仏教 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/24 16:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
御坊哲さん
  • 情報提供輪廻転生について 禅的哲学御坊哲さんのプロフィール
  • 元外務官僚の佐藤優さんはとても頭のいい人で話も面白い。「ゼロから分かるキリスト教」というのを読んだのですが、内容は結局というかやはりというかさっぱりわからなかった。キリスト教の知識がゼロなのに、シュライエルマッハーがどうのカール・バルトがどうのと言っても分かるわけがない。 分からないのに面白いのはやはり語り口が巧みだからだろう。それはそうと、仏教について次のように述べられていたのがちょっと引っかか

2位
活かして生きる   〜山里の寺便り〜さん
  • 情報提供十界とは1 活かして生きる 〜山里の寺便り〜活かして生きる   〜山里の寺便り〜さんのプロフィール
  • 「十界(じっかい)」とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間(にんげん)・声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)・菩薩・仏陀です。私たち衆生の心体のありさまを十種の世界に分けたのです。世の中のものは皆それぞれに、畜生は畜生の世界があり、地獄は地獄の世界、菩薩は菩薩の世界がありますが、それは自分の心の動いたものなのです。「大」という字を延ばしたものなのです。私たち衆生の思想は大きいものです。「無辺」です

3位
ワンギーサさん
4位 ワンギーサさん
5位 ワンギーサさん
  • 情報提供「見いだされるべき特相」とは、<浄らか>ということである 困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開くワンギーサさんのプロフィール
  • ワン爺の独り言(2017.5.19.)多くの人々は、「見いだされるべき特相」を観ることができない。では如何にしたらその特相を観ることができるのであろうか? SRKWブッダの今回の理法をみて見よう。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou117.htm
6位 しの2012さん
  • 情報提供Everybody Loves Somebody 瞑想以前。しの2012さんのプロフィール
  • 毎週火曜日はカフェのお手伝い。この『カフェ潮の路』には「お福分け券」という仕組みがある。「カフェ潮の路には、「お福わけ券」という仕組みがあります。欧米のホームレス支援カフェにあるペイ・イット・フォワードのシステムを取り入れたもので、カフェに来たお客さんが自分の分だけでなく、「次に来る誰か」のためのランチ代やコーヒー代を支払うというものです。」(つくろい東京ファンドfacebookより)これは700円券と200円券
7位 tenjin95さん
  • 情報提供自力と他力に関する雑考 つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
  • かの民芸評論家である柳宗悦氏が、このような文章を書いていた。大体他力門を代表するものが、浄土門であるとするのに対し、自力門を代表するものは禅門だといわれる。禅は自力の道を説いて止まぬ。しかし両門の宗祖たちの言葉や行為を虚心に省みると、その心において結局は全く同一なのだと見てよくはないか。    「仏教美学について」、『新編美の法門』岩波文庫、79頁拙僧は、こういう言い方に大いに問題を感じる質である。
8位 活かして生きる   〜山里の寺便り〜さん
  • 情報提供いい状態とは 活かして生きる 〜山里の寺便り〜活かして生きる   〜山里の寺便り〜さんのプロフィール
  • ほとんどの方は、「坐禅をしていい状態になろう、苦しみをなくそう」というふうに考えられていると思います。しかし、そうではありません。「いい状態」というものは、本当に今のモヤモヤしている状態、そのものに成り切ることです。そうでないと、仮に坐禅をして、「坐禅をしてよかった、気持ちがよくなった」とか、「ものが吹っ切れた」というような、そういうものを結果として得たならば、必ずそれが輪廻の原因となります。
9位 杉江 徹洋さん
  • 情報提供写真は真実を語る 諸行無joe杉江 徹洋さんのプロフィール
  • いつも応援ありがとうございます。さすがの百獣の王ですね。食べっぷりがハンパない!!さすがの百獣の王の嫁さん!!こちらも迫力あります百獣の王の対抗馬的存在(クマなのに)見よ!この圧倒的な食べっぷり昨日のこの記事ではブログを毎日更新すると何かが起きるって書いたじゃないですか。昨日の今日で申し訳ないのですが今日書くブログネタがないんですよね。正確に申し上げますと、ネタが無いと言うよりは、ネタは腐るほどあ
10位 呼吸さん
  • 情報提供得はマヨイ 損はサトリ 哲学日記呼吸さんのプロフィール
