TOPICS

聖書・聖句 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    「私たちの戦い」 第一章 最高司令官(2)

     ここで、今回話すメッセージの発端もしくはきっかけについて、短く述べさせて下さい。私は一般的書物をあまりたくさん読む時間がないので、霊的書物を読む時もそうでない書物を読む時も、まじめに読む本がすべて霊的に益となるよう祈ることにしています。最近、合衆国に発つ直前にこうしていたら、ある本が私の注意を引きました。その本からの抜粋が私を捕えました。それは第二次世界大戦中の東南アジア大軍事作戦の記録であり、...

    オリバー

    オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 新着ブログ

    読者になる
  • 2位

    天の神、【主】の御業を見て

    「ローズンゲン『日々の聖句』」より、日々の聖書の言葉を紹介しています。聖書の言葉を中心に、生活に光が差し込むようでありたいです。

    ソヨギ

    風にそよぐ葦(祝福のそよぎ)

    読者になる
  • 3位

    ―権力によらず能力によらず―

    「私と話していた御使いが戻って来て、私を呼びさましたので、私は眠りからさまされた人のようであった。彼は私に言った。『あなたは何を見ているのか。』そこで私は答え…

    petermakoto

    休職牧師の聖書のおはなし

    読者になる
  • 4位

    「私たちの戦い」 第一章 最高司令官(3)

    高等指揮官 主要な点である「最高司令官」から始めることにします。ここでこの本の著者は、私が大好きなある表現を用いています。彼はそれを「高等指揮官」と呼んでいます。これは素晴らしいです!うってつけです!「最高司令官」――「高等指揮官」。この文脈の中で次のような記述があります。「究極的勝利への最初の一歩は、陸・海・空の全軍を統制する最高司令官を立てることだった」。これを霊的領域に適用すると、これは何とい...

    オリバー

    オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 新着ブログ

    読者になる
  • 5位

    結局クリスマスっていつ?

    日本ではクリスマスをすごく長い期間、祭りのように祝う(本質は抜けてるけど)。ところで、クリスマスって本当はいつ?と言う疑問がある。実は正確には12月25日でも…

    petermakoto

    休職牧師の聖書のおはなし

    読者になる
  • 6位

    カトリック教会の教えミニミニ講座:わたしは信じます

    間近に迫るクリスマスを待ち望み、カトリック教会の教えのすべてを表す「二ケア・コンスタンチノープル信条」から辿る、キリスト教ミニミニ講座のシリーズ第一弾です。

    catherinesaori

    キリストとともに

    読者になる
  • 7位

    金太郎あめのごとく連続した

    「あなたにとっては、やみも暗くなく夜は昼のように明るいのです。暗やみも光も同じことです。それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです…

    petermakoto

    休職牧師の聖書のおはなし

    読者になる
  • 8位

    やりつくした

    とあるキリスト者のブログ

    withyou531

    Jesus is Love

    読者になる
  • 9位

    申命記 31:6

    あおつき かずや

    The Menhealer Under Moonlight

    読者になる
  • 10位

    12/11 わたしは世の光

    本日の聖句 - ヨハネの福音書 8:12 ヨハネの福音書 8:12(リビングバイブル版)そのあとで、イエスは人々にお話しになりました。「わたしは世の光です。わたしに従って来れば、暗闇でつまずくことはありません。いのちの光が、あなたがたの進む道を明るく照らすからです。」毎日聖書を読もう。日曜は教会へ行こう!...

    (0ᴗ0)♪

    ジョイフル♪ノイズ

    読者になる
  • 11位

    バタバタしてる間に 師走~~!? な プリン♪

    そして コーギー犬プリンとの日々♪♪

    マナりん

    I Love Jesus!そして愛犬プリンとの日々♪

    読者になる
  • 12位

    12/10 親切に

    本日の聖句 - ガラテヤ人への手紙 6:10 ガラテヤ人への手紙 6:10(リビングバイブル版)ですから、機会あるたびに、だれに対しても、特に信仰を持つ人たちには親切にしましょう。毎日聖書を読もう。日曜は教会へ行こう!...

