TOPICS

聖書・聖句 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    「私たちの戦い」 序文

     以下の諸章は、ロンドンのオノ・オークでの大会のメッセージとして与えられました。これらの章の背後には神の奉仕における少なからぬ霊的経験が背景としてある一方で、それらのメッセージが与えられた調子は、陸軍元帥ウィリアム・スリム卿の大著「敗北から勝利へ」を読むことによって鼓舞されたものです。どの章も実際には一冊の本が必要です。この小著に記されていることよりも、記されていないことの方が遥かに多いからです。...

    オリバー

    オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 新着ブログ

    読者になる
  • 2位

    時間は癒す事が出来るのか?

    時間が私たちを癒すのではない、神様が私たちを癒されるのだ。 所感)確かに時間が立てば痛い事は忘れる、けど後でフラッシュバックすることさえある。何とかしようとか…

    petermakoto

    休職牧師の聖書のおはなし

    読者になる
  • 3位

    立ち上がらせてくださる(昨年9月6日未明の北海道大震災で被災をして31)

    ↓は昨年9月6日に北海道胆振東部地震を被災して3か月たったころに書いたものです。今年も多くの災害があったし、10月の台風による被害は各地甚大だった。そんな被災…

    petermakoto

    休職牧師の聖書のおはなし

    読者になる
  • 4位

    光そのもの、まことそのものであられる方が来てくださって

    「ローズンゲン『日々の聖句』」より、日々の聖書の言葉を紹介しています。聖書の言葉を中心に、生活に光が差し込むようでありたいです。

    ソヨギ

    風にそよぐ葦(祝福のそよぎ)

    読者になる
  • 5位

    日々、私たちを担い、救われる神に

    「ローズンゲン『日々の聖句』」より、日々の聖書の言葉を紹介しています。聖書の言葉を中心に、生活に光が差し込むようでありたいです。

    ソヨギ

    風にそよぐ葦(祝福のそよぎ)

    読者になる
  • 6位

    解放の時が近いのだそうですから

    「ローズンゲン『日々の聖句』」より、日々の聖書の言葉を紹介しています。聖書の言葉を中心に、生活に光が差し込むようでありたいです。

    ソヨギ

    風にそよぐ葦(祝福のそよぎ)

    読者になる
  • 7位

    12/8 同じ生き方

    本日の聖句 - Iヨハネの手紙 2:6 Iヨハネの手紙 2:6(リビングバイブル版)自分はクリスチャンだと言う人は、キリストと同じ生き方をすべきです。毎日聖書を読もう。日曜だ、教会へ行こう!...

    (0ᴗ0)♪

    ジョイフル♪ノイズ

    読者になる
  • 8位

    祈りの力

    とあるキリスト者のブログ

    withyou531

    Jesus is Love

    読者になる
  • 9位

    12/7 一方的な恵み

    本日の聖句 - テトスへの手紙 2:11 テトスへの手紙 2:11(リビングバイブル版)というのも、永遠の救いという神からの一方的な恵みは、だれにでも提供されているからです。毎日聖書を読もう。明日は日曜日、教会へ行こう!...

    (0ᴗ0)♪

    ジョイフル♪ノイズ

    読者になる
  • 10位

    クリスマスプレゼント交換

    「まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。しかし、彼は、私たちのそむきの罪…

    petermakoto

    休職牧師の聖書のおはなし

    読者になる
  • 11位

    取り戻せない時間

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    毎日の黙想と聖句

    読者になる
  • 12位

    ロザリオの祈りとけがれなき聖母の御心

    2019年12月8日は、主日であると同時に聖母マリアの無原罪のおん宿りの大祝日でもあります。聖母マリアのけがれなき御心のとりなしにより、わたしたちが聖母マリアの御心を小さな手で行動できるよう、祈りましょう。アヴェ・マリア!

    catherinesaori

    キリストとともに

    読者になる
  • 13位

    「私たちの戦い」 目次

    私たちの戦いT. オースチン-スパークス目次序文第一章 最高司令官第二章 二つの主な目的第三章 士気第四章 知性、単一性の中の多様性と、多様性の中の単一性第五章 精神もしくは心構え第六章 訓練、備え、柔軟性オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館...

    オリバー

    オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 新着ブログ

    読者になる
  • 14位

    福岡・エアガン傷害  Luke 12:6

    このエアガン虐待の話を初めて聞いたのは、ミニキャベツが8ヶ月か9ヶ月の頃だったろうか。「うちのチビ助なんて、もう10kgなのに、、、一歳四ヶ月で6kgだなんて…!」と驚いたことを覚えている。「エアガンなんて、大人でも痛いのに」「赤ちゃんの、このもちもち肌なら、もっと痛いだろうに」と、キャベツとトマトは気の毒に感じた。ミニキャベツに、エアガンを向ける?考えられないことだ。育児ノイローゼの三つ子のお母さんの件など様々な事件があるが、この件は、なぜこんなことをしたのか(なぜ、そんなことができたのか)、自分にはどうにも理解できない悲しい出来事だ。だが、1つだけ望みがあるとすれば、神様は、そんな幼子を憐れんでくださって、ラザロのように、今は、痛みも苦しみもないところで安らかにしてくださっているだろう、ということだ。そう願...福岡・エアガン傷害Luke12:6

    キャベツ

    さすらうキャベツの見聞記

    読者になる
  • 15位

    信仰によって失う時

    とあるキリスト者のブログ

    withyou531

    Jesus is Love

    読者になる
  • 16位

    平等ということ。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(新約聖書)

