TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

聖書・聖句 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    どんなときにも、私のそばにいて、救うと言ってくださる方が

    「ローズンゲン『日々の聖句』」より、日々の聖書の言葉を紹介しています。聖書の言葉を中心に、生活に光が差し込むようでありたいです。

    ソヨギ

    どんなときにも、私のそばにいて、救うと言ってくださる方が

    読者になる
  • 2位

    「イエスの証し」第三章 血による復活の命(2)

     私たちはほんの少し見ましたが、アベルは地上における主の最初の証し人であり、サタンの全力の敵意に遭って死にました。しかし、彼のからだは滅ぼされて殺害されましたが、霊においては勝利して勝利者の証しの系譜の最初のものになりました。彼は血のゆえに勝利しました。彼が勝利したのは彼の証しの血のゆえでした。彼の勝利の性質について、私たちはもう少し詳しく触れることにします。さしあたって事実に触れるだけです。アベ...

    オリバー

    「イエスの証し」第三章 血による復活の命(2)

    読者になる
  • 3位

    私たちは、心の倉から良いもの、悪いものを出しているようですね

    「ローズンゲン『日々の聖句』」より、日々の聖書の言葉を紹介しています。聖書の言葉を中心に、生活に光が差し込むようでありたいです。

    ソヨギ

    私たちは、心の倉から良いもの、悪いものを出しているようですね

    読者になる
  • 4位

    「イエスの証し」第三章 血による復活の命(3)

    血は命である さて、少しのあいだ、この血の性質のおかげであるこの勝利の性質に、さらに向かいたいと思います。そこで、まず最初に、「血」というこの用語を判別・定義する必要があります。次のような場合、私たちは自分たちの思いの中から象徴的思想を取り除かなければなりません。すなわち、「血」という言葉は象徴的用語であるという理由により、その象徴的思想のせいで、この血の真の意義を知的に誤解したり理解しそこなった...

    オリバー

    「イエスの証し」第三章 血による復活の命(3)

    読者になる
  • 5位

    年間第26主日2020:富める人も貧しい人も…

    教皇フランシスコ《パンデミック後の選択》「新たな炎のように」からメッセージ部分を書き出して、並べて見ました。弱く、小さく、病いや障害があり、苦しみがあるからこそ十字架にも生にも死にも意味があること、そして「無関心、エゴイズム、忘却」という罪を自覚する試金石としてのパンデミック考。もう、元には戻れません。動画・ライブミサ配信情報、更新しました。

    catherinesaori

    年間第26主日2020:富める人も貧しい人も…

    読者になる
  • 6位

    人の子は安息日にも主です

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    人の子は安息日にも主です

    読者になる
  • 7位

    信じて生きる…サラの信仰

    原口貞吉という牧師さんが、熊本で開拓伝道を始めたのですが、求道者も、お金も無く、途方にくれている時、駆け出しの伝道者に、東京の地から励まし続けてくれた人がいました。 その人は、「花」さんという方で、原口牧師が神学生の時に、奉仕で通った教会の会員の方でした。83才の方でした。 開拓伝道を始めると、花さんからの手紙が届けられ、彼女が倒れて書けなくなるまで続きました。80通近い手紙とハガキでした。伝道が遅々として進展を見ない時期の、ともすれば、挫けそうな牧師の気持を限りなく支える、大きな励ましとなったのでした。 どうして、「花」さんが、このように若い牧師を励ますことができたのでしょうか。それは主を信…

    DUGON(ジュゴン)

    信じて生きる…サラの信仰

    読者になる
  • 8位

    すでに得たのではない

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    すでに得たのではない

    読者になる
  • 9位

    「イエスの証し」第三章 血による復活の命(1)

    聖書朗読:ヘブル一〇・一九~二〇、創世記八・二〇~二一、一ペテロ三・一八~二一、マタイ三・一三~一七 前の章で私たちは、主がイエスの血の強力な効力に関して、御言葉を通して新たな方法で私たちに語りかけることができる領域に入ろうとしました。特に、悪の軍勢からのますます強まる霊的圧力――終末の状況はこのようなものであると神の御言葉は啓示しています――の観点からそうしようとしました。私たちは終末の状態を示す黙...

    オリバー

    「イエスの証し」第三章 血による復活の命(1)

    読者になる
  • 10位

    救いの不思議さ

    神の恵みとは、〈良いものを受けるのに値しない者であるのに、良いものを受けること〉と聞いて、〈そうなんだ〉と思うが、あまり深くは考えない..本当に、〈自分は良いものを受けるのに値しない。〉と思う人はどれだけいるだろうか。自分が救いに選ばれたのは、何かしら〈

    すずめ

    救いの不思議さ

    読者になる
  • 11位

    いのちの恵みを。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

    人の血を流す者は、人に血を流される、神が自分のかたちに人を造られたゆえに。(創世記第7章第6節)☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★上記の聖書の言葉はいわゆる「因果応報」の思想ではない。わたしはフツーのクリスチャンとして最も重い罪は「殺すこと」だと思っている。以前にも書いたが、人間は他の生き物を命あるものを殺さなければ生きてゆけない。つまり動物を殺して食べること、植物を殺して食べなければ生きてゆけない。わたしのようなフツーのクリスチャンにとっては命とは主イエス・キリストの命だ。主イエス・キリストより与えられた命だ。主イエス・キリストという神さまの命だ。主イエス・キリストが創造した命だ。命とは愛だ。命とはまさに神の愛そのものだ。だからはかり知ることが出来ないほどに重く、大きく、全宇宙そのものと言っていい。その「愛」を...いのちの恵みを。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

    少女ジーザス

    いのちの恵みを。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

    読者になる
  • 12位

    ☆みことばの種とよい心☆神さまは私たちを愛しておられます。☆

    こんにちは😃ヽ(´ー` )ノいつもお祈りありがとうございます❤️今日は、ルカの福音書8-1-21のみことばのまなびをしました。みことばにもさまざまなたとえ話…

    川崎香

    ☆みことばの種とよい心☆神さまは私たちを愛しておられます。☆

    読者になる
  • 13位

    あなたの価値

    人はあなたを忘れ、時に傷つけるかもしれない。でも神様はあなたを忘れず24時間365日フル稼働であなたを愛し、働かれている。何せ神様はあなたに御子イエス様を与え…

    petermakoto

    あなたの価値

    読者になる
  • 14位

    小さな家族の小さな祈りは全宇宙。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

    主よわたしのすべての願いはあなたに知られ、わたしの嘆きはあなたに隠れることはありません。(詩篇第38篇第9節)☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★フツーのクリスチャンのわたしは、わたしの救い主、わたしの神、主イエス・キリストにわたしのすべてが完全に知られているということに何ものにも代えがたい「安心感」を覚える。わたしの心の隅々まで、奥そこまで、魂のすみずみまで、体のすべての状態まで、主イエス・キリストは知っていてくださる。だから主イエス・キリストは、わたしにとって「親であり、医師であり、親友」のようなものだ。掛け買いのない存在だ。わたしは主イエス・キリストになら何でも話せる。親にも学校にも友達にも、誰にも話せないことを主イエス・キリストにならなんでも話せる。わたしは30年ほど前に、自殺未遂を何度も繰り替かえしている...小さな家族の小さな祈りは全宇宙。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

    少女ジーザス

    小さな家族の小さな祈りは全宇宙。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)