  • サトリとは損すること。マヨイとは得すること。(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編) 初めて聞いたときは「そんなばかな」と思ったが、これが存外当たってるわ。得はマヨイ。損はサトリ。https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ] (過去記事再録)
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 しの2012さん
  • 情報提供『男であれず、女になれない』 瞑想以前。しの2012さんのプロフィール
  • 鈴木信平『男であれず、女になれない』小学館著者は1978年生まれの会社員。高校在学中の17歳頃から自身の性別に疑問を覚え、大学卒業後、23歳を迎える頃には性の不一致を自覚、同性愛、性同一性障害など、既存のセクシャルマイノリティへ自らの居場所を求めるも、適応には至らなかった。ホルモン接種、豊胸、造膣などいずれの女性化も求めることなく、2015年3月、36歳で男性器を摘出する。という巻末の著者紹介にかかれた内容がこ
12位 へちまさん
  • 情報提供天界と地獄の従属の実情 写真帖へちまさんのプロフィール
  • 天界では凡ての者は平等な者に似ている。彼らは兄弟を愛するように互に愛し合っている。が、それでも互に他の者をその者が理知と知恵において勝っているに応じて自分の上に置いている。各々の者は、善と真理との愛そのものにより、いわば自分自身から、善の知恵と真理の理知において自分よりも優れている者に自分自身を従属させているのである。しかし地獄の従属は独裁的な主権のそれであり、従って苛烈なものである。支配する者は
13位 小川寧門さん
  • 情報提供自分を見るための方法 仏教講座 チワワの説法小川寧門さんのプロフィール
  • こんにちは!大型チワワのオーガです。今日の我が家はおでんをやっていました。僕も少しだけいただきました。いつかちくわを、お腹いっぱい食べたいな!!本日の説法は「自分を見るための方法」です。「自分ってなんだろう?」一度はそう考えたことが、誰にもあると思います。 引退した一流のスポーツ選手のなかには、「自分探し」という目的で世界をまわる人もいます。いちばん身近な存在である自分が、実はいちばん理解でき
14位 tenjin95さん
15位 ふつ庵さん
  • 情報提供Ⅱ 第295回「ダンマパダ402」 心のお医者さま ブッダからのお薬 超訳ダンマパダふつ庵さんのプロフィール
  • 「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」「法句402」この世(よ)において自分自身の苦(くる)しみが滅(めっ)し尽(つ)くした事をよく知(し)って重荷(おもに)を下(お)ろして縛(しば)りのない人その人をバラモンと呼びます【場所】ジェータ林(祇園精舎)【誰のこと】あるバラモン【原因と結果】あるバラモンの家から一人の奴隷(どれい)が逃亡して、出家し、聖者の最高の境地「阿羅漢果」に達しました。それは、逃亡した奴隷の出
16位 ふつ庵さん
  • 情報提供Ⅱ 第296回「ダンマパダ403」 心のお医者さま ブッダからのお薬 超訳ダンマパダふつ庵さんのプロフィール
  • 「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」「法句403」深(ふか)い智慧(ちえ)があり聡明(そうめい)であり道(どう)と非道(ひどう)をよく知(し)り抜(ぬ)いて最高の境地に達した人その人をバラモンと呼びます【場所】鷲峰山(じゅぶせん)【誰のこと】ケーマー(安穏 あんのん)長老尼【原因と結果】ある日、神々の王・帝釈天(サッカ)は、夜の初分(18:00~22:00)が終わった時、大勢の神々とともに、ブッダがいるところへやってきま
17位 ふつ庵さん
  • 情報提供Ⅱ 第297回「ダンマパダ404」 心のお医者さま ブッダからのお薬 超訳ダンマパダふつ庵さんのプロフィール
  • 「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」「法句404」在家(ざいけ)、出家(しゅっけ)両方(りょうほう)の人に交(まじ)わる事なく家(いえ)は無く遊行(ゆぎょう)して歩(あゆ)む小欲(しょうよく)の人その人をバラモンと呼びます【場所】ジェータ林(祇園精舎)【誰のこと】洞窟に住むティッサ長老【原因と結果】ティッサ長老は、ブッダから瞑想対象を受けると、森に入りました。森で、臥坐所(がざしょ)として相応(ふさわ)しい所を
18位 御坊哲さん
  • 情報提供カラスが飛び立ち梨が落ちる( 韓国のことわざ ) 禅的哲学御坊哲さんのプロフィール
  • 「誰も知らない世界のことわざ」(エラ・フランシス・サンダース著)より引用します。≪カラスが飛び去るから梨が落ちる? それとも、梨が落ちるせいでカラスが飛び去る? このことわざは、いかにも関係がありそうな2つのことがらの間に、必ずしも因果関係があるわけではないことを表しています。けれども、2つのことが同時に起きるとき、私たちの頭の中では、気軽に「意味あり」と結びつけられてしまうのです。関係性の判断ミ
