searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 

THEME help
仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 
テーマ名
仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 
テーマの詳細
仏教「佛教」(ぶっきょう)とは、仏陀(ブッダ)の説いた教え、仏(仏陀、覚者、真理に目覚めた人)の宗教、また、仏に成るための教え。 近世では広く釈尊(しゃくそん)を開祖とする宗教のことをさす。 仏教では、個人が自ら真理(法=ダルマ、ダンマ)に目覚めて「悟り」を得てゆく過程が重視され、最終的には「自分として執着している自我(アートマン)は実体ではない(無我)」と覚り、苦の束縛から解放されること(=解脱)を求める。
テーマ投稿数
2,660件
参加メンバー
132人
管理人
ろくろく管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「仏教 無我 禅 公案 臨済 道元  哲学・思想ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 の記事

1件〜50件

  • 『出定笑語』とは?!(拝啓 平田篤胤先生1)
    2021/02/28 09:07
    『出定笑語』とは?!(拝啓 平田篤胤先生1)

    前回から始まったこの連載であるが、実は今回もまだ本文には入らない。今回は、平田篤胤先生(1776~1843)の『出定笑語』について解題等を行おうと思っているのである。まず、この連載で拙僧が見ようと思っているテキストについては、この記事の下段に挙げてある通りなのだが、江戸時代末期の版本には朝臣資政による「序」が見え、本書の成立の一端が理解出来る。百不足出羽国の御民に篤胤翁無比重太健雄々しき大倭魂を振起して、宗とある書ども著られけるいとまのひまに、諸人の解得やすく俗語もてものせられたるこの書、もと此大坂に御宇の年号を延享と申しころ、富長仲基といひし人出定後語といへるふみ書て、仏道明らかに論ひたるを本居翁うちみて、諾よくも論ひ定めたり、彼道の学問に長たる欲しだにえやはかくものすべきと讃歎おかれたるを、ゆかしみなつかし...『出定笑語』とは?!(拝啓平田篤胤先生1)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 仏の光って?
    2021/02/27 22:52
    仏の光って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 第十四条・任僧綱条(『僧尼令』を学ぶ・14)
    2021/02/27 06:23
    第十四条・任僧綱条(『僧尼令』を学ぶ・14)

    連載は14回目となる。『養老律令』に収録されている『僧尼令』の本文を見ているが、『僧尼令』は全27条あって、1条ごとに見ていくこととした。まずは、訓読文を挙げて、その後に拙僧なりの解説を付してみたい。なお、『令義解』の江戸期版本(塙保己一校訂本・寛政12年[1800]刊行、全10巻で『僧尼令』は巻2に所収)も合わせて見ていきたい。凡そ僧綱に任ずることは〈謂わく、律師以上〉、必ず徳行ありて、能く徒衆を伏し、道俗欽み仰ぎて、法務に綱維たらん者を用いるべし。挙す所の徒衆、皆連署して官に牒せよ。若し阿党朋扇して、浪りに無徳の者を挙すること有れば、百日苦使。一任の以後、輙く換えることを得ざれ。若し過罰有らん、及び老い病して任えざるは、即ち上法に依りて簡び換えよ。『日本思想大系3』220頁を参照して、訓読は拙僧まず、本条で...第十四条・任僧綱条(『僧尼令』を学ぶ・14)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 戒定慧(其の七)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究24)
    2021/02/26 08:44
    戒定慧(其の七)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究24)

    江戸時代の洞門が輩出した学僧・指月慧印禅師の主著である『荒田随筆』を学ぶ連載記事であるが、今は「戒定慧」という一章を学んでいる。早速、本文を見ておきたい。良に以れば、一菩提の道、本より三学の徳用を存す。其存することなり。器物の処分有て三ところに就が如くに非ず。皆互に兼て相成すなり。謹慎守奉の道、物を軌律に入て、根境に淫佚せず、毫厘差こと無し、背触共に亡じて、吾が道を光華するは、戒徳の寧馨せるなり。流変を割断して、淵源を廓清し、心意識に堕せず、去住共に分を絶し、吾が道を平定するは、定徳の寂請なるなり。邪正に偏らず、万差を照徹し、知不知に属せず、凡聖の路廓然として、吾が道を賛亮するは、慧徳の通知せるなり。而して、戒に種品有り。一に是れ不犯の律度なり。定慧皆な在り。定に幾許有り。一に是の心身絶待、無住の一行なり。戒慧...戒定慧(其の七)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究24)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は天神忌(令和3年度版)
    2021/02/25 07:44
    今日は天神忌(令和3年度版)

    今日2月25日は天神・菅原道真公(845~903)の忌日である。拙ブログでは、天神を崇敬していることもあり、毎年この日には、追悼と顕彰のための記事をアップすることにしている。それで、今年は拙僧の手元にある『天神経絵入講釈』(錦森堂・慶応3年序版)に入っている『大威徳天神感応経』について見ていくか、それとも塙保己一『群書類従』巻19(左は国立国会図書館デジタルコレクションのアドレス、357コマ以降が該当)に入っているのを見付けた『菅神入宋授衣記』にしようか迷ったのだが、拙僧も関わる禅宗に係るため、後者にした。菅神入宋授衣記天満天神、径山伝授の僧伽黎を以て、西都霊岩神護山光明蔵神寺に安置するの流記。慧日山東福寺第一世の聖一国師〈師の歳三十四〉、大宋国に入りて、径山仏鑑禅師に見えて、親しく巾瓶に侍す。是れ則ち日本四条...今日は天神忌(令和3年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・19
    2021/02/24 09:59
    マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・19

    ドイツ宗教改革の発端にもなったとされるマルティン・ルターの『九十五箇条の提題』の日本語訳を学んでいく連載記事である。連載19回目である。19たとえ私たちが強く救いを確信しているとしても、煉獄にある魂が自らの救いについて確信し、また安心しているなどということは証明されていない。少なくとも〔そこに置かれている〕すべての魂がそのように確信しているということは証明などできない。深井氏下掲同著・18頁既に【連載17回目】でも述べた通り、煉獄という場所は死者の小罪のある霊魂や罪の償いを果たさなかった霊魂が、天国に入る前に現世で犯した罪に応じた罰を受け、清められる場所とされるのだが、この魂に対して、現世で行う祈りなどが届くと考えられていた。ところが、ルターは、現世の我々がどれほど救えていると思っても、実際に煉獄にある魂がその...マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・19

