哲学 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/11/19 05:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
大局観さん
  • 情報提供人の心 と 動物の心 大局観大局観さんのプロフィール
  • チンパンジーを長らく(40年)研究してきた松沢哲郎 博士(京都大学 霊長類研究所)によると、 ○チンパンジーの記憶力は、ヒトよりはるかに優れている。一瞬で記憶できる。 ○ヒトは、短期的な記憶能力を失い、その代わりに想像する力を獲得してきた。 動物は、「①今、②ここ、③私」 という世界に生きている。 一方、ヒトは、①過去や未来を想像できる、②ここだけでなく、地球の裏側や宇宙にも思いを馳せられる、③自分の

2位
イトゥアキラさん
  • 情報提供思考実験/アキレスと亀 考察ノートイトゥアキラさんのプロフィール
  •  「アキレスと亀」で有名な古代ギリシャのゼノン。 エレア派の哲学者で、エレア派の始祖であるパルメニデスの弟子であり、養子。 「エレア」は地名。南イタリアにあった小都市。 『ウィキペディア』によると、パルメニデスが紀元前500年か475年頃の生まれ。 ゼノンは紀元前490年頃の生まれで、エレアを支配していた僭主ネアルコス(一説によればディオメドン)を倒そうとして捕えられ、紀元前430年頃、刑死。 そ

3位
御坊哲さん
  • 情報提供「意識」は存在するか? (その2) 禅的哲学御坊哲さんのプロフィール
  • 哲学者は問題点を浮き上がらせるために「思考実験」というものをよくやる。ウィトゲンシュタインの「カブトムシの箱」というものをご紹介したい。≪ --そこで、人は皆ある箱をもっている、としよう。その中には、我々が「カブトムシ」と呼ぶあるものが入っているのである。しかし誰も他人のその箱の中を覗くことはできない。そして、皆、自分自身のカブトムシを見ることによってのみ、カブトムシの何たるかを知るのだ、と言うので
4位 いっちーさん
  • 情報提供人間とは何か〜心とは何か?〜 あなたとは何か・・自分を知ることから旅は始まりますいっちーさんのプロフィール
  • 心で思うことを「思念」と言います。地上では人間は年がら年中、寝ている時以外は、何かを思念しています。思念をする心というのは、一体どこにあるのでしょうか?人間の頭脳は思念を肉体に伝達する場所であり、思念を製造しているわけではありません。肉体は自分を表現するために地上で与えられたものです。頭脳の一部が壊れると、今までできていた伝達ができなくなります。それが「病気、不自由」となって肉体に現れてくるのです
5位 がっかりJさん
  • 情報提供永井均は道徳村で暴れる 汚辱に塗れた40年がっかりJさんのプロフィール
  • 『なぜ人を殺してはいけないのか?』(永井均×小泉義之)は、1998年の初版以来、哲学系の本としては珍しく版を重ね、今でもAmazonでなく書店で手に入る。この本が売れたのは、若者の凶悪犯罪のニュースを大衆が好むことと、永井の道徳論が大衆の目には斬新で刺激的に映るからだろう。この本での永井の結論は、「きみは何をしてもよい。人を殺してもよい」に帰着するのだが、そう単純に言い切ることは大学教授という立場上具合が悪
6位 TACKEYさん
  • 情報提供明日18日の20時42分よりさそり座新月 天下泰平TACKEYさんのプロフィール
  • 2017年11月18日の20時42分より「さそり座新月」。2017年10月10日から2018年11月8日までは「さそり座木星期」であり、キリスト(救世主)の星でもあるラッキースター木星がさそり座に入った今回の新月は、この1年1ヶ月のさそり座木星期の中でもっともエネルギッシュな新月...
7位 赤尾さん
8位 大局観さん
  • 情報提供なぜ、それをしているの? 大局観大局観さんのプロフィール
  • 人を見ていると、よく思うことがある。「なぜ、それをやっているの?」 不要なことを一生懸命していても、時間の無駄 である。しかし、それを言うと嫌われるので、言わない。 しかし、自分には問える。「なぜ、それをしているの?」 理由としては、①生活費を稼ぐため、生きるため②世間体、付き合い③自分の得意分野④したいから ①は、仕方ない②も仕方ないが、いやであれば、付き合い程度にとどめるべき。③もわかる④聞くと
9位 TACKEYさん
10位 イトゥアキラさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 信濃大門さん
  • 情報提供日本語の現象学 思考の部屋信濃大門さんのプロフィール
  •  秋から冬へ。紅葉が始まったと庭先の木々の葉を眺めていたところ、木枯らしが吹きはじめいつの間にか落葉(おちば)の絨毯(じゅうたん)となっている。 秋の深まりの中、最近日本語教育者になろうとする外国人を育成している日本語学者の金田一秀穂先...
12位 よびりんさん
  • 情報提供市川善彦の本 よびりん人生大学よびりんさんのプロフィール
  • だれも教えてくれなかった社長業「どうすりゃいいのさ!親父さん」僕らは二代目経営者幸せになる法則台湾、韓国翻訳発売自分の人生を変える方法不幸のどん底を体験した二人が語る|PHP研究所|我謳(ガオオ...
13位 takuさん
14位 よびりんさん
15位 kuwanahanさん
16位 takuさん
  • 情報提供全てはぜーんぶ同価値ですし、、、。 Life is like children playing house.takuさんのプロフィール
  • 全てはぜーんぶ同価値なんですよねー。だから、何かがすごくて何かがダメっていうことはないわけです。でもって、好きが良くて嫌いが悪いということもありません。笑ってるのがよくて、泣いてるのが悪いわけでもなくぅ〜、そして、楽しいのが良くて、苦しいのが悪いわけでもありません。もうその辺は徹底的に同価値なんです。でね、全てが同価値やとしますとね。もう全てが素晴らしいとも言えますし、全てに価値はないとも言えち
17位 学校さん
18位 未来のための哲学講座さん
更新時刻:17/11/19 05:30現在