TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

民俗・民族学 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    ヤマメが鳴いた日/鬼神の渓にて[風を釣る日々<55>]

    先日の怪我がアキレス腱断裂と判明したので、あと二ヶ月間の謹慎。痛みは軽減したが、組織が回復するための養生期間が必要であることは素人でもわかる。その間、渓流へは行かないと決めたので、追想の釣りをひとつ、ふたつ。☆ヤマメは鳴かない。ギギ(地方名ギュウギュ)など、掴まえると鳴く魚はたまにいるが、ヤマメは鳴かない。そんなことは、誰でも知っているが、たった一度だけ、私はヤマメが鳴いたのを聞いたことがあるのだ。それは、7、8年前のちょうど今頃、梅雨入り前のよく晴れた日のことだった。「鬼神の渓(たに)」と名付けておこう。その流域に古式を伝える神楽が分布し、地主神たる鬼神が出るのだ。赤い大ぶりの「鬼」である。柳田國男によれば、――「おに」とは制圧された先住民の霊が地にこもり、悪鬼、悪霊となったものとなる。「おに」は、怒れば激し...ヤマメが鳴いた日/鬼神の渓にて[風を釣る日々<55>]

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)