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は猫の日(令和3年度版)
    2021/02/22 08:17
    今日は猫の日(令和3年度版)

    2月22日は「猫の日」である。理由は、「222」と並ぶので、「ニャンニャンニャン」から来た模様。日本お得意の語呂合わせである。それで、ちょっと今日は、猫に因むお話を見ておきたい。草堂、晦堂に侍立す。晦堂、風幡話を挙して草堂に問う。堂云く、逈かに入る処無し。晦堂云く、汝、世間の猫の鼠を捕らうるを見るや。双目瞪視して而も瞬かず。四足、地に踞して而も動かず。六根順向して首尾一直す。然る後に挙すれば中らざること無し。誠に能く心に異縁無く。意、妄想を絶す。六窓寂静にして端坐し黙究して、万に一を失せざるなり。『大慧普覚禅師宗門武庫』これは、中国臨済宗楊岐派の大慧宗杲禅師(1089~1163)の著作に出ている話である。それで、黄竜慧南禅師の法嗣・晦堂祖心禅師(1025~1100)と、その法嗣である草堂善清禅師による問答である...今日は猫の日(令和3年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 独菴玄光禅師の三学観
    2021/02/21 09:24
    独菴玄光禅師の三学観

    江戸時代初期の洞門学僧・独菴玄光禅師(1630~98)の著作を見ていると、戒定慧の三学について教えがあった。所以に釈氏の訓、三学必ず兼務す。戒学、身口の悪を防止し、定学、心一にして散ぜず、見性悟道す。慧学、法義を分別し、修道の嶮難通塞を知る。戒に非ざれば以て定の生ずること無し、定に非ざれば以て慧の生ずること無し、慧に非ざれば以て戒定の成ること無し。猶お嶮路を経過する者の、目足有ると雖も、導師無ければ、則ち達すること能わざるが如し。戒、譬えば足の如し。定、譬えば目の如し。慧、譬えば導師の如し。所以に三学相い資くるは、猶お鼎の三足の如し。一が欠ければ則ち三皆な立つこと能わず。或いは但だ定、其の功用を得て、戒慧を蔑する者有り。独菴玄光禅師『俗談(上)』、『曹全』「語録一」巻・643~644頁まず、この一連の話自体、同...独菴玄光禅師の三学観

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 心地無相戒?無相心地戒?
    2021/02/20 11:37
    心地無相戒?無相心地戒?

    ちょっと気になったので記事にしてみたい。実は、拙僧はこの両方の語句を混同して用いていた。考えてみれば、どちらが「正しい」といったような確認を怠っていたことに気付いた。そこで、今日はその辺を考えてみたい。まず、この語句については中国禅宗六祖慧能禅師(638~713)に由来すると思われる。韶州刺史韋拠請し、大梵寺に於いて妙法輪を転じ、并びに無相心地戒を受く。門人紀録し目けて壇経と為し、盛んに世に行わる。『景徳伝灯録』巻5「曹渓慧能禅師章」ここに、「無相心地戒」という表現が見えており、一方で、「心地無相戒」は無い。よって、古い表現は「無相心地戒」であったことが分かる。しかし、一般的に見られる『六祖壇経』を確認すると、慧能禅師は先に挙げた用語は勿論のこと、「心地戒」「無相戒」ともども用いていない。慧能禅師の言葉としては...心地無相戒?無相心地戒?

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 臥雲童龍禅師の尸羅会法語(3)
    2021/02/18 08:07
    臥雲童龍禅師の尸羅会法語(3)

    以前にアップした【戒量慧全禅師書写『室中法宝』写本について】の関係で、大本山永平寺60世・臥雲童龍禅師(1790~1870)に関する事跡について、中村泰心師・山内堯海師編『永平六十世臥雲童龍禅師遺稿(全)』(大正8年)を見ていたところ、8本の授戒会法語を確認出来た。ちょうど、江戸時代から明治時代へと日本が変わっていく状況で、授戒会で必要とされた思想も、どのように示されたのか、見ていきたい。今回は【(2)】に続いて、3本目である。同(尸羅会)曠然の戒界涯畛無し、凡聖都廬入り得ること親しし。入り得ること既に親しし誰か又た怪しまん、任持すれば総て任持人有り。『臥雲禅師遺稿』15丁表、訓読は拙僧これは、思想的には非常に興味深い法語である。まず、全体の大意を採っておきたいが、広々とした戒界(授戒道場)には際が無く、凡人も...臥雲童龍禅師の尸羅会法語(3)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(4)
    2021/02/17 08:58
    面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(4)

    『傘松日記』という文献については【『傘松日記』―つらつら日暮らしWiki】などをご覧いただければ良いと思う。そこで、早速に本文を見ておきたい。又、余に嘱して云く、師、常に菩薩戒臘を以て如説、座下の龍象に指示すべし。『傘松日記』、『続曹洞宗全書』「法語」巻・456頁上段、訓読は拙僧さて、以上の一節であるが、ちょっと分かりにくいところもあるとは思いつつ申し上げると、永平寺40世・大虚喝玄禅師が、面山瑞方禅師(=余)に対して、教誨した一節である。そこで、何をいっているかというと、何か指示するときには、「菩薩戒臘」でもって話をすべきだということになる。これが何を意味しているかというと、日本はかなりの期間、菩薩戒臘でもって、僧堂内に於ける僧侶の順番なども決めていた。それこそ、道元禅師や瑩山禅師もそうで、徳に瑩山禅師の場合...面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(4)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は日蓮宗の宗祖降誕会らしい
    2021/02/16 09:18
    今日は日蓮宗の宗祖降誕会らしい

