哲学 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/06/22 15:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
大局観さん
  • 情報提供ボ〜っと 生きてんじゃねえよ〜 大局観大局観さんのプロフィール
  • NHKで、現在放映中の 『チコちゃんに叱られる』。 めったに叫ぶことのない私、が思わず叫んだ。「関係者は ボ〜っと生きてんじゃねえよ〜!」 6月18日、震度6弱の地震に襲われた大阪。大阪府 高槻市立 寿栄小学校の高さ3.5mのブロック塀が40mに渡り倒壊!1人の女児9歳が下敷きになり亡くなった。 地震があと10分遅ければ、登校時間で大勢の児童が犠牲になった! 通学路の安全点検は、毎年のようにやっているはず

2位
今とここさん
  • 情報提供とにかく始めよう 波のまにまに今とここさんのプロフィール
  •   疲れがたまって起きづらい朝   それでも ベッドから這い上がる   今日も頑張るぞ!なんて   希望の想いはとても持てそうにない   それでも ベッドから這い上がる   とにかく動く   とにかく着替える   とにかく歯を磨く   とにかく顔を洗う   そして…    とにかく朝ごはん   怠惰な想いは   とにかく無視   今日という一日を   とにかく始めよう   

3位
今とここさん
  • 情報提供消えていく自分 波のまにまに今とここさんのプロフィール
  •   目を閉じて耳を澄ませる   大合唱が聞こえてくる   鳥のさえずり   犬の鳴き声   車の騒音   電車のガタンゴトン   人の話し声   自分の存在がかき消されていく   消えていく自分
4位 御坊哲さん
  • 情報提供言葉ははたして通じているのか? 禅的哲学御坊哲さんのプロフィール
  • 「鳥が飛んでいる」と言ってみると、何かが言えたような気がする。聞いた方も確かになんらかの意味を受け取ったような気がする。しかし、言った本人は、トンビが螺旋を描きながら高く舞い上がっている光景を見ていたのだが、それを聞いた人は雀が枝から枝へ飛んでいる様子を思い浮かべていたのだ。龍樹は、「一般的な鳥というものは存在しない」し「一般的な飛び方というものも存在しない」と言う。だったら、言語が通じていると思
5位 イトゥアキラさん
  • 情報提供保護貿易と不法移民対策 考察ノートイトゥアキラさんのプロフィール
  •  ↓『日本経済新聞』不法移民の親子分断、米政権に批判 大統領夫人・国連総長も(2018/6/19)米国境で拘束された不法移民の親子が引き離される事態が多発している問題で、トランプ米大統領への批判が高まっている。国土安全保障省によると、5月末までの6週間で約2千人の子供が親と引き離された。ファーストレディーのメラニア夫人も「子供が親と引き裂かれるのは見たくない」と異例の声明を出すなど、波紋が広がっている。 
6位 じょうじろうさん
  • 情報提供「あなた」と『お金』 「ふりまきの法則」じょうじろうゴロクじょうじろうさんのプロフィール
  • あなたが『お金』を出して得られるモノは、あなた以外の誰かの命の時間の結果であり あなた自身が『お金』を得るには、あなた自身の命の時間を差し出さなければ得ることはできない GIFT⇒GUEST⇒GIFT 命=時間=お金 想像→行動→結果 お金は、魂の中より生まれ出でる 命の時間は有限だが創造の想像は無限大である 想像を外に出すか出さないかそれであなたの未来は決まる 何かを得たいと頭に浮かんだのなら あ
7位 rssuzukiさん
8位 朋太郎さん
  • 情報提供大方の付き合い方 上田朋の幸福日記朋太郎さんのプロフィール
  •      付き合いの大方は必要ないんです。一人が寂しくて人との無駄な付き合いをしていませんか。その他大勢の人がやっている周りに合わすという生き方をしていませんか。  みんながやることに合わしていたら無難だと考える訳です。                                                                                          
9位 The third eyesさん
