カトリック 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/21 15:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
マリアの徒然草(つれづれぐさ)さん
  • 情報提供修道会というところ マリアの徒然草(つれづれぐさ)マリアの徒然草(つれづれぐさ)さんのプロフィール
  •   お恥ずかしい話となりますが、私の過去の振り返りにお付き合い下さいませ。 私は20歳で洗礼を受けました。 洗礼名は、マリア・ペトロ。 聖書のヨハネによる福音書に出てくる、「ペトロ、私を愛しているか。」の一言に心を強く惹きつけられました。 このような小さな、ダメダメな私に対して、神である方が愛を乞うて下さっている。何てありがたいのだろう!! 私は、「はい。」と答えるために洗礼を受け、そして霊名にペ

2位
テレジアさん
  • 情報提供口に御聖体を授けるフランシスコ教皇様 秋田日記テレジアさんのプロフィール
  • 舌の上にご聖体を授けるフランシスコ教皇様上手に口を開けてご聖体を受けます、簡単です。誰でもどこでも大人もこどもも初聖体で緊張気味?ちょっとモジモジする女の子を優しく待っていらっしゃる教皇様ベネディクト教皇様も同じでした。それでも、、、、日本のカトリック教会では、希望する信徒にも口でご聖体拝領させないという謎。やっとできたとしても、無言の圧力という迫害がある謎。ローマ・カトリック教会か? 日本国教会

3位
john note 日記帳さん
  • 情報提供ヨハネ ピンチ‼? john note 日記帳john note 日記帳さんのプロフィール
  • 内科定期健診。先生がちょっと心配だから1ヶ月後にまたきてと言ったのでまた今日定期健診(8月18日)予想は当たってた。血糖値もa1cも上がっていて最悪だった。急に上がっていたわけではないので、また、原因がはっきりわからないので、心配してくれてた。血糖値があがる原因として膵臓が悪いのでは?と言われた。もし、今度の定期健診で今の状況が続くのなら膵臓の検査をしましょう、といわれまして。私の主治医は女の先生なんです
4位 MARIA IMMACULATAEさん
5位 Rickさん
  • 情報提供贅沢な「聖母の被昇天」でした Rick's CafeRickさんのプロフィール
  • Ave Maria!昨夜は所属教会のためのマリアさまの御ミサでした。7時と10時にもあったようですが、こちらは一般向け。19時は小教区向け。主任司祭のアベイヤ司教さまと、あとお二人の神父さまの司式でした。小教区向けと言っても司教ミサですから贅沢ですね。お歌はこちら↓閉祭のファイル曲は「あめのきさき」でした。一番が日本語、二番が英語、三番がベトナム語でした。Rickの趣味では「サルヴェ・レジナ」でラテン語にての一致で
6位 カトリック情報 Catholics in Japanさん
  • 情報提供尊敬できない神父たち リジューの聖テレーズ カトリック情報 Catholics in Japanカトリック情報 Catholics in Japanさんのプロフィール
  • 特に、司祭がたの霊魂を救いましょう。これらの霊魂は水晶よりも透明であるべきなのに、・・・感心できない司祭たち、あまり尊いとはいえない司祭たちがたくさんいます。彼らの為に祈り、苦しみましょう。リジューの聖テレーズ (セリーヌへ 1889年)
7位 MARIA IMMACULATAEさん
8位 MARIA IMMACULATAEさん
9位 Fr Thomas Onodaさん
10位 huuchann78さん
  • 情報提供聖母の被昇天 IN 軽井沢聖パウロ教会 〜地と緑と風と〜 1クリスチャンの日々の想いhuuchann78さんのプロフィール
  • 8月15日、聖母の被昇天ミサを軽井沢教会で預かりました。駐車場がいっぱいになる程の多勢の信者。教区として所属されている方の他、夏だけ別荘に過ごされ、ミサに来られる方(私達のように単に「ちょっとおでかけ」の信者も)で、夏の間の軽井沢教会の、主日ミサ、被昇天ミサは、賑やかです。     避暑地という特殊な立場の教会のため、維持費なども 「軽井沢 聖ポーロ教会 友の会」(St.Paul’s Church, Karuizawa.