    【イラストレーターの天野喜孝氏が法華経画を描いたとのこと】という記事でを書いていて知ったのだが、今日2月16日は日蓮宗の宗祖降誕会らしい。つまり、日蓮聖人(1222~82)がお生まれになった日、ということになるのだが、今更に【天魔の禅僧】である拙僧から祝意を申し上げても喜ばないだろうから、記事を書いて拙僧なりに鑽仰しておきたい。北尾日大上人『日蓮宗法要式』(平樂寺書店・大正10年)には、年中行事として「宗祖降誕会(二月十六日)」の項目が見える。まず、式次(我々でいうところの差定)は以下の通りである。・三宝礼・香花供養・奉請・讃歎・十礼拝・祖訓(顕仏未来記)・読経(方便品〈十如〉・宝塔品・涌出品・寿量品・神力品)・祖訓(観心本尊抄)・宝塔偈・回向・四誓・三帰※式後・講演『日蓮宗法要式』63頁まずは項目名のみだが、...今日は日蓮宗の宗祖降誕会らしい

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 仏教はあの世を否定してるの?
    2021/02/15 22:05
    仏教はあの世を否定してるの?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 今日は釈尊涅槃会(令和3年度版)
    2021/02/15 11:18
    今日は釈尊涅槃会(令和3年度版)

    本日2月15日は釈尊涅槃会である。二月十五日の上堂。今、我が本師、釈迦牟尼大和尚、鳩尸那城跋提河沙羅林にて般涅槃す。『永平広録』巻2-146上堂このように、道元禅師も上堂演法されている。なお、道元禅師が大仏寺に開単されたのは寛元3年4月の夏安居からであるが、上掲の一節は、その翌年、寛元4年(1246)2月15日に行われたと推定されている。面白いのは、道元禅師が「今、釈尊が般涅槃す」と仰っていることである。普通なら、『正法眼蔵』「仏性」巻で、『大般涅槃経』から「一切衆生悉有仏性」を引きつつ、それを「参学しきたること、すでに二千一百九十年〈当日本仁治二年辛丑歳〉」と書いてある通りで、もちろん道元禅師は釈尊が、その当時から2190年ほど前に入滅したことをご存じである。しかし、それでも、以下のように示される。何ぞ啻だ釈...今日は釈尊涅槃会(令和3年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 大灯国師の語録に見る葬儀無用論
    2021/02/14 09:19
    大灯国師の語録に見る葬儀無用論

    何となく、白隠慧鶴禅師『槐安国語』を見ていたところ、冒頭に近いところに見えた、或る一節が気になった。その箇所は、白隠禅師が著語した『大灯国師語録』の一節である。爾の時、迦葉、諸比丘に告ぐ、「仏、已に荼昆す。金剛舎利、我等の事に非ず。我等、宜しく当に正法を結集して断絶せしむること無かるべし」。『大灯国師語録』「大徳寺語録」、訓読は拙僧上記一節の意を採れば、要するに釈尊が入般涅槃され、摩訶迦葉尊者が拘尸那竭羅に到着し、釈尊のご遺体を火葬にして舎利になった状態に於いて発せられたものだといえる。意義としては、既に荼毘に付したが、その後に発現した金剛舎利については、我等(僧衆)が関わることではない。よって、我等としてはまさに正法を結集して、釈尊の教えが断絶しないようにしよう、ということになる。つまりは、火葬までは認めるも...大灯国師の語録に見る葬儀無用論

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・8)
    2021/02/13 13:14
    『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・8)

    明後日に迫った釈尊涅槃会を前に、『仏垂般涅槃略説教誡経』を学んでいく短期連載記事だったのだが、今日で終わりとなる。というか、もう涅槃会は明後日なのか・・・明日は明日で釈尊の涅槃に関する別の記事を用意しているので、とりあえず『遺教経』を学ぶのは今日までにしておきたい。そうなると、やはり同経の末尾が気になるところだ。仏言く、汝等比丘、常に当に一心に出道を勤求すべし。一切世間の動・不動の法、皆な是れ敗壊不安の相なり。汝等且く止みね、復た語いうことを得ること勿れ。時、将に過ぎなんと欲す、我れ滅度せんと欲す。是れ我が最後の教誨する所なり。『仏垂般涅槃略説教誡経』「七、離種種自性清浄無我分」、訓読は拙僧こちらの言葉の意味については、既に【「建長五年正月六日書于永平寺」について】などで採り上げているので、合わせてご覧いただき...『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・8)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・7)
    2021/02/12 10:02
    『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・7)

    2月15日の釈尊涅槃会まで、とりあえず『仏垂般涅槃略説教誡経』について、色々と考えてみようというこのブログ。それで、ウチの宗派であれば道元禅師が最晩年の著作である『正法眼蔵』「八大人覚」巻に、本経から引用されたことは良く知られているわけだが、他の引用例はあるのだろうか?鏡島元隆先生の『道元禅師の引用経典・語録の研究』(木耳社・昭和40年)を見てみると、先に挙げた「八大人覚」巻と、もう1箇所の指摘があった。見ずや、世尊言わく、「汝等比丘、已に能く戒に住して、当に五根を制し、放逸にして五欲に入ることを勿らしむべし。譬えば牧牛の人の、杖を執りて之を視、縦逸して人の苗稼を犯さしめざるが如し。若し、五根を縦にすれば、唯だ、五欲に将に涯畔無くして、制すべからざるのみに非ざるなり」。然らば則ち仏祖の児孫、声色・名利の邪路に向...『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・7)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は「建国記念の日」(令和3年度版)
    2021/02/11 09:32
    今日は「建国記念の日」(令和3年度版)

    今日2月11日は、「建国記念の日」である。この日は明治時代に「紀元節」として決められた。その経緯などについては、【今日は建国記念の日(平成31年度版)】で十分に書いておいたので、そちらをご覧いただければ良いと思う。それで、明治時代、当時の政府は政府が行う宗教的な行事について、仏教各教団に半ば強制的に追随を要求しており、紀元節についても当然に実施を求めたようである。そのため、我々曹洞宗でも、次のような行持を行った。二月十一日紀元節祝聖諷経○朝課の前に祝聖諷経、例月の一日と同じ。「年分行持」、『洞上行持軌範』巻中・7丁裏、カナをかなにするなど見易く改めた曹洞宗に於ける「祝聖諷経」について、詳細は後述するけれども、現代は「祝祷諷経」と名称、内容ともに変更して行われている。「聖」とは天皇や皇帝を意味しており、「祝」とは...今日は「建国記念の日」(令和3年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・6)
    2021/02/10 10:42
    『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・6)

