聖書・聖句 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/10/23 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
よなたんさん
  • 情報提供4①わたしの霊は(創世記6:3) いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • 神さまは「わたしの霊は人の中に永久にとどまるべきではない」と言われました。この言葉はわたしたちが神さまから見放され、突き放された言葉のようにも聞こえます。しかし、逆説的に考えてみれば、神さまの霊が私たちの肉体の中に留まっていることを神さまは示しておられます。これはわたしたちと神さまの関係を表す一つの真理だと思います。 ブログ村「聖書・聖句」カテゴリー [https://philosophy.blogmura.com/bible/ranking.

2位
少女ジーザスさん

3位
少女ジーザスさん
4位 DUGON(ジュゴン)さん
  • 情報提供主の祈り(1) 幸せを約束する聖書の言葉DUGON(ジュゴン)さんのプロフィール
  •  マタイによる福音書6章9節から13節は、「主の祈り」と呼ばれているところです。「だから、彼らのまねをするな。あなたがたの父なる神は、求めない先から、あなたがたに必要なものはご存じなのである。 だから、あなたがたはこう祈りなさい、天にいますわれらの父よ、御名があがめられますように。御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。わたしたちの日ごとの食物を、きょうもお与えく
5位 yunjinsuさん
  • 情報提供神の愛から離れること 毎日の黙想と聖句yunjinsuさんのプロフィール
  • 【今日の聖句】神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠のいのちに至らせる、私たちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。(ユダ書1:21) 【今日の黙想】 すべての罪に共通することは、神様の愛から離れてしまうことです。(Oswald Chambers)今日も主とともに歩む一日でありますように祈ります。
6位 ふじわらヨハネさん
7位 yunjinsuさん
  • 情報提供10分間の祈りの方が 毎日の黙想と聖句yunjinsuさんのプロフィール
  • 【今日の聖句】あなたがたのうちのだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。(ルカ福音書12:25)【今日の黙想】 10年間の心配よりも10分間の祈りの方が良い。(C.H.Spurgeon)今日も主とともに歩む一日でありますように祈ります。
8位 DUGON(ジュゴン)さん
  • 情報提供玉城ハルさんの証(5)・・・壕での生活 幸せを約束する聖書の言葉DUGON(ジュゴン)さんのプロフィール
  •  そんなある朝、父が私たちを訪ねてきてくれました。 そして、「一緒に行こう。」と言ってくれるのです。実家も二十人ほどの家族をかかえているはずでしたので躊躇しました。 しかし父は、「北山の東に自然の壕を見つけたのだから遠慮はいらない。」と言ってくれるのです。それは涙が出るほど嬉しい知らせでした。 おそらく、父はずっと私たちのことを気にかけていてくれたのに相違ありません。 実は、その前から何度も様子を
9位 少女ジーザスさん
10位 よなたんさん
  • 情報提供4④わたしの霊は(創世記6:3) いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • 生命が誕生する時、神さまが神さまの中の新たな霊を新しい肉体に与えられます。そして、この世に一つの存在として生まれます。神さまが私たちの中に住まわれた瞬間です。わたしたちは神の霊によって命が与えられ、人格を与えられて、この世で生きているのです。人の寿命が到来し、命が尽きた時、私たちは神のもとに帰ります。命が神さまのもとに帰った時でも、神さまのものになるわけではありません。人格がなくなるわけでもありま
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 少女ジーザスさん
12位 よなたんさん
  • 情報提供3④みことばの種(マタイ13:1-23) いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • 神さまがわたしの中に蒔かれた種はどこにあるでしょうか。耕された土地にちゃんと埋まっているでしょうか。根はちゃんと奥深くに向かって伸ばしているでしょうか。ちゃんと上に伸びた茎を支えているでしょうか。たくさん葉を茂らせられるだけの水分と養分を地中から吸い上げているでしょうか。太い茎に大きな葉がたくさん茂り、立派な花を咲かせているかどうかは、多くのしっかりした根がどれだけ深く伸びているかに関わっています
13位 よなたんさん
  • 情報提供3⑦みことばの種(マタイ13:1-23) いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • イエスは「耳のあるものは聞きなさい。」とわたしたちに警告します。わたしたちに耳はちゃんとあるでしょうか。「あなたたちは聞くには聞くが、決して理解せず、見るには見るが、決して認めない。」と言われていないでしょうか。いやなことには目をふせ、耳をふさいでいないでしょうか。私たちはみことばを受け止めるというたったそれだけのことがなかなかできていないのです。心の中に目を向けて、みことばの種を受けとめられる心
14位 すずめさん
  • 情報提供キリストを信じた人とキリストにある人(3) キリスト・イエスにお会いする旅へすずめさんのプロフィール
  • ある証しを読んで、しばらく考え込んでしまった。かいつまんで言えば、友人に「クリスチャンになりませんかと言ったら、どうやったらなれるのかと聞かれ、聖書の神さまを信じたらなれる…」そして会話のあとで「祈りをして…別れた。」というものだった。その後その人は教会に行き始め、洗礼を受けてクリスチャンになったそうだ。神の導きならば良かったが詳細はわからない。この話は一つのキッカケに過ぎないが、考えさせられたこ
更新時刻:18/10/23 20:30現在