TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

哲学 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    【研妻哲学134】未就学児も夏休み短縮、どうする猛暑

    園児も夏休み短縮で、気になる猛暑。研究者を支える人々を応援する「研妻哲学」

    研妻

    のほほん博士と結婚したら

    読者になる
  • 2位

    批判や、誹謗中傷に心を揺らさぬように

    批判に心を揺らさぬように 批判なんてコオロギと同じだ 泣いてるコオロギを全部潰そうとは思わないだろう それと同じだ。 なぜ鳴き声に反応しなければいけないのか。 「言葉による攻撃はやめましょう」とあらゆる手段で訴えている人たちがいるが、それは他人を変える行為だし、求めている結果は得られないだろう 他人は変えられないからだ。 もとより、そういった声に感銘を受けるような人間は、はじめから誹謗中傷なんて行わないのだから ムシだと思えばいい 本当にムシなんだから 君にとっては、間違いなく、ウルサイムシの声より、割り箸の方が価値がある事に気づくべきだ 割り箸にイライラしないだろう? それより無価値なものに…

    井上いぬお

    いのいぬ.com ~セミリタイアとお金と哲学と死など~

    読者になる
  • 3位

    【研妻哲学133】誰も私を知らないところに行って、実際に住んだ感想

    誰も私を知らない土地で、根をおろすこと。研究者を支える人々を応援する「研妻哲学」

    研妻

    のほほん博士と結婚したら

    読者になる
  • 4位

    入門講座で何を学ぶのか(2)ー入信式の流れ

    やっと緊急事態宣言が解除された。これで公開ミサも視野に入ってきた。「三位一体の主日」くらいからは聖体拝領したいものだ。3入門講座と入信式考えてみると、われわれのカト研も入門講座のようなものだったのかもしれない。第二バチカン公会議以前だから入信準備のための儀式はまだ制度化されていなかったと思われる(1)。入門講座という名称もなかった気がする。カト研では、信者も、まだ洗礼を受けていない人も、一緒に部活動をしていた。部活動は「指導司祭」のもと、聖書の勉強が中心だった。やがて洗礼を受ける人もいた。召し出しがあって司祭の道を選ぶ人も何人もいた。すでに神学部や哲学科に所属している年長の先輩たちもいた。なにか雑多な集まりであったとも言える。「カトリック研究会」といっても、カトリックを宗教社会学のように「研究」するのではなく、...入門講座で何を学ぶのか(2)ー入信式の流れ

    kempis

    カトリック社会学者のぼやき

    読者になる
  • 5位

    死を恐れる時間と死んでいる事は同じだ

    恐れている時間、楽しむ事もしていないし、生産的でもないから共同体への寄与もできない ただ恐れているだけ 自我に囚われ、自然に生きていない ただのエゴイスト状態 そもそも死は自然な事で、恐れるものではない これを恐れるのは、死ぬ瞬間だけでいい 文明の発展で時間を意識するようになり、時間の意識により、現在存在しない未来を恐れるようになった それが死の恐怖の根源ではあるけど ならば、せめてそれを有効に活用すべきだと思う 生きる事はいつか死ぬまでの道でしかない 死ぬ事を、受容出来るだけの生を全うすればいい それは間違いなく「死ぬ事を恐れ続けた人生」ではないはずだ よりよく死ぬために、今出来る事を淡々と…

    井上いぬお

    いのいぬ.com ~セミリタイアとお金と哲学と死など~

    読者になる
  • 6位

    緑色も好き(7)

    詩,ポエム,哲学,趣味

    takatatta

    新しい微笑みの詩    New Poems of New Laughter2

    読者になる
  • 7位

    確率と人生と理性

    大森荘蔵はわが国を代表する哲学者の一人であるが、「確率と人生」というエッセーの中で次のように述べている。≪要するに、一回きりの事件では、前もってその確率を云々しても、その予言の当たりはずれを言うことは意味をなさないのである。確率いくらいくらということが正しかったか誤っていたかを定める方法がないからである。だがわれわれの日常生活で確立を問題にしたいのは大抵は一回きりの事件の確率なのである。明日の天気、来月の株価、‥‥(省略)‥‥、といった一回きりの事件の確率がわれわれの生活での緊急時なのである。ところがこのような一回きりの事件の確率が当たった外れたということが意味をなさないようなものならば、一体われわれはなにをしているのだろうか。≫事後に確率の当たりはずれを云々することは意味をなさない。まったくその通りである。賽...確率と人生と理性