    2月15日の釈尊涅槃会まで、『仏垂般涅槃略説教誡経(遺教経)』を学んでおこうという拙ブログなのだが、そういえば、同経について気になる点があった。それは、この経典の末尾についてである。例えば、『長阿含経』に収録される「遊行経」を見てみると、「是の故に、比丘よ、無為放逸を為すこと無かれ。我れ以て放逸せざるが故に、自ら正覚に致る。無量の衆善も、亦た放逸せざるが由に得ん。一切の万物、常存するもの無し。此れは是れ、如来末後の説く所なり」とあって、世尊末後の説法が終わり、その後は、入定して、最後に入般涅槃する様子へと続く。しかも、「遊行経」の場合はそこでは終わらずに、火葬にして供養し、舎利(遺骨)を納めるために造塔(卒塔婆を建てるということだが、要するに我々からすれば墓を建てることだ)する話なども続いていくのである。しかし...『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・6)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • なぜ地獄を消してしまわないの?
    2021/02/10 00:13
    なぜ地獄を消してしまわないの?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・5)
    2021/02/09 09:14
    『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・5)

    拙僧的に不思議なのは、何故、釈尊の最期の場面を語る経典が、複数作られたのか?ということである。いわゆる「涅槃部」経典もそうだが、他にも『長阿含経』には「遊行經」があって、これが釈尊の涅槃を示す内容だというのは、良く知られていると思う。また、阿含部の『大般涅槃経』もある。そして、この2つですら、既に内容の一部は相違している。更に、大乗『大般涅槃経』は、それらの釈尊の涅槃を示す経典を用いて、大乗仏教の諸思想を織り交ぜたものだ。まぁ、この大乗の同経典が作られた理由は、本文を見れば一目瞭然なので良いのだが、問題は『仏垂般涅槃略説教誡経(遺教経)』である。現存する同経は鳩摩羅什訳で、天親菩薩造『遺教経論』は真諦訳である。まぁ、『出三蔵記集』巻1でも、普通に羅什訳として扱っているし、内容に特段異論があるわけではない。いや、...『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・5)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・4)
    2021/02/08 08:43
    『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・4)

    さて、今月は15日に釈尊涅槃会を迎えるので、それまでは涅槃部経典になる『仏垂般涅槃略説教誡経』を読んでみたいと思っている。ところで、以前から指摘しているように、本書は中国の禅宗で「仏祖三経」に数えられている。そもそも、「仏祖三経」は誰が編集したのか不明とされるので、ここに入った経緯も分からないのだが、後代には以下のような意見が出された。禅家にいわゆる仏祖三経の有るは、叢林中に伝習すること、已に久しし。大都、高遠・広博の譚無し。皆な日用・切近の誨にして、浮情を防ぎ邪業を誡むるを過ぎず、軌の正道を以てす。是れ学仏の初門、而も廸蒙の宝訓なり。凡そ僧と為る者は、知らずんばあるべからず。永覚元賢禅師「仏祖三経指南序」、『永覚和尚広録』巻14所収、訓読は拙僧これは、中国明代の洞門僧・永覚元賢禅師(1578~1657)が、そ...『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・4)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・3)
    2021/02/07 07:36
    『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・3)

    今月は、我々にとって涅槃月である。15日の釈尊涅槃会を前に、涅槃部経典の一である『仏垂般涅槃略説教誡経』を見ておきたい。ところで、この辺、少しく雑談的に語っておきたい。日本も近代を迎えてから東南アジア諸国との交流なども起きた関係で、いわゆる上座部仏教が直接に知られるようになった。そして、彼らの用いるパーリ仏典を日本に持ち込み、研究も進んだわけである(まぁ、その前にヨーロッパに持ち込まれ、英訳・独訳されていた仏典の影響を受けたという話もあるようだが)。その成果が、いわゆる『南伝大蔵経』(1941年完成)であるとか、中村元先生や増谷文雄先生などによる一連の現代語訳本の訳出などになるのだろうけど、この南方系の経典の関係で、釈尊の「遺言」に関する話も大分変わった。おそらく、江戸時代までは『妙法蓮華経』「如来寿量品」であ...『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・3)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・2)
    2021/02/06 08:47
    『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・2)

    今は2月。釈尊涅槃会がある関係で、拙ブログでは毎年、『仏垂般涅槃略説教誡経(遺教経)』を学ぶことにしている。ところで、2月の和名は「如月(きさらぎ)」ではあるが、これについて、以下のような指摘がある。二月和名衣更着といふ、〔奥義抄〕此月余寒はげしくて、さらにきぬをきれば、きぬさらぎといふを略せり。三田村鳶魚編『江戸年中行事』中公文庫・昭和56年、35頁まぁ、2月は冬である。寒いわけである。よって、重ね着をすることを、「衣更着」といいそのまま「如月」という月名を読んだようである。さて、それでは『遺教経』の本文を見ておきたい。言い忘れたが、実は拙僧の手元には寛文8年(1668)版の『和解遺教経私鈔(上下巻)(以下、『私鈔』と略記)』がある(ただし、柳枝軒版で、版のかすれ具合からは後刷だろう)。今回からは、それも参考...『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・2)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・1)
    2021/02/05 07:52
    『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・1)

    さて、2月といえば釈尊涅槃会である。仏教の開祖である釈迦牟尼仏が御入滅された日付について、曹洞宗では2月15日とされている。そのため、2月には涅槃会に備えて、以下のような行持を勤めることとなっている。二月一日晩課読遺教経○今日より十四日まで毎晩遺教経を読誦す。殿鐘上殿、住持入堂、上香普同三拝、着座。維那、挙経す〈挙経は必ず仏垂般涅槃略説教誡経と挙するを法とす〉遺教了て舎利礼文を挙す。大衆、同誦三返。次に普回向、三拝、散堂。通常の晩課を略す。「年分行持」、『洞上行持軌範』巻中・6丁裏、カナをかなにし句読点を付すなど見易く改める以上の通り、2月15日の涅槃会正当まで、毎日の晩課諷経の時に、「読遺教経」の行持を行うことが定められたのである。そもそも、晩課諷経というのは、洞門に於いて自由度の高い行持であり、一応近代以降...『仏垂般涅槃略説教誡経』を学ぶ(令和3年度・1)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『正法眼蔵聞書抄』に見る「三学」論
    2021/02/04 08:41
    『正法眼蔵聞書抄』に見る「三学」論

