TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

文化人類学 新着記事

NEW POST help
  • Wurlitzer 200A

    これは作曲している人のみ読んでいただきたい・作曲時に頻繁に使用している楽器が自分の部屋にあるこれである。1974年製のWurlitzer 200Aである。今から約5年前に、とあるニューヨークの地下のガレージに眠っていたこれを物凄い安い値段で引き取らせてもらった。200Aは二種

    studiokarma

    ここから歩いてみよう

    読者になる
  • ストリングスアレンジ

    これは曲作りやアレンジ作りをする人だけ読んでいただきたい。 考えてみればアレンジという作業は自分が演奏したことのない未体験の楽器のフレーズを想像だけで作って形にするのだからある意味で不思議だ。医者が未体験の患者の症状を見てゆくのと同じ感覚なのだろうか。

    studiokarma

    ここから歩いてみよう

    読者になる
  • アルバム制作について

    今や映画、ゲームと並んで、音楽はサービス産業の一つでしかもうない。スマホの一機能でしかない。そして、10万円もする携帯電話には惜しみなくお金は注いでも、それを使って利用できるコンテンツは100円でさえお金は出さない。僕のように90年代前半から、よりすぐりのアル

    studiokarma

    ここから歩いてみよう

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)