聖書・聖句 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/07/22 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
よなたんさん
  • 情報提供72回心(バルク書2) いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • 自分たちがひどい罪を犯してきたことにようやく気づき、イスラエルに残っている人たちにすぐに回心するようにと勧めることができるようになったのでしょう。自分たちの罪に気がついたイスラエルは周りを見渡したとき、イスラエルの兄弟であったはずのモアブもまた、自分達と同じような道を歩いていることに気づきました。オバデヤはモアブに対してわれわれと同じ道をたどらぬよう警告しているのでしょう。ブログ村「聖書・聖句」カ

2位
よなたんさん
  • 情報提供70罪に気づく(バルク書2) いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • カナンに来た頃、皆が協力しながら神のために働いていたはずなのに、町が豊かになればなるほど、富と権力を集めようとする者が増え、貧しくなればなったで、相手のものを奪ってでも自分が生き延びる方法を考えるのです。イスラエルの民はこの惨状から逃れることばかりを考えていましたが、ようやくこれが主の怒りであることを理解し始めました。「あなたを立ち直らせるには一度、罪をあばくべきなのに」と自分たちの行いが間違って

3位
少女ジーザスさん
4位 chikotanさん
  • 情報提供サルでもわかる ? エホバの証人 末日聖徒イエス・キリスト教会 聖典研究 chikotanさんのプロフィール
  •         キリスト教は、『旧約聖書』と『新約聖書』を聖典としています。 イエス・キリストは死後に復活して天へ帰られましたが、預言者たちは迫害され殺されていきました。 そして、預言者たち不在の教会は、教義の誤解、ローマ人改宗者も多かったためギリシ...
5位 a pilgrimさん
6位 よなたんさん
  • 情報提供71罪の理解(バルク書2) いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • バビロンに行ったイスラエルの民もまた、なぜバビロンに連れてこられたのか理解していませんでした。バルクが来て、エルサレムの惨状を聞き、自分たちの行いを見つめなおしてみると、自分たちがいかに傲慢であったかを理解することができました。自分たちがいかに大きな罪を犯してきたのか気がつき始めました。バルクは「お前たちは背をかがめてバビロンの王に仕えよ」といいます。これまでイスラエルは背伸びをして、相手に権威を
7位 chikotanさん
  • 情報提供聖書とモルモン書 末日聖徒イエス・キリスト教会 聖典研究 chikotanさんのプロフィール
  •         末日聖徒イエス・キリスト教会は、ニックネームでモルモン教会とよばれています。 日本には真のキリスト教や末日聖徒イエス・キリスト教会に対する無知や誤解もありますが、正しい情報はあります。  末日聖徒イエス・キリスト教会は、カルトではあり...
8位 少女ジーザスさん
9位 少女ジーザスさん
10位 catherinesaoriさん
  • 情報提供信心業としての九日間の祈り「ノベナ」 キリストとともにcatherinesaoriさんのプロフィール
  • お元気ですか。しぇるりんです。(^ ^)被災や敗戦などの記念日などに「黙祷!」と1分ほどじっと目をつぶる行事に、時々出くわします。あの「黙祷!」は、被災や敗戦などが自分自身の体験であれば、思わず想い浮ぶ何か、があるでしょう。でも、不思議なぐらいあの「黙祷!」の号令がかかると、頭の中が真っ白になり、何も想い浮かばなくなります。おそらく「黙祷!」は、私たちが主と向き合って語り合う「祈り」とは本質的に違う何か
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
更新時刻:18/07/22 17:30現在