• 1位

    「偽Cafe」について一応書いておくか…

    友人たちからのメールにオマケ程度に「偽Cafe」ネタが書かれていたりします。 「偽Cafe」のブログ主については「タイミング的に進歩派のカウンターではない」は皆同意件なんだけど「しぇるりんの記事を削除してから更新されないから、やはり彼女だっ...

    Rick

    Rick's Cafe

  • 2位

    フランス革命で一体何が起こったか?国民に対する犯罪は全て、「国民の名」によって正当化された。人口削減、虐殺、全ては「国民の幸せの為」だった。

    2019年7月20日(土)聖ピオ十世会司祭小野田神父霊的講話「フランス革命で一体何が起こったか」最初のフランス人権宣言は、1789年8月26日に宣言されて、ルイ16世によって批准され、そして1791年に採決されます。フランス革命の第一憲法の序文になっています。そして世界中の宣言の模範となっています。ですからこの人権宣言によって、1789年から国民が至上の権威として位置付けられています。天主の玉座の代わりに、人間が最高の権威者として立つようになりました。ところが、この「国民」というのは、代表者を通じて、代表者たちによって、自分の意思を表示しようとします。ですから「代議者、あるいは代表者、代議人が行なう事」が、「国民の名」においてなされます。人権宣言は、自然の権利を確認して、そして全ての皆の為の幸せの為に、この「最...フランス革命で一体何が起こったか?国民に対する犯罪は全て、「国民の名」によって正当化された。人口削減、虐殺、全ては「国民の幸せの為」だった。

    Fr Thomas Onoda

    Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

  • 3位

    聖ピオ十世会 聖伝のミサの報告(2019年8月18日聖霊降臨後第十主日)SSPX JAPAN Latin Traditional Mass

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、8月18日(主日)には、兄弟姉妹の皆様のしもべはマニラでミサを捧げておりました。私の代わりに、毎月一回、マニラからフォルティン神父様が日本に行って下さることになり、老司祭のしもべにとっては肩の荷が少し軽くなった感じがしております。(^^;)大阪ではOurLadyofVictoriesCatholicSchoolのための第二献金を行ってくださり、八万五千円の寄付金が学校のために集まりました。大変感謝しております。聖霊降臨後第十主日の福音に出てくる二人について、兄弟姉妹の皆様のしもべもマニラで黙想しました。税吏は、とても軽蔑されている「非国民」とでも言われているような人でした。現代日本でも、それに相当する人がいるのかもしれません。でも口に出すのがタブーにされるよ...聖ピオ十世会聖伝のミサの報告(2019年8月18日聖霊降臨後第十主日)SSPXJAPANLatinTraditionalMass

    Fr Thomas Onoda

    Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

  • 4位

    私たちは罪の鎖に縛られていた。聖母が助けてくれた。カトリック教会こそが、私たちを霊的な子供として養ってくれる孤児院だ。私たちが天国を相続する為に。

    2019年7月20日(土)証聖者聖ヒエロニモ・エミリアノのミサ聖ピオ十世会司祭小野田神父説教聖母の汚れなき御心聖堂にようこそ。今日は2019年7月20日、エミリアノの聖ヒエロニモのミサをしています。今日はこのミサの後に、日本と世界の平和を祈って、また多くの聖なる司祭が与えられますように、日本で聖ピオ十世会の修道院が、1日も早くできますように、特別な短い御聖体降福式を行ないたいと思います。特にマリア様の汚れなき御心に、これを捧げたいと思っています。この前7月13日と14日に国際シンポジウムがあって、フランス革命についてのお話が、専門の方々のお話がありました。日本からの教授や、フランスの教授、あるいはアメリカからの代表者の教授、アメリカの教授などが、色々な非常に有益な中身の濃い話をして下さいました。シンポジウムの内...私たちは罪の鎖に縛られていた。聖母が助けてくれた。カトリック教会こそが、私たちを霊的な子供として養ってくれる孤児院だ。私たちが天国を相続する為に。

