TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

原始仏教 新着記事

NEW POST
help
  • 老子を逆さまに表現する ~ 第十八章 仁義(じんぎ)廃(すた)れて、大道(だいどう)有(あ)り

    老子を逆さまに表現します。第十八章仁義(じんぎ)廃(すた)れて、大道(だいどう)有(あ)り『思考を使った「仁」や「義」という概念が廃(すた)れたから、法(ダンマ)を見る大道(だいどう)が現れた。法(ダンマ)を見る大道(だいどう)が現れたから、思考を使った数々の概念が廃れ、互いにだまし合うこともなくなった。法(ダンマ)を見る大道(だいどう)が現れたから、思考を使った「孝行」や「慈愛」という概念が廃れ、家族が仲良くするようになった。法(ダンマ)を見る大道(だいどう)が現れたから、思考を使った「忠義の家来」という概念が廃れ、国の混乱は治まった。』精神世界ランキング老子を逆さまに表現する~第十八章仁義(じんぎ)廃(すた)れて、大道(だいどう)有(あ)り

    ぼうぼう

    みろく菩薩として みろくの世をつくる

    読者になる
  • 法華経(ほけきょう)「薬草喩品第五」(やくそうひゆほん)ほぐし読み⑤

    この法華経(ほけきょう)「薬草喩品第五」(やくそうひゆほん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし読み

    えん坊&ぼーさん マンガで楽しい「原始仏典」

    えん坊&ぼーさん マンガで楽しい「原始仏典」

    読者になる
  • 真摯な人とそうでない人

    高原 (126.42.33.248) 2020-09-23 20:40:21 ショーシャンクさん、こんばんは。 石飛道子さんは理路整然と話される良識的なかたで、ご自分の分もわきまえて驕ることもない、お話も上手でとても感じの良い女性だと思います。 14経を一文字も漏らさないつもり読みました。指摘のあった釈迦が菩薩を語ったとされる「いろいろ言い立てる世俗人に辱められ、その(不快な)言葉を多く聞いても、荒々しい言葉を以って答えてはならない」という箇所ですが、この言葉は菩薩に特化した表現ではなく、独覚、声聞にも当てはまる言葉で、これが菩薩というなら単なる「こじつけ」と思います。 梅原猛、立川武蔵が龍樹…

    ショーシャンク

    仏教についてのひとりごと

    読者になる
  • 日月神示 ~ 一厘の仕組み

    日月神示~一厘の仕組み日月神示第1巻上つ巻第21帖21「…世の元の大神の仕組みというものは、神々にもわからん仕組みであるぞ、この仕組みわかりてはならず、わからねばならず、なかなか難しい仕組みであるぞ、知らしてやりたいなれど、知らしてならん仕組ぞ。…」日月神示第1巻上つ巻第28帖28「…残る一厘は誰も知らぬ所に仕かけてあるが、この仕組、心で取りてくれよ、…」日月神示第29巻秋の巻第28帖769「…残る一厘はいよいよのギリギリでないと申さんから、疑うのも無理ないなれど、見て御座れよ。神の仕組、見事成就致すぞ。一厘のことは知らされんぞと申してあろう。申すと仕組成就せんなり。…」日月神示~一厘の仕組み

    ぼうぼう

    みろく菩薩として みろくの世をつくる

    読者になる
  • かみなり ⇒ 神なり(神成) ⇒ 雷

    かみなり⇒神なり(神成)⇒雷法(ダンマ)とは何なのか?簡単に言えばダンマ(法)は雷(かみなり)のことです。雷は「光の働きをする電気」と「プラスの働きをする電気」と「マイナスの働きをする電気」の三つの電気によって構成されています。また、三つの電気は「かみなり」の時以外は、それぞれ単独で存在しており、空間の中に隠れています。古事記の序文に「古事記の天地開闢と造化三神の登場」が記述されています。『天地が初めて分かれた時、高天原(たかまがはら)に登場した神の名は「天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)」、次に「高御産巣日神(タカミムスビノカミ)」、次に「神産巣日神、(カミムスビノカミ)」。この三柱の神は、みな獨神(ひとりがみ)と成りまして、身を隱(かく)したまひき。』とあります。日本列島の古代人が、人間の側から「神なり...かみなり⇒神なり(神成)⇒雷

    ぼうぼう

    みろく菩薩として みろくの世をつくる

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)