TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

宗教批判・告発 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    題号だけの御書講義⑥(法華取要抄)

    今回の題号だけの御書講義は「法華取要抄」です。前回講義した「法華題目抄」は佐前の御書故に権実相対の上から「法華の題目」を選ぶことをご指南された書でですが本抄は今度は「法華経」の中でも「要の法華経」を取ることをご指南されています。法華経とひとくちに言っても法華経には「種・熟・脱」「文・義・意」「広・略・要」と三種九部の立て分けがあります。「熟」とは法華迹門・「脱」は法華本門で「種」は法華文底の妙法、...

    SDI(創価ダメ出し委員会)

    題号だけの御書講義⑥(法華取要抄)

    読者になる
  • 2位

    仕事のストレスで放火だそうです。

    団体職員が放火容疑で逮捕され昨日あたりからネット界隈がザワついてますね。犯人の団体職員とは正確には創価学会職員で、かつ全国少年部書記長だったそうです。それではアンチ創価がざわつくのも無理もないですね。創価民は正宗僧侶が何か事件を起こすとブログやSNSで大騒ぎするのですが自分達の事になるとダンマリなのが「いとおかし」です。数年前に問題化した靖国献灯問題も警察に届を出した。という報道を聖教新聞に1度だけ掲...

    SDI(創価ダメ出し委員会)

    仕事のストレスで放火だそうです。

    読者になる
  • 3位

    権力悪との闘いシリーズ その139

    「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」

    高倉良一

    権力悪との闘いシリーズ その139

    読者になる
  • 4位

    六巻抄拝読の為の基礎知識③(三重秘伝抄②)

    今回は「三重秘伝抄」の第2回目で前回の続きからでここからは冒頭の開目抄の【一念三千の法門は但法華経の本門寿量品の文の底に秘し沈めたまえり、竜樹・天親は知って而も弘めたまわず、但我が天台智者のみ此れを懐けり等云云。】の御文の10の義の説明になります。第一に一念三千の法門は聞き難きを示すとは最初の義としてこの御文は「一念三千の法門は聞き難い」という意味ががあるということです。ここでいう一念三千の法門とは...

    SDI(創価ダメ出し委員会)

    六巻抄拝読の為の基礎知識③(三重秘伝抄②)

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)