    Fr Thomas Onoda

    Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

  • 5位

    上智新聞編集局にも、学校は圧力をかけ、新聞記事を書かせないようにしました。「リベラル」な上智大学は学生を脅し、教授の人権も無視することに決めたのです

    マリアを通しイエズスへ ロザリオ 天使祝詞 秋田の聖母 コルベ マザー・テレサ ピオ チマッチ チマッティ グレゴリオ聖歌 グレゴリアン アヴェ・マリア 聖母マリア キリスト教 カトリック 公教 要理 カトリック教会 カトリック教会のカテキズム カトリック聖歌 カトリックの祈り カトリシズム ヴルガタ訳 聖書 ミサ ドミニコ 不思議のメダイ カタリナ・ラブレ マルガリタ・マリア・アラコク ルルド グアダルペ ヴァチカン バチカン Cathedral Cattedrale Arcidiocesi Archdiocese Cardinal Cardinale Communion Comunione Messa Mass 跪き Pius Ⅸ

    MARIA IMMACULATAE

    マザー・テレサ キリスト教 カトリック 聖書

  • 6位

    普通にバイトしたいだけなんだ

    今日から3日間、同じ場所でバイトの予定だったのですが、急遽明日の分が断られてしまい、他のバイト先に行くことになりました。 急に予定が変わる・・・・・・これが単発バイトの怖さよなぁ、と実感してます。 こんなことなら、普通のバイトした方がまだマシなのかな? 就職前にお金無くなるのは嫌なので、ある程度貯まるまで地元でバイトして、それから就活でもいいのかなぁ、と悩み始めてます。 就活中はバイトの量を減らして、収入0にならないようにして、というふうに考えてるのですが、それだと就職するタイミングが大きくズレちゃうなぁ、とも思います。 実際、障害者枠で働いてる人達って、働く前はどうやって収入を得ていたんだろ…

    香織利

    底辺から少しずつ

  • 7位

    私たちに語りかけてくる伝統とは何か?

    目次 「ガダマーの解釈学についてーーディルタイとの連続性と相違性ーー 」を読んで ディルタイ 「解釈学的循環」 「客観的精神」 歴史的な存在としての人間 先行判断 私たちに語りかけてくる伝統 地平の融合 開かれた態度で過去のテクストとの思索的対話を続けていく

    a pilgrim

    巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

  • 8位

    お役所スタンプラリー

    いっこ、にこ、3個の試練。いつも助けられ 支えられ

    リセット

    3個目の荷物は乳癌

  • 9位

    はた迷惑な人たちの「肉食の思想」 [その1]

                        (写真撮影 三上信一氏)                                             ...

    岩井半次郎

    岩井半次郎[大航海時代のおと]

  • 10位

    適度な疲労感・・・?

    今日は初めてのところでバイトしてきました。 慣れないことが多かったので、結構疲れました(笑)。 でも丁寧に教えてくれる人たちばかりで良かったな。 明日はよく行くところなので、精神的には楽です。 疲れをとりたいので、今日はもう寝ます。 おやすみなさい!

    香織利

    底辺から少しずつ

続きを見る

おすすめのテーマ

  • 潜在能力!

    潜在能力!

    潜在能力・超能力・潜在意識・波動・第六感・運・気・精神世界・能力開発・占い・願望実現に関する記事を書かれた方、トラックバックください。

    テーマ投稿数 1,575件

    参加メンバー 141人

  • 明治維新〜明治時代

    明治維新〜明治時代

    明治維新(めいじいしん)とは、江戸幕府による幕藩体制から、明治政府による天皇親政体制の転換と、それに伴う一連の改革をいう。英文では"Meiji Restoration"または"Meiji Revolution"。 その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・教育・外交・宗教政策など多岐に及ぶ。 また明治時代は、その後45年に及ぶ明治天皇の治世(明治元年1月1日〜明治45年7月30日) 【出来事】廃藩置県、戊辰戦争、鉄道開通、太陽暦、地租改正、西南戦争、自由民権運動、大日本帝国憲法、帝国議会、大津事件、日清戦争、日英同盟、日露戦争、大逆事件、日韓併合

    テーマ投稿数 951件

    参加メンバー 47人

  • 外道

    外道

    外道(げどう)とは、仏教用語で、悟りを得る内道(ないどう)、つまり仏の教えに対する言葉である。転じて道に外れた人をさして言うようになった。外道という訳語は、他の教えを語る者(para-pravaadin)と、他の宗派の僧・教祖(anya-tiirthya)があるが、本来の意味は渡し場・沐浴場・霊場を作る人(tiiha-kara)のことで、一派の教祖を意味する。 元来外道とは、仏教以外の教え、またそれを信奉する人びとを総称した呼称である。もともとインドに仏教が興った紀元前5〜6世紀ごろ、マガダ国に存在した六師外道という自由思想家たちや異教の思想一般を指して言った。これから転じて、正論者から異論邪説を唱える人たちを貶めていうようになった。これがまた転じて日常用語となり、人を罵って使われる言葉となった。 また、釣りで、本来の釣る目的魚とは違うのに釣れてしまった魚のことを外道と呼ぶ。