  • 情報提供等価原理(モナドの声を聞く 24) 「世界の存在証明」無を理解する科学The third eyesさんのプロフィール
  • モナドの連鎖によって「時間と空間」は生まれた。モナドとは実体のことである。だが実体から世界が生まれたのではない。「実体の連鎖」によって全ては誕生したのだ。これが「存在する力学」である。この「存在する力学」と同じものとして存在の全ては認識される。つまり「時間と空間」は、力学と「同じである」。これは等価原理である。しかしそれはまだ、宇宙と呼べるものではない。何故なら「我々の宇宙」は「物質世界」だからで
10位 古賀学故さん
  • 情報提供引き算の詩論 コード 漢字 詩本主義宣言 古賀学故 詩思句 SHISHIKU古賀学故さんのプロフィール
  • ◇詩句の方程式・再考   2018.6.19(平成のこり316日)〈作者の言いたいこと〉−〈読者が連想できること〉=〈詩〉これは6月17日に書いた詩句の方程式である。しかし、よく考え直すとこの式ではまだ曖昧さが残ることに気が付いた。〈作者が言いたいこと〉の中から〈読者が連想できること〉を取り除くためには、あらかじめ読者の想像力の射程がどこまであるのかを作者が知っている必要がある。だから、厳密には〈
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 dandorico (ダンドリコ)さん
12位 端広考さん
13位 TACKEYさん
14位 takuさん
  • 情報提供真理と観念という分離。 Life is like children playing house.takuさんのプロフィール
  • お!これは真理だ!あちゃーっ。。。これは観念だ!んん?今日は結構、真我で居れたかもしれない。あちゃーっ。。。今日は観念まみれだわ。。。ってねー。いやいや、真理と観念なんていう分離もないんですけどね。なので、別になんか清らかな自分。みたいなものを目指さなくても良いですし、それと「目覚め」ってあまり関係ないんですよねー。ただ、それが起こってるってことを感じてるのは、あなたは在るからであって、「あなた」
15位 キャットみほこさん
  • 情報提供ふわっとこだわりをとびこえる。 すべてをこえて。キャットみほこさんのプロフィール
  • 強迫性障害の症状を軽くして、病気を良くしていく。軽くしていく。なんて大変な作業なんだろう。かなり良くなったけれども、最後の部分がなかなか軽くならない。だけれども、かなり調子の良い時は、ふわっとこだわりをとびこえている気がする。ふわっとした、あるいはぼーっとした自分でたたずんでいる気がする。ぱきぱき、細かくこだわりを持っていると、苦しい。それは生き方、人生にも言える気がする。かなり調子が良い時は、
16位 学術書・哲学書買取の哲学堂書店さん
  • 情報提供第84回シンフォニー古本まつり(岡山県) 哲学堂書店 Staff Blog学術書・哲学書買取の哲学堂書店さんのプロフィール
  • 第84回シンフォニー古本まつり期間:2018年6月20日〜2018年6月25日時間:午前10時〜午後8時(最終日は午後4時まで)場所:岡山シンフォニービル1F  自由空間ガレリア目録:ご希望の方は下記までご請求ください。〒703-8258 岡山市中区西川原55-3 西川原プラトン202文藝堂書店 Tel/Fax 086-280-1052 メール fkgjp886@ybb.ne.jp岡山駅から歩く場合は距離がります。路面電車がお勧めです。路面電車 岡山電気軌道 東山線 岡山駅前
17位 じょうじろうさん
  • 情報提供意味がわかれば笑い話◆今日はペパーミントデー 「ふりまきの法則」じょうじろうゴロクじょうじろうさんのプロフィール
  • ミント系お菓子で好きなものは? ▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう ミントと言ったら・・・・ これですねこれ! チョコミント って、 アイスクリームって お菓子でいいん? 【アイスクリーム】アイスクリーム(英: ice cream)は、牛乳などを原料にして、冷やしながら空気を含むように攪拌してクリーム状とし、これを凍らせた菓子である。 そのうち、柔らかいものは「ソフトクリーム」と呼ばれる
18位 キャッツドードルさん
  • 情報提供仕組まれた因果律 ルアーなお金たち、言葉たち、命たちキャッツドードルさんのプロフィール
