於ける「大闡提」の話

    以前にアップした【中国禅語録に於ける「五逆罪」の話】の続きの記事である。そもそも大闡題というのは、「一闡提」に由来する。これは、特に大乗『大般涅槃経』などで詳しく示されるところではあるし、或いは法相唯識などでも仏性論との関係で取り沙汰された。禅宗は、そういう経論を所依とした宗派を横目に見ながら、様々な概念を拈提することを繰り返した。今回見ていく「大闡題」を理解する前提に、「一闡提」については以下のような説示がある。純陀復た問う、「一闡提とは、其の義云何」。仏言く、「純陀よ、若し比丘及び比丘尼、優婆塞、優婆夷有りて、麁悪の言を発し、正法を誹謗し、是の重業を造り、永く改悔せず心に慚愧無し。是の如き等の人、名づけて一闡提の道に趣向すと為す。若し四重を犯し、五逆罪を作せば、自ら定めて是の如き重事を犯したるを知り、而も心...中国禅語録に於ける「大闡提」の話

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『衆寮箴規』に見える「四念住」の話
    2020/10/06 09:22
    『衆寮箴規』に見える「四念住」の話

    道元禅師が晩年、永平寺にて編まれた『衆寮箴規』には、以下の一文が知られている。四念住、是れ住処なり、三帰依、是れ依止なり。少水の魚の如くならば、是に何の楽しみか有らん乎。まず、道元禅師がこのように「四念住」を活用しておられることに注目しておきたい。この「四念住」とは、一般的には「三十七品菩提分法」の一部であると知られていると思う。道元禅師の『正法眼蔵』には、同名の一巻が存在しているので、その中から「四念住」の提唱の冒頭部分を取り出しておきたい。四念住〈四念処とも称す〉。一者、観身不浄。二者、観受是苦。三者、観心無常。四者、観法無我。以上である。ここから、上記の通りの4つを能く念じ、止まることをもって、「念住」とはいうのである。更に、この4つは何を意味しているかといえば、「不浄・苦・無常・無我」であり、いわゆる「...『衆寮箴規』に見える「四念住」の話

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 悪魔との戦い方って?
    2020/10/04 22:20
    悪魔との戦い方って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 三帰依と本尊について
    2020/10/04 09:59
    三帰依と本尊について

    まずは、以下の一節をご覧いただきたい。仏在世の時に迦葉尊者等の仏弟子が致されたが如く、その法灯を相続致された列祖がなされたが如く、至心に三宝に帰依して、仏門に入り、釈迦牟尼世尊を慈父、大教主、大導師と仰ぎ、本尊と仰ぎ以つて、釈尊の如くに発心し、釈尊の如くに修行し、釈尊の如くに菩提を得、釈尊の如くに涅槃を得て、自利利他の二行を円満する、これが宗門の規矩であり、宗門の宗格である。丘宗潭老師『禅の信仰』鴻盟社・昭和2年、49頁上記内容について、明治時代以降の教義や本尊に関する論争があったことを思うと、非常に大事なことを仰っていることが分かる。そもそも、『修証義』が編集されていく中で、当初の『洞上在家修証義』を編集した大内青巒居士は「三宝帰依」を重視した。一方でそれを再編して現行の『修証義』にされた滝谷琢宗禅師は、釈尊...三帰依と本尊について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 中国禅語録に於ける「五逆罪」の話
    2020/10/03 12:36
    中国禅語録に於ける「五逆罪」の話

