TOPICS

創価学会 新着記事

1件〜50件

  • 検査の予約

    今日は検査の予約をしてきました。腰の痛みの原因の解明のため。仕方ないかなと思って。とはいえ、湿布の貼り方がうまく行かない。先生に言っても、そんなもんですの、一…

    あおなみりょう

    あおなみりょうの「MCはじめました」

    読者になる
  • あいさつ回り

    18日付で役職変わりました。 本部長、S班の県運営部長(名前だけですが県の副委員長ですとw)、県の未来部長。 殺しにかかってきている様でありますwww でもまぁ潰れませんよ。周囲を思い切り巻き添えにしてやるつもりです。こちとら介護ワーカー、毎回日曜日会合出れませんからね(特...

    ポンコツ男

    sh-24hのブログ

    読者になる
  • 私が今まで生きて来れたのは全部君のおかげだよ

    私が今まで生きて来れたのは全部君のおかげだよにほんブログ村...

    美有

    遺書

    読者になる
  • 明日死ぬ訳ではないから、しっかり生きよう

    「行動」すれば、「気持ち」は後からついてくる場合が多い。はじめは義務的にやったとしても、実際にやっていくなかで、何かを学べる。大事なことは、行動です。にほんブログ村...

    美有

    遺書

    読者になる
  • 11月20日

    自らの人生経験を生かしながら、なお日々新たに成長していく人こそ、人生の達人であろう。By  池田大作

    ちよ

    真実を語る

    読者になる
  • 幸いは心より出でて我をかざる

    ☆創価を讃える人の功徳.「災いは口より出でて身を破る」という記事を書いた。sokafree.exblog.jp/29774542/次に「幸いは心より出でて...

    菊川広幸

    創価の森通信

    読者になる
  • なんやねん、こいつ

    昨日はいつも楽しみにしていたラジオの日。だったのですが、メンタルがやばいでござる!そういうときは寝る!と起きたら、夕方でした。まぁそんな日もあるさ!どんまい!…

    あおなみりょう

    あおなみりょうの「MCはじめました」

    読者になる
  • 今年、唱題352万遍

    昨日の創立記念日までで今年は352万遍の唱題を行ないました。昨年の同じ日に比べると、今年の方が23万遍多いです。自分のこれまでの人生で、最も多く題目があがっています。もちろん題目はただ数さえあげればよいのではありません。仕事はもちろん、学会

    レオ

    夢の醸造所 3.0

    読者になる
  • 闘病生活を送りながらブログを書いてる学会員さんは創価カテゴリーから出ていく必要ないです

    本人から確認できてませんが、闘病生活を送りながらブログを書いてる学会員さん、もちろん創価の話もブログに入ってますが、延々と自分の不幸を書いて、学会そのものに泥を塗り続けてると創価カテゴリーから2名のブログを追い出したとか?出て行けとは言ってない、当人が出て行っただけとおっしゃるのでしょうが、人間誰でも病気になりますよ、宗教の価値を下げてる訳ではありません御自分は創価ブログで創価の話より沢尻エリカの...

    美有

    遺書

    読者になる
  • きょうの聖教から

    ◎わが友に贈る◎波浪は障害にあうごとにその頑固の度を増す。困難・試練こそが人間を鍛え強くする。不退の心で進みゆこう!名字の言2019年11月19日画家の壮年部員と語らい、絵を描く心構えを伺った。壮年いわく、画像データや写真資料を参考にはしても、それに頼り過ぎた作品は、見る人の心に響かない。骨身を惜しまずに「実物を見に行くこと」が何より大事という▼例えば、描く花の構図を、しなやかな枝、青く茂る葉、彩り豊かな大輪と決める。それでも実際は、構図から外れた所には地面から伸びる茎があり、また地中には根が張り巡らされていると想像できる。「花は花びらだけでは咲けません。同様に物事には目に見えない“背景”があると、現場で見て感じる。これが大事です」▼その話に、ある地方新聞の社長がしみじみと語った言葉を思い出す。「新聞が衰退し始...きょうの聖教から

    ああ 黎明はちかづけり

    ああ 黎明はちかづけり

    読者になる
  • 共産主義は市民を実弾で殺すことができる

    ☆香港市民は敗北する.炎に包まれる香港理工大学の新聞記事写真を示します。今、香港は「内戦状態」になっている。この写真は、火炎瓶で延焼する大学構内の映像であ...