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 john note 日記帳さん
  • 情報提供教訓と思い出 15〜幼児らの住み所 john note 日記帳john note 日記帳さんのプロフィール
  • 私が彼女に聖人方の苦業について語ったところ、彼女は次のように答えた。「聖主は 『私の父の家にはすみかが多いが、もしそうでなければ、あなた方に知らせていただろう』と教えてくださいましたが、なんとよいことを知らせてくださったのでしょう。もし完徳に召されているすべての霊魂が、天国に行くために皆こういうひどい苦業をしなければならないとしたら、聖主は私どもにそう仰せになりましたでしょうし、私どもも喜んでそう
12位 Rickさん
  • 情報提供語り続けよ・・・ Rick's CafeRickさんのプロフィール
  •                        使徒行録18章9〜10【お知らせ】2018.8.20Rickのスマートフォンは現在修理中です。当面ブログ記事の更新、コメントへの返事、メールの確認などが出来ません。宜しくお願いいたします。ネカフェから時々対応します。メールアドレスpapadog19650714@gmail.comお気軽にどうぞ(*´∀`*)============================================
13位 マリアの徒然草(つれづれぐさ)さん
  • 情報提供昨日は精神科の受診日でした。 マリアの徒然草(つれづれぐさ)マリアの徒然草(つれづれぐさ)さんのプロフィール
  •   昨日は、くたびれてブログをアップしませんでした。 私は大学病院の精神科に通っています。アパートから車で30分ほどの場所にあります。 デイサービスを運営している会社の社員が、社長に頼まれて送迎して下さいました。 私の精神状態は非常に良く、今のところ問題はないことを先生にお伝えしました。 お薬についても頓服が良く効き、自分に合っている睡眠薬であることを伝えました。 また、就労支援センターで労働訓練
14位 U.Zさん
  • 情報提供本当の賢さ みことばとわかちあいU.Zさんのプロフィール
  • 「皆さん、愚かな者としてではなく、賢い者として、細かく気を配って歩みなさい。」 今日の第二朗読(エフェソ5.15-20)にはこのように書かれています。ここで言う「賢い者」とは、決して頭がいいとか、知識が豊富であるということではないと思います。むしろ、そのような人間の能力にのみ頼る人こそ「愚かな者」なのではないでしょうか。 本当の賢さとは、自分の弱さを認め、神に祈り、寄り頼む態度の中にこそあるのです。「細
15位 U.Zさん
  • 情報提供祝福 みことばとわかちあいU.Zさんのプロフィール
  • そのとき、イエスに手を置いて祈っていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たちはこの人々を叱った。しかし、イエスは言われた。「子供たちを来させなさい。わたしのところに来るのを妨げてはならない。天の国はこのような者たちのものである。」そして、子供たちに手を置いてから、そこを立ち去られた。 今日の福音(マタイ19.13-15)にはこのように書かれています。手を置くというのは、その人に神の祝福があるよう
16位 カトリック情報 Catholics in Japanさん
  • 情報提供3-7-1 権謀と術数 カトリック情報 Catholics in Japanカトリック情報 Catholics in Japanさんのプロフィール
  • 『東洋の古典文明 世界の歴史3』社会思想社、1974年7 権謀と術数1 非運の名将 戦国の世ともなれば、すぐれた政治家ばかりでなく、兵法家も必要である。謀略家も必要である。 そうした才能の士を、諸国は争って招き、かつ用いた。 開明君主として名高い魏の文侯は、おりから仕官をもとめてきた呉起について、「いかなる人物か」と、宰相の李悝(りかい=李克)にたずねた。 李悝は答えた、「呉起は貪欲で奸色でありますが、
17位 U.Zさん
  • 情報提供完全な者 みことばとわかちあいU.Zさんのプロフィール
