TOPICS

哲学 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    避難すべきか、とどまるべきか?—今後の行き先を模索する聖公会指導者たちの精神の軌跡

    Brisbane Anglican diocese welcoming more women than men to the priesthood - ABC News (Australian Broadcasting Corporation) Bishop Robertson married at cathedral |The Diocese of Toronto 「どの世代にあっても、キリスト教はそれをとりまく文化を転向させるか、あるいはその文化によって転向させられるかのどちらかでなければならない。」ギャヴィン・アシェンデン元聖公会主教

    a pilgrim

    巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

    読者になる
  • 2位

    誰だって、自分が正しい 2/x

    >わざわざ誰かに言われなくても、>そんなこと、誰でも分かっているような、>当然のことを書くのが馬鹿みたいなのは、>言われなくても分かっている、というそのことを、>言われなければ分からない、という、>その当然さが分かっていないことによるけれど、    論理、ってのは、もとより、同語反復であり、もしも、そこに別の新たな発見があるのなら、それは、論理が飛躍していることになる。では、それが論理的に解ける問...

    青梗菜

    qinggengcai

    読者になる
  • 3位

    無記と仏教的諦観の関係

    疑似問題というものについてもう少し考えてみよう。「世界はなぜあるのか?」という問いを我々はなぜ発するのだろう。問いというものが答えを求めるものであれば、問いを発する以上は自分が何を求めているかを知っていなければならない。しかし、この問いを発する時、私は自分がどのような答えを期待しているか分からないで発しているのである。そもそも私は「世界がない」という状態がどのようなものであるかを想像できないまま「なぜあるか?」を問うているのである。ウィトゲンシュタインに言わせれば、この時私は自分で自分が一体何を問うているか分からないままなにかを問うていることになる。つまり、「世界はなぜあるのか?」という問いに実質的な意味はないということになる。それでも問いたくなるのは、私が暗黙の裡にライプニッツの充足理由率を受け入れているから...無記と仏教的諦観の関係

    御坊哲

    禅的哲学

    読者になる
  • 4位

    生と死の境界はあるか?

    一般には脳波が出ているかどうかが判断の基準になっている。つまり脳が停止したら死んでいると見做す。医学的な生死の境界はそのように定義されている。まあ、他人の生き死にについてはそれでいいとして、禅的哲学では他人事にはかかわらない、生と死の境についても自分のこととしてとらえなくてはならないのである。自分から見た自分の生死というものは一体いかなるものか?子供の頃、親せきの高校教師をしているおじさんに、「生きているって、どういうこと。死んだらどうなるの?」と訊ねたことがある。おじさんは「生きているというのは、こうしていることや。」と言う。ぼくは「こういうことってなんや?」と聞き返す。「つまりやな。お前がこうしてワイとしゃべっていることとか、カレーライスを食べて美味いとおもうこととか、勉強は面白いとかつまらんと思うこととか...生と死の境界はあるか?

    御坊哲

    禅的哲学

    読者になる
  • 5位

    結婚してるから不倫はダメ?常識が通用しない人もいる

    日本の婚姻制度に意味はある?覚悟を持って結婚してる? 今の時代の日本だから不倫はしてはいけない? 一夫多妻制(多夫多妻)だったら、問題ないよね? 婚姻制度という「人が勝手に作ったルール」があるから、浮気や不倫はいけないとされている。 「人として、やってはいけないこと」というのが、世の中の多くの人の意見ですよね。 けど、子供がいたとしても、浮気や不倫したり離婚するなら、結婚する意味なくない? 日本の婚姻制度に意味はある?覚悟を持って結婚してる? 結婚してても浮気する人をたくさん見てきた ダブル不倫でお互いに離婚して再婚した人 常識的な既婚者なら不倫はしない? 最初から、結婚しなかったらいい? 婚…

    ウサキさん☆

    スキゾイドな「ウサキさん」の思考

    読者になる
  • 6位

    霊の被造物 ー 教会論(7)

