TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

浄土真宗 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    土岐氏菩提寺南泉寺の名は頼純から 土岐氏累代供養塔

    昨日の東京15人。神奈川は7人。 減少どころか増えています。日が長くなって紫外線が豊富に降り注ぐ中、感染者が増加に反転するのはイケませんね。 もっともなべて見ていると夜のお仕事に従事されている方、夜遊びに耽った方にその感染者が多いようにも感じますのでそれを言っても意味はないでしょう。 院内感染によるクラスターなど室内の閉鎖的空間にて発生していますので自然界のその恩恵を被ることはできませんね。 その点各メーカーは紫外線について人畜無害で対ウィルス抗性の有効な周波数を発する機器の開発が進んでいるようです。 手洗い主体のうえこの紫外線を駆使すればコロナ対策としては有効だと思いますがね。 とにかくこの夏は自分自身を消毒するつもりで光の下に身を曝すことをこころがけましょう。ステイホームだけが素晴らしい生活とは言えません。 ほんの10分程度の散歩でビタミンまで作れるのですから。 昨日の境内での立ち話。 食堂を経営し、親類には料亭の経営、宴会場に酒類を納品している酒屋がある方ですが、宴会に法事後のお斎(食事会)は一切なし。また、飲食がないということでもう一つの酒類の納品は激減といいます。 本職の食堂の方はというと「参った」と音を上げていました。 それは例の持続化給付金「100万円」申請の件です。 当然に書類に目を通し申請に向けて着手したところ愕然としたそうです。 「前年比50%以上の減少」のラインに届かなかったとのこと。 何でも線引きというものは必要ですが、うまいこと微妙なラインが設定されているものなのですね。 何か、路上開催の将棋や何かインチキのテーブルゲームに小さい字で添えられた「注意書きとルール」の如く。 あと数日休業日を設けていればOKだったよう。 政府が詳細についてなかなか発していなかったことと、ご自身もしっかり確認していれば・・・と後悔しきり。 これもやるやる詐欺だったとは・・・色々あれはダメこれはダメのあれこれと揃える書類の多さなどハードルも高そうです。 その方は「いつまで続くかわからないのでそろそろやめようか・・・」と弱気になっていました。 何が「持続化」でしょうか・・・。 さて、先日は「六万墓」の建碑者として南泉寺の和尚の名が記されていましたが、その南泉寺が大桑土岐氏の菩提寺と言われているお寺。 実はその「南泉」とは10代目土岐頼純の戒名「南泉寺殿」から。開基が土岐頼純いうことですね。要は「帰蝶」の元夫。 そ

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 2位

    大桑城四国堀六万墓の先 宝篋印塔レリーフ 千人塚

    昨日の東京11人。神奈川は人。解除後も減少感ありませんね。 まだまだ県外移動自粛の雰囲気漂う中ではありますが、私はどこかのタイミングを狙っています。 奥方は山梨のフルーツ系の農場にならば・・・と言っていますのでどこか私の趣向と紐づけして計画することにします。 静岡県を含めた中部9県は「互いに県をまたぐ移動」についてやめることを申し合わせたとのことで、静岡県は首都圏絶対ダメのニュアンス響く中、山梨県は互いに移動に制限を設けないという特別便宜。 「バイ・ふじのくに」キャンペーンだそうです(静岡県サイト)。 よって例の偽ステッカー、「静岡ナンバーですが山梨在住です」など作らなくても安心なのです。 よって今、静岡県で山梨ナンバーを見かけたからといって無茶してはダメですよ。 それにしても最近、解除後は他府県ナンバーが多くなりましたが、なぜかそこに目が行くようになっています。ということはどちらにおいても同様で「自粛警察」のターゲットになり得るのでしょう。 150号線ですれ違う他府県ナンバーは以前のような波乗り目当てでやってくる愛知以西の人々ではないのです。 なぜならば海水浴場含め海浜の入口にはロープが張られ、駐車場へ入ることも排除されています。 サーフィン目当ての人々をシャットアウトしたとしても経済的損失についてはそう大したことはないでしょうが、今年の夏は海水浴場の閉鎖が決定していますので「海開き」イベントはナシ。 毎年海開きには海難供養祭が一緒に行われますので毎年そちらにはお邪魔していました。それに関しては中止にはせず、相良仏教会所属寺院が集まって小規模ながら開催するとのこと。 ただし梅雨の真っ最中、今年はいつもの「海の家」が建てられないはずなので、「どちらで?」というところ。 思うに、海水浴場が閉鎖となると、相良も榛原も寂しい夏となりましょう。猛暑予報が出ているにもかかわらずですからね。 紫外線降り注ぐ砂浜にコロナウィルスが活性化するはずはありませんが。 要はこの結論は学生アルバイトのレスキュー部隊が編制できないというのが一番の理由だそう。 書生さんたちは春からの休講によってこの夏は勉学に忙しくなるということでしょう。 この「海の家」問題は再燃するでしょうね。 昔で言えば相良の海は海水浴客でもっていたようなものですが今はといえば海遊びしない世代と遊びの多様化でほとんどガラガラ状態となって、「海の家」からの撤退が続いていま