    75巻本『正法眼蔵』の最古の註釈である『正法眼蔵聞書抄』を見ていると、「戒定慧の三学」についての指摘があることを気付いた。採り上げてみたい。凡仏道に戒定慧三学あり。戒は業道を滅すれども、凡(煩の誤記)悩を不断也。但仏戒と云時こそ無残所道理なれ、ゆへに菩薩戒・仏戒尤可心得也。定は凡悩を断ず。又、定多慧少あるべし。慧多定小あるべし。定はさき慧は後といふことあり。今の定慧等学明見仏性のいはれは、これらにひとしからざる也。『正法眼蔵聞書抄』「仏性」篇、読み易く表現を改めた(以下、同じ)ここで注目したいのは、戒・定の二学と「煩悩」との関係についてである。戒は業道を滅するが、煩悩を断ずることは無いとされている。一方で、禅定は煩悩を断ずるという。つまり、持戒だけでは煩悩は滅することは出来ず、禅定によって自らを変える必要がある...『正法眼蔵聞書抄』に見る「三学」論

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は立春(令和3年度)
    2021/02/03 07:47
    今日は立春(令和3年度)

    今日は立春である。【節分の拙文(令和3年度)】の記事の通りで、今年は例年よりも1日早まって2月3日が該当する。なお、立春の行持については、【立春貼符】を参照されたい。この記事では例年通り、これまでの禅僧が詠まれた「立春」の偈頌を参究してみたい。正月十二日立春に雪に値う刹那誰か覚えん刹那の新たなるを、新暦既に開き更に春を畳む。三世の正偏繋縛を離れ、十方の形容機輪を転ず。吉祥天女大歓喜、堅牢の地神最も悦誾す。箇の光明蔵裡に瑞を呈し、今朝の皇洛雪銀を敷く。『永福面山和尚広録』巻12、『曹全』「語録三」巻・499頁上段、訓読は拙僧上記の一偈は、江戸時代の洞門学僧・面山瑞方禅師(1683~1769)が、正月12日に到来した立春の日に、雪が降ったことを示したものである。なお、内容からは京都にいた頃であり、おそらくは晩年に近...今日は立春(令和3年度)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 節分の拙文(令和3年度)
    2021/02/02 07:49
    節分の拙文(令和3年度)

    今日は節分なのだが、日付が例年と比べて1日早い。でも、そういえば、子供の頃、2月3日では無い日に節分をしたような記憶があると思ったら、1984年だったらしいが、その時は4日だった。一方で、2月2日になるのは1897年以来とのこと。まだ、明治時代だったようだ。それで、何故今日になるのか?という説明について、意外と面倒くさかったので、以下のサイトを紹介しておきたい。・今年の節分が2月2日なのは2000年に原因が!?…“子午線のまち”明石・天文科学館の館長が徹底解説(まいどなニュース)ご覧いただければ分かるが、要するに2000年という閏年がかなり珍しかったので、今年が2月2日になったということらしいのだが、簡単に説明することが難しいことが分かったので、とりあえず記事に入っていきたい。それで、曹洞宗における節分の意味な...節分の拙文(令和3年度)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 皆さまに感謝・拙ブログ開設16周年
    2021/02/01 08:27
    皆さまに感謝・拙ブログ開設16周年

    拙ブログも、開設して今日で16周年となりました。まずは、ご来訪いただいている皆さまに心から感謝申し上げます。拙ブログを始めた契機は、それまで10年間お世話になっていた場所から転居したことや、当時教えに行っていた高校の授業で話せなかったことを補完するつもりだったりとか、その年の4月から2014年3月末まで勤めた研究所に入る予定でしたので、心機一転して続けてみよう等々の動機があって始めたのでした。この1年ですが、現在地へと移転・転職した7年目を、無事に終えつつあるという状況ですが、採点や論文の締め切り等、バタバタしております。ブログについては、明らかにその時々の多忙さが反映されて、ヘタレな記事ばっかりで恐縮ですし、もう、仏教系・宗教系の記事は無理して毎日アップしない、という方針にしていますので、一部の読者の方々には...皆さまに感謝・拙ブログ開設16周年

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 坊さん自虐ネタ連載開始(拝啓 平田篤胤先生0)
    2021/01/31 06:44
    坊さん自虐ネタ連載開始(拝啓 平田篤胤先生0)

    まぁ、相も変わらず現在の日本仏教の僧侶に対する批判は、凄まじいものがある。しかし、よくよく考えてみると、例えば僧侶がインドでの戒律の守り方を革命的に変更して、もう性行為して子供作ろうと、金儲けして良い車に乗りこなそうと、これを「教義」として決めたとすれば、こういった僧侶の所業を非難することは「信教の自由」に反するような気がするのは拙僧だけだろうか・・・現状としては、一方で「授戒会」や「葬儀(葬儀も一種の授戒会)」を通して、戒律の存在を思わせといて、それなのに守っていないという「現実と理想の乖離」みたいなのが気に入らないのかも知れないが、そんな細かなことまで知っている一般人はごく少数。だったら、日本の仏教宗派は、戒律無くした方が話が早そうだ・・・って、拙僧が言うまでもなく浄土真宗とか日蓮宗とか、そんな宗派ばっかり...坊さん自虐ネタ連載開始(拝啓平田篤胤先生0)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 第十三条・禅行条(『僧尼令』を学ぶ・13)
    2021/01/30 08:11
    第十三条・禅行条(『僧尼令』を学ぶ・13)

    連載は13回目となる。『養老律令』に収録されている『僧尼令』の本文を見ているが、『僧尼令』は全27条あって、1条ごとに見ていくこととした。まずは、訓読文を挙げて、その後に拙僧なりの解説を付してみたい。なお、『令義解』の江戸期版本(塙保己一校訂本・寛政12年[1800]刊行、全10巻で『僧尼令』は巻2に所収)も合わせて見ていきたい。凡そ僧尼、禅行修道有りて、意に寂に静ならむことを楽い、俗に交らずして、山居を求めて服餌せむと欲はば、三綱連署せよ。在京は、僧綱、玄蕃に経れよ。在外は、三綱国郡に経れよ。実に勘へて並に録して官に申して、判りて下せ。山居の隸けらむ所の国郡、毎に在る山知れ。別に他処に向ふること得ざれ。『日本思想大系3』219頁を参照して、訓読は拙僧以前、【第五条・非寺院条(『僧尼令』を学ぶ・5)】で見た通り...第十三条・禅行条(『僧尼令』を学ぶ・13)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 戒定慧(其の六)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究23)
    2021/01/29 10:23
    戒定慧(其の六)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究23)