    1月の学びあいの会は岩島師の教会論の第3回目である。「新約聖書における教会の自己理解(3)」となる。岩島師は、新約聖書における教会の自己理解は、①神の民②キリストの体③霊の被造物(聖霊の神殿)の3点からなるという。今回はその③で、本(1)で言えば第8章にあたる。第8章の主張は、教会は霊によって成り立っている、というものだ(2)。ヨハネ、ルカ、パウロの三人の説明の仕方が紹介される。聖書の引用部分はいつものように参加者全員で読み合わせた。あまり読んだことのない引用箇所もあり、これはこれで勉強会の楽しみである。Ⅰヨハネヨハネはキリストにおいて与えられた新しい生命、信仰体験を伝える。「イエスの時」と「教会の時」が明確に区別される。「聖霊を送る」(14:26~2715:20~27)「聖霊を受けよ」(20:21~23)教会...霊の被造物ー教会論(7)

    kempis

    カトリック社会学者のぼやき

    読者になる
  • 7位

    人間界は苦界です。

    こんにちはご覧いただきありがとうございます。見る人が、少ないので、まずはこういう挨拶です。また、記事の下のバーナーをクリックしていただけると励みになりります、よろしくお願いいたします。さて、今日の講話です。私達が、住んでいる人間界。三悪趣から比べると苦しみが、少ない。でも、3苦が、存在します、それは・・欲しいものを得られない苦しみ。得たものを失う苦しみ。そして、感覚器官での苦しみ・・・の3苦です。...

    ひろしD

    真理の探求、修行者の見聞録

    読者になる
  • 8位

    教会職階制の始まり ー 教会論(8)

    第9章に入る。タイトルは「新約聖書に見られる教会制度の確立」である。教会は、父と子と聖霊によるものではあるが、人間の集まりでもあるので、組織化がおこる。教会の職階制がどのようにして成立していったのか。新約聖書の描写から整理する。Ⅰ使徒の権威と教会の制度化1教会は使徒の権威によって成立した。最初の教会は使徒の教えと指導によって統一を保った。教会にとり「使徒性」は本質的である。2使徒の教会から使徒的教会へ使徒がいなくなった後、後継者が使徒性を継承した。使徒の教会(eclesiaapostolorum)から使徒的教会(aclesiaapostolica)へと転換が起こる。使徒の権威を土台として規制が始まり、組織化がすすむ。教会が制度として確立し始める。3教会は「神の家」とされるコリントⅠ・Ⅱは神の家が神の民であると説...教会職階制の始まりー教会論(8)

    kempis

    カトリック社会学者のぼやき

    読者になる
  • 9位

    死ぬな!と言うより「もう少し生きてみよう」と思わせて

    「人は誰でも、いつか必ず死ぬ」なのに、何で自殺はしたらダメなの?生きるのがつらい人の気持ちなんて、本人にしかわからないし、自分でもどうにも出来ないの。

    ウサキさん☆

    スキゾイドな「ウサキさん」の思考

    読者になる
  • 10位

    誰だって、自分が正しい 1/x

    自分が正しいからといって、相手が間違っているとは限らない。相手だって、自分が正しいのだから。        自分は正しい、相手も正しい、        そんなことはいくらでもあって、        自分は間違っている、相手も間違っている、        そんなこともいくらでもある。    わざわざ誰かに言われなくても、そんなこと、誰でも分かっているような、当然のことを書くのが馬鹿みたいなのは、  ...

    青梗菜

    qinggengcai

    読者になる
  • 11位

    誰だって、自分が正しい 3/x

    >では、それが論理的に解ける問題なら、その答は、>すべて問いの中に隠されているはずであり、>>言われなくても分かっている、というそのことを、>言ってみなければ分からないときがある。何かを書いてみる理由、なんてのは、赤ん坊の問いではない、幼児の問いでもない。すでに書いていて、書くことに慣れてきて、多少なりとも、論理的にも書けてきて、その後から生まれる問いである。問いは答に追いつけない、追い越せない。...

