TOPICS

浄土真宗 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    「熊」脅しに苦笑 下城戸登山道 一乗谷城一条城山

    平等院鳳凰堂の屋根に用いられた木材の年代を調査したそうです。私はその手の歴史遺物の年代測定についてかなり大まかな数字だろうとしか思っていませんでしたが発表された数字はハッキリとした数字。 1053年に建てられたという平等院ですがその7年前の1046年に伐採したヒノキで尚産地は滋賀県高島市と。 「樹皮直下の年輪」で伐採年代を計るようですがその算定メカニズム、サッパリわかりませんね。 凄い技術だと思いますが・・・ 年代測定して期待する推定時期よりずっあと、たとえば江戸時代だったりすれば、やるせなくなりそうなところですがしかしピンポイントで「7年前」などと出てしまうのは圧巻。 すると考えたくなるのは材の乾燥時間。 どのくらいの工期が掛かっているのかと考えるに「7年」となると伐採間もなくという感じがします。 屋根ならそんなものでしょうか。 さて、日本海側の中部各県で9月末より熊の出没情報がありました。福井から始まって昨日は新潟の魚沼の市街地に出て3人ほどケガをさせて山に帰ったとのこと。 ニュース画像では生々しくも流血の状況が映し出されていました。まさに民家の車庫前でした。 山城廻りは楽しいことこのうえありません。 夏季の城廻りは避けるところですが、そろそろ京都滋賀福井あたりの城にでもと思いが沸きつつあるこの時期、その熊出現と人さまへの傷害のニュースを見たりすると一気に意気消沈。 基本独り歩きですのでああいう看板はヒジョーに不安にかられますね。 拙ブログでも何度かその手の看板を記して恐怖を伝えていますが、たとえ冬場であっても彼らがおとなしく冬眠しているものかビクビクものです。 熊とは別にこの時期遭遇したくないのはスズメバチの襲来。 これはうっかり地中の巣を踏み抜くことによってその禍を招くのですが、先日も亡くなった方の報道がありましたが体中100箇所以上刺されていたといいます。 スズメバチと熊どっちがマシかまじまじ考えますが、スズメバチの巣を踏み抜けばまずアウトでしょう。 私はアシナガバチたった1匹に顔面を刺されただけで腫れあがって会社を休みました。 それがキイロスズメバチの大群で×100だったとしたら生きていられないことくらいはわかります。 熊とはご対面の経験がありませんが命を落とすにまではいたらないかと。 ただ、立ち直れないような傷を負いそうです。 そもそも痛い思いはしたくないですね。 画像は独りで歩いた一乗谷城の一条城

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 2位

    安倍川川会所 弥勒交差点交番 河原の弥勒院

    このいよいよ佳境に入ったRWC。 ベスト8の4試合私は「全部見る」勢いでスタンバイOK。 何といっても20日夜の南ア戦はこれまでの私のスポーツテレビ観戦の中で一生のうち二つ三つとないくらいわくわく度upのお楽しみ。 ところが何の気なしに見たスケジュール表を見て硬直してしまいました。 その日の19時からお取越しを数週間前に承ったことを思い出しました。 「その日でなければ家族が揃わない」ということでしたね。 私はこのどうにもならないタイミングについて一瞬棒立ちにはなりましたが奥方の「私が代わりに観戦」の言葉に納得しました。そのお宅には若い方たちがいらっしゃいますのでみんなで集中力が欠けてしまいやしないか少し心配です。 私は年がら年中うわっついていますが。 IOCのThomas Bach氏によるマラソンと競歩の開催場所の札幌変更案について私は何らの利害関係人ではありませんので好きな事を言わせていただきますが、先般ブログで記した通り、札幌大賛成派。 これからどうこうと未練がましく東京でやりたいとか予算は国に出して欲しいなどあの知事殿はのたまわっているようですが、この段階で「勝負あり」の気がしますね。 「選手と観客の命を守る」という大義にかなうものはありません。当初青天の霹靂だった様子(つまはじきにされていた?)満載で「そんなら北方領土でやってもらえ」風の捨て台詞にはあの人のまともじゃないお頭とあの人を選んだ東京の地に呆れましたね。 無理なものはムリ、諦めってものが肝心でしょ。 さっと引いて善処する、それがまともな政。 そもそもへりくだって「我こそは」といいながらオリンピックを招致したはず。天候の件も高温リスクのネガティブ披露は無かったはず(隠していたといわれてもしょうがないかも)。 そこのところ少々遅かったのですが「今、気が付いた」ということ。 花道を歩くことばかり考えるお寒い政治屋ばかりでヒステリックに口を尖らすあの人を見てついついいつもの「ざまぁ見やがれ」「みっともねぇなぁ」の台詞が出てきそう。 「札幌の皆さんおめでとうございます。よろしくお願いしますね。ではお金のことはこれから調整することにしましょう」のニッコリ笑っての弁がオトナ。折角のイベントを貴女がぶち壊しにしかねませんね。 自分があとから浴びるであろう地元批判を「被るのだ」という意気も必要。 まぁテレビ画面の前に鎮座している私は所詮傍観者です。 どっちでもイ