    仏教に於ける罪の概念を探ることで、例えば「持戒」観念の内容を見てみたいと思っているのだが、今回はタイトルの通り、中国の禅語録に於ける「五逆罪」の扱いについて見てみたいと思っている。まずは、以下の一節などはどうか?師、雲居に問う、「大闡提人、五逆罪を作る。孝養、何れに在りや」。雲居云く、「始めて孝養を成す」。『洞山録』実は、これとほぼ同じ問答については、【雲居道膺禅師に於ける罪過について】で採り上げたことがあった。上記、『洞山録』では端的に「五逆罪」としているが、『景徳伝灯録』では「父を殺し母を害し、仏身より血を出し、和合僧を破す」と述べており、実は、「殺阿羅漢」が入っていないのだが、五逆罪について論じようとしていることは同じである。それで、拙僧的に不思議なのは、何故、洞山良价禅師が五逆罪と孝養とを関連して論じた...中国禅語録に於ける「五逆罪」の話

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 戒師や布教師になる条件とは?
    2020/10/02 08:51
    戒師や布教師になる条件とは?

    まずは、以下の一節をご覧いただきたい。其己れ半信半疑にして、或は戒師となり、或は布教師と成るならば、何に依てか他の疑団を破り、安心決定せしむることを得んや。余、深く之を憂ふること久し矣。西有穆山禅師『安心訣』2丁表大本山總持寺独住三世・西有穆山禅師によるご指摘であるが、要するに自分自身が半信半疑の状態のまま、戒師や布教師になったとしたら、どうして他の人の疑団を破り、安心を決定させられるのか?と疑義を呈しており、そして、西有禅師ご自身は、深くそれを憂いておられたという。実は、この一節の前には、学人が師家に参ずる様子についても批判がされており、身心脱落に徹していないことにより、半信半疑のままであるという問題の根源が示されている。それで、その通りであれば、身心脱落することが大事だ、という話になるかと思いきや、本書は別...戒師や布教師になる条件とは?

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 10月1日 中秋(令和2年度版)
    2020/10/01 09:02
    10月1日 中秋(令和2年度版)

    今日10月1日は、旧暦の8月15日に当たり、いわゆる「中秋」である。ただし、満月は明日とのこと。とはいえ、今日も、おそらく綺麗だから、見比べてみると良いのかも知れない。ところで、曹洞宗の大本山永平寺を開かれた道元禅師(1200~1253)には、語録『永平広録』が残っているが、その中には弟子達と一緒に、名月に因んで漢詩を詠まれたことなどが記録に残っている。よって、例年拙ブログでは、禅僧が詠んだ中秋の名月に因む漢詩を採り上げ学ぶことで、そこから宗教的境涯を得たいと思っている。そこで、今日、学んでいく一首は、以下のものである。中秋の感有り万里碧天雲没す時、二株嫩桂光輝を転ず。月宮には怕じず通身冷ことを、折んと要す東南の第一枝。『大智禅師偈頌』文政3年刊冠註本、45丁表これは、中世曹洞宗を代表する学僧の、祇陀大智禅師(...10月1日中秋(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 正しいインスピレーションを受けるための条件って?
    2020/09/30 23:35
    正しいインスピレーションを受けるための条件って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 戒定慧(其の二)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究19)
    2020/09/30 11:09
    戒定慧(其の二)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究19)

    江戸時代の洞門が輩出した学僧・指月慧印禅師の主著である『荒田随筆』を学ぶ連載記事であるが、前回から「戒定慧」という一章を学んでいる。早速、本文を見ておきたい。其の行善は、卒暴ならざるの地に住し、謙譲・忍和、己を空じて他の美を歎じ、動止柔に克めて徳音景行し、志と言と共に道を以て寧し接す仮事にも善を善んす。是れ奉善の義なり。其の饒益は、抜苦与楽の事、物に対するに父母の懐に居て、他の違順を見ざる。仁愛是れ常とす。而も自得の道を以て人を化して止悪作善の徳に進しむ。凡そ独善偏行無く、慈愍倦まざるは、是れ利物の懐なり。此の三は、戒度の大約なり。然して毘尼の種品多少の名義、大小の律を総に、是の三を出でず。若し大小の戒相・篇聚の義分に至は、経論の頒宣する所、皆な以て其の宜ずる所に投ず。故に一種に定こと無し。唯だ定むる所は、諸悪...戒定慧(其の二)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究19)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は曹洞宗の両祖忌(令和2年度版)
    2020/09/29 10:10
    今日は曹洞宗の両祖忌(令和2年度版)