    御坊哲

    禅的哲学

    読者になる
  • 8位

    自己啓発Youtube見てると逆に儲からなくなる

    ビジネス系のYoutuberがやってるノウハウってのは、付加価値風の添加物がついてるだけで実際は何も言ってない モチベーションアップのためにこういったものを見ていると、その分の時間、生産活動が行えなくなる ビジネスにせよ私生活にせよ 自分のコントロール出来ることに時間等のリソースをいくら投入したかが、すべてだ。 結果は自分の管轄外なのでどうなるかわからないにせよ、自分が出来ることをすべてやって、それで得られた結果が、自分の力のみで出せる現在最大限の結果である事は明白。 ビジネスYoutuberのような、ドーパミン型のモチベーションアップ動画に頼る事になると、長続きしないため、繰り返し動画閲覧を…

    井上いぬお

    いのいぬ.com ~セミリタイアとお金と哲学と死など~

    読者になる
  • 9位

    freedom と liberty 4/x

    「free」は古英語の frēo に由来する。古インドヨーロッパ語の prijos や、古ドイツ語の frijaz を語源として、「好む」とか、「愛」とかの意味を持つ。「liberty」はラテン語の liber を語源に、「社会的、政治的に制約されていない」、「負債を負っていない」という意味で、自由の消極的な側面、つまり、好まないことをしない自由が強調される。            もしも 君が彼らの言葉に嘆いたとして それは つまらない...

    青梗菜

    qinggengcai

    読者になる
  • 10位

    新型コロナウイルス/経済活動

     インフルエンザでは毎年、推定10000人が亡くなっている(関連死を含む)。 治療薬があっても死者を0人にすることはできない、ということに驚いた。 じゃあ、その「治療薬」は、何人の命を救っているのだろうか? そもそも鼻や喉で感染した鼻風邪には治療は必要ない。寝ていればそのうち治る。 問題は肺炎だが、その肺細胞の回復に「治療薬」は効果があるのか? 新型コロナの危険性は、インフルエンザと同じ。 ウイル...

    イトウアキラ

    考察ノート

    読者になる
  • 11位

    見上げれば 空の広さに 主が見える ー 主の昇天の祝日

    標題は、主の昇天の祝日(A年)向けに鈴木勁介師が作られた福音川柳である(『福音せんりゅう』38頁)。今日は川柳どおりの青空だ。復活節第7主日だが、今では日本では主の昇天の主日といったほうがピンとくる。復活節もいよいよ終わりに近づいた。今日は久しぶりに文字通り良い天気に恵まれた。緊急事態宣言がまだ解除されていないが、やっと出口が見えてきたようだ。テレビのYouTubeで関口教会のミサに出る。なにかこれが日常化しつつある感がある。今日の第1朗読は使徒言行録1:1~11,第2朗読はエフェソ1:17~23,福音朗読はマタイ28:16~2-0だ。昨日もらってきた「聖書と典礼」によると、今日のキーワードは、「昇天」(1)と、イエスの言葉「わたしは天と地の一切の権能を授かっている」だという(2)。関口教会のYoutubeのミ...見上げれば空の広さに主が見えるー主の昇天の祝日

    kempis

    カトリック社会学者のぼやき

    読者になる
  • 12位

    【研妻哲学132】暑くてもマスクの日々

    暑くてもマスク、そして消毒。研究者を支える人々を応援する「研妻哲学」

    研妻

    のほほん博士と結婚したら

    読者になる
  • 13位

    運の分析哲学と観念論

    あの人はきれいだ あの人はかっこいい そんなふうに恵まれたあの人たちは 一言で言ってしまえば 運のいい人たちだ 運の良し悪しは たくさんの原因が絡み合っているから 運の良さの原因の探求は至難の業であり 現実的には不可能なことが多い 例えば 目や鼻といったパーツの一つ一つはと...