    江戸時代の洞門が輩出した学僧・指月慧印禅師の主著である『荒田随筆』を学ぶ連載記事であるが、今は「戒定慧」という一章を学んでいる。早速、本文を見ておきたい。或は謂く、絶言離相の理は、是れ真諦にして真と為す。名言字句は唯だ俗諦にして而も施設の権道なりと。之を以て軌と為し非有非無の両楹に対揚す。遂に真俗の名固く分れて而も義も亦条然として各おの一方に拠に、夫れ是の如くにして而も二理尽せりと言んか。凡そ仏の言う所は、則ち猶お言にして而も言に非ず。若そ離を言を聞て謂て以て離と為は、則ち離も亦た俗なるのみ。蓋し離を言う所以は、彼の攀附して見を起し我を執し遂に邪網に入るを愍てなり。而を復た其の言に泥むは、弥いよ救ふべからず。夫れ真俗は、字にして而も以て諦の義有るを示なり。苟くも義両つながら諦と為ことを知る。其れ見亡す。其れ之の...戒定慧(其の六)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究23)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 縁起の思想って?
    2021/01/28 22:49
    縁起の思想って?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・18
    2021/01/28 09:35
    マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・18

    ドイツ宗教改革の発端にもなったとされるマルティン・ルターの『九十五箇条の提題』の日本語訳を学んでいく連載記事である。連載18回目である。18煉獄にある魂が功績を持つこと、愛が増し加わる状態にないことは、理性によっても聖書によっても証明されていない。深井氏下掲同著・18頁「煉獄」について、【前回の記事】で論じたのでご覧いただければと思うが、要は「煉獄」にある魂について、どのような状態であるのか、ルターは証明されていない、ということになるだろう。つまり、煉獄にある者の「魂」に対して、現世の宗教権力者であるローマ教皇によって、何らかの許しを与えたり、逆に罰を与えることもまた出来ない、ということになるようだ。確かに「煉獄」という、或る種の中間的状態は把握が難しく、『聖書』にも出て来ない。そのため、キリスト教の主要教派に...マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・18

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 近代曹洞宗教団に於ける教師分限制度について
    2021/01/27 11:06
    近代曹洞宗教団に於ける教師分限制度について

    現在の曹洞宗の教師分限制度は、明治時代以降の『宗制』にて定められたものである。無論、江戸時代にも僧侶の分限は存在していたようだけれども、いわゆる「教師資格」としてあったわけでは無い。それでは、その教師資格について、近代以降の『宗制』では、どのように定めたのだろうか。まずは、最初に制定された明治18年『宗制』から見てみたい。なお、最初の『宗制』は、全11号の次第であるが、「第七号」が「曹洞宗僧侶教師分限称号並試験規則」となっており、現在の「曹洞宗僧侶教師分限規定」に相当している。それから、教師分限に関連する記述を抜き出すと、以下の通りである。分限第一得度第二入衆第三立身〈已上を教師補位とす〉第四伝法第五住職第六転衣第七結制〈伝法以下を全て教師位とす〉名称第一上座第二長老第三和尚第四大和尚第一條それで、通常は、この...近代曹洞宗教団に於ける教師分限制度について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は高祖降誕会(令和3年度版)
    2021/01/26 07:41
    今日は高祖降誕会(令和3年度版)

    今日は曹洞宗の高祖・永平道元禅師(1200~1253)の誕生日に当たるとされ、宗派内では「高祖降誕会」と呼ばれている。なお、この日になった経緯だが、以下の通りである。江戸時代に大本山永平寺35世・版橈晃全禅師(1627~1693)は貞享2年(1685)に著した『僧譜冠字韻類』巻88で、道元禅師の御生誕が「正治二年庚申正月初二日」であると示した。その後、面山瑞方禅師などもこの見解を踏襲し、曹洞宗内で一般的な見解となった。そこで、永平寺、及び永平寺東京出張所では道元禅師御生誕700回の記念法要を、明治32年(1899)年2月11日に行った。そして、翌33年1月1日、曹洞宗務局(後の曹洞宗宗務庁)は旧暦1月2日を新暦1月26日と改めて高祖降誕会を定め、現代まで続いているのである。拙僧、これまでの記事で両祖の降誕会につ...今日は高祖降誕会(令和3年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 沙弥の分類について(備忘録)
    2021/01/25 12:15
    沙弥の分類について(備忘録)

    曹洞宗の場合、正式な僧階などからいっても沙弥が存在しないので、この辺はとても漠然としていると思う。よって、備忘録的に、沙弥にも色々な種類があるということで、記事にしておきたい。沙弥に三品有り、一つには七歳より十三に至る、名づけて駆烏沙弥と為す。二つには十四より十九に至る、是を応法沙弥と名づく。三つには二十より上み七十に至る、是を名字沙弥と名づく。是の三品、皆な沙弥と名づく。『摩訶僧祇律』巻29「雑誦跋渠法之七」このように、『律』の段階で、三種類の沙弥が指摘されている。なお、内容は年齢で分けられており、7~13歳が駆烏沙弥といって、その辺に来た鳥(烏)を追い払うという最低限の仕事さえ出来れば、教団にいて良いと認められた者だとされている。この件について、例えば、以下のような定義が知られている。諸比丘、既に二りの小児...沙弥の分類について(備忘録)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 道元禅師に見る公案・話頭と只管打坐について
    2021/01/24 11:18
    道元禅師に見る公案・話頭と只管打坐について