    今日は曹洞宗の両祖忌である。両祖忌について、その制定理由は結構複雑なのだが、経緯については【両祖忌ーつらつら日暮らしWiki】をご覧いただくと良いと思う。それで、色々と事情もあって今日の拙ブログは、太祖・瑩山紹瑾禅師(1264~1325)を顕彰する記事を書くこととしている。今日だが、『改正瑩山和尚清規』下之一巻所収の「瑩山忌疏」を学ぶこととしたい。その前に、この『改正瑩山和尚清規』だが、上・下之一・下之二という3巻構成となっており(拙僧の手元の本は、「下之二」を欠く)、ちょっと見たことが無かった。なお、「新日本古典籍総合データベース」で、『瑩山和尚清規』で検索してみると「八戸市立図書館青年文庫」に同じものが収蔵されているらしく、しかも、完本のようである。駒澤大学図書館や拙僧の職場の図書館には、この3冊本は入って...今日は曹洞宗の両祖忌(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 韓国ではまた宗教団体が新型コロナ感染拡大の原因に
    2020/09/28 05:58
    韓国ではまた宗教団体が新型コロナ感染拡大の原因に

    韓国の宗教団体で再び集団感染首都圏700人超増―新型コロナ(時事通信)韓国保健福祉省は8月17日、同国内の宗教団体「サラン第一教会」で、新型コロナウイルスの集団感染が発生し、同日までに教会関係者319人の感染を確認したと発表しました。この結果、ソウルを含む首都圏を中心に14日以降の新規感染者が計700人を超えました。既に、同国内では今年2月、【韓国で新型コロナ蔓延の一因となった新興宗教の教祖が謝罪】で伝えた通り、南部・大邱市で新興宗教団体「新天地イエス教会」の信者の集団感染が発生するなどし、宗教団体に絡む感染拡大へ懸念が強まっていましたが、また止められませんでした。そのため、同国政府は16日から、集団感染が発生したソウル市および近郊の京畿道で集会規制などを再び強化し、当該地域でのプロスポーツは同日から無観客試合...韓国ではまた宗教団体が新型コロナ感染拡大の原因に

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 家畜問題!畜産問題!食肉問題のエキスパート!【ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理】です!(A)
    2020/09/27 13:34
    家畜問題!畜産問題!食肉問題のエキスパート!【ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理】です!(A)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • 1面からお得意の動物実験教宣伝記事!(A)
    2020/09/27 13:34
    1面からお得意の動物実験教宣伝記事!(A)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • 健康なサルを病気にして!!! (A)
    2020/09/27 13:34
    健康なサルを病気にして!!! (A)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • 動物実験の弊害・問題・矛盾点・反省点の記事は一体 いつになったら出るのでしょうか?(B)
    2020/09/27 13:33
    動物実験の弊害・問題・矛盾点・反省点の記事は一体 いつになったら出るのでしょうか?(B)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • 動物実験の弊害・問題・矛盾点・反省点の記事は一体 いつになったら出るのでしょうか?(A)
    2020/09/27 13:33
    動物実験の弊害・問題・矛盾点・反省点の記事は一体 いつになったら出るのでしょうか?(A)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • リンク集!第18弾!!読んで欲しい記事!!!沢山あります!!!!(C)
    2020/09/27 13:33
    リンク集!第18弾!!読んで欲しい記事!!!沢山あります!!!!(C)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • リンク集!第18弾!!読んで欲しい記事!!!沢山あります!!!!(B)
    2020/09/27 13:33
    リンク集!第18弾!!読んで欲しい記事!!!沢山あります!!!!(B)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • リンク集!第18弾!!読んで欲しい記事!!!沢山あります!!!!(A)
    2020/09/27 13:33
    リンク集!第18弾!!読んで欲しい記事!!!沢山あります!!!!(A)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • リンク集!第19弾!!保護猫、保護犬と幸せになって下さい!!!(B)
    2020/09/27 13:33
    リンク集!第19弾!!保護猫、保護犬と幸せになって下さい!!!(B)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • リンク集!第19弾!!保護猫、保護犬と幸せになって下さい!!!(A)
    2020/09/27 13:33
    リンク集!第19弾!!保護猫、保護犬と幸せになって下さい!!!(A)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • 許される事だと思っているのでしょうか? 山梨日日新聞の動物実験教信奉者は!?
    2020/09/27 13:33
    許される事だと思っているのでしょうか? 山梨日日新聞の動物実験教信奉者は!?

