TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

民俗・民族学 新着記事

NEW POST
help
  • 297.運転手が新型コロナ感染防止のために直すべきこと(月刊「祭」2020.8月3号)

    ●愚か?やる気がない?むしろ感染拡大を狙ってる?国交相と運送大手のトップ自分の働いている業界の大元にこんなことは言いたくはありませんが、上のどれかしか考えられません。自粛期間中であっても運送業は営業せざるを得ません。その中で必要なのが、どのように感染防止をするかの教育ですが、「三密を避けましょうや、手洗いうがいきっちりしましょう」などと幼稚園の子どもでも言えることを壊れたテープレコーダーのように唱えるだけです。少なくとも大手なら協力会社と宣う実質下請けの会社の運転手にも教育するべきですが、「何が何でも」そういうことはしていません。もはや、何が何でも感染させてやるという固い意志すら感じてしまいます。彼らがすることといったら、感染したことを隠すくらいでしょうか。このままでは、運転手は感染者だらけになる可能性も考...297.運転手が新型コロナ感染防止のために直すべきこと(月刊「祭」2020.8月3号)

    hol_my_ow

    月刊「祭」

    読者になる
  • 296.コロナ禍中のお盆(月刊「祭」2020.8月2号)

    ●感染再爆発我が国が誇る偉大な政府の、dentooならぬgotoたる感染再拡大政策により、規制は自粛を勧められるようになりました。屋台、地車の賑わいものは中止になっても根幹的な神事は、止まらないように、お盆の仏事もまた、同様のようです。どのような形になって、お盆の仏事が行われたのかを我が家の例を報告します。●帰省の自粛楽しみだった親戚同士と会える場も、年配者のことを考え今年は見送ることになりました。各々三木や近隣にいる人で墓参りだけはすることになります。●僧の檀家廻りの中止金剛寺では感染の拡大を警戒して、ご住職の檀家周りが中止になりました。その一方で、地区ごとに決まった日の午前10時から1時間半くらいかけて、ご住職さんは本堂で、各檀家の仏さんの名を唱え読経し、寺の総代さんがサポートしたそうです。その...296.コロナ禍中のお盆(月刊「祭」2020.8月2号)

    hol_my_ow

    月刊「祭」

    読者になる
  • 私の昭和史(六)―戦時下①/白い花の咲く頃(72)[詩人・伊藤冬留のエッセイと画人・高見乾司の風景素描によるコラボ]

    私の昭和史(六)―戦時下①伊藤冬留太平洋戦争(大東亜戦争)の頃私は北海道の田舎の小学生だったので、都会の子供たちのような空襲や疎開の体験はない。それでも時代の影響は多すぎる程受けた。太平洋戦争は1941年12月、ハワイの真珠湾攻撃で始まった。その時私は国民学校(小学校)1年生。翌年2月、マレー半島南端の英領シンガポールが陥落し、日本領になって昭南島と名が改められた。それを記念して学校ではマレー特産のゴム製品(ゴム鞠、運動靴)が全校生徒に配られた。その後しばらくは日本軍が優勢で、破竹の勢いで東南アジアや南太平洋の島々を占領して行ったが、ミッドウェー海戦(1942年6月)で米軍に破れたのを機に形勢が逆転し、やがてサイパン、テニヤン、硫黄島、沖縄と飛び石伝いに占領され、広島、長崎の原爆投下、ソ連参戦を経て遂に無条件降...私の昭和史(六)―戦時下①/白い花の咲く頃(72)[詩人・伊藤冬留のエッセイと画人・高見乾司の風景素描によるコラボ]

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる
  • 08/11のツイートまとめ

    hanuru_ 廟會成分が枯渇している方向け。お神輿の揺れっぷりを眺めてるとテンションあがる。廟會小蘋果 https://t.co/EzCWsxX6Gv 08-11 23:36 台湾の神様大集合のコメディ。2014愛台客地產大亨─眾神玩台灣 https://t.co/t9NMfFaUOh 08-11 23:20 北管についての特集番組。南管との違いや、細口と粗口など、いろいろ面白かった!神明音樂會 餘音繞百年 寶島神很大第167集完整版 godblessbaodao20180425 https://t.co/wC4z3fJU6z ...

    火水ハヌル

    はなたま天願宮・岐阜の霊能者ハヌルのつぶやき

    読者になる
  • プールの底に足がつかない

    「プールの底に足がつかない」というタイトルだからと言って水泳のことを書こうというわけではない。書こうと思っているのは、私が既に書いた「学会という組織から離れて個人で活動する」ということを発端とした、自分自身の社会的頼りなさであり社会的自由さについての感想である。「査読」という一種の検閲制度によって自分の論文を発表できない、という事をきっかけに日本民俗学会という民俗学会で唯一ステータス性を持った、つ...

    茶莉以とび

    民俗学は死んだのか?

