人間・いのち 注目記事ランキング

  • 1位

    お母さんの幸せの場所

    あなたへ 3人の子育てをした、あなたのお母さん。 一番下の息子には、特に手を焼いてね 本当に、大変だったのよ 今、あなたの実家で、お母さんと暮らす、 あなたの弟の話を聞かせてくれたのは、 先日のお盆に、あなたの実家へ行った時のことでした。 色々と大変なこともあったけれど、 お母さんね、今、とても幸せだよ 談笑の中、こっそりと、私にそう話してくれたお母さんは、 最高の笑顔を見せてくれました。 一番、手を焼いたと言う、あなたの弟が、 実家の家長となり、 可愛いお嫁さんと、その間に生まれた元気な男の子2人に囲まれて暮らす、 あなたのお母さん。 あなたのお父さんである夫を亡くし、 その1年半後には、息…

    emi

    拝啓、空の彼方のあなたへ

  • 2位

    青春

    あなたへ 例えば、高校生が主人公となった映画やドラマを観ている時 例えば、中学生の頃を振り返った時 あの子は時々、青春という言葉を口にします。 中学生の頃、 こっそりと高校生活への憧れを抱いていたあの子。 あぁ、俺、青春してるなぁ 高校生になったら、そんな毎日を送れるものと、 期待に胸を膨らませていたあの子にとって、 あの頃、憧れていた電車通学も、高校生活も、 今、目の前にある現実は、 あの子が思い描いていたものとは、何もかもが違うと言います。 青春って、なんだろう 真面目にそんな言葉を口にするあの子が今いる場所は、 青春のど真ん中。 あの子が今いる場所からでは、 その答えを見つけることは、出…

    emi

    拝啓、空の彼方のあなたへ

  • 3位

    人間関係

    snow01100120

    クララの最終章

  • 4位

    値下げ交渉の哲学

    E市にいたとき商売人に対し「ちょっと、まけて~(勉強して~おまけして~)」という機会が割と多かったような気がする若い人でも「おじさん、まけて~」と言ってるのをひんぱんに見ていたので値下げ交渉するのが当たり前だと思っていたそういう特殊な地域性もあったと思う。が、当時、値下げ交渉しても恥ずかしくない空気は全国的にもあったように思う一番、値下げ交渉をしていたのは家電品の購入である当時、地元に日本橋という...

    五大

    Mr.ロンリー

  • 5位

    眼科&整形外科に行ってきた

    医者のはしごをした眼科はいつもの眼圧検診。はじめて両目とも15ミリの目標値を割った すごく下がった感がある医師は新薬のせいだと言ってるが考えられる理由は夏で水分の出入りが激しいからではないか。下がったところで薬はやめられない緑内障は逝くまで眼科とつきあうのだ今回の整形外科は膝ではない膝はほとんど治っている2~3週前から寝違えでそれがひどくなり今度は首痛になっているのだ今回は椅子から立ち上がると痛くなっ...

    五大

    Mr.ロンリー

  • 6位

    関空見送り

    snow01100120

    クララの最終章

  • 7位

    デパート

    snow01100120

    クララの最終章

  • 8位

    この世は弱肉強食。強者が勝つ

    街を歩いていると薄着のせいか筋肉のすごい男やいかめしい顔の男、目つきの鋭い男を頻繁に見かけるこんなのとケンカやったらまず勝てないそういう男は自信があるのか人に道を譲らずわが物顔で歩いている僕はひ弱な男なので、女にも勝てないかもしれないしかし、幼児なら勝てるだろう1~2歳の幼児に殴る蹴るの暴行を加えれば余裕で勝てる(それって・・・(汗))ただ、屈強な男に勝つ方法がまったくないわけでもないのである武器を...

    五大

    Mr.ロンリー

  • 9位

    鶏鳴三声の失われたイスラエル

    このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)とってもためになるページhttp://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.htm

    おかげ参り

    天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

  • 10位

    コトバ -心霊写真-

    毎年のお盆に 彼の実家の地域で行われる花火大会に出掛けるようになったのは あの子が生まれ どれくらいが経った頃からだっただろうか 彼の家族と皆で一緒に花火を観に行くことが いつの頃からか恒例の行事となっていた 彼が息を引き取ったあの年も 彼の家族が誘ってくれたんだ 気晴らしになるかも知れないから 一緒に行こうよ と あの年の私は 毎年 花火の写真を撮ってくれていた彼を真似て 花火に向かってシャッターを切った 花火の写真を撮るのが苦手な私が 何故か花火の写真を撮ってみようと思ったのは 泣き出しそうな気持ちを ただ他に向けたかったからなのかも知れない 花火大会が終わり 彼の実家で 花火の写真を見て…

    emi

    拝啓、空の彼方のあなたへ

  • 11位

    美徳、家出するの巻。

    美徳は、かごの中でうずくまっていました。飼い主は、お弟子さんや信者さんたちに、常々こう言って聞かせます。「自分が神でないことをわきまえている人間の徳を謙虚と言…

    帰郷の人 〜居住まいを正して お迎えする〜

  • 12位

    先日シリーズ!鏡!

