TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

人間・いのち 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    2019年7月26日18時55分頃、虹。

    おはようございます。過去の写真を観ていました。この写真は去年の7/26の写真です。こんなにくっきりと虹を見たのは初めてです。ザーっと夕立があって、その後に地上…

    ハイビスカス

    妻を自死で失って…。光を見つけるまでどれくらい生きればいいのだろう。

    読者になる
  • 2位

    【LEMON。】

    こんばんは。雨が止みませんね。なんとか1週間耐えました。 明日で1年半になります。  米津玄帥-【LEMON】作詞:米津玄師   夢ならばどれほどよかったでし…

    ハイビスカス

    妻を自死で失って…。光を見つけるまでどれくらい生きればいいのだろう。

    読者になる
  • 3位

    従妹その19

    snow01100120

    クララの最終章

    読者になる
  • 4位

    物に対する価値観 その1

    車で15分のところに実家がある。 昨日ちょっと用事があって行って来て改めて 思ったこと。 うちの両親は お金はあったらあっただけ割と好き放題に使うタイプで 父…

    十四夜

    十四夜の月

    読者になる
  • 5位

    自己満足(200711A)

    ほとんどの人は知らない昭和の古い古い時代の見知らぬ人間がうつってるわけのわからぬ映像個人的にはこれは超貴重映像だと思う。ユリゲラーは何回か来日しているのでこの回だったのか不明ながらやはり、ユリゲラーがお茶の間に向かってパワーを送るような回だったうちの家でテレビの上にスプーンを置いていると本当に曲がってたことがあるのである番組の終わりかけに父が帰ってきたから、父が曲げた疑いがあるが(割とこういうこと...

    五大

    Mr.ロンリー

    読者になる
  • 6位

    50歳の私が59歳の女性に恋した話(2)

    話は、わたしが今の職場に来た、去年の4月に遡る。友美さんの第一印象は、ズバリ「キレイな人」彼女の仕事は、施設の掃除や来客応対。床のモップがけからトイレ掃除、草…

    ミクラス

    未知なる心へ

    読者になる
  • 7位

    50歳の私が59歳の女性に恋した話(1)

    わたしの前を過ぎ去っていった多くの女性たち。 幼稚園の時の初恋以降、わたしが好意を抱いた女性の数は、ざっと16人。結婚前が11人で、結婚後が5人。 残りの一人…

    ミクラス

    未知なる心へ

    読者になる
  • 8位

    自己満足(200711B)

    ほとんどの人が知らない古い古い昭和の番組当時は割とこのシリーズ好きでよく見ていた信じられないかもしれないけど当時は割と真面目に見ていたもちろんわざとらしさはわかっていたけどナレーションがどことなく文学的小説的で味わいがあったし兼高かおる世界の旅みたいな紀行番組の冒険版見てるのと同じ感覚。普通の人が行けないような秘境っぽい場所に金かけて行くんだから深く考えてなかったね。猿人バーゴンはリアルで見たよこ...

    五大

    Mr.ロンリー

    読者になる
  • 9位

    塾の思い出

    中3のとき塾に行っていたが面白かったという記憶はない塾に行ったから勉強が好きになったとかそういうものではなかった中学の塾しか知らないので小学校の塾がどうかは知らないが塾は勉強の面白さを教えてくれる所ではなく試験でいい点を取るテクニックを教えてくれる所だった高校入試のためであり、それなりの高校に行かないとヤンキーが行くような高校しか行けないヤンキーみたいなのが多い環境に入ると、自分みたいな人間はイジ...

    五大

    Mr.ロンリー

    読者になる
  • 10位

    それは暴言です

     親も人間ですからねえ・・・。 ある男子高校生は父親に「お前が死んでも、涙は出ない」と言われたそうです。そうとう生意気な高校生で、普段から口論が絶えなかったようですが。 ある男子中学生は母親に「そういう子の方が、よっぽどよかったわ!」と叫ばれたそうで

    荻野誠人

    思索の木蔭

    読者になる
  • 11位

    50歳の私が59歳の女性に恋した話(3)