    テーマ投稿数 104件

    参加メンバー 11人

  • 人道

    人道

    人道(じんどう)とは、人として従うべき道(倫理)を指す。人道主義(ヒューマニズム)にも含まれる同語であるが、近年では価値観の多様化に伴い、価値観の異なる他人と協調する上で重要視される概念である。儒教思想では天道に対比させられる概念であり、同義語には人倫(じんりん)がある。

    テーマ投稿数 42件

    参加メンバー 3人

  • 武士道(サムライスピリット)

    武士道(サムライスピリット)

    武士道(ぶしどう)とは、封建社会の日本における武士階級の倫理及び価値基準の根本をなす体系化された思想一般をさす。形而下も含めた宇宙において己の存在を確立するための「家」を媒介とした社会との契約の一種であるが、封建社会で隷属する立場の女性は、この主体となることはできない。

    テーマ投稿数 58件

    参加メンバー 19人

  • 渋澤栄一翁〜論語と算盤の教え〜

    渋澤栄一翁〜論語と算盤の教え〜

    渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日(1840年3月16日) - 昭和6年(1931年)11月11日)は、幕末の幕臣、明治時代初期の大蔵省官僚を経て、実業家として活動した。第一国立銀行や王子製紙・日本郵船・東京証券取引所などといった多種多様の企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父と呼ばれる。 正二位勲一等子爵。雅号は青淵。戒名は泰徳院殿仁智義譲青淵大居士。 〜Wikipediaより〜 偉大なる日本を代表する起業家の一人。 現代日本の礎を築いた超大物。

    テーマ投稿数 43件

    参加メンバー 6人

  • 神

    神(かみ)とは、人間の及ばぬ知恵・知識・力を持つとされる存在の一種で、人間を含む生命やこの世界そのものなどを創り出した存在であるとされることもある。人知を超えた力や運命と関連づけられ、信仰や畏怖の対象となる。 神の性質に関して、その唯一性を強調する場合唯一神教、多元性を強調する場合多神教、遍在性を強調する場合汎神論が生まれるとされる。ただし汎神論はしばしば一神教、多神教の双方に内包されることもある。また、古代から現在まで神話的世界観の中で、神は超越的であると同時に人間のような意思を持つものとして捉えられてきたが、近代科学の発展と無神論者からの批判を受け、このような神理解を改めるべきという意見も現れている。 世界的に見ると、神を信じている人は多く(アブラハムの宗教だけでも30億人を超える)、神に基づいて自身の生活様式を整えている人、"神とともに生きている"と形容できるような人は多い。 人知を超えた存在であると考えられることや、人間や動物のように社会や自然の内に一個体として存在していることは観察できないことから、神の存在を疑う者も多い。神の存在を信じない者は無神論者と呼ばれ、神が存在するかどうかを知りえないと考える者は不可知論者と呼ばれることがある。

    テーマ投稿数 521件

    参加メンバー 50人

  • 釈尊(シャカムニ〜ブッダ、buddha)仏陀

    釈尊(シャカムニ〜ブッダ、buddha)仏陀

    仏陀(ブッダ、buddha)は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。buddha はサンスクリット語で「目覚めた人」「体解した人」「悟った者」などの意味である。

    テーマ投稿数 115件

    参加メンバー 9人

  • 市中引き回し

    市中引き回し

    市中引き回し(しちゅうひきまわし)は、江戸時代における日本の刑罰で、罪人を馬に乗せ、罪状を書いた捨札等と共に刑場まで公開で連行していくものである。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 獄門