19位 浄蓮さん
  • 情報提供【水子供養会】 ばあちゃん尼の日記浄蓮さんのプロフィール
  • 道場の荘厳が調いました。散華(さんげ)の後の鐃鈸(にょうはち)の場面です。終了後の茶話会。良い話が聞けました。【水子供養会】気温は31度を超え、盛夏のような暑い日です。今日は、午後3時から水子供養会です。午後からの調理も終わり、出座する人の衣帯も調い、参席者を迎えるばかりとなりました。暑い盛りの午後3時ですが、多くの方々が参席されて無事に法要は奉行されました。法要の後の茶話会では「『自分の家には水子は
20位 kirinn123さん
21位 karupapa21seiさん
  • 情報提供人権 禅友に贈る書karupapa21seiさんのプロフィール
  • 厳しいBlogです。   坐禅だけが仏行、悟りを求めることは良くない事とする考え方・曹洞宗僧侶    祖禄・経典の学術研究で仏法が解明出来るとする曹洞宗研究者    「 おかしな仏法 」を説く曹洞宗禅指導者を名指しで批判しています。反応は    「 僧侶でもない者にとやかく言われたくない 」なのでしょう。中には    我々は憲法で「 信仰の自由 」が保障されている。   だから、我々曹洞宗は自由
22位 山門入り口さん
23位 tenjin95さん
  • 情報提供青森県の『陸奥新報』が他社掲載のエッセーを無断引用 つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
  • 陸奥新報、無断引用で謝罪 共同配信の重松氏エッセー(共同通信)青森県の日刊紙『陸奥新報』の5月10日付1面コラムの内容が、共同通信社が4月28日に加盟新聞社に配信した作家重松清氏のエッセーに酷似していたそうです。そのため、発行元の陸奥新報社(弘前市)は5月22日に「著作権侵害の批判を免れない」とし、翌23日付紙面に謝罪記事を掲載すると明らかにしました。この記事を執筆したのは60代の男性嘱託社員で、宮城県の『河北
24位 くりのみさん
  • 情報提供親鸞・道元 音読学習会 声明(ショウミョウ)カウンセラー・くりのみ 《日乗》くりのみさんのプロフィール
  • カウンセリング研究会は、発足25年目を迎える小さな学習会です。テーマは、人間学・人間道、自分学・自分道です。学習会の内容は、親鸞さんの『顕浄土真実教行証文類』道元さんの『正法眼蔵』の音読と楽談(エンカウンター)が特徴です。娑婆世界、いろいろの学習...
25位 ゐなかの念仏者さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 幽村芳春さん
  • 情報提供正法眼蔵 仏向上事 3 正法眼蔵=坐禅幽村芳春さんのプロフィール
  • 洞山悟本大師と僧の問答について道元禅師が注釈されます。今ここでいうところの「仏向上事」に関する言葉は、洞山悟本大師が初めて言われたところである。そして、洞山悟本大師以外の真実を得られた方々はいずれも、洞山悟本大師の言葉を学ぶ事によって、真実を得た後もさらに日常生活を通じて真実を求めていくという事を具体的な日常生活の中で体得することができたのである。まさに銘記すべきである。洞山悟本大師の言われた「仏
27位 ゐなかの念仏者さん
28位 しの2012さん
  • 情報提供『苦しみを癒す「無頓着」のすすめ』 瞑想以前。しの2012さんのプロフィール
  • 樋野興夫『苦しみを癒す「無頓着」のすすめ』ブックマン社著者は順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授。一般社団法人がん哲学外来理事長。がんで不安を抱えた患者と家族に対話を通して支援する予約制・無料の個人面談を行っている。医療現場と患者の間にある「隙間」を埋める活動をつづけている。著書に『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』『がん哲学外来にようこそ』など、多くのベストセラーを出している。(著
29位 シロシタさん
  • 情報提供自分を大切にできる人は、相手も大切にできる人です。1-28 運命をデザインするライフデザインラボ。シロシタさんのプロフィール
  • 人は我慢や忍耐は、ある程度はできる生き物です。でも、自分と他人を許すことがなかなかできません。許すことができると変われるのに、許すことができると心が軽くなるのに、これがなかなかできないのです。そのためにね、遠回りと思うかもしれないけどまず自分を認めることなんです。この自分の良いも悪いも全て受け入れて自分を認めてあげる。自分を許せないと自分を認める事ができないんです。過去に辛い事があった。でもそれ
30位 ゐなかの念仏者さん
  • 情報提供五・七・五の笑いと風刺・・・ さまっがゐなかの念仏者さんのプロフィール
  •  ことばにはリズムってある。  そのリズムに乗ると、ことば本来の勢いがついて、ものの機微がじつに細かく表現しやすい。そんなリズム。  日本語においては、五・七・五、ないしは五・七・五・七・七が...