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 3位

    備えは必要です。Necessity to prepare

    learningenglish.voanews.com この記事に、こんな一節があります。「専門家の話では、日本人は、災害の危険にもっと気がつく必要があり、政府が世話してくれるのをあてにするのではなく、もっと自分で準備するべきであるという。」たしかに、治水は政府の仕事ですが、避難するのは私たち一人一人です。政府の対策を検証するだけでなく、私たちが備えをすることも必要です。This article reports the typhoon Hagibis disaster of Japan. This article says following; Japanese need to be more…

    多田修

    お坊さんと落語のブログ

    読者になる
  • 4位

    私の趣味

    勉強会で「西原さんは、何を基準に本を選んでいるのですか」と訊ねられました。私のブログを見ていての興味です。これといった基準にはないんですが、毎月柏市の図書館が購入した本を大方検索して、面白そうな本があればリクエストして落掌する。それと仏教関係の本は、図書館の検索に「仏教」「法蔵館」「親鸞」などの文字を打ち込んで、出てきた一覧の中から興味深い本をリクエストします。また、『自尊心という病』『「健康」という病』『一億総ガキ社会「成熟拒否」という病』『許せないという病』『「健康」という病』といった社会が持っている闇を啓発した本や、新聞に掲載されたコラムや評論で興味深い人がいれば、その人の名を図書館の検索にかけてリクエストします。ちなみに一昨日借りてきた本は、『暴走する能力主義―教育と現代社会の病理』(ちくま新書・201...私の趣味

    仏教を楽しむ

    仏教を楽しむ

    読者になる
  • 5位

    20日の御朱印対応について

    明日20日は、町内の避難訓練参加のため13時ごろからの対応となります。予め御了承ください。合掌

    syaku yuishin

    常敬寺副住職のブログ

    読者になる
  • 6位

    仏力―生活仏教のダイナミズム

    古い本(2004/10)ですが『仏力―生活仏教のダイナミズム』(佐々木宏幹著)を図書館から借りてきました。著者は、駒沢大学名誉教授で曹洞宗の方で、宗教人類学・宗教文化論の研究者です。目次は下記の如くですが、多岐に亘っています。第1章日本人と仏教―「教理」と「民俗」のはざまで第2章本山・本尊・先祖信仰第3章「仏」と「ほとけ」と「ホトケ」第4章盂蘭盆会と彼岸会第5章日本人の宗教意識第6章仏教僧侶とその役割第7章生活仏教とは第8章宗教的ダイナミズム考おわりに日本人が「無宗教」というのは本当か「第7章生活仏教とは」に「2葬祭と生活仏教」とあり、平成11年(1999)4月から、曹洞宗総合研究センターで「葬祭問題」について4年をかけて研究・調査を行い、平成15年3月末に『葬祭-現代的意義と課題-』としてまとめた記事が掲載さ...仏力―生活仏教のダイナミズム

    仏教を楽しむ

    仏教を楽しむ

    読者になる
  • 7位

    秋、いろいろ

    当寺境内の金木犀、今年も2度咲きです。 秋風だったり、蒸し暑かったり、不安...