    獄門

    獄門(ごくもん)とは、江戸時代に庶民に科されていた6種類の死刑の一つで、打ち首の後、死体を試し斬りにし、刎ねた首を台に載せて3日間(2晩)見せしめとして晒しものにする公開処刑の刑罰。梟首(きょうしゅ)、晒し首ともいう。元は獄舎の門前に首を晒したことからこの名前が付いた。付加刑として財産は没収され、死体の埋葬や弔いも許されなかった。 こうした刑罰は平安時代後期から存在し、平安京の左右にあった獄の門前に斬首された罪人の首を晒した事が「獄門」の語源であると言われている。また当時は斬首した首をただ晒すだけでなく、矛で貫いて京中の大路を練り歩くことも行われたという。以後も同様の刑罰は存在したが、本格的に刑法体系に取り入れたのは江戸幕府であったと言われている。 首を晒す台を獄門台といい、高さ6尺(下部を土に埋めるので実際には4尺(1.2m))の台に五寸釘を二本下から打ち、ここに首を差し込んで周りを粘土で固める。夜は首が盗まれたり野犬の類が持っていかないよう桶を被せ、非人数名が火を焚いて寝ずの番をした。獄門台の横には罪状を書いた捨札(すてふだ)が立てられた。 獄門の刑罰を科される犯罪は、強盗殺人、主人の親類の殺害、地主や家主の殺害、偽の秤や枡の製造などであった。 明治時代に至っても初期には梟示と名を改めて引き続き行われていたが、1879年の明治12年太政官布告第1号により廃止された。なお、斬首刑は1882年1月1日に施行された旧刑法により廃止されるまで残る(最後に行われたのは1881年)。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • エキゾチック

    ドイツでは大学のほかに、カトリック教会の教区の教会音楽学校にも通って、オルガン演奏や、教会音楽理論、聖歌隊指揮法、グレゴリオ聖歌などを勉強しました。教会音楽学…

    エリーゼ エリーゼの音楽日記
  • キリストの王職

    神よ、あなたの正義を王に与え、あなたの正しさを王に授けてください。王が正しく民をおさめ、正義をもって貧しい人を守るように。 今日の詩編(詩編72.1+2,17)ではこのように歌われています。この歌は王や政治指導者だけに関係するものではありま

    U.Z みことばとわかちあい
  • 私たちに語りかけてくる伝統とは何か?

    目次 「ガダマーの解釈学についてーーディルタイとの連続性と相違性ーー 」を読んで ディルタイ 「解釈学的循環」 「客観的精神」 歴史的な存在としての人間 先行判断 私たちに語りかけてくる伝統 地平の融合 開かれた態度で過去のテクストとの思索的対話を続けていく

    a pilgrim 巡礼者の小道(Pursuing Veritas)
  • 適度な疲労感・・・?

    今日は初めてのところでバイトしてきました。 慣れないことが多かったので、結構疲れました(笑)。 でも丁寧に教えてくれる人たちばかりで良かったな。 明日はよく行くところなので、精神的には楽です。 疲れをとりたいので、今日はもう寝ます。 おやすみなさい!

    香織利 底辺から少しずつ
  • 上智新聞編集局にも、学校は圧力をかけ、新聞記事を書かせないようにしました。「リベラル」な上智大学は学生を脅し、教授の人権も無視することに決めたのです

    マリアを通しイエズスへ ロザリオ 天使祝詞 秋田の聖母 コルベ マザー・テレサ ピオ チマッチ チマッティ グレゴリオ聖歌 グレゴリアン アヴェ・マリア 聖母マリア キリスト教 カトリック 公教 要理 カトリック教会 カトリック教会のカテキズム カトリック聖歌 カトリックの祈り カトリシズム ヴルガタ訳 聖書 ミサ ドミニコ 不思議のメダイ カタリナ・ラブレ マルガリタ・マリア・アラコク ルルド グアダルペ ヴァチカン バチカン Cathedral Cattedrale Arcidiocesi Archdiocese Cardinal Cardinale Communion Comunione Messa Mass 跪き Pius Ⅸ

    MARIA IMMACULATAE マザー・テレサ キリスト教 カトリック 聖書

続きを見る

  • キリスト者・マリアの霊的日記

    カトリックのクリスチャンです。信仰生活のことや日々の思いなどについて自由に書いていきたいと思います

  • Rock's Cafe

    Rockのカフェです。カトリックの話題を載せていきます。

  • シメオンの回廊

    カトリック信徒。聖書や神学、信仰について綴っています。「使徒信条」「ニケア・コンスタンティノープル信条」に立ち、『カトリック教会のカテキズム』を承認する伝統的信仰理解の立場です。

  • 底辺から少しずつ

    うつ病で倒れた私が、自分にできることを探して少しずつやるための記録。カトリックの信仰生活、発達障害や他にも生きづらいと思うこと、生きてて良かったと思うことを発信していきたいと思います。

  • キリスト者・みりあむのつぶやき

    カトリックのクリスチャン(キリスト者)です。信仰のことや霊的なこと日々の生活のことなどについて書いていきたいと思っています☆

続きを見る

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧

現在の順位 :1