仏教 新着記事

  • 寺報作成中。

    今月中には発送予定です。

    hongakuji

    広島県広島市の日蓮宗寺院 〜本覚寺発電所〜

  • 浄土宗に於ける盂蘭盆会について

    いわゆる本尊が釈迦仏以外(例:阿弥陀仏)の宗派に於いて、釈尊の経説由来の盂蘭盆会がどう扱われているかについて関心がある。既に【『真宗百通切紙』に於ける盂蘭盆式について】は記事にしておいたが、今日は浄土宗に於ける盂蘭盆会のあり方を見ておきたい。今回採り上げるのは、昭和14年に当時の浄土宗務所が発行した『浄土宗法要集』である。まず、差定は以下の通りである。洪鐘版木法鼓喚鐘作相入堂香偈三宝礼表白(盂蘭盆会表白)奉請六位咒願咒願献供咒釈尊三唱頂礼六位懺悔行道開経偈誦経(盂蘭盆経、又は小経)回願(いわゆる回向偈)摂益文念仏一会別回向〈十念〉総回向偈〈十念〉総願偈三帰礼送仏偈〈十念〉法話〈十念〉退堂前掲同著、164~168頁、適宜抽出我々洞門に於ける盂蘭盆施食会からすれば、法要の組み立て方は相当に違っている。お唱えする内容...浄土宗に於ける盂蘭盆会について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • ● DVD:劇団四季の『鹿鳴館』(三島由紀夫・作)

    2009年10月自由劇場にて収録NHKエンタープライズ発行作  三島由紀夫演出 浅利慶太衣装 森英恵音楽 林光キャスト 朝子   :野村玲子 影山伯爵 :日下武史 清原栄之輔:山口嘉三 清原久雄 :田邊真也   『鹿鳴館』は、『サド侯爵夫人』と並ぶ三島戯曲の傑作で

    ソルティはかた

    ソルティはかた、かく語りき

  • いよいよ国産初のステルス機の開発費計上か

    F2後継開発費計上へ…来年度予算案国産初ステルス機(YomiuriOnline)『読売新聞』の報道で、日本政府が、航空自衛隊のF2戦闘機の後継機開発費を2020年度予算案に計上する方向で最終調整に入ったと報じています。なお、完全国産なのか?国際共同開発なのか?が気になりますが、一応、後者の国際共同開発でありつつ、日本主導の開発を目指すようです。また、報道では、開発費は現時点で、総額1兆5000億円以上と見積もられているようで、F2の退役が始まる2030年代半ばの導入を目指すとのことです。これまでも様々な憶測などが出ているように、この後継機は国産初のステルス戦闘機となるようで、高い空戦能力の実現を目指す案が有力になるようです。そうなると、燃費が良い高出力のエンジンが必要ですし、機体の素材・形状の開発、もちろん、今...いよいよ国産初のステルス機の開発費計上か

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • <NPB2019>マリーンズは楽天相手に快勝

    ZOZOマリンで行われた楽天戦。マリーンズ打線は、楽天先発の岸投手を攻めて7回途中で3得点。8回裏には岡選手のスリーランを含む4得点を挙げて、結局7-3で快勝。なお、石川投手が8回2失点で勝ち星を挙げました。この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。<NPB2019>マリーンズは楽天相手に快勝

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • #感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第26章 安らぎ(ニルヴァーナ) 2偈

    2 忍耐、堪忍は最上の苦行である。安らぎ(ニルヴァーナ)は最高のものであると、諸のブッダは説きたまう。他人を害する人は、他人を悩ますのだから、出家した<道の人>ではない。 (ダンマパダ184 忍耐・堪忍は最上の苦行である。ニルヴァーナは最高のものであると、もろもろブッダは説きたまう。他人を害する人は出家者ではない。他人を悩ます人は<道の人>ではない。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興の…

    ワンギーサ

    困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く

  • 名僧の教え29 山本玄峰(やまもとげんぽう)

    自分の珠玉(しゅぎょく)に気づきましょう。  怠ったままの100年 ※どんなにすばらしい玉を持っていてもそれを磨かずにほうっておいたら何にもなりません。どんな…

    西洲

    釈尊と共に生きる、西洲のブログです!

