chevron_left

「哲学・思想」カテゴリーを選択しなおす

cancel

ACIMブログ村 過去記事

  • 「 異邦人 」 et やさしい無関心のよる

    きょう、ママンが死んだ。もしかすると、昨日かもしれないが、私にはわからない。養老院から電報をもらった。「ハハウエノシヲイタム、マイソウアス」これでは何もわからない。恐らく昨日だったのだろう。IKIRABARÚ「Perfidia」世界はこれ以上の猶予を与えてはくれないらしい。数日のうちに時季(せち)は一変した。日に日に空が高くなる。太陽が遠ざかる。こがねはじぞめ山吹の追憶に沈む彼方此方永代の福音に染まるしんしんはあかねの風景にみるみる溶けていった。果てはかりやすの修辞学とくちなしのひとの流れにのまれゆく白日だ。”ちはやぶる神代もきかずたつたがはからくれなゐにみづククる”・・・とは「空事よ」無間を無限のことワリで埋め尽くすシタイの先生は飽きもせず死体と屍姦する道徳をよく煽る「神意だ」ひとのヨイ十全と煩悩には単純な動...「異邦人」etやさしい無関心のよる

「哲学・思想ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)