    青梗菜

    qinggengcai

    読者になる
  • 12位

    1冊100万円で取り引きされていた幻の専門書

    帰国直後の雪の八ヶ岳では、普段より大変お世話になっている八ヶ岳の聖者の森井啓二先生のお誕生日会。司会の大役を任命された自分は空港から雪の中をダッシュで会場へ。森井先生の新刊本がまもなく二冊も創刊されるということで、出版社きれい・ねっとの山内 尚子社

    TACKEY

    天下泰平

    読者になる
  • 13位

    新型コロナウイルス

    不運なことを避けるということと 不運に打ち克つということは 似て非なるところがある うまくいかない身をこなし 不運を避けながら過ごすことも大事だが 真正面から不運を受け止め これを克服してゆく強さにもあこがれる 新型コロナウイルスがやって来た 運と力強さが試される 不運にも...

    キャッツドードル

    ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

    読者になる
  • 14位

    争いの種をまく思考

    現実には制約がある 思考にも制約がある この制約がそれぞれに異なるから 現実と思考の間に齟齬が生まれ 現実と思考の間に争いが生じる 思考と思考の間に争いが生じる 現実と現実の間に争いが生じる このような争いを抑えるために それぞれに同じ制約をすればよいのだけれど 思考が自由...

    キャッツドードル

    ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

    読者になる
  • 15位

    ネイティブ並みの地球人

    こないだからブログで「ワンダラーワンダラー」いうてますが※B46ボトルの名前 昨日友人から送られてきた動画に出てた人がたまたま 「僕はワンダラーです」 と話し…

    アマーリエ

    裏庭のかきねを越えて〜スピリチュアルな日々

    読者になる
  • 16位

    まこも染めとまこもサミット

    うさとサイアムで出逢ったのは、いくつもの美しいグリーンに色分けされた生地。これらは、すべて天然のまこも染めによる染色。「まこもってこんな綺麗なグリーンになるの?」普段まこも茶を飲んでいると、まこも=黄色のイメージがありましたが、いざ染めるとグリーンに発色

    TACKEY

    天下泰平

    読者になる
  • 17位

    新しい服を探す

    いろいろな身分を 自我に着飾る 「男」や「女」 「子供」や「大人」 「既婚」や「未婚」 「部下」や「上司」 「公」や「私」 着飾っていることに慣れてしまった自我は 裸でいるのが恥ずかしい だから せっせと服を着る 裸の自我はなぜ恥ずかしい 身体も裸になると恥ずかしい いつの...

    キャッツドードル

    ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

    読者になる
  • 18位

    『イボナメクジ通信』/左翼

     『SPA!』1/28号で倉山満が皇統問題について書いたらしい。 この倉山満という人は知らない。男系派らしい。 それに対して『ゴー宣ネット道場』で笹幸恵が反論している。 「ゴー宣道場」は女系派。 その反論に、元小林信者のshinkimuが『ライジング』コメント欄で反論して。 えーと。 私の予想では、女系派の勝利。 それをひっくり返す理屈は出ていないと思う。 だから、この皇統問題自体には興味はないが。 というか、思...

    イトウアキラ

    考察ノート

    読者になる
  • 19位

    運命論と自由と責任

    ひと頃、機械論的運命論というものが流行ったことがある。この世界の全ては原子とか素粒子というものでできていて、それらが物理法則に支配されているかぎり、すべては物理法則に従って変化する筈である、という考えである。人の精神もすべて脳内の物理現象に還元されてしまうので、人間には本当の自由などというものはなく、すべての運命は物理法則によって決定されている、と言うのである。だとすると、我々は自分が自由に行動しているつもりでも、それはあらかじめ決定されていて、実は機械のように動いているだけだという事になる。そこにはもう自由意志などというものはない、何をやるにしてもあらかじめ決まっていたことをなぞっているだけなので、何をやってもそこに責任などというものはないという事になる。量子力学という分野の不確定性理論というものができてから...運命論と自由と責任