    道元禅師の教えを頂戴していると、いわゆる『永平清規』などの、明確な清規以外にも、様々な軌範的な文脈が存在する。例えば、以下の一節なども、軌範として理解されているかもしれない。示云、学道の最要は坐禅是第一なり。大宋の人多く得道する事、皆坐禅の力なり。一文不通にて無才愚鈍の人も、坐禅を専らにすれば、多年の久学聡明の人にも勝れて出来する。然、学人祗管打坐して他を管ずる事なかれ。仏祖の道はただ坐禅なり。他事に順ずべからず。弉問て云、打坐と看話とならべて是を学するに、語録公案等を見には、百千に一ついささか心得られざるかと覚る事も出来る。坐禅は其ほどの事もなし。然どもなほ坐禅を好むべきか。示云、公案話頭を見て聊か知覚あるやうなりとも、其は仏祖の道にとほざかる因縁なり。無所得、無所悟にして端坐して時を移さば、即祖道なるべし。...道元禅師に見る公案・話頭と只管打坐について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 瑩山禅師撰『總持寺十箇条之亀鏡』についての参究
    2021/01/23 10:20
    瑩山禅師撰『總持寺十箇条之亀鏡』についての参究

    今回は、曹洞宗の太祖・瑩山紹瑾禅師撰と伝わる『總持寺十箇条之亀鏡』を参究しておきたい。本文書は、現在であれば『曹洞宗全書』「宗源(下)」巻に収録されているため、容易に見ることが出来るけれども、読んでみると色々と思うところが出てくる。よって、まずは本文全体を訓読の上、各条文を学んでみたい。当寺開山十箇條之亀鏡①一当寺は依る檀越無く、托鉢をもって住持を勤めんと欲す。然るに、皇の情けに依りて勅願所と為す。故に、予の嗣法門人、尽未来際、当山を以て本寺と為し、輪次の住持を勤めて、宝祚の長久を祈り奉るべき事。②一当寺は吾が宗第三の刹なりと雖も、勅許に依りて出世の道場と為る。伝法の門人等、向後に於いて当寺の規矩を守るべき事。③一当寺は元是れ教院なりと雖も、定賢律師の請に依りて、教を革め禅と作す。故に定賢律師をもって開基と為す...瑩山禅師撰『總持寺十箇条之亀鏡』についての参究

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今更「戒名」の件でガタガタ騒いでもな・・・
    2021/01/22 06:33
    今更「戒名」の件でガタガタ騒いでもな・・・

    とりあえず、以下の一節をご覧いただきたい。戒名が今後どうなるか、どうするか、大に今から考へて置く必要がある。戒名は漢字でかく事になつて居るが、漢字といふものは段々と制限される傾向にある。この日本の言葉の趨勢に対して如何に善処するか。戒名には多くの差等をつけてゐる。院号とか居士号とか信士号とかと階級がついてゐる。これに対する知識階級の反感は段々と加はりつつある。これをどう善処するか。戒名の差等を排してしまうか。上に統一するか、下に統一するか。戒名には改善の余地が無いか、古人が考げたままで宜しいか、時勢が変つてゐるのであるから改善することが必要なのではないか。永久岳水先生『禅門住職行持学全集第十二巻戒名の知識と戒名の字鑑』鴻盟社・昭和27年、74頁まずは、上記に引用した文献の発行年を見ていただきたい。昭和27年(1...今更「戒名」の件でガタガタ騒いでもな・・・

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • コロナ禍で開けた500円玉貯金箱
    2021/01/21 09:41
    コロナ禍で開けた500円玉貯金箱

    2020年の10万円貯まる500円玉貯金箱は6万9千円。コロナ禍がいつまで続くか分らぬが今年も続ける。500円玉を見たら10万円貯まる500円玉貯金箱へ夢と希望を忘れずに2021年「希望・勝利の年」を根本に。

    智太郎

    見えない障害と闘いながら

  • 仏教徒が過ちを犯してしまったら・・・
    2021/01/21 09:27
    仏教徒が過ちを犯してしまったら・・・

    少し面白い文脈を見出したので、学んでみたい。伝に曰く、過れば則ち改むるに憚ること勿れ。本より則ち罪を悔やしめれば、清浄なり。本の如くにして異なること無し。『宋高僧伝』巻25「唐京兆大興善寺守素伝」仏教徒が、もし過ちを犯した時には、どうすれば良いかを端的に示した一節である。このように、罪を悔いれば清浄となり、元の状態になると示している。さて、ここでいう「過れば則ち改むるに憚ること勿れ」には、典拠があることは良く知られたことだろう。この部分の典拠は孔子の『論語』である。忠信を主とし、己に如かざる者を友とすること無かれ、過ちては則ち改むるに憚ること勿れ。「学而」篇以上である。確かに、曹洞宗的には、道元禅師が三教一致批判をしているので、この辺の言葉をどう評価すべきか迷うかもしれないが、道元禅師は一方で、原理原則として批...仏教徒が過ちを犯してしまったら・・・

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 死ぬのが怖いって?
    2021/01/20 23:46
    死ぬのが怖いって?

    幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。

    ゆーぱ

    「幸福の科学」の教えから 〜ゆーぱの部屋〜

  • 菩薩沙弥と菩薩比丘について
    2021/01/20 12:18
    菩薩沙弥と菩薩比丘について

    先日、【解脱房貞慶『南都叡山戒勝劣事』と『正法眼蔵』「受戒」巻について】という記事を書いたが、その際に気になった言葉がある。それは、「菩薩比丘」である。要するに、比丘ではあるが、菩薩戒も受けている者を指す。一方で、同じような概念で、「菩薩沙弥」もあるはずで、今日はその辺、菩薩戒関係の文献で、どのような定義をされているかを見ておきたいと思うのである。それで、まず、「菩薩沙弥」については、『妙法蓮華経』「化城喩品」に3箇所ほど出ており、「十六菩薩沙弥」とある。要は、16人の菩薩沙弥がいた、という話になるのだろうが、残念ながら意味や定義は書かれておらず、これ以上は不明。そして、他の文献などでも多くを見ることが出来ない。参考までに、日本曹洞宗関係の文献だと、天童如浄禅師と道元禅師との問答で、以下の一節が知られている。堂...菩薩沙弥と菩薩比丘について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 寺院の承継と企業の承継
    2021/01/19 08:41
    寺院の承継と企業の承継