31位 坊主さん
  • 情報提供豊かさの反比例 甲子大黒天本山のブログ坊主さんのプロフィール
  •  皮肉にも思えますが、人間は社会が安定して豊かな時ほど、かえって苦しまなければならないのかもしれません。平和で便利になるほど人生の意味が問われるようになり、自分なりの価値の創造を求められるのです。戦争や飢饉であれば今を生きのびるだけで精一杯です。銃弾の雨を避けながら人生について考える暇はありません。また、貧しい社会においては目の前の労働がすべてであり、一日のほとんどを労働と肉体維持のために費やすだ
32位 みほとけさん
  • 情報提供不安を乗り越える道・・・。 みほとけのいえみほとけさんのプロフィール
  •                   ID:0llw0a 人間は疲れてくると、マイナス思考になる。 すべてが自分に悪いものに受け止められていく。 今の社会は煽りの社会。 仕事に煽られ、創意工夫をもつべきという意識に煽られ、競走に煽られ、時間に煽られる。 業績や結果...
33位 杉江 徹洋さん
  • 情報提供「暇」の哲学 諸行無joe杉江 徹洋さんのプロフィール
  • いつも応援ありがとうございます。最近、日中は少し暑く感じる時間帯もありますが、ボクは暑い方が好きなので、こんなにも気候が良いとドライブにでも行きたいものです。皆さんはドライブ好きですか?今日はですね哲学書にしては読みやすくユーモアのある書き方がボクのなかでは大当たりで、何度かこのブログでも紹介した飲茶さんの本から共感した部分を抜粋し紹介したいと思います。哲学とは本来、そこだけのポイントを切り抜いて
34位 護国寺さん
  • 情報提供小さな命もまた… 臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺ブログ護国寺さんのプロフィール
  • つくっているようでつくられているようで 支え支えられこの世界はできている小さな命もまた…
35位 大舘平蔵さん
  • 情報提供今月二度目の辰姫の墓参り 辰姫と私 〜石田三成の娘「辰姫」の研究〜大舘平蔵さんのプロフィール
  •  今月二度目の辰姫の墓参りに行ってきました。 副住職様が寺の外でお忙しそうだったので、辰姫の墓と本堂で読経を捧げ、静かに帰宅しました。 本堂には住職様と副住職様から辰姫研究の取材依頼、以前から出入り自由の許可を頂いているので貸し切り状態で声高らかに読経出来ました。 辰姫の墓前には私の日々の事や辰姫研究の事や私の辰姫への想いを述べ、懺悔文(一回)、般若心経(3回)、消災妙吉祥陀羅尼(3回)、大悲心陀
36位 hongakujiさん
37位 ブッダ ダルマ サンガ (仏法僧)さん
  • 情報提供原発 ブッダ ダルマ サンガ (仏法僧)ブッダ ダルマ サンガ (仏法僧)さんのプロフィール
  • スイスは原発を100%廃止することを決めました。日本は3基目の再稼動を決めて時代を逆行しています。福島、広島の経験があってもクリーンエナジーに転換することができないのです。そして核武装論まで起こっています。軍事産業は不和、戦争を望みます。武器を売りたくてしかたがないのです。怒り、暴力は何も解決しません。憎しみの連鎖が起こり、破滅に向かいます。日本は先端技術によって、原発を止め、クリーンエナジーの先進
38位 れんげちゃんさん
  • 情報提供魂の巡礼 高野山 2017/5/21 れんげちゃん(智蔵ちゃん)のブログれんげちゃんさんのプロフィール
  • みなさま おはようございます。 蓮華の須永智蔵です。 いつもご覧いただきありがとうございます。 昨日は、高野山へ私の魂の巡礼に向かいました。 先ずは、高野山の氏神様 丹生都比売神社 様へ 日頃の感謝を申し上げます。 私は、神様の元でたくさんのことを 教えて戴きました。 地に足をつける大切さ、 自然と一つになることの尊さ、 そして、昨日
39位 hongakujiさん
  • 情報提供心を観つめること。 広島県広島市の日蓮宗寺院 〜本覚寺発電所〜hongakujiさんのプロフィール
  • 4月下旬から正式に始動した「広島婚活塾」、お陰様にて毎日のように申し込みがございまして、主催者としてはとても有難く、大変感謝しております。 世の中を見渡せば、婚活パーティーや結婚相談所、はたまた出会い系など、男女の出会いに関しては多種多様な方法があると思いますが、「広島婚活塾」に申し込みをされる皆様は本当に誠実で真面目に婚活をなさっている方ばかりで、「チャラい」方は全くいらっしゃいません。当方
40位 大舘平蔵さん
  • 情報提供”読経”という行為の本来の趣旨と「回向文」について 辰姫と私 〜石田三成の娘「辰姫」の研究〜大舘平蔵さんのプロフィール