  • 「もし完全になりたいのなら、行って持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」 今日の福音(マタイ19.16-22)でイエスは、「永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか。」と尋ねてきた男にこのように答えます。 イエスが言う「完全になる」とは、どのようなことでしょうか。私たち人間が考える「完全」とは違っているように思います
18位 エリーゼさん
  • 情報提供てっぽうゆりの季節 エリーゼの音楽日記エリーゼさんのプロフィール
  • 関東地方、先週末からずっと涼風が吹き抜け、猛暑はそろそろ終わったのかな〜って期待感。 今日は少し蒸しますが、それでも気温は30℃を下回り、わりと過ごしやすいです。 近所にはてっぽうゆりが咲き始め、ひまわりのシーズンは終わったのかな〜って感じです。 まあ毎年8月も下旬になるとてっぽうゆりのシーズンなわけですが。 てっぽうゆり、野花とは思えないほど綺麗ですよね。特に手入れとかないのに、自然にこんなにきれいな
19位 :〔続〕ウサギの日記さん
  • 情報提供★ 「透明なゆりかご」 NHK連続ドラマ化 :〔続〕ウサギの日記:〔続〕ウサギの日記さんのプロフィール
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「透明なゆりかご」NHK でドラマ化さる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜主人公沖田X華ちょうど1年前、私は沖田X子のマンガ「透明なゆりかご」についてブログを書いた。マンガ「透明なゆりかご」vol 1-6題は「一位は本当に癌なのか?日本の死亡原因」 (2017.07.08)https://blog.goo.ne.jp/john-1939/e/25dd3f6e36d84d8d23a80b4766d02423  「日本人の死因の第一位はやはり癌で
20位 WHY人さん
21位 Fr Thomas Onodaさん
22位 カトリックコミュニティ掲示板さん
  • 情報提供18.ランチアーノの聖体の奇跡 カトリックコミュニティ掲示板カトリックコミュニティ掲示板さんのプロフィール
  • イエズス様は、聖体の秘跡のうちに、実際に現存しておられる紀元700年ごろ、イタリア、ランチアーノに、聖バジリオ修道会の聖ロンジヌス教会(現;聖フランシスコ教会)がありました。そこに所属する、ある修道司祭は、毎日ミサを捧げつつも、聖体におけるキリストの現存が信じられず、いつも悩み続けていました。ある日、奉献文の聖変化にさしかかった時、両手に掲げた聖体のパンが、突如、肉片に変わりました。この時、彼は、
23位 カトリックコミュニティ掲示板さん
  • 情報提供19.ブエノスアイレス(アルゼンチン)の聖体の奇跡 カトリックコミュニティ掲示板カトリックコミュニティ掲示板さんのプロフィール
  • ブエノスアイレスの聖体の奇跡カトリック教会においては、キリストが「最後の晩餐」の時に告げた言葉「これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこれを行いなさい」(ルカ22章19、ほかマルコ・マタイなど)を継承し、   エウカリスト(最後の晩餐)ミサの時、司祭が種なしパン(ウエハース)と葡萄酒を聖変化させ、キリストの「現存」としています。その聖体(パンのほう)は、常に聖堂の決められた場所
24位 まりほ ぱうらさん
  • 情報提供遠くまで カトリック信徒、まりほの覚え書まりほ ぱうらさんのプロフィール
  • 人よ、何が善いことか、主が何を求めておられるのかは、お前に告げられたはずだ。正義を行い、慈しみを愛すること、へりくだって神とともに歩むこと、これである。(ミカ書 6:8 フランシスコ会訳)今日(年間第19金曜日)の聖務日課、読書課の第1朗読の一部。正義を振りかざして、愛することを置き去りにしていることも、ありますね...。
25位 Asyさん
  • 情報提供聖母被昇天の祭日の集会祈願 カトリックとして生きる京男のブログAsyさんのプロフィール
  • 8/15は聖母被昇天の祭日に当たるので、その日のミサの集会祈願について書きたい。なお、この日の集会祈願は特別形式も通常形式も同じものを使用している。ラテン語規範版 拙訳 日本語公式訳Omnipotens sempiterne Deus, qui Immaculatam Virginem Mariam, Filii tui Genetricem, corpore et anima ad caelestem gloriam assumpsisti,concede quaesumus ut ad superna semper intenti, ipsius gloriae mereamur esse consortes. 全