    友美さんと一緒に働き始めて、ひと月もたつと、だんだん、彼女の性格がわかってきた。 一言でいえば「面倒くさい」性格である。 初対面の時から、なんとなくとっつきに…

    ミクラス

    未知なる心へ

    読者になる
  • 12位

    物に対する価値観 その3

    どういった物に価値を置くかは人それぞれだから 批判することではない。 仕事上でブランドのバッグの何十万もする物をいくつも持ってる人が結構たくさんいるんだってこ…

    十四夜

    十四夜の月

    読者になる
  • 13位

    信じるか否かのある不確かな神を信じるのも「欲」なのです。

    信じるか否かのある不確かな神を信じるのも「欲」なのです。ちなみに欲が無ければ信じることにはなりません。だから不確かな神を信じて布教するのも自分の欲が絡んでのことですが、それを隠して人のため世のためと言い訳し正当化しているのです。また人を信じて頼るのも(信頼するのも)欲があってのことです。ちなみに欲が無ければ人を信頼する必要もありません。また全知全能の神・天地創造の神が愛ならば、その神の愛にすべてを任せておけばいいものを、それでは事足りないとして、己が口出し手出しして出しゃばるのも我欲からしてです。しかも己の思いに反するものを・ほっとけばいいのもを・許せばいいものを・何かと否定反発したがることになっています。だから(神に任せてほっとけばいいのに)己の欲絡みでもって精神世界が成り立っているのです。しかも己が説く精神...信じるか否かのある不確かな神を信じるのも「欲」なのです。

    utyu21

    完全真理と私の自己縮小&孤独と自由&自力と自信

    読者になる
  • 14位

    物に対する価値観 その2

    母と一緒に住んでいる妹も僕とは違った価値観の人である。 僕が実家に行くと よく家族分の着なくなった服をまとめて袋に入れて「いるのあったら持ってって」 と言って…

    十四夜

    十四夜の月

    読者になる
  • 15位
    読者になる
  • 16位

    ペットのストレス軽減のために飼い主さんができるとっておきの方法

       「どうして何もないのに吠えるの?」 「あ~、またトイレじゃないところでやっちゃった・・・」    理由はわからないけど ストレスなのかなぁ・・・ って思…

    MARCO

    まぁこ&ラズ猫☆地球とどうぶつともっと繋がろう

    読者になる
  • 17位
    読者になる
  • 18位

    『かずてるの部屋 〜 意識を変える時 〜』

    世界的な感染症による人類が直面する難局。状況を変えるにはわたしたち人間の意識改革は絶対必要です。

    かずてる

    心のブログ 『輝きのゆりかご』

    読者になる
  • 19位

    分倍河原に新しいラーメン屋が出来た。

    煮干しの出汁だと思う。分倍河原駅から出てすぐ左の飲み屋街の所にラーメン激戦区の分倍河原にまたまたラーメン店が・・・・カウンター席でお客の両端に黒い木の衝立が置…

    あちゃら

    在俗在僧〜俗であり、僧であり、僧であり、俗であり〜

    読者になる
  • 20位

    人間感情の中で最も危ういのが恋愛感情です。だから性欲絡みの肉体や感情体に拘り執着しないで精神体で生きていく必要があるのです。

    人間感情の中で最も危ういのが恋愛感情です。だから性欲絡みの肉体や感情体に拘り執着しないで精神体で生きていく必要があるのです。ちなみに恋愛関係は好き嫌いの矛盾感情で選り好みした結果ですから、当然ながらその矛盾する感情の中での交際となります。となれば安定していませんから恋愛感情が裏返れば憎しみ嫉妬やの憎悪関係にもなります。だからその憎悪からして破壊意識となり時には殺傷沙汰にもなっている事実があります。ちなみに私から言わせれば…恋愛は変化刺激を求める趣味嗜好娯楽の類ながらも巷の物や道具を使うのと異なり・対人関係にして交流し直接触れ合うことになりますから、事がこじれれば取り返しのつかない大ごとになります。また同じく肉体的な快感快楽の性欲絡みだけに…大人の火遊びが如くの危うい関係にもなるし…また巷の珍品や好物や高額商品提...人間感情の中で最も危ういのが恋愛感情です。だから性欲絡みの肉体や感情体に拘り執着しないで精神体で生きていく必要があるのです。

    utyu21

    完全真理と私の自己縮小&孤独と自由&自力と自信

    読者になる
  • 21位
    読者になる
  • 22位

    売却契約と紫陽花鑑賞と写経。

    こんばんは。日曜日に家の売却契約が完了いたしました。次は、自分の引っ越し先の契約がありますが、それが完了すれば具体的に日付を決めて動くことになりそうです。 そ…

    ハイビスカス

    妻を自死で失って…。光を見つけるまでどれくらい生きればいいのだろう。

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)