    アウシュビッツのような人類の汚点である原発・原爆・動物実験は この世からなくなればいい!おぞましい実験を今すぐやめても、 現在の医療水準は保てます。欲望と恐怖の為に、無垢な命の苦しみを増やそうとするある新聞社のある方の、心を見抜き続ける心秘評論ブログです。

    テレサ

    穢れ無き命の為に・・・

  • 13位

    群れるメリットが「社会」をつくる

    以下リンク ハチやアリには社会があると言われる。巣の仲間が協力し、様々な仕事を分担する。  エサの調達係や幼虫のベッドを整えたり体をきれいにするサービス部門、巣を守る防衛部隊、中にはキノコを栽培する農業担当やアブラムシなどを家畜として飼育する係がいる場合

    自然の摂理研究会

    生命の原理・自然の摂理

  • 14位

    脳の性分化は遺伝子ではなく、雄性ホルモンの有無により決定される?

    生物はオスメス分化により飛躍的に進化してきた。男女の違い、役割を考えるときには生物のオスメス分化にまで遡りその原理を追求する必要がある。ところで気になるのは最近の性同一性障害の事例など。これは体(機能)と心(脳)が分裂しているのか、どのように理解したらい

    自然の摂理研究会

    生命の原理・自然の摂理

  • 15位

    飛行機で高所恐怖症

     久しぶりに飛行機に乗ることに。この前乗ったのが、小泉さんがまだ首相だった頃ですから、相当昔です。 飛行機はいやなんですよ。高所恐怖症なもので。でも行き先が北海道の釧路なので、やむを得ないですね。鉄道だと、どれだけかかることやら。 搭乗前から落ち着

    荻野誠人

    思索の木蔭

  • 16位

    園の中央の神道と宗教

    このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)とってもためになるページhttp://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.htm

    おかげ参り

    天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

  • 17位

    矛盾や偽善に満ちた人為人工的な変化刺激から離れてのグーたら生活の中で自然界の矛盾のない変化刺激を味わっています。

    宇宙・神・愛の仕組みにして進化し続ける宇宙が創造され、そこに地球自然界と人類が誕生し、共に進化し続けて現在に至っています。そしてブログでは…宇宙進化と人類進化のために次元上昇のアセンションが仕組まれているとしています。また人間界の不満と欲と矛盾からして喜怒哀楽の繰り返しとなり、それが原因からして人殺し戦争が繰り返され、それが人類終末のハルマゲドンにつながるとして根掘り葉掘り書き続けてきました。そのアセンションとハルマゲドンが事実に起こると明言したところで何やらブログを書く気力が失せ始めたことからして…仕組まれ続けてブログを書くことになった…そのお役目が終わったような感覚になりました。そこで一週間ぶりの投稿になりますが…矛盾に満ちている人為人工的な諸々から離れた最近の私の生活の一端を紹介します。ちなみに私んちの目...矛盾や偽善に満ちた人為人工的な変化刺激から離れてのグーたら生活の中で自然界の矛盾のない変化刺激を味わっています。

    utyu21

    完全真理と私の自己縮小&孤独と自由&自力と自信

  • 18位

    夫婦喧嘩は犬も食わぬ

    夫婦喧嘩は我が家のお家芸 喧嘩するほどいい夫婦とか 喧嘩することさえ面倒くさい夫婦とか 喧嘩などしたことのない夫婦とか 喧嘩ばかりの夫婦とか まぁ 夫婦って様々の有り様のです。 人の夫婦の話を聞いていると、 んじゃ別れたら?? と言ってしまうこと多々ありませんか?? 自分達の夫婦の話もそんなもんです(笑) 夫婦の話も 夫婦の愚痴も同じなのです。 夫婦間のドラマです。 他者にとっては、痴話話 興味津々ではあるが 実は自分の夫婦よりも幸せよりも、 自分達より、不幸な話が面白い。 人の自分勝手な心理はそんなていどです。 自分達夫婦のことを 他者と比べる アホくさいことです。 夫婦喧嘩は犬も食わない …

    ケメ

    幸せの法則 失敗も成功だ

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