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 catherinesaoriさん
  • 情報提供喜びの奥義第五:神殿でイエズスを見出す キリストとともにcatherinesaoriさんのプロフィール
  • イエスが十二歳になったときも、両親は祭りの慣習に従って都に上った。祭りの期間が終わって帰路についたとき、少年イエスはエルサレムに残っておられたが、両親はそれに気づかなかった。イエスが道連れの中にいると思い、1日分の道のりを行ってしまい、それから、親族や知人の間を捜し回ったが、見つからなかったので、探しながらエルサレムに引き返した。三日の後、イエスが神殿の境内で学者たちの真ん中に座り、話を聞いたり、
27位 よなたんさん
  • 情報提供102心の中の光と闇(ヨハネの手紙) いちじくの木の下でよなたんさんのプロフィール
  • 両側の罪人も闇の中にいましたが、自分の罪を認め回心した時、彼の心の中にも光が差し込みました。イエスさまが葬られたとき、弟子たちは闇の中にいました。二人の弟子がエマオに向う時、彼らの心は周りが見えていませんでしたし、どこへ行くべきかも分かりませんでした。イエスさまの言葉によって初めて目が開き、光の中に帰ってきました。イエスさまの復活を疑う弟子たちは皆、闇の中にいましたが、イエスさまの言葉を聞き、姿を
28位 ゆめひこうさん
  • 情報提供消された信仰 ゆめひこうゆめひこうさんのプロフィール
  • 昨年、九州地方の巡礼のツアーに参加しました。その時生月島にも行きました。今回世界遺産に入らなかったことは、良かったと思いました。個人的な感想ですが。信仰が人を縛るという考えもあるかもしれないけれど、それが支えになっている人もあるでしょう。はたからは言えないことだし、観光目的の世界遺産は外国でも拒否する地域もあるそうですね。生月島の信仰はキリスト教から生まれたもので何が正しいとかいえないと思います。
29位 Asyさん
  • 情報提供年間第20主日のミサの集会祈願 カトリックとして生きる京男のブログAsyさんのプロフィール
  • 8/19(日)は年間第20主日に当たるので、その日のミサの集会祈願について書きたい。年間第20主日の集会祈願は、特別形式ミサの「聖霊降臨後第5主日」の集会祈願と同じである。ラテン語規範版 拙訳 日本語公式訳Deus, qui diligentibus te bona invisibilia praeparasti,infunde cordibus nostris tui amoris affectum,ut, te in omnibus et super omina diligentes, promissiones tuas, quae omne desiderium superant, consequam
30位 Francescaさん
31位 まりほ ぱうらさん
  • 情報提供アヴェ・マリア!la Asunción de la Virgen カトリック信徒、まりほの覚え書まりほ ぱうらさんのプロフィール
  • 聖母被昇天の祭日、おめでとうございます今日は日本の終戦記念日、お盆にもあたり、聖イグナチオ教会では平和祈願に加え、亡くなった方たちのためにも祈ります。パパ様のカードももらってきました。うちの教会ではあとわずかなので、夕方のミサにはなくなると思いますうちの教会では死者の日だけでなく、聖母被昇天祭でもカードが用意され、個人的に亡くなった方の名前を書いて奉納することができます。私は両親の名前と、2006年に
32位 Rickさん
  • 情報提供8月15日に想う Rick's CafeRickさんのプロフィール
  • Ave Maria!Teikoさんに「次の記事で書くよ」と言っておいて違う内容でごめんなさい。一応8月15日から思った事を少しだけ。まあ8月15日は「終戦記念日」だから戦争の事を普通は書くんだろうけど、Rick個人としたら「屈辱の日」なのでその感覚で。Rickは大前提として後世の人がその時の規範や感覚とかで過去を裁く事は大嫌いです。歴史は後世の人間が口出しできるものではないと思うから。確かに日本は植民地政策をとったと思います