    読者になる
  • 295.神仏分離令先駆けの神号重視-千葉県流山市香取大神宮の庚申碑から-(月刊「祭」2020.8月1号)

    ●祭オタクの間で必ず上がる神仏分離の話題祭りを見て歩き、古いものに触れるたびに話題に上るのが明治期に発せられた神仏分離令や廃仏毀釈令です。これらは、発布されたその日からガラリと変わるというよりも、それに先駆けた動きが処処に見られるようです。今回は神仏分離に先駆けた動きを、千葉県流山市香取大神宮の庚申碑から読み取りたいと思います。●明神から大神宮へ香取大神宮は昔からそう呼ばれていたわけではないそうです。もともとは、創建と伝わる神護景曇二年(768)より経津主命と豊玉姫命を祀り桐斎殿と呼ばれ、やがて桐明神と呼ばれるようになったとのことです。もちろん創建年代をそのまま信じることはできませんが、香取大神宮の前の呼び名の前は桐明神と呼ばれていたことは確かです。その後、文政五年(1822)郷主藤原利之が領主らととも...295.神仏分離令先駆けの神号重視-千葉県流山市香取大神宮の庚申碑から-(月刊「祭」2020.8月1号)

    hol_my_ow

    月刊「祭」

    読者になる
  • 「山槍」を研ぐ日[森へ行く道<56>]

    九州脊梁山地の山々は、青く、遠く霞んでいる。その遥かな山並みの果てるところから湧き出た霧が、山脈を覆う雲となり、たちまち押し寄せてきて、草木も山そのものも白く霞むほどの雨を降らせる。雨が過ぎると、霧が静かに上がり始め、濃緑から碧へと変化してゆく山また山となる。分け入っても分け入っても青い山漂泊の俳人・種田山頭火が歩いたのは、この山の道である。九州脊梁山地の山は、標高1000メートルから1500メートル前後の山が連なる。その山々に抱かれて小さな村が点在し、山頂近くまで人の手が加わっている。村里には古式の神楽が伝わっている。山脈全体が「里山」のような機能を持ち、人々の暮らしと山や森とが密接にかかわり合っているのだ。そこには戦後まで「熊(ツキノワグマ)」が棲息し、狩りの対象となっていた。「絶滅」が報告されたのは195...「山槍」を研ぐ日[森へ行く道<56>]

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる
  • スピリチュアルブームの民俗学的文脈による解析 「はじめに この論考の目的」

    論者は現代社会生活の中で依然としていて存在している「民俗的心象」「民俗的行為」に関心を持っている。たとえば霊柩車が通ると、とても日本の伝統風俗に関心があり継承しているとは思えないような、日焼けサロンに行って浅黒い肌になり髪の毛を金髪の染めている「ギャル」でさえ、親指を隠す。ここには、死の穢れに関する民俗的習慣が無意識的に生きながらえている。論者が常に興味を持つのは、そのような行為がなぜ、どのような...

    茶莉以とび

    民俗学は死んだのか?

    読者になる
  • はじめに~このブログを始めたわけと民俗学の現状

    どのような学問でもすべて現代、あるいはもしかしたら未来を語ることに繋がっていなければならない。そうでなければ存在する意味はない。私はそう思っている。経済学も社会学もそのような機能を持っている。これはこれらの学問が特殊なのではない。例えば縄文時代の石器を研究することは、現代の再生可能社会を創造することに役立つかもしれないし、源氏物語を精読することは今も変わらない男女の愛の形を検討させる材料になるはず...

    茶莉以とび

    民俗学は死んだのか?

    読者になる
  • 08/10のツイートまとめ

    hanuru_ RT @GY18164253: Vietnamese Egg Cakes (Source/imgur.com/gallery/0wGVElG https://t.co/zVqejtp0Vd 08-10 23:56 RT @bsop88: 海鳥(アパリアス)をアザラシの中に詰めこみ、地中に長期間埋めて作るキビアック、という発酵食品をはじめて知ったんですが、それを『香りの博物館』ではぬいぐるみで展示してくれていましてね。秀逸。そしてなかなかのインパクト。 https://t.co/wlNVo… 08-10 23:55 @Ruciel_AIN 横から失...

    火水ハヌル

    はなたま天願宮・岐阜の霊能者ハヌルのつぶやき

    読者になる
  • 「熊」と思われる動物を目撃した[森へ行く道<55>]

    掲示のシルエットと同一の動物を目撃した。地点は九州横断道路阿蘇と久住・瀬の本高原の中間地点。その動物の体高はおよそ70センチ。体調は1メートル20センチほど。色は真っ黒。牛ほど大きくはなく、猪よりも大きく、鹿のように跳ねるような歩き方ではなく、のっしのっしと歩く感じ。学術的には「九州の熊(ツキノワグマ)は絶滅した」ということになっているから、信じてもらえないと思うが、「見た」ものは見たのであるから、ここに記録だけはしておく。上掲のシルエットはインターネットで検索し、目撃した姿形にもっとも近いものを選び、加工したもの。記憶を頼りにデッサンするよりもこちらの方が各自性が高いと判断した。なにより、右足をくの字に曲げて後ろに蹴りだす特徴が確認されたので、熊以外の他の動物とは考えにくいのである。私は、車を運転しながら、ヘ...「熊」と思われる動物を目撃した[森へ行く道<55>]

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる
  • 大臣と議員

    2020年のコロナ禍(その前からかも)において国務大臣の能力の低さが際立って見えるようになった。 そもそも国務大臣、たとえばIT担当大臣が78歳でUSBの意味を理解できていなかったりするとかなり不安になってしまう。 台湾のIT担当相は38歳と聞くからかなりうらやましい。...

    朽木枯淡

    朽木枯淡の異考録

    読者になる
  • 08/09のツイートまとめ

    hanuru_ RT @pazktrdra: 頭相インクレチン、血糖濃度非依存的インクレチンに関してはまだ論文見つけてないやー。でもヒトは舌だけじゃなく、腸管でも甘みを感じられて、それによりインクレチン分泌は亢進するって話は見つけたー。 08-09 23:52 RT @seirigaku_bot: ○胃液分泌頭相…におい、視覚刺激。迷走神経→胃酸分泌。胃相…食物が胃に入る物理的刺激→胃酸分泌促進。幽門部粘膜刺激→ガストリン分泌。 08-09 23:50 RT @jeonseon...

    火水ハヌル

    はなたま天願宮・岐阜の霊能者ハヌルのつぶやき

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)