  • vol.43 顕正会員をやめることになったきっかけ

    なんか本編とか、もう脱線しまくりで読みづらいブログになっていると思うんだけど、書きなぐるようにパソコンを打ちま …

    いっちー

    もと顕正会員の宗教物語

  • ブッダ直説の瞑想を嫌う末代

    『栂尾明恵上人遺訓』より 世も末になると、釈尊直説の瞑想を嫌い、仏典を次々読み飛ばし知識自慢するネタだけ増やして、肝腎の釈尊が勧めた無常を体得する実践には見向きもしない。人が注目する派手な妄説を好み、地道な努力の継続を面倒くさがる…[私的超訳 引用終][原文]

    呼吸

    哲学日記

  • 損得の道理1

    経営者は経営者に成り切る、商人は商人に成り切る。それが「仏道」です。そのために「坐禅」をするなら大いに結構なことです。しかし、「坐禅」をするといつの間にか「仏心(ほとけごころ)」が出て来てしまうものです。「仏心」が出て来ますから、経営者は経営者に、商人は商人として本当に「個」に成り切れないのです。それで、失敗するのです。「商人」とは、損をしたとか得をしたとかということは第二、第三の問題なのです。いかに自分が「商人」に徹するかということだけなのです。「坐禅」も同じです。このことは道元禅師も「坐禅は坐禅なり」とおっしゃっています。説明を要しません。「坐禅は坐禅なり」とならないといけないのです。「坐禅をする時どういう気持ちで坐ったらいいのか」というようなことは「不必要」なことなのです。損得の道理1

    活かして生きる 〜放禅寺の寺便り〜

    活かして生きる 〜放禅寺の寺便り〜

  • 日蓮のことば(立正安国論)

    著者・岡元錬城[日蓮のことば365日]より引用【 八 月 二 十 一 日 】 「仏堂零落(れいらく)して瓦松(がしょう)の煙老い、僧房荒廃(そうぼうこうはい)…

    きむせつ

    お釈迦様のみ教えの本懐は法華経にあり!!

  • 【仏心宗法話】(109)《色即是空とは?(11)》

    【仏心宗法話】(109)《色即是空とは?(11)》【仏心宗法話】(109)《色即是空とは?(11)》

    弥勒 仏心

    『仏心宗』法話

  • 【仏心宗法話】(108)《色即是空とは?(10)》

    【仏心宗法話】(108)《色即是空とは?(10)》【仏心宗法話】(108)《色即是空とは?(10)》

    弥勒 仏心

    『仏心宗』法話

  • 【仏心宗法話】(109)《色即是空とは?(11)》

    【仏心宗法話】(109)《色即是空とは?(11)》【仏心宗法話】(109)《色即是空とは?(11)》

    弥勒 仏心

    『仏心宗』法話

  • プラユキ師の1日リトリートレポート12

    ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいますが、悪戦苦闘中でございます。いつになったら瞑想できるのでございましょうか。

    しの2012

    瞑想以前。

  • 命と向き合う

    今、埼玉県の越谷に来ています先ほど お檀家さんのお通夜が終わり近くのビジネスホテルでゆっくりしています一昨日の夜 実家へ帰ってきました次の日に父の病院で面談が…

    桜色

    天真らんまん尼僧 ブログ

  • 二種類の因果について

    ショーペンハウアーは因果に二種あることを明確に区別しているし 唯識でもこの二つを区別して論じている ショーペンハウアーの二種の因果は物質の因果と動物や人間の動因の因果つまり意志の因果であり 唯識においては遍計所執性といわれる分別意識(すなわち精神が)が依他起性(すなわち因果...

    唯識

    唯識とショーペンハウアーから

  • 数百年も生きる長寿の時代

    貴方のバイブレーションは上昇しており、事実上、視界から消えるまで、ネガティブなものは徐々になくなって行きます。貴方は、より良い時代に入っています。貴方は、1,000年の平和について語られた予言を思い出すかも知れません。そして、それは近い将来に起こるでしょう。そ

    へちま

    写真帖

  • 自然宗教について

    人類の意識が人類となったとき 人類は世界を芸術として見て驚いた 芸術だからそこには 雄大なもの、崇高なもの、美しいもの、喜び、楽しみ 醜いもの、耐え難いもの、苦しいものなどの 感性的なものがあってそれを信仰で表現したのであった だから自然宗教とは現代の宗教学で理解されている...