33位 john note 日記帳さん
  • 情報提供映画 クローズドガーデン john note 日記帳john note 日記帳さんのプロフィール
  • 凄く良い映画でした。いろいろな事がいっぱい詰まっている映画でした。書きたい事がありすぎて困ってしまいました。2回に分けて書きたいと思います。第二バチカン公会議について自分、こういう事には疎くてあまり変更点について知りませんでした。映画で説明してくれているのを見て、そうだったんだと思うレベルです。ただ、ミサがラテン語から各国の母国語になったこと、また、対面式のミサになったことは知ってました??まだ、
34位 グレゴ13さん
35位 エリーゼさん
  • 情報提供今日は「聖母の被昇天」の祝日 エリーゼの音楽日記エリーゼさんのプロフィール
  • 8月15日は、日本では終戦記念日。カトリック教会暦では8月15日は聖母の被昇天の祝日です。 8月15日のミサの福音朗読ではルカ福音書の「聖母マリアの歌」(マニフィカト)の箇所が朗読されます。マニフィカトの式文には、いろいろな作曲家が曲をつけているようですね。プロテスタントのJ.S.バッハでさえ曲をつけています。 聖母の被昇天の祝日、まったりと過ごそうと思います。 ルーベンス作、「聖母被昇天」、マウリッツ
36位 メジュゴリエさん
  • 情報提供メジュゴリエの偽聖母 メジュゴリエの偽聖母メジュゴリエさんのプロフィール
  • 警告!メジュゴリエの偽聖母 ※純粋な聖母への愛ゆえに、メジュゴリエの聖母を愛しておられる、信者の皆様を責めたり、非難したり、するような目的は、一切ありません。ただ、自分たちの欲望と私腹を肥やすために、聖母の聖なる御名を利用し、神を侮辱し、信者の皆様の純粋な聖母への愛を無惨にも踏みにじっている、偽幻視者6人と数々の悪事を働き、神と教会を裏切っている、あのフランシスコ会の神父達の事実を知って下さい。(
37位 WHY人さん
38位 Veritas liberabit vos!さん
  • 情報提供2018年 童貞聖マリアの被昇天の大祝日ミサ Sedevacantism (教皇座空位論)Veritas liberabit vos!さんのプロフィール
  • にほんブログ村2018年8月16日アップデート済み 童貞聖マリアの被昇天の大祝日おめでとうございます! 童貞聖マリアの被昇天の大祝日の聖伝荘厳ミサにお与りになりたい方は、こちらを今晩21時半以降(22時)に訪問して見て下さい。読誦ミサは、今晩20時と明朝6時45分です。...
39位 Fr Thomas Onodaさん
40位 catherinesaoriさん
  • 情報提供喜びの奥義第四:イエズスの奉献 キリストとともにcatherinesaoriさんのプロフィール
  • さて、モーセの律法で定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に捧げるため、エルサレムにつてれ行った。それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主に聖別される」と書いてあるからである。…そのとき、エルサレムにシメオンという人がいて…主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とお告げを聖霊から受けていた。シメオンが「霊」に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は幼子のために律法の
41位 カトリック情報 Catholics in Japanさん
  • 情報提供ヴェルシリア司教 カラヴァリオ神父19 運命の日 カトリック情報 Catholics in Japanカトリック情報 Catholics in Japanさんのプロフィール
  • 『愛と潔白の殉教者 ヴェルシリア司教 カラヴァリオ神父』企画:デルコル神父 文:江藤きみえ 19 翌年の2月になりました。司教さまが、一番遠いこのリンチョウの視察に来られるのです。カラウァリオ神父は大喜び、川をくだってシュチョウまでお迎えに行きました。途中で匪賊に襲われても、いのちは無事でした。 司教と出かける前日、かれは、一日じゅうご聖体の前で祈りつづけました。当時チャング・ハート・カイ将軍が将介
更新時刻:18/08/21 15:30現在