    キャッツドードル

    ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

    読者になる
  • 14位

    freedom と liberty 3/x

    >では、「社会」というのは、自分のことである。>自分という現象は、そのまま社会現象である。社会は、人と人との間に生まれる。社会が悪い、自分は悪くない、と言いたくなる社会は、自分と誰かとの関係性において生まれている。人と人とが関わらない社会、―― なんてのは、語義矛盾であるが、そのような、原初の自然状態においては、悪は生まれようがない。悪い猿人も、悪い原人もいない。あるいは、社会との接点を持たない、―― ...

    青梗菜

    qinggengcai

    読者になる
  • 15位

    人間は死後、49日以内に流転する。

    こんにちはご覧いただき誠にありがとうございます。見る方が、少ないので、まずはこういう挨拶です。また、記事の下のバーナーをクリックしていただけると励みになりります、よろしくお願いいたします。題名のとおり、人間は死後、49日以内に流転します。死後、死後気絶なしにバルドーに入られたら幸いです。なんとか手のほどこしようがある。でも、快楽を貪り真理を知らず実践していない魂は粗雑次元から微細な次元への以降で、ほ...

    ひろしD

    真理の探求、修行者の見聞録

    読者になる
  • 16位

    太陽活動と自然の動き、 社会の動き

    □∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞□やつはメールマガジン Vol.481発行者:やつは代表 滝沢泰平   ( 令和2年05月22日 号 )□∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞□──◆◇◆◇───────今日のお知らせ(NEWS)───────────◆◇■-

    TACKEY

    天下泰平

    読者になる
  • 17位

    ありがとう

      些細なことでも   何か人のためになっている   そんな感覚は素敵   たとえ自己満足だとしても   ありがとうって言われれば   素直にうれしい   こちらこそありがとう   ありがとうの連鎖   広がればいいな

    今とここ

    波のまにまに

    読者になる
  • 18位

    確率と人生と理性(つづき)

    もう少し、大森の言葉を引いておこう。≪人生にかけるということは単に予測するだけのことではない。文字通り自分の生活をかけることなのである。単に未来を傍観者風に予測するのではなく、そのように予測された未来に立ち向かう心構えをすることなのである。その予測に付された確率はその構えの姿勢の表現であり覚悟のほどの表現なのである。九分通りこういくだろうと構えて手術をする外科医と、五分五分だと思いながらの外科医はその構えが違うのである。そしてその手術の結果がよい時にせよ悪い時にせよ、この二人の外科医は異なる安堵や異なる弁明をするだろう。賭けた人は否応なく賭けの結果を追う以外にはない。≫しかし、大森は確率の数値は参照された過去の指針の示す値であって、その人の賭けの心構えそれ自身の測定値ではないとも言う。それはそうだろう。成功率が...確率と人生と理性(つづき)

    御坊哲

    禅的哲学

    読者になる
  • 19位

    今日

      明日のために   今日があるのではなく   今この一瞬のために   今日がある   今   今   今

    今とここ

    波のまにまに

    読者になる
  • 20位

    観念が整備する道を歩む

    未来を夢見る 自分ばかりではなく 自分の周りの社会の有り様についても 未来を描き夢を見る そんな夢のような未来を切り拓く為に 過去の出来事が参考にされる 繰り返された幾多の現象がある この現象の繰り返す性質を 未来へと応用するという訳だ その性質がなぜあるのか? そんなこと...

    キャッツドードル

    ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

    読者になる
  • 21位

    WordPressプラグイン【Classic Editor】の使い方!使いやすい旧エディターに戻すクラシックエディターの設定方法

    WordPressプラグイン【Classic Editor】の使い方!使いやすい旧エディターに戻すクラシックエディターの設定方法について解説します!新エディターが超使いずらい!旧エディターに戻す方法ある?Classic Editorの設定方