    唯識

    唯識とショーペンハウアーから

  • 雨のち曇り時々晴れ

    今日は雨のち曇り時々晴れとなり、蒸し暑くなりましたね。終日寺院勤務寺務・地蔵盆準備・清掃などして過ごす。・・地蔵盆法要日程8月24日(土)時間午後6時~場所水子地蔵尊前にて(雨天の場合は本堂になります)お布施二千円・随意お供物品地蔵盆http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/7832557.html・・「ツォンカパ大師の中観思想とダライ・ラマ法王の教え」令和元年9月7日(土)午後2時から午後4時会場・仏教サロン京都第2会場・キッチンNagomi・2F(京都水族館近く)2019年5月~9月・仏教サロン京都・特別講座「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法王の教え」ご案内https://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7f928c4228af6f...雨のち曇り時々晴れ

    川口英俊の日記

    川口英俊の日記

  • 本川小学校平和資料館ガイドボランティア。

    本日はS県からお越しの中学生の皆様にガイドを行いました。熱心に説明を聴いて下さり感謝です。

    hongakuji

    広島県広島市の日蓮宗寺院 〜本覚寺発電所〜

  • 大西つねき講演会の主催を考えています。

    いつも応援ありがとうございます。このブログで何度も勝手に紹介させてもらっている大西つねきさんなんですけど私の過去の記事を読んでもらえればわかるようにこの方は今…

    杉江 徹洋

    諸行無joe

  • FUKASHI HOJO SONGS SELECTION 2019:北條不可思 詩歌選集2019

    ​​​​FUKASHI HOJO SONGS SELECTION 2019 :北條不可思 詩歌選集2019​​ ​​"Song & BowzuMan” ​☞ Please click ☜​​​​​​​​​​FUKASHI HOJO SONGS SELECTION 2019 ​​​​《北條不可思詩歌選集2019》https://

    GURAGYU

    北條不可思 Song&BowzuManWatch&Thinking

  • 神社めぐり

    ともだちが、ホツマツタエと秩父の関係のことを色々教えてくれて、その関係の神社巡りをしよう、と誘ってくれました。そのあたりは、私のご先祖のルーツも関係してるので…

    れーこ

    マンガ「週刊哲学」

  • #感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第26章 安らぎ(ニルヴァーナ) 1偈

    1 亀が諸の肢体(首と四肢と尾と)を自分の甲のなかにひっこめるように、自分の粗雑な思考をおさめとり、何ものにも依存することなく、他人を悩ますことなく、束縛の覆いを完くときほごして、なにびとをも謗るな。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 亀は、首(頭)と手と足と尾を甲羅の中に引っ込めるので、亀のことを蔵六とも言います。そこで…

    ワンギーサ

    困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く

  • ● That’s Verdi !! 真夏のレクイエムこうとう2019

    日時  2019年8月18日(日)15:00~会場  ティアラこうとう大ホール(東京都江東区)主催  公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団 ティアラこうとう曲目  ヴェルディ:『レクイエム』指揮  飯守泰次郎管弦楽 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団合唱  

    ソルティはかた

    ソルティはかた、かく語りき

  • 猛暑の中にほのかに聞こえた虫の声

    久々の雨。 でも。このところの連日続く 35度近い猛暑日で お盆の疲れ 体調不良が後を引いている。 日中 箒を持っていると めまいが・・・ くらくらと 周りの世界が回っているようだ・・・(*_*)。 すこし腰かけて目を閉

  • 清涼なたましいに複雑化の垢はつかない・・・

    人間は 疲れてくるほど複雑化する 生き生きした清涼なたましいに 複雑の垢はつかない 複雑の垢は あなたのたましいの座りを挫き 座り悪く あちこちにずれさせ たましいの勢いをなくさせていく 重く 摩擦の熱を帯び 機に応じた動きを鈍らせる  そんな複雑さの垢

    みほとけ

    みほとけのいえ

  • 壮大な「法華経」の世界 (仏陀の一念、衆生の一念)

    永遠の生命を通じて私たちに呼びかけを続けるお釈迦様、...................... 久遠の仏陀釈尊の声、それが「法華経」です。釈尊が永遠のいのち…

    西洲

    釈尊と共に生きる、西洲のブログです!

  • 映画2本「姑獲鳥の夏」「光の旅人 K-PAX」

      ネットで「姑獲鳥の夏」「光の旅人 K-PAX」観終わる。 両作とも重厚な仏教理解の基礎の上に物語を構築している。基礎がしっかりしてるので、広大な建物を建てて、和風洋風どっちでも、安定感が出る。     姑獲鳥の夏映画 『 姑獲鳥の夏』  光の旅人 K-PAXK-PAX (

    呼吸

    哲学日記

  • 聞思修6

    もし、これからも引き続きおシャカ様(仏)の道を究めようとされる方は世間の法を眺めて「世間の法も仏道も一緒だ」というような考えを持たずに、おシャカ様(仏様)のおっしゃる言葉の中から、自分が十分理解をして判断するように努力をしていただかないと、本当に労多くして効なしになってしまいます。一所懸命努力しても半分はおシャカ様(仏)の法、半分は世間の法ということになると、自分自身がいちばん困った存在になるということをよく考えて励んで頂きたいと思います。聞思修6