    (0ᴗ0)♪

    ジョイフル♪ノイズ

    読者になる
  • 13位

    わたしたちが正しい場所に 花は咲かない

    『わたしたちが正しい場所に 花は咲かない』 たまたま目にしたこの本のタイトルが気になり、誰が書き、どんな 意味、どんな内容の本なのかをGoogleで調べてみました。 作者はアモス・オズ(1939-2018)。イスラエルの著名な作家です。 イスラエルとパレスチナ両国間の問題解決を提唱する、熱心な 平和論者でもあったそうです。 正義と正義が合わされば、いっそう強力な正義が生まれるかと 言うと、現実にはその逆の結果、つまり争いが起こります。 なぜなら人は皆、「自分が正しい」と思う性質の者だからです。 本を読んでいないので解説から推察するだけですが、平和を築くには 想像力が必要であること。正か誤か、決…

    しおん

    シャロンの薔薇

    読者になる
  • 14位

    お伊勢様のかごめ歌

    このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)とってもためになるページhttp://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.htm

    おかげ参り

    天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

    読者になる
  • 15位

    謙虚で傲慢

    あおつき かずや

    The Menhealer Under Moonlight

    読者になる
  • 16位

    死の灰の除染

    このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)とってもためになるページhttp://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.htm

    おかげ参り

    天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

    読者になる
  • 17位

    今日も主に信頼します

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    毎日の黙想と聖句

    読者になる
  • 18位

    12月10日  御言葉をあなたへ

    「しかし、イエスはお許しにならないで、彼に言われた、「あなたの家族のもとに帰って、主がどんなに大きなことをしてくださったか、またどんなにあわれんでくださったか、それを知らせなさい。」マルコ5:19悪霊につかれた人がイエス様によって癒されました。彼はイエス様について行きたいと願いましたが、主は拒みました。主が彼に求めたのは、神様がどのように自分に働いてくださったか、何をしてくださったかを告白することです。神様が私たちをどのように用いておられるか、神様のみわざを語ろうではありませんか。(KE)宇治川と我が家の菊12月は最高気温10度余りの日も多く、余り寒さを感じないです。でもネットでは北の国ではすっかり雪の所が多くあり、寒い!と感じてしまいます。早いもので間もなく正月なんですね。今日は生活用品を買いにアチコチ出かけ...12月10日御言葉をあなたへ

    日々の思い

    日々の思い

    読者になる
  • 19位

    栄光に富んだもの

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    毎日の黙想と聖句

    読者になる
  • 20位

    再建主義者:ダニエル7章はティトゥスによって成就した2

    ダニエル7章はティトゥスによって成就した2 理由は― ダニエル7章の預言がまだ成就していないとすると、イエス・キリストはご自身が来臨の目的とされた「律法と預言者の成就」に失敗したということになり、十字架上の「テテレスタイ(成就した)」はむなしい言葉だったということになる。したがって、この章の預言を紀元1世紀に成就したことを証明することはクリスチャンにとって義務である。軽く考えるべきではない!!! この発想は統一教会のそれと本質的に同じでしょう?初臨のイエスは失敗者であったと。失敗者とならないためにはダニエル7章がAD1に成就したとせざるを得ないわけ。・・・何かが変。 そもそも神の業は天地創生の時に完成しており(Heb 4:3)、主の十字架もすでにあったのだ(Rev 13:8)。この節の邦訳は句読点の付け方をミスしている。「天地創生の時以来ほふられていた小羊」とすべきである。その時空間を超えた永遠のサブスタンスがYahawehのフェイスにより時空間の中に実体化されたのが二千年前の物理的十字架である。 残念ながら富井氏の十字架の理解においては因果関係が完全に逆なのだ。

    Dr.Luke

    iDLE UTTERANCE-Dr.Luke的日々のココロ-

    読者になる
  • 21位

    十字架上のとどめさし

    このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)とってもためになるページhttp://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.htm