    先日、このような記事を目にした。・大戸屋問題で考える事業承継計画書不測の事態に備えて早めの策定を(ツギノジダイ)この記事では、いわゆる「ファミリービジネス」とその承継についての問題点が指摘されている。ファミリービジネスというのは、余り良くない印象の言葉に直すと「同族経営」ということになるようだ。それで、この記事に注目したのは、当然に現代の日本仏教寺院の多くが、「ファミリービジネス」になってしまっているからである。もちろん、「本来の仏教は……」という議論があることは承知しているが、それをここでいってもどうしようもあるまい。そういう人は、どうぞ「ファミリービジネス」になっていない仏教寺院が存在しているので、そういうところの信者になれば良いと思う。それに、そういう議論をしたがる人は、拙寺にとって直接の関係が無い。当然...寺院の承継と企業の承継

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 大乗仏教の菩薩戒を学んでみて思うこと
    2021/01/18 10:34
    大乗仏教の菩薩戒を学んでみて思うこと

    備忘録的な記事である。拙僧自身、関わっていたプロジェクトの関係で、ここ数年、曹洞宗の戒について学んできた。曹洞宗の戒とは、道元禅師が名付けたように「仏祖正伝菩薩戒」といい、「菩薩戒(或いは仏戒)」であり、いわゆるの「声聞戒」ではない。「声聞戒」というのは、『四分律』などの各部派で伝えた『律』にて示されている戒本(波羅提木叉)を指す。もちろん、声聞という呼称自体、大乗仏教側からの呼び方であるから、「声聞戒」とは自称ではない。ただ、そうでも呼ばないと、菩薩戒との比較が出来ないので、そう呼ばせて貰っている。それで、拙僧自身が「菩薩戒」を改めて学んでみて思った感想とは、やはり「開遮持犯」についても学ばないとダメだということ。これは、「声聞戒」についても、「経分別」までしっかりと学んでみれば、どのような場面で制定された「...大乗仏教の菩薩戒を学んでみて思うこと

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 面山瑞方禅師『傘松日記』に見られる道元禅師の御袈裟について
    2021/01/17 11:08
    面山瑞方禅師『傘松日記』に見られる道元禅師の御袈裟について

    江戸時代に面山瑞方禅師が当時の永平寺貫首・大虚喝玄禅師に招かれて拝登した際の記録が『傘松日記』である。面山禅師が当代随一の学僧であったことは間違いないが、大虚禅師もまた、特に宗門の戒学について第一人者であった。そのため、お二人の議論などは、後代の我々にとっても非常に益となる。今日は、その一つとして、以下の一節を見ておきたい。二十四日、方丈に上って喫粥し、退く。〈中略〉粥後、方丈従り命有り、「威儀を具えて、来られたし」と。余、即ち盥薫して衣を整えて、上る。即ち命じて侍者を室外に出だし、戸を闔づ。預め拝席一枚を展べ、罏を装う。即ち黒漆の筐を開き、法衣を出だし、「是れ乃ち吾が祖、昔著ける所の大衣なり。袱子、福井城主の祖母・長松院瑞嶺玄祥大姉の施す所の其の様、古風にして、今の世に無き所なり」と。法衣、象鼻の九条。其の地...面山瑞方禅師『傘松日記』に見られる道元禅師の御袈裟について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 「四十八軽戒略頌」について
    2021/01/16 12:06
    「四十八軽戒略頌」について

    拙僧の手元に、『〈密宗必須〉三聚戒本』という冊子があって、内容は『梵網経』『瑜伽戒本』『根本説一切有部戒経』の3種の戒本を収録したもので、「密宗必須」とある通り、日本の真言宗で用いたものである。そこで、その中に、「四十八軽戒略頌」というのが収録されていた。今日はその「偈頌」を見ておきたい。四十八軽戒略頌前の三十戒は摂善法なり。末の十八戒は摂衆生なり。是を梵網後二戒と名づく。原典に随って訓読以上である。これは、『梵網経』の「四十八軽戒」について、前後に区分し、更にその意義付けを行ったものである。それで、この「略頌」であるが、典拠は新羅・義寂による『菩薩戒本疏』巻下之本に「又四十八中、前の三十戒、多く摂善と為す。後の十八戒、多く利生と為すなり」とあることに由来するようである。そこで、「四十八軽戒」を前三十、後十八に...「四十八軽戒略頌」について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 坊主が高級車に乗るのは破戒なのか?
    2021/01/15 08:49
    坊主が高級車に乗るのは破戒なのか?

    世俗では、僧侶が乗るべき乗用車の金額を決めているらしい。「3ナンバー」がダメだとか、外車だとダメだとか、そして、乗っている乗用車の値段で、僧侶の素質まで決めているらしい。しかも、高級車を乗り回すような坊主は最悪だそうだ。一方で、安い車を乗り潰すような者は良いらしい・・・しかし、拙僧こういう話を聞くと、こうも考えてしまえるのではないか?と思う。高級車を乗る方⇒それだけ多くの方からお布施を頂く有能な僧侶なのでしょう。安い車を乗る方⇒まともな布教も出来ず信者もいない無能な僧侶なのでしょう。どうだろうか?如上の「評価」や「意味付け」も可能ではないか。こういう風にいうと、多くの人から多くの布施を頂くのなら、それをより自動車などに使わずに社会のために還元するのが「正しい宗教者」です、なんていう話まで聞こえてきそうだが、それ...坊主が高級車に乗るのは破戒なのか?

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(3)
    2021/01/14 07:50
    面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(3)

    本書に対する解題などは、徐々に記事を遡っていただければ良いと思うので、まずは【(2)】をご覧いただき、更にその記事から(1)にも行っていただければ良いと思う。そこで、とりあえず今回検討したい一節を紹介したい。因みに室中伝来の戒壇式一巻を拝見す。末に代代の主人、各各伝授の名署・朱印・華押有り。実に希有の法宝なり。又、広福大智禅師新(親か?)筆本を以て写すの本有り。又、別に古本一巻有り。之に因んで、余の従来護持する所の本を以て、禅師之を余と読挍・考正・朱削し全を得。歓喜余り有り。即時に焼香礼拝し、古法宝を拝するの恩に謝す。『傘松日記』、『続曹全』「法語」巻・451頁下段、訓読は拙僧まず、室中伝来の『戒壇式』という表現について、注意を要する。室中伝来というのはこの時、永平寺方丈の室中に伝来されたことを意味し、その中に...面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(3)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

カテゴリー一覧
商用