  •  今回は読経そのものについて書き示していこうと思います。 お経(仏教経典)を聞く機会って葬式か法事の時以外に殆ど滅多に無いと思います。 また、変なTV番組の心霊特集や出版物などで悪霊退散とか唱えるだけで幸せになるみたいに言っているモノなどでお経に対するウンチクなどが見受けられる結果・・・ それゆえ、”お経=死人”と思われてる方が殆どなのではないでしょうか? 実はそれ、大変な誤解です。 当ブログのカテ
41位 ワンギーサさん
  • 情報提供「高貴な人」と「下劣な人」 困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開くワンギーサさんのプロフィール
  • ワン爺の独り言(2017.5.21.)世の中には「高貴な人」と「下劣な人」がいる。下劣な人にならないようにSRKWブッダの今回の理法を学ぶ。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou119.htm
42位 tenjin95さん
  • 情報提供或る学僧が述べた警策への苦言 つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
  • 拙僧、実世界の研究で、少しく大内青巒居士について考える機会があったのだが、関連してその先生であった原坦山師についても考えることがあった。そこで、今日はその坦山師の言葉から、警策について考えてみたい。  接得警策弁 我が宗、中世以来一弊生ず。蓋し、天下の叢刹、僧侶をして連坐せしめて、これを打つ。木箆これを警策と名づくるを以て、其れこれを打つこと一両下し、或いは数十下に至る。日に或いは数次す。これを名
43位 活かして生きる   〜山里の寺便り〜さん
  • 情報提供仏の教え 活かして生きる 〜山里の寺便り〜活かして生きる   〜山里の寺便り〜さんのプロフィール
  • おシャカ様は、まず最初に「(ものは一つであるのに)悟りと迷い、生と死というような我他彼此(がたひし)の見というものが出来てしまった、本来はそういうものではない」ということをはっきりと説き示されております。私たち衆生は本来すでに「守るとか守らなければならない」という、そういうことを超越した「今」にいつも生活が出来ているということです。仏(おシャカ様)の教えというものは、それをきちんと、そういうも
44位 禅蔵さん
  • 情報提供自然(じねん) 新・からっぽ禅蔵禅蔵さんのプロフィール
  • 5月8日に、「なめるな!そして、殺すな!」と題したブログ記事を書いた。その中で、釣り糸に絡まった川鵜(かわう)を助けようと試みた出来事について書いた。それは、以下のような内容だ。【 僕が1人でカヌーに乗っていたとき、湖の水面上にせり出した木の枝に...
45位 あうろーさん
46位 ハスカップさん
  • 情報提供2017.5.14〜クムダセヤドー浜松瞑想会開催 パオ瞑想・クムダセヤドーハスカップさんのプロフィール
  • 2017年5月14日(日)に、浜松市では今年も、クムダセヤドーをお招きしての瞑想会を開催させていただきました。クムダセヤドーは、慈悲にあふれたとても温厚なお人柄で、そのやさしいご性格や雰囲気は、言葉を介さなくても伝わってまいります。今年は、瞑想会開催の午後1時より、呼吸瞑想(アーナパーナサティ)の仕方をレクチャーをしていただいて、その後は、瞑想を3回いたしました。瞑想の仕方のオリエンテーションが終
47位 へちまさん
  • 情報提供天界では最小の者が最大の者である 写真帖へちまさんのプロフィール
  • 天界では最小の者であることが最大の者であることであり、自らを卑しくすることが高められることであり、貧しく乏しいことが豊かで満ち溢れていることである。外なるものの中にのみいる者はこれらの事を把握できないが、しかし天界ではそのことが正に事実そのものなのである。天界では自分は自分自身からは何の力も持ってはおらず、自分の持っている力はすべて主から発していることを心から―すなわち情愛から―知り、承認し、信じ
48位 橘絹子さん
  • 情報提供心の根本原因を消すと、未病になる 最高の人生を生きる-捨てる哲学 佐藤康行との対話橘絹子さんのプロフィール
  • ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は5月23日㈫です! A. 統合失調症だった方なんだけど、統合失調症が治って、なおかつ、その方がガンを消しちゃったと。 私を通して、誰かを通して、ガンが消えちゃ […]
49位 橘絹子さん
50位 ざぼんさん
更新時刻:17/05/24 16:30現在