  • 花が咲き 実がなる この因果律は 遺伝子の役割なしには 成立しない 仕組まれた因果律の 機能的集合体が システムだ 遺伝子が仕組む システムとして生命が存在し 言語が仕組む システムとして社会が存在する 機械は 選ばれた因果律の集合体だ 選ぶという過程で 自由が奪われ 因果律が仕組まれる 仕組み仕組まれ 人間関係が熟成する ーーーーー メモ コントロールされた因果律と コントロールされていない因果
19位 kempisさん
  • 情報提供車検とかけて信仰と解く、その心は(なぞなぞ) カトリック社会学者のぼやきkempisさんのプロフィール
  •  クルマの三回目の車検が近づいたので、クルマの安全装備を色々調べ始めた。私ももう年なので今更、最高速度がどうのとかトルクがいくつだとかということには関心はない。燃費がよいとか荷物がたくさん積めるとかにも興味は無い。だが安全装置だけは最近急速に進化しつつあるようで、新車にするならこれを判断基準にしたい。 暑い夏は三角窓から冷気を取り入れるものと思っていたらいつのまにかエアコンがつくようになった。サイ
20位 イトゥアキラさん
  • 情報提供禁酒33日目 考察ノートイトゥアキラさんのプロフィール
  •  「負け」にならない感じで酒を飲む理由を探しているのだが。 なんか「これはもうしょうがないだろ」という言い訳が見つからない。 体脂肪率17.5%。 筋肉率35.0%。 あまりに普通すぎる数字でどうにかならないかな、と。 で、腕立て。 ネットで「腕立て伏せを毎日100回×30日続けたらこうなった」というのを見つけて。 一度に100回ではなくて、10回×10セットでも、20回×5セットでも、とにかく1日に
21位 philo1985さん
  • 情報提供「この時代にあって、哲学者とは……。」 イデアの昼と夜philo1985さんのプロフィール
  •  「この時代にあって、哲学者とは一体何であるのか。」  すでに、知識人という言葉が実質的にみて意味を失いつつあるこの時代にあって、哲学者であるということの意味もまた、自明ではなくなっています。  自然科学の開拓者でもあった近世の哲学者たちはおそらく、ひょっとしたら自分たちが無用な存在なのではないかという疑いを持つことはほとんどなかったことでしょう。哲学の肩身は、時代が下るにつれてますます狭くな
22位 尼子二郎さん
23位 積 緋露雪さん
  • 情報提供ゆるして 黙考のしじま積 緋露雪さんのプロフィール
  • ゆるして――ゆるして。かう書き残して虐待死した幼児のその小さな小さな小さな胸に去来したものを果たして抱へられ得る現存在がどれ程ゐるのか不明ではあるが、唯、死を以てしてもその願ひは叶ふことなく、決して赦されることがなかった其の幼児の思ひは、《他》を殺すのにドストエフスキイではないが、芸術的な才能を発揮する人間の心に対して何かしらの楔は打ち付けることは出来たのであらうか。いやいや、それで人が人に成り
24位 名言メモさん
25位 井藤マサカツさん
  • 情報提供論語漫歩 339  ユングの臨死体験 5   ニーチェのインスピレーション体験 キテレツ諸子百家〜論語と孔子と、ときどき墨子〜井藤マサカツさんのプロフィール
  • 「歴史の父」114  「封禅書」14 前回我々は、「人類の未来」を予言する、ニーチェのインスピレーション体験の始めを見た。今回は、その続きである。『この人を見よ』(昭44年岩波文庫P139)から。   この19世紀の末に、昔の力強い時代の詩人たちがインスピレーションと呼んだものがどういうものであったか、はっきり知っている者がいるだろうか? もしいないなら、わたしがそれを述べてみよう。――ほんの僅かでも迷信のなご
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 rssuzukiさん
27位 TACKEYさん
  • 情報提供揺れる日本 天下泰平TACKEYさんのプロフィール
  • 今朝、珍しく大阪北部を震源地とする大きな地震が発生し、震度6弱という揺れが観測されました。まずは大きな被害となっていないことを願うとともに、引き続き余震にも十分にご注意頂けたらと思います。まだ、正確な地震の原因は明らかになっていませんが、今回の震源地...