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • リンク集!第20弾!!純粋なワンちゃん、ニャンちゃんが待っています!!!(B)
    2020/09/27 13:33
    リンク集!第20弾!!純粋なワンちゃん、ニャンちゃんが待っています!!!(B)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • リンク集!第20弾!!純粋なワンちゃん、ニャンちゃんが待っています!!!(A)
    2020/09/27 13:33
    リンク集!第20弾!!純粋なワンちゃん、ニャンちゃんが待っています!!!(A)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • 誤った思想を広め!!!!(B)
    2020/09/27 13:33
    誤った思想を広め!!!!(B)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • 誤った思想を広め!!!!(A)
    2020/09/27 13:33
    誤った思想を広め!!!!(A)

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい動物実験はしなくても、医学は進歩します!! 恐怖と欲望の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサちゃん。。。

    無垢な命の為に・・・

  • 雑 第二十五 其17(富永仲基『出定後語』を学ぶ44)
    2020/09/27 08:08
    雑 第二十五 其17(富永仲基『出定後語』を学ぶ44)

    ここ1年以上にわたって、最後の一章「雑」を採り上げています。本章は「雑」の字の通りで、他に一章を立てるほどが無い程度の内容でもって、様々な事柄を富永仲基が論じたものです。本当に種々雑多な内容ですが、見ていると20前後の節に分けられそうなので、一つ一つ見ていきたいと思います。阿弥陀仏土、人人皆な身光有り、常に明らかにして闇からず。日月の光明を仮らずして、安んぞ昼夜を分かたん。然るに、其の経文、又た昼夜六時及び清旦等の語有り、是れ作者の破漏する処。仏土の衆鳥は、罪報の所生を嫌う。故に下に之を説いて云く、「是れ仏変化の所作」と、是れ作者の密なる処。岩波書店『日本思想大系43』104頁を参照して拙僧が訓読したまぁ、これは、富永一流のいちゃもん付け、という感じですね。まず、阿弥陀仏土というのは、いわゆる極楽浄土のことです...雑第二十五其17(富永仲基『出定後語』を学ぶ44)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 第九条・作音楽条(『僧尼令』を学ぶ・9)
    2020/09/26 09:58
    第九条・作音楽条(『僧尼令』を学ぶ・9)

    連載は9回目となる。『養老律令』に収録されている『僧尼令』の本文を見ているが、『僧尼令』は全27条あって、1条ごとに見ていくこととした。まずは、訓読文を挙げて、その後に拙僧なりの解説を付してみたい。なお、釈雲照補注『僧尼令』も参考にすることとしたい。凡そ僧尼、音楽を作し、及び博戯せらば、百日苦使。碁・琴は制限に在らず。『日本思想大系3』218頁を参照して、訓読は拙僧まず、正式な僧尼である場合、音楽についての制戒があるわけではない。ただ、沙弥の段階で、沙弥十戒の中に「第七不歌舞作唱故往観聴」とあって、音楽には近づくことすら認められていないのである。ところが、比丘戒になると、音楽についての制戒は見えなくなってしまうのである。この辺について、既に【僧侶が楽器を奏でることは破戒か?】で書いておいたので、ご覧いただければ...第九条・作音楽条(『僧尼令』を学ぶ・9)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 存覚上人『彼岸記』参究(3)
    2020/09/25 08:57
    存覚上人『彼岸記』参究(3)