    Kei

    煩・悩・図・鑑

    読者になる
  • 8位

    不安な気持ちを安心に変えるのが輝来心です!

    おはようございます。タカです。 安心感と不安感ならどちらが好きですか? 安心出来る生活というのは大変幸せなことです。 金銭面、健康面などで不安を抱えている人も 大勢いらっしゃいます。 漠然とした不安に心が押しつぶされそうな人も たくさんおられます。 輝来心のお勤めによって得られる安心感について 今回、書いていきます。 それでは学びのブログへ。

    axe52タカ

    輝来心の言葉

    読者になる
  • 9位

    財布を拾ったら 安倍川左岸から旧東海道手越宿

    セレブのお住まいの代名詞となった感のあるタワーマンションの件、この機に一気にその「冠」を外されてしまったようですね。 気の毒に思うのは折角の眺望良さげの快適の空間が逆にそれが仇となって各苦痛の元凶になるというのですから。 きっと眺めだけでなく財布の出費もお高かったのでは・・・と余計な詮索をしてしまいそうですが、それだけに住まわれている方の現状対面されている辛辣には他人事ではありますが思いが及びます。 空前のタワマンブームと言われて久しいものがあります。 今回注目を浴びた川崎多摩川沿いの物件とは異なりますが 都内臨海部にそれら巨大建造物が乱立してそれら関係業種に限ってはほくほくでしょう。 地方からの人口流入の受け口になっていることはうすうすわかっていますので我ら毎度人口減少で頭を痛めている田舎者からすれば地方創生といいながら規制緩和と金融政策をしてタワーマンション創生を推進しようとするその二枚舌には苦々しく思うところでした。 そういったところもありましたし、そもそも「タワマンて大丈夫なの?」の考えもあったのですがとかく耐震性にのみ「大丈夫」の自信満々の論ばかり。 素人考えであってもやっぱり「ヤバいんじゃ?」のではあったもののその疑問を強く言ったとしても「カネの無いヤツの僻み」程度にしか思われないだろうと口を噤んでいたわけですが、今回の事で「やっぱりヤバかった」と溜飲が下がる思いもしたわけですね。 単純に考えて良かったのです。 電源と水道がオフした場合は私どもと同様、高所すぎて潰しが効かない分ハッキリ言って「どうにもならない」住居だったのでした。 また今回の台風被災によって「ハザードマップ」にスポットが当てられていますが、どうやらそのマップの件、かなりの「浸水的中率」が出ていて大いに驚きましたね。 まぁそのマップで確認するまでもなく湾岸タワーが建つ場所は一昔前の海。 私は高い場所は嫌いではありませんが(奥方は例の「バカは・・・」と形容)タワマンの「空中の孤立」を想像するにそちらでの生活などまったくあり得ないでしょう。 カネもなしの論外そして臆病者の私には地に足が付いていない生活は不安で枕を高くして眠れません。 さて、安倍川というと瀬切れといって近年はその水量の少なさがいわれていますが私の知る安倍川といえば堤防を隔てた南安倍の住居地区の地盤の低さについて、増水氾濫や堤の決壊を連想して結構な恐ろしさを感じてしまいます。

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 10位

    お見舞い申し上げます

    台風一過、といっても大きなつめ跡を残してくれました。各地の被災された皆さまには...

    Kei

    煩・悩・図・鑑

    読者になる
  • 11位

    Mahler: Adagietto Symphony 5 - Karajan*

    Mahler:AdagiettoSymphony5-Karajan*Mahler:AdagiettoSymphony5-Karajan*

    HO

    一体全体

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