    活かして生きる 〜放禅寺の寺便り〜

    活かして生きる 〜放禅寺の寺便り〜

  • 「ひろしま」とエノラ・ゲイ

    8月17日のNHKのEテレで映画「ひろしま」をやっていた。 1953年8月、広島に原爆が落とされて日本が敗戦してからわずか8年後の原爆の映画である。広島市民8…

    シンジ123

    マコトの道はひふみ神示

  • お盆の始末(その2)

    ウチの近所では、未だに、こうしてお盆の供物や盆飾りを川の縁・道の角・お墓の出入り口に置いているのが見られます。 多…

    三日ボーズ

    倫敦巴里

  • 日蓮のことば(立正安国論)

    FBのお友達より著者・岡元錬城[日蓮のことば365日]より引用【 八 月 二 十 日 】 「悲しい哉(かな)、皆正法の門を出(いで)て、深く邪法の獄(ごく)に…

    きむせつ

    お釈迦様のみ教えの本懐は法華経にあり!!

  • プラユキ師の1日リトリートレポート11

    ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいますが、悪戦苦闘中でございます。いつになったら瞑想できるのでございましょうか。

    しの2012

    瞑想以前。

  • 正法眼蔵 陀羅尼 2

    陀羅尼の巻、本文に入ります仏道を勉強する際の眼の付け所がはっきりしている場合には、釈尊の教えに関する眼の付け所もはっきりしているものである。 本当に仏道を勉強したいと言う気持ちを持つならば、釈尊の説かれた教えとはいかなるものかと言う事がはっきりとわかって来るし、釈尊の教えがはっきりわかって来るならば、さらにどの様にしたら仏道が勉強できるかがはっきりして来るのである。 仏道を勉強する上において、大切な...

    幽村芳春

    正法眼蔵=坐禅

  • 十字架が象徴する霊的真理

    友よ、あの十字架が象徴する霊的真理こそ、我らが普及を宣誓する根本的真理なのである。己の生命と家庭と地上的幸福を犠牲にしてでも人類に貢献せんとする滅私の愛、これぞ純粋なるキリスト精神であるが、これこそ我らが神の如き心であると宣言するものである。その心こそ卑

    へちま

    写真帖

  • 芸術における実在論と観念論

    芸術によって自己が慰められた安らかになったり高められたりしたとしよう このときその力が芸術にあるとするならばそれは実在論と言えよう これに対して自己を救い高めたのは自己自身であるが芸術はそのきっかけであったとするならばそれは観念論であろう。 芸術は真実を表すものであるが人間...

    唯識

    唯識とショーペンハウアーから

  • ● They Say It Was In Orion. 漫画:『暗黒神話』(諸星大二郎作画)

    1996年集英社文庫(コミック版) 「少年ジャンプ」掲載の『暗黒神話』(1976年)と『徐福伝説』(1979年)を収録。 解説をゴダイゴ(ヒット曲『ガンダーラ』、『銀河鉄道999』ほか)のタケカワユキヒデが書いている。諸星の熱狂的ファンらしい。  これまで食わず嫌いで素

    ソルティはかた

    ソルティはかた、かく語りき

  • 晴れのち曇りのち雨

    今日は晴れのち曇りのち雨となり、暑くなりました。終日寺院勤務寺務・墓苑お盆枯れた仏花一斉下げ・地蔵盆準備・清掃などして過ごす。雨が降る前にお盆の枯れた仏花を一斉に下げました。次は地蔵盆になります・・疲れが溜まっています・・・・地蔵盆法要日程8月24日(土)時間午後6時~場所水子地蔵尊前にて(雨天の場合は本堂になります)お布施二千円・随意お供物品地蔵盆http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/7832557.html・・「ツォンカパ大師の中観思想とダライ・ラマ法王の教え」令和元年9月7日(土)午後2時から午後4時会場・仏教サロン京都第2会場・キッチンNagomi・2F(京都水族館近く)2019年5月~9月・仏教サロン京都・特別講座「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法...晴れのち曇りのち雨

    川口英俊の日記

    川口英俊の日記

  • 醤油漬け。あまり美味しくできなかった。追熟が足りないか干しが足りないか醤油の加減か.......