    おかげ参り

    天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

    読者になる
  • 22位

    「クリスチャンになっても罪人である自分の本質が変わるわけではない」と再建主義者

    いつもの再建主義の富井氏の論。なるほど、契約的合一と存在論的合一の区別か。確か以前に、聖霊が来られるとき父と子は契約的に私たちの内に住まわれると主張していた。存在論的には、あくまでも地上には聖霊がおられるだけと。 要するに前から指摘しているように、いのちの面の理解が欠如しているわけ。私たちの霊はYahawehエロヒムにより分与されたエロヒム属の霊だ(1John 4:13)。それはYahawehの種であるロゴスから産み出された存在。ロゴスを内在化された者はエロヒムである(John 10:35)。 確かに今の旧創造に属するボディには罪(Sin)が残るが、それはすでに無力化されている(Rom 8:3)。そして今、私たちは神の義とされている(2Cor 5:21)((これは義と認められることを超えて、義とされた(ginomai)ことを言っている。いわゆる義認のレベルの話ではなく、存在論的に神の義であるとパウロは証ししているのだ。))。そしてわれわれニュークリーチャーは律法に対して死んだゆえに、律法の下にはいない(Rom 7:6)。 私は聖書の真理を理解するために善悪を知る知識の木といのちの木の平面、すなわち経綸的側面と本質的側面と区別している。聖霊と人間の関り、イスラエルとエクレシアの関係など、この二面で理解する。すべては新しく生み出されたいのちの問題である。私のフレームから見ると、富井氏は経綸的な世界に生きていると言える。だから律法がクローズアップされ、本質的な質の変化もないと言う立場に陥るのだ。 というわけで、これも資料として採取させていただこう。 クリスチャンになっても罪人である自分の本質が変わるわけではない クリスチャンになったら、自分の本質そのものが変化し、もはや罪人ではなくなり、神の子になるのだろうか。そうではない。契約的合一と存在論的合一を区別しなければならない。そうしないと汎神論になる。クリスチャンになることは、キリストの体である教会の一員になることを意味する。キリストと教会は、「契約的に」合一しているのであって「存在論的に」合一しているのではない。教会は、キリストではない。「夫と妻は一人である」という教えは「夫と妻の二人は存在論的に一人になった」ということを意味しない。人格はそれぞれ別である。夫婦は「契約的に一人」なのである。われわれがクリスチャンになり、キリストの体の

    Dr.Luke

    iDLE UTTERANCE-Dr.Luke的日々のココロ-

    読者になる
  • 23位

    12月11日  御言葉をあなたへ

    「あなたがたはみな、キリスト・イエスにある信仰によって、神の子なのである。」ガラテヤ3:26イエス様の救とは私たちを「神の子」にして下さることです。私たちは肉親としての父親しか知りませんでしたが、天地万物の創造者であり、全能の神と言われる方が私たちの「父」となって下さることでもあります。神様を「お父さん」と呼ぶことが出来、この方に信頼して依り頼めばどんなことでも出来ないことはありません。「神の子」であることを信じ、「父なる神」を言葉どおりに信じようではありませんか。(KE)興聖寺もう紅葉の見ごろは過ぎていた様です。いつも12月10日ごろまで美しいですが、今年は早いのか?葉もちじんで美しく無かったです。また長く着てないと、宇治川縁は日がよく入りますが、興聖寺は10時頃しかあたらないのを忘れてました。そして落ち葉が...12月11日御言葉をあなたへ

    日々の思い

    日々の思い

    読者になる
  • 24位

    神からの賜物です

    稲城市にあるプロテスタント教会(福音派)の牧師のブログです。日曜日を除く毎日「聖句と黙想」を載せています。黙想の多くはクリスチャンの文章からの引用です。

    yunjinsu

    毎日の黙想と聖句

    読者になる
  • 25位

    使う言語がその人のリアリティを作る

    私は聖書の真理は日本語で考えてはならないと繰り返し語ってきている。日本語マトリックスによるバイアスが生じるからだ。これでニッポンキリスト教なるタコツボができることは繰り返さない。使う言葉をシフトせよ! このクリップは実に面白い。まさにはじめに言葉(ロゴス)があった(John 1:1)。言葉は私たちの経験を作り出すのだ。どの言葉を使うか、これがあなたの、そして私の人生を決定する。サンドラ・ブロック似の彼女は認知科学の研究者だ。日本語のトランスクリプトもあるので、ぜひご一覧を。 ちなみにこちらはDr.Lukeによるクリップ。ご一緒にどうぞ。

    Dr.Luke

    iDLE UTTERANCE-Dr.Luke的日々のココロ-

    読者になる
  • 26位

    福島原発事故被害救済九州訴訟

     提訴から5年。いよいよ結審を迎える。来たる12月23日だ。提訴の時は確か12月24日だったが、今度もまたクリスマスの年末の忙しい時期だ。  原告団長として最終弁論に臨むのだが、私は「損害論」について弁論する。通常、弁論というものは、あらかじめ作った文章を準備書面として提出...