    【(2)】の続きである。天尊とは、大自在天を申すなり。勅をこうぶる八神とは天帝釈・炎魔王・天大将軍・神天一神・行疫神・司命・司録・倶生神等。経に三複八校年二大奏と云は、三複とは八神よりあひてさきの日記を日のうち三度復するなり。八校とは、八神をのヽヽ勘録帳を天尊にそなへ奉るとき、もし日記あやまるらんと毎日六度よみ合て接合するなり。さきの五度は炎魔王の御前にてかんがへのちの一度は帝釈のゆかの御前にて接合するなり。天尊と申は、摩醯首羅色界頂の大自在天本地は十地の菩薩にてまします。春の彼岸帳は去年秋八月以後の一切の衆生のわざを注すなり。この勘帳を決定業といふ、これを経に三複八校年二大奏と云なり、天正樹の花はかぜにふきすぐるあとへさまさまに五百里くんずる花なり、已上、春の彼岸なり。次に八月の彼岸、八月より八月までの一切衆...存覚上人『彼岸記』参究(3)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 存覚上人『彼岸記』参究(2)
    2020/09/24 10:07
    存覚上人『彼岸記』参究(2)

    【(1)】の続きである。(記載抜け)……此花のかず人間の生年生ものヽかずと同きなり。よて善つくる人にあたりたる花はあざやかに匂ことに殊勝なり。悪をつくるものにあたる花は色けがれくさくにほふなり。此花より衆生をたヾして名字をかきつく。善をば宝札とて金の札につく、悪は鉄札にかき、無記の衆生をば非宝非縛印とて金鉄和合の札にかくなり。善悪無記の三性人、此札にのらずといふことなし。又これにかきつけられたる記を三種の正印とて、よき札は帝釈のあづかりにて忉利天の善法堂におさむ。悪の札は炎魔王のあづかりにて、光明院とて炎魔庁の九面の業に鏡にそへてをかるヽなり、此札は生々世々すてざるなり、決定業なり。二季の彼岸のあひだのわざをば善にても悪にてもこの二の札にかきつけらるヽがゆへに、決定業といふなり。この評定聚を申は色界頂の大自在尊...存覚上人『彼岸記』参究(2)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 存覚上人『彼岸記』参究(1)
    2020/09/23 11:21
    存覚上人『彼岸記』参究(1)

    昨年度の【今日は彼岸会中日(令和元年度秋)】の記事の末尾で、浄土真宗の存覚上人に『彼岸記』があるという指摘をしたのだが、ようやくそのテキストを見ることが出来たので、検討してみたい。なお、拙僧の手元には江戸時代の天保年間前後に行われた『彼岸記』の説法を、熊谷権五郎氏(詳細不明)が記録した『彼岸記聴聞』という写本がある。ただし、達筆すぎてまだまだ読解には時間がかかりそうなので、まずは横川藤太郎編『真宗聖教大全―在家宝鑑(下巻)』(横川湊文堂・明治36年)に掲載されている釈存覚御作『彼岸記』を採り上げてみたい。一年二季の彼岸事龍樹菩薩の天正記に彼岸経と四天王経と両説をもて記したまふ、先春の彼岸は花の比をもて日をさだむ、その所は欲界の六天の中に夜摩天と兜率天との中間に一の雲閣あり、中陽院となつく、こヽに五百里にはびこる...存覚上人『彼岸記』参究(1)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 秋の彼岸会 御中日(令和2年度版)
    2020/09/22 09:03
    秋の彼岸会 御中日(令和2年度版)

