徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳

徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳
テーマ名
徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳
テーマの詳細
徒然草(つれづれぐさ)は、吉田兼好が書いた随筆。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』とあわせて日本三大随筆の一つと評価されている。 つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。  〔暇をもて余しているままに、一日中(筆を執って)硯に向かって、心に浮かんでくるつまらないことを、何となく書き綴ると、怪しく物狂おしい。〕 の序段はあまりに有名。
テーマ投稿数
291件
参加メンバー
8人
管理人
ろくろく管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳 哲学・思想ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳の記事

1件〜50件

カテゴリー一覧
商用