    副業マン

    副業らいふ

    読者になる
  • 22位

    新型コロナ ~ 日本の感染者推移 今後

    1.日本の、日々の新規感染者は次図 上を、1週間ごとまとめた 日本の感染者は次図最近の発生数を見ていると、100以下(7日間で)にはなかなか下がらないようです…

    大局観

    大局観

    読者になる
  • 23位

    歌詞の歪み

    歌詞とは、歌に伴い、歌う人の口から発せられる言葉である。いや、これでは歌詞の定義としては不十分だ。伴うのではなくて歌詞そのものが歌なのだから。誰ぞが言うたか忘れにけるや、節が歌か、はたまた、詞が歌かの論議は置いておくとして、歌詞に内在する言葉がそれが歌われることによって現前するものは常に曖昧さを含んでいるものであることはたしかである。 ◆以前の記事で論じてみた「巨人の星」の”思い込んだら”の件も...

    エイミ

    エイミスピリット

    読者になる
  • 24位

    宮沢賢治『十力の金剛石』を思い出す~雫のプリズム~

    私のこだわりの撮影テーマである「雫のプリズム」。 透明な雫が、色鮮やかな宝石へと変わる瞬間です。 最近ふと読み返した、宮沢賢治の短編『十力の金剛石(虹の絵具皿)』に通じるものがあるな、と感じました。私は子どもの頃から宮沢賢治は愛読していますが、この作品は久々に繙いたかと思います。 とある国の王子さまが霧の朝に、仲良しの大臣の子と一緒に、自分たちの持っている宝石よりももっと素敵な宝を探そうと出かけます。彼方の森にかかる虹の足元にあるという「ルビーの絵具皿」、さらに素晴らしいだろう金剛石(ダイヤモンド)を探して森に分け入っていった2人は、不思議な歌を歌う蜂雀(=ハチドリ)に導かれて、こんな壮観に出…

    naosuke21036

    光つかまえて~雫と海と季節のフォトブログ~

    読者になる
  • 25位

    知識が変える未来

    起源をたどると なるほどと合点がいくことがある たとえば 漢字を習い始めたころ 「山という字は  山の形からきている」ということを聞き 「ああ、そうか」と思った この合点がいったときの心地よさからだろうか 「じゃあ、この字は?」と色々聞く でも 「山」以外では なかなか合点...

    キャッツドードル

    ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

    読者になる
  • 26位

    理想の文化‐文法事典

    ことばが具象的な表象から抽象的な表現に移行する過程を、一冊の本にまとめてみたい。 神話上の神格や怪物が、卑俗な昔話、迷信を経由して、日常的な科学知識や現象に移行する過程は、文法の大衆化、文語から口語への選好の変化と軌を一にする。長いスパンの変化を記憶するための文法から、より瞬間的な表現法への移り変わりは、たとえば並列的に確実性の所在をあきらかにする接続法や仮定法が失われつつあり、より単純で直列的な、過去・現在・未来の系列へと再編される傾向によって見て取ることができる。 これは、事象が「ある」こと、またその対極として「ない」とされることについての性質の変化とも見なせる。この言語上の特質を考慮に入…

    松屋汗牛

    マツノヤ人文学研究所

    読者になる
  • 27位

    WordPressプラグイン【TablePress】の使い方!簡単に表を記事に挿入するテーブルプレスの設定方法

    WordPressプラグイン【TablePress】の使い方!簡単に表を記事に挿入するテーブルプレスの設定方法について解説します!簡単に表をブログ記事に挿入したい!表を自在に作成するプラグインある?TablePressの設定方法が知りたい!

    副業マン

    副業らいふ

    読者になる
  • 28位

    WordPressプラグイン【UpdraftPlus】の使い方!サイトをしっかりバックアップするアップドラフトプラスの設定方法

    WordPressプラグイン【UpdraftPlus】の使い方!サイトをしっかりバックアップするアップドラフトプラスの設定方法について解説します!サイトが消えちゃったらどうしよう…バッチリしっかりとバックアップしておきたい!UpdraftP

    副業マン

    副業らいふ

    読者になる
  • 29位

    ご依頼6

    どうやったら彼に優しくできるのか優しくしたいけどできない合わないのなら別れた方がいいのかと悩んでいるというお悩み。 ’ ※カードのもつキーワードがすべてあては…

    まーたん

    普段考えてるあれやこれや。

    読者になる
  • 30位
    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