聖書・聖句 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/03/27 09:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
クリスタルさん
  • 情報提供統一教会の現状 聖書早読みクリスタルさんのプロフィール
  • だいぶ前に統一教会が分裂したという記事を書きましたが、現状はその時よりもさらに悪化しているようです。警察沙汰になり、不退去罪に問われた信者2名が本年2月に逮捕されました。2012年に教祖の文鮮明が死去した後から教団の分裂が始まり、ここ最近になって警察を巻き込む騒動が頻発しているというのです。分裂は教団を継いだ未亡人・韓鶴子(ハンハクジャ)氏の教義に対して、四男と七男が反抗したところから起きました。四男と

2位
少女ジーザスさん

3位
クリスタルさん
  • 情報提供エジプトでの四百年間の苦しみ 聖書早読みクリスタルさんのプロフィール
  • 今回は、『創世記』15章の復習です。主の言葉が幻のうちにアブラムに臨みます。彼の受ける報いははなはだ大きいと言われます。しかし、彼は子がなく、ダマスコ人が家を継ぐと嘆きます。それでも、主は彼の子が跡継ぎとなると約束されます。また、子孫が天の星のようになるというのです。さて、日の入る頃、アブラムが深い眠りに襲われた時、大きな恐ろしい暗闇が彼に臨みます。その時、主は彼に子孫が異国で400年間苦しむと予告さ
4位 ヒツジさん
  • 情報提供「モアブは必ず滅ぼし尽くされ」 聖書を毎日読みましょう!ヒツジさんのプロフィール
  •  わたしたちはモアブの誇りについて聞いた ― 彼は非常にごう慢である ― そのおごり,誇り,ごう慢さ,その心の高ぶりについて。−−−エレミヤ 48:29 バビロンo(`ε´)=====〇 バキッ!! ☆))XoX)モアブキョロ(¨ )( ¨)キョロ((゚m゚;)無くなった!(エレミヤ 47:1‐7) これはファラオがガザを討ち倒す前に,フィリスティア人に関して預言者エレミヤに臨んだエホ
5位 ヒツジさん
  • 情報提供「エドムは必ず驚きの的となる」 聖書を毎日読みましょう!ヒツジさんのプロフィール
  •  ソドムとゴモラとその近隣の町々の覆されたときのように」と,エホバは言われた,「人はだれもそこに住まず,人間の子はだれもその中に外国人としてとどまらないであろう。−−−エレミヤ 49:18 ネブカドレザルパーンチ!! o(*゚ペ)==○))))★☆"((/*ω*)oアンモン、エドム、ダマスカス、エラム(エレミヤ 49:1‐39) アンモンの子らに関して,エホバはこのように
6位 よなたんさん
  • 情報提供19自分の意志で歩む② いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • モーセの妻はモーセの危機を見、主の怒りを知り、決断を迫られたことを悟りました。「モーセがイスラエル人であることを思いだし、イスラエル人と共に歩まねばならないこと」、「自分の息子もまたイスラエル人の血が流れていることを確認すること」、「モーセをひとりだけで送り出すこと」を決断したのです。そこで即座に息子の割礼を行い、自分の息子がイスラエル人の息子であることを示しました。そして、その血の付いた包皮をモ
7位 marcoの手帖さん
8位 よなたんさん
  • 情報提供19自分の意志で歩む① いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • 出エジプト記4章へ行きましょう。モーセはエジプトに戻れという神のことばに悩んでいました。以前エジプト人を殺してイスラエル人に非難されたのです。ファラオも知るところとなり、逃亡を余儀なくされました。神の強い命令に従わないといけない気持ちが半分、妻とともにミディアンに引き換えし、羊飼いをしながら余生を送りたいという気持ちが半分あり、悩みながらエジプトに続く道を歩いていました。そんなモーセの前に主が立ち
9位 キャベツさん
  • 情報提供宝のありか 2)Job 28:12-23 さすらうキャベツの見聞記キャベツさんのプロフィール
  • (宝のありか 1))(宝のありか 2))(宝のありか 3))しかし、知恵はどこから見つけ出されるのか。   “But where can wisdom be found?悟りのある所はどこか。                   And where is the place of understanding?人はその評価ができない。       Man does not know its value,それは生ける者の地では見つけられない。  Nor is it found in the land of the living.深い淵(ふ
10位 クリスタルさん
  • 情報提供アブラムによるロト救出とメルキゼデクによる祝福 聖書早読みクリスタルさんのプロフィール
  • 今回は、『創世記』14章の復習です。東方の4人の王と塩の海周辺都市の5人の王の戦いから始まります。この戦いで、ソドムの王とゴモラの王はシデムの谷にある穴に落ち、東方の王たちはソドムとゴモラの財産と食料とをことごとく奪って去り、ソドムに住んでいたアブラムの甥ロトとその財産を奪って去ります。一人の人が逃れ、アブラムにこの出来事を告げます。すると、アブラムは訓練した家の子318人を引き連れてダンまで追って行き
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 よなたんさん
  • 情報提供18継続する② いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • 継続して取り組める計画を立てる必要があるのです。「あなたがたのうち、塔を建てようとするとき、造り上げるのに十分な費用があるかどうか、まず腰をすえて計算しない者がいるだろうか。そうしないと、土台を築いただけで完成できず、見ていた人々は皆あざけって、 『あの人は建て始めたが、完成することはできなかった』と言うだろう。」とイエスは忠告します。新しいことを始めるためには、勇気が必要です。過去の自分を変革す
12位 すずめさん
  • 情報提供私たちの国籍は天に…ある? キリスト・イエスにお会いする旅へすずめさんのプロフィール
  • 慰めや励ましの定番のようなみことばを沢山聞いてきたし、使ってきた。けれど、聖書通読は大事なことを気づかせてくれる。聞き慣れたみことばでも、文脈の中で読むと意味が違ってくるのだ。クリスチャンは、みことばを一節だけ取り出してよく使う。それが必要なこともあるけれど、どちらかと言うと よく知られているみことばほど欺かれやすい気がする。例えば 今日読んだピリピ3:20「私たちの国籍は天にあります」の言葉もよく使わ
13位 しんのすけさん
14位 少女ジーザスさん
15位 catherinesaoriさん
  • 情報提供四旬節におもう:人間的な善悪と超自然的な善悪の違い キリストとともにcatherinesaoriさんのプロフィール
  • ところが、各地を巡り歩くユダヤ人の祈祷師たちの中にも、悪霊どもに取りつかれている人々に向かい、試みに主イエスの名を唱えて「パウロが宣べ伝えているイエスによって、お前たちに命じる」と言う者があった。ユダヤ人の祭司長スケワという者の七人の息子がこんなことをしていた。悪霊は彼らに言い返した。「イエスのことは知っている。パウロのこともよく知っている。だが、いったいお前たちは何者だ。」そして、悪霊にとりつか
16位 ソヨギさん
  • 情報提供天の神、主の統治の中で 祝福のそよぎソヨギさんのプロフィール
  • 神のしるしは、いかに偉大であり、不思議な御業は、いかに力あることか。その御国は永遠の御国であり、支配は代々に及ぶ。ダニエル書3:33 小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。ルカ12:32 マタイ13:44〜46 ルカ20:1〜8(通読箇所)  (ローズンゲン日々の聖句3/22;水)  紀元前600年頃のこと、新バビロニア帝国の第2代目の王、ネブカデネザルは夢を見たのだそうです。その夢を解き明かしたダニエルは
更新時刻:17/03/27 09:30現在