思想 注目記事ランキング

  • 更新時刻:19/01/17 13:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
Kayさん
  • 情報提供命のための運動 ITスペシャリストが語る芸術(新)Kayさんのプロフィール
  • スポーツ選手でもない我々が、強い負荷をかける無理な・・・と言うより、不自然な運動をしてはならない。いや、本当に賢いスポーツ選手は、やはり、そのような古い「キツい」トレーニングはしない。特に普通の人は、軽い負荷の運動で良いが、数多く繰り返さないといけない。そして、もう1つ大切なことが、「ショートストローク」であること、つまり、動きが小さいことが肝心なのだ。体操競技で大きな動きをするのは、見栄えが良い

2位
viatortakaさん

3位
幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー さん
4位 こううんさん
  • 情報提供ブログ論&変身願望諸々 こううん変身出来なさそうこううんさんのプロフィール
  •  ブログの本質は「己の内なる欲望の部分解放」である。得てしてブロガーは特定の閲覧者を想定して、その内容や構成を考え創作に勤しむ。暫くして特定の閲覧者が出来ると、その相手の悦ぶ姿を想い描きながら、時間が経つのも忘れ作家に成り切る。相手の反応が創作のエネルギー源となっていく。その根源には、最終的には特定の関心閲覧者へ到達したいという、妖しい渇望がある。それは、男女の恋愛関係に於いても見受けられよう。性
5位 幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー さん
  • 情報提供「雑草は踏まれても諦めない 逆境を生き抜くための成功戦略」稲垣栄洋著 ”雑草から生き方を学ぶ!” 幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー さんのプロフィール
  • ・イネ科植物は乾燥した草原地帯で発達してきた。草原では馬や牛、山羊などの装飾動物の仲間がそれを餌としていた。そのためイネ科植物は常に地上部を食べられ、つみ取られる環境にあったのである。植物の生長点は茎の先端にあって新しい細胞を作りながら上へ上へ伸びていく。しかし、それでは茎の先端を食べられると成長が止まってしまう。イネ科の食部は成長点をできるだけ低くすることを考えた。つまり一番低い株本に成長点て持
6位 幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー さん
7位 エイミーさん
8位 こううんさん
  • 情報提供「書く」ということを通して こううん変身出来なさそうこううんさんのプロフィール
  •  「読む」ことより、「書く」ことの方に興味がある。人の書いた本を読むより、自分が本を書く方が、自分を高めてくれるように思える。書くという営みを通し、自分とゆっくり向き合える。そして、何より、「受動」的志向から「能動」的志向へ、思考姿勢を変えてくれる。「習字」は、手本を書写するものだ。基本を習熟する上で欠かせないステージではある。が、此処に甘んじていればそれまでである。単なる物真似にしか過ぎぬ。「守
9位 気付きの科学 新世界版さん
  • 情報提供わたしとは何か?の考察 その6 気付きの科学 新世界版気付きの科学 新世界版さんのプロフィール
  • なんでもないものは・・無ではなく、 無限のそのものであり、その無限性なるがゆえに有限を無数に体験することが可能であるため、特定の何かに・・なろうとすること・・意識が生じる・・ ・・在る・・Being ・・によって”わたし意識”が生じる。わたし・・意識は、至高の実在、無限なるそれ、あるいは宇宙意識の証拠(しるし)である。あなたは、”無限なるそれ”であり、1つのこの時空世界への生誕という設定を通して個別
10位 気付きの科学 新世界版さん
  • 情報提供わたしとは何か?の考察 その7 気付きの科学 新世界版気付きの科学 新世界版さんのプロフィール
  • ・・在る・・Being ・・によって常に・・今・・の”わたし意識”が生じている。わたし意識とは何か?といえば、自己への気づきである。自身への気づき・・そのものが・・自己・・わたしだ。わたしは・・私に気付いている・・であり、その状態が”存在”だ。それがーーわたしは在る−−I AM であり、他の表現で言えば、わたしは・・今・生きている・・となる。そして、わたしは生まれた、成長した、そしていまここに在る
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 Kayさん
  • 情報提供両極端は囚人の道 ITスペシャリストが語る芸術(新)Kayさんのプロフィール
  • 世の中、両極端な話が多いし、ますます多くなってきた。例えば、同性愛の話となると、絶対肯定か絶対否定でないと認められないという感じじゃないか?私個人は同性愛者の気が知れないが、かといって、好きなものは好きで仕方がないのだから、「まあ、いいんじゃないか」という立場になるが、肯定か否定かの二者択一しかないような雰囲気だ。学歴なんてのも、高学歴は絶対偉いという立場か、学歴なんか一切不要の立場かのどちからに
12位 幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー さん
13位 エイミーさん
14位 こううんさん
  • 情報提供梅原死す こううん変身出来なさそうこううんさんのプロフィール
  •  日本古代史に大胆な仮説を展開し、独自の理論で日本古代史を論じた哲学者が死去した。93歳。オラのオヤジの1個下の世代だった。彼を私が一番注目したところは、立花隆の『脳死臓器移植』(NHK出版)で、臓器提供は、仏教で言うところの捨身に伴う他者救済的行為であり、有益なものと見做し得る行為である。従って、臓器移植は否定出来ないもので、それに付随する脳死も否定するものではないと、理解を示した点であった。
更新時刻:19/01/17 13:30現在