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 3位

    南泉寺土岐家累代供養塔上の覆堂五輪塔は土岐頼純

    昨日の東京22人。神奈川は10人。 また増えだしました。体力限界という中、緩和雰囲気が人々の心に隙を生んでの結果でしょうね。 昨日は前夜の通夜に続いて出棺葬儀、お悔やみに。 「宣言」の期間にはそういった法縁はありませんでしたので「新しい方式」になって初めてのご縁でした。 まず驚いたのが通夜。 仏事開式がなんと17時からでした。夏至も近い夏の通夜といえば冬季の18時→19時開式というのが一般的になりますがこの早い時間の開式はコロナ対策ですね。 まず親族のみで通夜式を執り行い、坊さんは終了次第退散。 18時より一般会葬者の焼香という区分けがなされたのでした。 式終了後帰宅、お寺に到着した時間がまだ日没前で「通夜」という感じにはありませんでしたね。 そして、エアコンは当然にオンにはなっていますが、通気を良くするために窓や戸は開けておきますので外の車の音も気になりまたなにしろ暑い。 その暑さの中マスク装着の上「小声で」というわけにはいかない読経の時間は結構に辛いものがありました。 不敷布マスクの装着でしたが息継ぎのタイミングはまぁ許容範囲ですが、暫くするとマスク内部の繊維がほどけたか汗とそれが反応してやたらとむず痒い。繊維が自らの声に震えてそれが増幅します。 義母が作ってくれた布製マスクは既に一般の法事では登場させていますが私好みということで3点ともネコ柄。 さすがに葬儀にはやめておこうということになりました。 長時間読経に適したマスクとは何ぞや・・・一つ課題となりました。 だいたい「デカい声で話さない」というコロナ禍下の掟に反することを三密の中で執り行うことにムリがあるのですが。 昨晩は五木寛之87歳が夜のNHKのニュース番組に元気に出られていました。かつての著名な書籍「大河の一滴」に再着目されているといいます。 師の原点は当流開祖親鸞さん。真宗的発想をベースにしていますのでその時間はしばしテレビを注視しました。 「苦しみの中から光を見つける」「時代を精いっぱい生きる」コロナ禍にもがく我々へのメッセージがしらされました。 また「独りで生きているワケではない」という言葉に昨日の故人の法名にあった「紐」という文字に準えて「おかげさまと有難う」についてお話させていただいたことを思い出しました。 尚、その文字「紐」は故人の息子さんのリクエストでした。 画像は昨日記した土岐氏累代供養塔の丘、さらにその上にある覆堂に納まる五輪塔。

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 4位

    色即是空

    色即是空空即是色からだはからだからだからだは体は空だ空だ体は体即是空空即是体色即是空

    HO

    一体全体

    読者になる
  • 5位

    2020年5月26日 ho散歩

    2020年5月26日ho散歩2020年5月26日ho散歩

    HO

    一体全体

    読者になる
  • 6位

    ある

    あることかたき今日であるある

    HO

    一体全体

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)