    この投稿をInstagramで見る 醤油漬け。あまり美味しくできなかった。追熟が足りないか干しが足りないか醤油の加減か.…

    れーこ

    マンガ「週刊哲学」

  • 被爆体験伝承講話を行いました。

    久しぶりの講話となりました。今日も50分かかってしまいました。質疑応答時間を考えると45分で収めたいのですが、どうしても伝えたいエピソードもありますので、とて…

    hongakuji

    広島県広島市の日蓮宗寺院 〜本覚寺発電所〜

  • 「名家の娘ソヒ」 2回目視聴

    ほとんど韓国時代ドラマを見てしまったので、私が一番心に残った名作「名家の娘ソヒ」を再度見ることに・・・平行して「太祖王建」と「王と妃」を見ています。夏休みは洞川温泉へ行ってきました。初めて行くところと思っていましたが、小学校のとき、男子は大峰登山、女子は女人結界の山に入れなく、近くの山に登った記憶がよみがえりました。男子だけ行者に山からつる下げられる修行をしたとか・・・当時は女子は登れない山でした。今はどうなんでしょうか。ジェンダー問題になりそうな・・・私の時代だからこういうこともあったのかとしみじみ思いだしていました。かりがね橋を通り、大原山を降りてきました。龍泉寺に行き、御朱印をいただきました。最近は御朱印帳を持ち歩いています。「名家の娘ソヒ」2回目視聴

    yamato

    ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記

  • 衰える精神機能

    年齢と共に私の思考が道理や現実から遠ざかり漂流しているように思うことがあります。自分勝手な都合やワガママに違和感がなくなり、それを相手に突き付けているのではないかと不安になるのです。周囲から見れば単なるワガママでも、自分のなかではワガママという事実が除外され真実となり、その真実に賛同してくれない周囲を敵視しているのかもしれません。私も理解できないような要求を受けることがありますが、その人にとってはその要求は正しいものであり、正当な要求を受け入れない相手が悪いということになります。 日々、自らの思考や行動について考え反省していないと、いつしかとんでもない思考や行動に陥り、しかもそのことに気づけな…

    副山主

    甲子大黒天本山のブログ

  • 原子力より蝋燭

    時の総理大臣が将来の年金問題で頻繁に口にする「マクロ経済スライド」、優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心が減退した老人には難解である。理解できるのは経済で、マクロやスライドは辞書が必要だ。老眼鏡の助けを借り翻訳すると巨視的経済学で年金支給額を変動させる事で、マクロ経済は国家財政と同義語、対義語はミクロ経済で家計。老人の独断と偏見の解釈なら、武力戦争で敗戦した時と同様に経済戦争で敗北したら、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、もって万世のために太平を開かんと欲す」の歴史を繰り返すことになるのだろう。経済は景気と同義語でなく、節約が本義だろう。宇宙船から見る日本列島は原子力発電の電力で明るいが、蝋燭の火で暗いが、明るい楽しい家庭が古き良き日本なのだろうか。原子力より蝋燭

    風来坊参男坊

    風来坊参男坊

  • #感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第25章 友 25偈

    25 よく気をつけていて、明らかな知慧あり、徳行をたもち、学ぶところ多く、しっかりしていて、 敏捷な人に親しめよ。___諸々の星が月にしたがうように。 (ダンマパダ208 よく気をつけていて、明らかな知慧あり、学ぶところ多く、忍耐づよく、戒めをまもる、そのような立派な聖者・善い人、英知ある人に親しめよ。___月がもろもろの星の進む道にしたがうように。)                     …

    ワンギーサ

    困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く

  • 救えない母親!

    8月18日、 護国寺で盂蘭盆会を厳修しました  お盆は今ではすっかり、 私たちのご先祖さまが里帰りになられ、 たくさんのお供え物をして おもてなしをして手をあ…

    護国寺

    青年僧侶のシャカリキ奮闘記

  • あおり運転したって着く時間は変わらない・・・

     人間怱々として衆務をいとなんで 年命の日夜に過ぎることを覚えず・・・  善導『往生礼讃』の「日没の無常偈」の一節だ。 人生って短い。 ひと時ひとときって 貴重だ。 でも ぼくらって 目先のことに囚わ

  • 四句法理のこころで・・・

    みほとけの法理って 四句 四句法理って あなたを至福にみちびく   あらゆる存在のしあわせを祈り  やすらかに  すべてを自分のめぐみといただき  淡々とすなおに 我をはらずに生きる  これが 過去・現在・未来のみほとけたちの道  感謝って あなたのエネ

    みほとけ

    みほとけのいえ

  • 西洲、修行の道 その19(地蔵菩薩の功徳!)

    この宇宙は一つの大きな生命です。その生命は私たちの体の中にある生命と同じものです。それを「如来」といいます。如来はいつも活き活きと活動されていますが、でたらめ…

    西洲

    釈尊と共に生きる、西洲のブログです!

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