28位 ムラヒトさん
29位 よびりんさん
30位 route335tmさん
  • 情報提供『インド哲学10講』 ワイン、ジャズ、ときどき哲学route335tmさんのプロフィール
  • 赤松 明彦  著      『インド哲学10講』       岩波新書  ちょうど2年ぶりにこの書庫に投稿します。単身赴任時代はなかなか読書する時間が取れず、逆に、自宅から通勤するようになって電車の中で読書をする時間が多くなったので、哲学っぽい本にも取り組むことができるようになりました。そこで今回、手にした本が、岩波新書の 『インド哲学10講』 であります。そもそも仏教への興味から、以前よりインド哲
31位 名言メモさん
  • 情報提供当方滅亡 名言メモ名言メモさんのプロフィール
  • 太田道灌の名言Wikipediaから太田 道灌(おおた どうかん)は、室町時代後期の武将。武蔵守護代・扇谷上杉家の家宰。摂津源氏の流れを汲む太田氏。諱は資長(すけなが)。太田資清(道真)の子で、家宰職を継いで享徳の乱、長尾景春の乱で活躍した。江戸城を築城したことで有名である。武将としても学者としても一流という定評があっただけに、謀殺されてこの世を去った悲劇の武将としても名高い。以降、本項では便宜上「道灌」の
32位 信濃大門さん
  • 情報提供聖なるあきらめ 思考の部屋信濃大門さんのプロフィール
  •  人生レシピというEテレの番組が6月のはじめにシスター鈴木秀子さんを紹介していました。この中で鈴木さんは「聖なるあきらめ」という言葉を語りました。 この言葉は、人生で遭遇する様々な苦境を救いなき「あきらめ」で語るものではなく、実存哲学の視点からみるならば宗教的実存であり信仰に生きるひとびとの祈りの姿を感じました。 カトリック信者の鈴木さんの言葉ですので「聖」なる言葉は絶対なる「神」を想定してしまい
33位 尼子二郎さん
  • 情報提供性別に関する「種」 犀の角尼子二郎さんのプロフィール
  • 6月2日「男らしさ」と「女らしさ」男あるいは女は、異性に対して、対自的な悪を善とする。 つまり対自的な悪と対他的な善が同一である。6月5日異性「異性」とは自己の「徳」が空しくなる場である。マスキュリスト「男であろうとする努力」が挫折した時、男はマスキュリストになってしまう。6月6日男女の越境可能性肉体ですら越境可能である。母性ですら越境可能である。暴力性ですら越境可能である。6月17日マスキュリズムとフェミ
34位 古賀学故さん
  • 情報提供高階杞一さんは四年前の6月16日に「雨」という詩を新聞に発表 古賀学故 詩思句 SHISHIKU古賀学故さんのプロフィール
  • ◇高階さんの詩   2018.6.16(平成のこり319日)ぴっぽさんの詩の会に参加して、少し考えたことを記す。朝、本棚にあった『水の町』という詩集を手にとった。高階杞一さんが60歳になってから書かれた詩を集め2015年に刊行されたもの。「あとがき」を読むと、山→川→海→空→山という水の循環とご自身の還暦を重ね合わせて考えておられる。扉の詩は「雨」。夜半から降りだした君の横でぼくは だまって降り続
35位 よびりんさん
36位 古賀学故さん
  • 情報提供無神論者の詩論にヒントがある 古賀学故 詩思句 SHISHIKU古賀学故さんのプロフィール
  • ◇サルトルの詩論   2018.6.15(平成のこり320日)サルトルは『マラルメ詩集』(ガリマール書店、1966年)の序文の中で次のように書いている。《マラルメは自分の出生を嫌悪していた。彼はその出生を消すために書く。ブランショが言うように、散文の世界はそれ自体で充足しており、それがそれ自身、われわれにそれをのりこえるような根拠を供給するようなことをあてにしてはならない。詩人がこの世界内で詩的対
更新時刻:18/06/22 15:30現在