    金本友孝

    預言書としての詩篇

    読者になる
  • 27位

    主の御手。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(ポエム)

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★暗黒の空間に浮かぶやさしき青地球わたしたちはこの星に生まれこの星で生かされているこの星は主の永遠復活の主イエス・キリストの星御声が今日も人々と動物たちを導くわたしたちはこの星にあって主の牧場の羊主の御声に導かれ生かされている羊ああ主よ今日も明日もあさっても永遠にあなたの御声のもとに導かれますように生かされますように主の主王の王主イエス・キリストの御名によってアーメン☆★☆★☆★☆★☆★☆★↓:羊。🐑。にほんブログ村主の御手。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(ポエム)

    少女ジーザス

    ポエムな言の葉パラダイス

    読者になる
  • 28位

    のんびりしたい

    なんだかんだと忙しくて、のんびり仕事する暇がないんですう。 ( ̄^ ̄)

    金本友孝

    預言書としての詩篇

    読者になる
  • 29位

    私たちへの判決は、すべて、御子イエスの上に下して

    「ローズンゲン『日々の聖句』」より、日々の聖書の言葉を紹介しています。聖書の言葉を中心に、生活に光が差し込むようでありたいです。

    ソヨギ

    風にそよぐ葦(祝福のそよぎ)

    読者になる
  • 30位

    罪をゆるしていただいたわたし。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(新約聖書)

    「主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか」。イエスは言われた。「七度まで、などとわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います」。(マタイによる福音書第18章21・22節)☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★主よ、罪をおゆるしになることが100%罪をおゆるしくださるのは、あなたご自身だけです。わたしは洗礼を受けてからずいぶん長いことこの真理がわかりませんでした。わたしたちはただ主よ、あなたご自身だけが罪をおゆるしくださるということを魂の奥底から信じるだけです。あがないのみわざを信じるだけです。主よ、罪をゆるせない罪をどうかおゆるしください。そしてあなたの無限大の愛を信じつづけさせてください。とこしえに。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。☆★☆★☆★☆★☆★...罪をゆるしていただいたわたし。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(新約聖書)

    少女ジーザス

    ポエムな言の葉パラダイス

    読者になる
  • 31位

    「私たちの戦い」 第一章 最高司令官(1)

    「なぜなら、私たちは肉の中で歩いてはいても、肉にしたがって戦っているのではないからです(なぜなら、私たちの戦いの武器は肉のものではなく、神の御前に力があって、要塞をも破壊するものだからです)。」(二コリント一〇・三~四) 聖書は神の民の戦いについてとても多くの内容を含んでいますし、彼の民である私たちはこの主題について多くの教えを持っているかもしれませんが、私たちは受けたこの命令を――状況、環境、出来...

    オリバー

    オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 新着ブログ

    読者になる
  • 32位

    ☆教会へいきましょう。☆神さまは私たちを愛しておられます。☆

    おはようございます。いつもありがとうございます。☆。お祈りありがとうございます。☆。❤️今日は教会へいきましょう。『まず、神の国と神の義を求めなさい。』マタイ…

    川崎香

    神さまは私たちを愛しておられます

    読者になる
  • 33位

    信仰によって失う時

    とあるキリスト者のブログ

    withyou531

    Jesus is Love

    読者になる
  • 34位

    キャベツ

    キャベツを食べる夢をみた。器に入っていて、四角に切った沢山のナマのキャベツを美味しく食べてる私。なんでキャベツ?キャベツを食べたい意識が、夢の中に出てきてしま…

    koguma

    kogumaのブログ

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