    「どんな貪欲にも注意してよく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」(ルカによる福音書第12章15節)☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★財産家だとか、お金持ちだとかいうだけで世間の人はその人物に一目も二目もおいていわゆる偉い人だという評価をする。しかし主の評価なさることは全く違う。そもそも主は評価などなさらない。わたしたちに同じようにというより「平等」でいてほしいからである。あの人はお金持ちであの人は貧乏だという不平等は主の教えにも思想にも全くない。わたしたちはいかにして「平等」にさせていただくかによくよく注意しなければならない。精神的にも、肉体的にも。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★↓:平等。にほんブログ村平等ということ。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(新約聖書)

    少女ジーザス

    ポエムな言の葉パラダイス

    読者になる
  • 17位

    詩篇81(モーセは神を信じなかった)

     イスラエルの祭り(1~3節)は、神が定めた(4節)。それは出エジプト(神の救いの御業)の証しの為であり、それを忘れないようにする(記念の)為なのだが、詩人は「知らなかった」と言う(5節)。新共同訳では「思いがけない言葉を聞いた」となっている。その言葉とは、6~10節の「出...

    金本友孝

    預言書としての詩篇

    読者になる
  • 18位

    キャベツ

    キャベツを食べる夢をみた。器に入っていて、四角に切った沢山のナマのキャベツを美味しく食べてる私。なんでキャベツ?キャベツを食べたい意識が、夢の中に出てきてしま…

    koguma

    kogumaのブログ

    読者になる
  • 19位

    けがれなき聖母の御心に祈る


    2019年、A年待降節第二週の主日は、12月8日、無原罪の御宿りの聖母の大祝日にあたります。日本ではこの日にミサにあずかるチャンスはあまりないので、ぜひ聖母の汚れなき御心にこの週の祈りを捧げたいと思い、書き下ろしました。聖母の騎士会の活動と聖コルベのご紹介もあります。

    catherinesaori

    キリストとともに

    読者になる
  • 20位

    キリストはどこにいるのか(雅歌1:5~8)

     「あなたがこれを知らないのなら山羊を飼え」(8節)という不思議。  「あなた」(女の中で最も美しい人=神の目に高価で尊いとされた信仰者)は何を知らないのか。それは「羊飼い(キリスト)の居所」である(7節)。主の牧場はどこなのか、どこで命の水を飲ませて頂けるのかを見失ってい...

    金本友孝

    預言書としての詩篇

    読者になる
  • 21位

    12月8日  御言葉をあなたへ

    「あなたがたの神、主に帰れ。主は恵みあり、あわれみあり、怒ることがおそく、いつくしみが豊かで、災を思いかえされるからである。」ヨエル2:13bc創世のはじめより、これほど人を愛し、慈しみ、顧みてくださる神様がどこにおられるでしょうか。神様は祟ったり、罰をあたえるだけの過酷で無情な方では決してありません。むしろ、私たちが神様のもとに立ち返ることを切に待っておられます。それは神様を離れているかぎり、幸いがないことを知っておられるからです。また、神様のもとこそ、いのちがあふれているのです。(KE)京都市北区光悦寺この寺はお庭がとってもよく纏まって美しいですが、話もしなきゃならず、じっくり見れないのが惜しいです。でも時にパチリ。茶室が多く感じました。今でも下賀茂神社では紅葉が見頃と聞きます。バスを利用して北大路へ。市バ...12月8日御言葉をあなたへ

    日々の思い

    日々の思い

    読者になる
  • 22位

    12月7日  御言葉をあなたへ

    「見よ、わたしは主である、すべて命ある者の神である。わたしにできない事があろうか。」エレミヤ32:27聖書は一貫してすべてが神様によって造られたものであることを語り続けています。そこには人の知恵や力、計画やわざなど、微塵も入る余地はありません。神様のなさることが人の目には粗雑にして、大ざっぱで隙間だらけに見えますが、神様のなさりようは緻密にして精巧、無駄も、失敗も、過剰なことも、何一つありません。自分で思い煩うことをやめ、神様のみ手にすっぽりと命まで預けましょう。楽になりますよ。(KE)光悦寺京都のお寺は国内外に人気があり、多くの人が押し寄せ随分変わったなぁと思います。でもここ鷹峯は静かでまだ京都らしさがあるでしょうか。本当はもっと近辺も散歩したかったけど、日が早く暮れます。遠くへ帰らなきゃなりません。上の御言...12月7日御言葉をあなたへ

    日々の思い

    日々の思い

    読者になる
  • 23位

    人となられたイエス

    とあるキリスト者のブログ

    withyou531

    Jesus is Love

    読者になる
  • 24位

    真実は勝ちます。

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    毎日の黙想と聖句

    読者になる
  • 25位

    お祈りのかたち。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(ポエム)

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★夫と手をつなぐことはお祈りに似ているいやお祈りそのものだ愛のかたち神と人とのかたちに似てくる☆★☆★☆★☆★☆★☆★↓:愛にほんブログ村お祈りのかたち。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(ポエム)

    少女ジーザス

    ポエムな言の葉パラダイス

    読者になる
  • 26位

    イメージと、とらわれ

    イメージと、とらわれ 私たち人間のこころのなかには、何かについての「イメージ」というものがあります。それはいろんな物事に対して持っているものですし、同じ物事にかんしても、ひとりひとりでそのイメージはちがうものです。 たとえば、あなたは「お祭り」と聞いて、

    レミントン

    こころスイート空間

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