TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

臨済宗 新着記事 NEW POST

help
  • 仏法僧

    「仏とは何か」「仏とは何か」ときかれて「歴史上の人物である」と答える方は多いでしょう。この質問に日本人は「亡くなった人」と答える人が多いのです。「人は亡くなれば欲を離れる」という意味でそのようにいうのです。これは日本人の宗教観です。実は「仏」とは私たち自身のことです。私たちは生きていますので欲をもっています。時々は我儘になることもあります。ところが「人の役に立ちたい」という気持ちももっています。他の人が何か困ったことがあって、自分がお手伝いしたら喜んでいただいたという経験を、みなさんもっておられるでしょう。お互いにそのような姿を見出していきましょうというのが仏(ブッダ)の教えです。「法とは何か」ブッダはサールナートのミッダガーヤというところで5人の友人たちに最初の説法をされました。かつて5人の友人たちはブッダと...仏法僧

    Zazen meeting

    Giken osho Zazen meeting

    読者になる
  • 授戒と戒名

    ◯授戒の意義いずれの宗教でも入門の儀式があります。禅宗の場合、戒師はブッダ以来正しく伝えられた法を保っている老師:長老です。もう一人の長老は、声明師と呼ばれ、入門の信者に礼拝をすすめるために『三千仏名経』を唱えます。授戒の意義を説く役目は教授師、あるいは引請師とも呼びます。ブッダ以来、信者として入門するためはこれらの三師が必要とされています。『三千仏名経』には過去、現在、未来に現れる三千の仏さまの名前が書いてあります。入門の信者は声明師にしたがい、礼拝しながら「三千諸仏の名号」を唱えます。これを加行礼拝(けぎょうらいはい)と呼びます。一仏に一回礼拝とすれば三千回の礼拝です。これには7日間必要です。それで近年では「南無三世三千諸仏」と略して唱えています。その礼拝は頭が低いほど感動が大きいといわれます。『華厳経』に...授戒と戒名

    Zazen meeting

    Giken osho Zazen meeting

    読者になる
  • 情報モトム!

    駐車場の隅にまいた種が発芽しました。開花はまだ先なのですが、きっと、お寺を訪れる方も、通りすがりの方も、和ませてくれると思っています。 先日は凄い雨が降って、…

    はあさん

    おてらさん(一日一禅)

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