    御坊哲

    禅的哲学

    読者になる
  • 20位

    憲法改正CMが流れる前に知っておきたい宣伝の偉力①

      【宣伝の偉力】の中でこんなことが述べられている。 …こんな批評家の群が当時のベルリンには巣喰っていたのだが、ゲッベルスはこれらに対して初めは唯沈黙を守るの…

    かりんとう

    哲学・倫理時々小説のブログ

    読者になる
  • 21位

    憲法改正CMが流れる前に知っておきたい宣伝の偉力②

     『宣伝の偉力』では次のように述べられている。  宣伝というものは、 それが目的自身ではなく、 寧ろ目的に対する手段である。 今やこの 手段を借りて目的が達せ…

    かりんとう

    哲学・倫理時々小説のブログ

    読者になる
  • 22位

    フランケンシュタインの原型となるギリシア神話の二つの物語とは?②ペロプスの復活におけるバラバラの死体からの生命の再生

    フランケンシュタインの怪物の話と非常によく似た特徴を持つ物語としては、さらにもう一つ、ギリシア神話におけるペロプスの復活の物語が挙げられる。こうした二つの物語は、どちらの物語においてもバラバラの死体がつなぎ合わせていくことによってできた新たな肉体に命が吹き込まれることによって新たな生命が生まれていくことになるという点に

    TANTAN

    TANTANの雑学と哲学の小部屋

    読者になる
  • 23位

    バウムクーヘンとバームクーヘンはどちらが正しい発音なのか?ドイツ語の正式な発音におけるauという二重母音の発音規則

    ドイツ語における正式な発音のあり方では、ドイツの有名な焼き菓子のことを意味するBaumkuchenという言葉は、バウムクーヘンでもバームクーヘンでもなく、バオムクーヘンと発音するのがドイツ語におけるauという二重母音の発音規則のあり方に基づく、最も正しい発音表記のあり方となる。しかしその一方で、日本語におけるカタカナ言

    TANTAN

    TANTANの雑学と哲学の小部屋

    読者になる
  • 24位

    とうとうこの日が来てしまった。。。

    時代が変われど変えるべきでないことがある。また、変えるべきでないと思っていたことも視点を変えれば変えるべきことに変わるともある。私もとうとうスマホデビュー。半…

    ier2019

    気まぐれ一語録

    読者になる
  • 25位

    寝具は神具。 寝室は神室。

    寝具は神具。寝室は神室。寝ている間は、とても神聖な時間であり、寝ている時の環境はとても大切なもの。うさと服デザイナーのさとううさぶろうさんのチェンマイのゲストルームは、さすがはうさと本拠地だけあって、夢のような生地の世界。シーツはヘンプ100%であり、さらに

    TACKEY

    天下泰平

    読者になる
  • 26位

    フランケンシュタインの原型となるギリシア神話の二つの物語とは?①プロメテウスによる人類の創造と人造人間の怪物との関係

    フランケンシュタインの怪物の話の大本の原型となった古代の神話や物語としては、まずはギリシア神話のなかに登場する英雄神の一人であるプロメテウスの物語が挙げられる。フランケンシュタインによる死体からの人造人間の創造は、ギリシア神話のプロメテウスの物語における水と土からの人間の創造を一つの原型とする形で描かれていると考えられ

    TANTAN

    TANTANの雑学と哲学の小部屋

    読者になる
  • 27位

    オーラソーマレベル2コース追加日程

    なんか久しぶりにオーラソーマ関連の記事書くな・・    2月にオーラソーマ・レベル2コースを開催しますが急遽3月にも追加開催することにいたしましたのでそのお知…

    アマーリエ

    裏庭のかきねを越えて〜スピリチュアルな日々

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