    今日は秋の彼岸会の御中日である。ところで、現在用いられている新暦での「秋分の日」は、毎年大体これくらいの日付になるが、旧暦の場合は以下の通りであった。・旧暦の春分:2月中(2月後半)・旧暦の秋分:8月中(8月後半)現代は、太陽暦であるので、春分も秋分も毎年にそれほど大きな日付のズレは起きないそうだが、旧暦の「太陰太陽暦」の場合、数日から10日以上のズレも起きたそうである。これは、毎月の日付を月に合わせており、年単位で太陽との関係によるズレを解消していくため、当然というべきか。さて、今日は御中日であるので、簡単に彼岸会の説法などを見ていきたいと思うのだが、おそらく、曹洞宗関係者で、最初に彼岸会を論じられたのは、高田道見先生による『彼岸の由来』(国母社・1895年)であったと思われる。これは、同書冒頭にも書いてある...秋の彼岸会御中日(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は敬老の日(令和2年度版)
    2020/09/21 06:01
    今日は敬老の日(令和2年度版)

    今日は敬老の日である。拙僧が生まれた頃は、9月15日に固定されていたが、2003年から9月第3月曜日に移動となった。それで、今年は今日である。敬老について、これは禅宗でいうところと、一般世間でいうところの意味は異なっている。例えば、禅宗には「長老」という言葉がある。無論、原始仏教からあったようだが、我々の定義は「凡そ道眼を具え、尊するべきの徳有るは、号して長老と曰う。西域の道高く臘長きを須菩提等と呼ぶ等の謂いが如くなり」(『禅門規式』)というものであるが、要するに年齢よりも、仏道修行者としての境涯などを問われているのである。よって、禅門に於いて「敬老」というのは、仏道修行の貴き様を敬うことになる。その前提を元に、以下の一節を参究していきたい。雪峰いはく、老僧罪過。いはゆるは、あしくいひにける、といふにも、かくい...今日は敬老の日(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 秋の彼岸会 2日目(令和2年度版)
    2020/09/20 09:31
    秋の彼岸会 2日目(令和2年度版)

    さて、令和2年度の秋の彼岸会2日目である。それで、拙僧的にはこの彼岸会という法儀自体を紹介したいと願っているので、今回は拙僧の所属する曹洞宗ではないが、別の宗派での様子を見ておきたい。具体的には、浄土宗の文献である『浄土宗法要集』(浄土宗務所・1939年)から、「彼岸会」の項目を見ておきたい。崇祖報恩の誠を致して一切精霊に及ぼし、自ら欣求の道を策励するものなり。観経曼荼羅を内陣適当の場所に懸け、香華灯明等の供儀を設くべし。荘厳衣被着のこと。『浄土宗法要集』163頁以上が、彼岸会法要を行う場合の準備ということになるのだが、気になるのが「観経曼荼羅」である。これが良く分からなかったので、ネットで調べてみた。すると、非常に詳しい記事があった。・観経曼荼羅―Web版・新纂浄土宗大辞典上記リンク先の説明を参照してみると、...秋の彼岸会2日目(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日から秋の彼岸会(令和2年度版)
    2020/09/19 12:16
    今日から秋の彼岸会(令和2年度版)

    今日から秋の彼岸会である。彼岸会の成立や展開については、【彼岸会―つらつら日暮らしWiki】をご覧いただければ良いと思う。それで、日本固有の仏教行事としての「彼岸会」ではあるのだが、特に行事の規範を作ることに熱心な禅宗であっても、彼岸会についてはとても微妙であった。理由は、中国までの規範(清規)に出ないからであり、江戸時代の主要の洞門清規には見られないわけである。なお、旧暦の頃、彼岸会というのは毎年2月・8月であった。新暦になってから今の3月・9月になったわけであり、江戸時代以前の暦などを見ていくと、1ヶ月ずれてしまっていることに困惑する。ということで、清規でもって仏教の行事を組織化していた禅宗がこの通りであるから、禅宗清規の影響を受けて、年間の行事を行っていた他宗派でも、彼岸会については各寺の意向に任されてい...今日から秋の彼岸会(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

カテゴリー一覧
商用