    別館

    創価の森の小さな家<別館>

    読者になる
  • 幹部が増えるほど組織は弱くなる

    日蓮大聖人に帰依し奉ります。南無妙法蓮華経 |幹部が増えるほど組織は弱くなる|21世紀の日蓮仏法

    日蓮仏法普及会

    21世紀の日蓮仏法

    読者になる
  • 世界聖教会館(新しい聖教新聞本社)

    ☆2019年11・18に開館以下に、創価学会・世界聖教会館の外観の写真を添付します。東京・信濃町総本部に、新しく「世界聖教会館」がオープンしました。本日の...

    菊川広幸

    創価の森通信

    読者になる
  • 続・沢尻エリカさん(消す記事)

    ☆哲学不在の犯行か.女優の沢尻エリカさんが所持していた合成麻薬のMDMA。この薬は精神の錯乱、内臓の機能障害、不安や不眠、ショック症状で死去するなど、深刻...

    別館

    創価の森の小さな家<別館>

    読者になる
  • 今夜ライブよ

    何日か空いて久々の更新ですね。カラダメンテナンスの件、大変です!まぁ、静養していきますね。整形外科行ってまさかの精密検査いるわよ!と言われたことだけ書いときま…

    あおなみりょう

    あおなみりょうの「MCはじめました」

    読者になる
  • きょうの聖教から

    ◎今週のことば◎全てに大勝利の11・18世界中の同志に深謝!「大願とは法華弘通なり」伸びゆく青年が先頭に新たな地涌の拡大を!(御書P736)名字の言2019年11月18日パリの新聞に連載されたアレクサンドル・デュマの小説『モンテ・クリスト伯』。日本では明治時代、ジャーナリストの黒岩涙香が創刊した新聞に、「巌窟王」の題名で連載され、人気を博した▼周囲の陰謀によって、孤島の牢獄に捕らわれた主人公の青年が、14年の投獄を経て、冤罪に陥れた者への復讐を果たす物語。その逆転劇を可能にしたのが、獄中での老神父との出会いである。万般の学問を学び、財宝まで譲り受けた感謝を、青年はいかなる時も忘れなかった▼この「巌窟王」を戸田先生は愛し、青年にも学ばせた。自ら筆を執り、聖教新聞の創刊号から連載が始まった小説『人間革命』の主人公の...きょうの聖教から

    ああ 黎明はちかづけり

    ああ 黎明はちかづけり

    読者になる
  • 牧口先生「地位が上がれば小悪も大悪になる」

    日蓮大聖人に帰依し奉ります。南無妙法蓮華経 |牧口先生「地位が上がれば小悪も大悪になる」|21世紀の日蓮仏法

    日蓮仏法普及会

    21世紀の日蓮仏法

    読者になる
  • 11・18おめでとうございます

    目標 達成しましたか?私は やっとはらが決まりましたそれというのは 創価大学 通信教育を受けるということです何年か前から 友達に言われていたのだけど なか...

    ちよ

    真実を語る

    読者になる
  • 災いは口より出でて身を破る

    ☆汚名を着せる罪の重さ.ときに「創価に汚名を着せるブログ」を見ることがあります。日ごろ、私は創価系ブログを批評することをしませんが、きょうはその問題につい...

    菊川広幸

    創価の森通信

    読者になる
  • 11.18((((;゚Д゚)))))))

    昨日のお話 いよいよ役職が上がってしまいます。 その役職からの世界はいかなるものなのでしょうか。茨の道(苦笑)の先にあるものは……? 一応任命は明日付なんですがもう言ったっていーだろと思って早速3軒カテホしてよろしくちゃ〜んしてきました(ここまでくだけてない)。 暖かく応対...

    ポンコツ男

    sh-24hのブログ

    読者になる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